とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
金曜日の結果です。

1 U/J B 115.35 115.43 +8
2 G/J B 233.94 234.04 +10
3 G/J B 233.85 234.06 +21
4 U/J B 115.23 115.27 +4
5 U/J B 115.27 115.29 +2
6 U/J B 115.39 115.01 -38
7 U/J S 115.28 115.31 -4

トータル +3pips 1500円

久しぶりのトレードは上記の結果となりました。
6番目のトレードは、私が使用しているGFT系サービスがダウンしてしまい思わぬ損失となってしまいました。
これもリスクのうちで仕方がないといえば仕方がないですね。
私は株式の経験が比較的長くありますが、こういったシステムダウンといった経験は一度もありませんでした。
そういった意味ではFXというのは、まだまだいろいろなリスクを抱えていますね。

7番目のトレードは、ルールの根拠が崩れたので-4というところで仕切り。
結果的に持続すれば利益となりましたが、逆にこういったトレードを淡々とできたことがレベルアップしたのかなと思っているところです。

これからも淡々とやっていきます。

ここで
富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~を実践して2週間目になり、4つのルールもだんだんと身に付いてきました。
この手法は、本当に理にかなった投資法であると確信しています。

ですが!
皆様も日々チャートを前にして、「相場とは不確実なものである」・・・つまり、実際の相場の値動きは、「理にかなっていない」ということを感じられていると思います。
理にかなった値動きであれば、その規則性を分析すれば誰でも儲けることができます。
「不確実」であるから難しいのです。(なにか当然のことを書いていますね!)

ですから、ほんのちょっとの優位性のある、いわゆる王道手法で勝負するしかない、といったことが私の考えていることです。
そういった観点からしますと
富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~は充分有効な手法のひとつであると言えます。

ですが!
「ですが」・・・この言葉を連発してしまっていますけれど、こういった王道的手法を使う時には、値動きがルールどおりに動かず反対の動きをした時には、あきらめなければいけません。
私の場合はスキャルですから、あきらめず持続すれば、あっという間にコツコツ貯めた利益がわずか数分程度で吹っ飛んでしまいます。
やっかいなのは、ちょっとの損失を我慢していると値が戻り利益となることがあるのです。
しかし、これを期待しては絶対にいけません。
スプレッド分の損をしても、仕切り直した方が良い結果となるのは、私の実践で正しいことははっきりしています。

長々と書きましたが、システムトレードであれ、裁量トレードであれ、損失を限定するようなルールを厳格に守らないことには絶対に勝てないということです。

不確実の相場に過度の期待しないこと・・・

こういったことを守りながら、また来週も頑張っていきます。




当ブログの特典についてはこちらを参照してください。  
スポンサーサイト
2007/09/29 23:06|未分類
久しぶりに、じっくり腰をすえたトレード。


富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~のルール2を中心にトレードしているが、これが利幅は少ないものの5連勝中です。
+45pipsとなかなかです・・・が!

GFTチャートがログイン不能となってしまい、115.39での買いポジが含み損拡大中です。
現在それほど値動きがないので、損失幅は限られていますが、間もなく損切り基準に達してしまうかもしれません。
これだけはどうにもなりません。
やはりストップをすぐに入れておくべきでした(泣)




当ブログの特典についてはこちらを参照してください。 
2007/09/28 20:24|未分類
仕事の関係で遠い場所に行っていましたので、久しぶりの更新になります。
実は、出張中1日だけ時間がとてましたので、モバイルPC(といってもB5ノートPC)でトレードをしました。
ポン円でしたが、これが大失敗のトレードになってしまいました。
本来ならば
富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~は、チャート貼り付きが鉄則なのですが、旅先の慌ただしさでPCを離れて、さらにストップなども「大丈夫だろう」と思い設定しませんでした。

そしてその後に-50pips程度の時にPCの前に戻れましたが、根拠もないのに反転を願い、結果は、-80pips、約4万円の大負けとなってしまいました。
やはり、スキャルを前提としてトレードしているのに、これだけの大負けをしてしまうと、かなりダメージが大きいものです。

これは、なにも富田流に限りませんが、いかに損失を抑えるのか・損失を限定するのかといった基本が守られなければ投資では絶対に勝てません。
偉そうに、このようなことを書いていますが、実際にトレードをしていて損失がある程度大きくなると、私のような素人投資家は、「根拠のない期待」を抱いてしまうものです。
そして、「このトレードを負けにしたくない!」といった気持ちがどうしても強く働き、論理的なこととは全く正反対なことをしてしまうものです。

これは絶対に克服しなければいけないことです。

とにかく
富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~という投資法が有効なものであると確信していますので、それが崩れた時には潔くあきらめなければいけません。

つまり、富田流であっても他の手法であっても、この不確実な相場というものに挑むときは、上手くいくことが多い手法であるが、上手くいかないこともかなりある程度に考えていなければいけないと思っています。

「相場は不確実」です。
とにかく得体の知れない?動きをします。
そんなものに付き合ってはいられません。
ですから、「上手くいかない」時は、喜んで損切りすることしかできないのです。

ちょっと知ったかぶりのことを書いてしまいました。
トレードの世界に感情は必要ありません。(ですが感情が入ってしまうのは重々承知なのですが・・・)
とにかく自分の決めたルールに従いトレードをし、そのルールの根拠がなくなったらスタコラサッサ(古いかな?)と相場からトンズラしてしまいましょう!



当ブログの特典についてはこちらを参照してください。 
2007/09/28 19:20|未分類
1 USDJPY .5 S 115.13 115.11 ¥1,000
2 USDJPY .5 S 115.10 115.09 ¥500
3 USDJPY .5 S 115.06 114.98 ¥4000
4 USDJPY .5 S 115.01 114.94 ¥3,500
5 GBPUSD .5 B 2.0263 2.0282 ¥10,914
6 GBPJPY .5 S 232.69 232.85 -¥8,000
7 USDJPY .5 S 114.97 115.05 -¥4,000
8 USDJPY .5 B 114.92 114.96 ¥2,000
9 USDJPY .5 S 114.92 114.87 ¥2500

追加です
10 USDJPY .5 S 115.12 115.06 ¥3000
11 USDJPY .5 B 115.00 115.03 ¥1500

115.00に価格がまとわりつく感じで思うように利益がでなくなりましたので本日はこれにて終了です。
トータル +31pips 16,914円

今日は午前中1時間ほど、夕方からはチャートに張り付きトレード。
とにかく今日はPCの調子がおかしくなってしまい、マウスを右クリックしても注文、そして決済もできなくなってしまい、おかげでずいぶんと利益を逃し、損失を大きくしてしまった。
うーん、かなりいらつきます。
現状はルール1の状態なのでやりやすいのですが。。。

今日の
富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~では、ほぼドル円などが下降傾向だったのでルール2のケースが多かった。

それとドル円では115.00円という思惑の入りやすい価格であった(現在もそうですが)ため、夕方からはとてもやりにくかった。
どうもこういったジャストの価格帯は苦手です。

さて明朝が早いので、これからチャンスがなければ今日のトレードはお終いです。
明日から週末まで、仕事の関係であまり更新できませんが時間があればトレードをして結果を報告しますね。



当ブログからの購入者特典についてはこちらを参照してください。  
2007/09/24 21:13|未分類

富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~のマニュアル、そして一般書籍にも書いてあることですが、投資をやるうえでトレードノートを付けることが薦められています。

私の場合は、メモ紙に書いていましたが、今回コクヨノートを購入し売買記録を書き留めるようにしました。
内容は、エントリー値・エクジット値の他に、エントリー・エクジットの理由などをメモしています。
ですが、富田流は短期に売買を繰り返すのでそれほど詳細には書かず、まさしく殴り書きのような状態で、後で読み返すと自分で書いたものなのに意味不明だったりします。

なかなか面倒くさいものですが、ただ漫然とトレードするよりも投資行動に意味を持たせる、あるいは同じ過ちを繰り返さないために、これからも続けていきたいと思っています。

私の場合は、このブログ自体がトレードノートの意味合いが強いのです。
このブログで売買結果、そして反省点、売買ルールを書くことによって頭の中が整理されていきます。
やはり文章を書くということは、頭の中にある漠然とした思いをまとめて整理する役目があるのだと思います。
ちょっと話は変わりますが、精神療法においても、その日の出来事、反省点、そして目標などを記録していくという認知療法があり、これは軽度の症状には効果的なのだそうです。 
おそらく自分の行動を冷静に見つめ直すことによって、悪かった点、良かった点などが認識できること、そしてそのことによってプラス方向へと導いてくれるのでしょう。

このブログはFC2というサービスを使用していますが、「環境設定の変更」→「ブログの設定」→「公開設定」→「非公開」と選択すれば、パスワード制のプライベートブログにすることができます。
ですから、他人に見られたくないという方は、ブログを誰にも読まれる心配のない無料の日記帳・トレードノートとすることができます。
紙にモノを書くということに抵抗がある方は、ぜひ試してみてください。
オンライン上の日記であれば、例えパソコンが壊れたとしてもサーバー上に残っているので安心です。(運営会社がつぶれるといったこともあり得ますけど、FC2はデータを出力することもできます)

さて今日は祭日、値動きの少ないなか3戦して3連勝と現在までは好成績です。
薄利ですが、いずれも
富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~のルールどおりの展開となっています。
(ですが、ボラが少ない時のルール2でのエントリーですので数pipsしか取れていません)

まもなく欧州勢が参入してからは大きな動きが出ることが予想されます。
それまではちびちびとやっていきます。


このブログからの購入特典についてはこちらを参照してください。
 
2007/09/24 15:25|未分類

富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~の基本はスキャルピングです。
もちろんデイトレやスイングであっても王道手法であるので、どのような売買であっても通用するメソッドです。

ですが売買チャンスは1日にどの程度あるの?と疑問がある方もいらっしゃるかもしれません。

私の過去の実践例を見て頂ければおわかりになると思いますが、
私の場合、午後7時ころからトレードを始め、終えるのが11時あるいは12時です。
その際に、米国経済指標時などを避けていますが、約3回から8回程度のトレードチャンスがあります。

もっとも対象通貨ペアを増やしたりすれば、その倍程度に増えますが、微妙な値動きを観察していく手法ですので、はじめな1通貨ペアでトレードするべきです。
慣れても、2~3通貨が限界かなと思います。


富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~でトレードをしている時は、完全にチャート張り付き状態となります。
そもそもスキャルピングで、チャートから離れて利益をあげるのは難しいでしょう。
(それでも所用がある場合は、少なくともストップあるいはOCOを入れておきましょう)

ひとつのトレードにかかる時間ですが、これはその時その時で当然変わりますけど、おおむね10分から1時間程度で完結することが多いようです。


富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~は、極端に言いますと、常時、4つあるルールに該当するチャート状態といえますので、エントリーチャンスはかなり多いと感じます。
通常は、あまりチャンスが多いとハズレも多いのですが、この手法は、本当にルールが確定しているのか、そのルールは信頼できるのかということを確認すれば勝率はかなり高くなります。

ですが、基本はスキャルピング、つまりそれほど利益は大きくありませんので、エントリーの根拠が失われてしまったら、何も考えず、何も悩まず、まさしくロボットのように損切りすることが絶対に必要です。

また、チャンスがあれば利益を伸ばせる方法がマニュアルには書かれています。(私の独自特典にも書かせてもらいました)
こういったことが実践できればスキャルといえども、通常のデイトレにも負けない利益を得るチャンスがあります。

とにかく購入者サイトにはたくさんのトレード例がありますので、それを良く理解して、さらにデモトレードなどで練習して、さらにさらにルールに基づいた損切りができれば勝つことが可能な方法なのです。



購入者特典を2つ付けさせてもらっています。詳細はこちらです。  
2007/09/23 21:08|未分類
こちらのブログのアフィリエイトリンクから
富田流FX短期売買法Ⅱ~相場の本質を捉えた王道的技法~実践者によるひとつの売買例として参考になさっていただければと思い真剣に作りました。
通常ですと、自らPDFを作成するような気力はないのですが、この
富田流FX短期売買法Ⅱに惚れ込んで思わず作ってしまったものです(笑)
もし読んでいただけたならぜひ感想を送ってくださいね!
よろしくお願いします。




 
2007/09/23 20:12|未分類

投資経験   

FXに限らず投資の世界で利益を上げるためには、ある程度の経験が必要なのだと思います。
しかし、ただ漫然と経験を積み上げていっても簡単に上達するといったものではないと思います。

かえって最初に基本を身につけることができれば、歴戦のトレーダーよりも素直なトレードができるのかもしれません。

富田流FX短期売買法Ⅱを実践しているとそのようなことを感じます。
私個人としては、たった1週間の結果しかありませんが、その間薄利ながらも勝つことができたのは、富田流の他に自分の知識や経験が役に立っているのだ、などと考えることがあります。
ですが冷静に考えると、それほど影響はないようです。
かえって、余計な知識、あるいは誤った知識が邪魔をして『素直なトレード』ができていないかもしれません。(思い当たることは、根拠の薄いナンピンと損切りの遅さの2点です)

かえって初心者の人が
富田流FX短期売買法Ⅱをしっかりと読んで理解して、なおかつデモトレードやチャートを印刷しての検証をしたのなら、基本が身に付き利益を出しやすいと思います。

私がこの1週間
富田流FX短期売買法Ⅱでトレードして一番気をつけなければと思ったのは、
・ 損切りは絶対に守らなければいけない。
  これははじめから決めていたのですが、やはり守ることができませんでした。猛省しなければいけません。
・ 負けをおそれない。
  損切りを守るということと同じですけど、ついつい、『さっき負けた分を取り返す』『連勝中だから今度も負けられない』と考えてします。ルールが崩れたら喜んで負けを認めなければ。
・ 自信のない時はエントリーしない。
  これもかなりの回数誤りをおかしてしまいました。『うーん、これはルール4でいいんだよな、まあ大丈夫だろう』・・・こんなことが多くありました。これも猛省。

先ほど書いたナンピン、損切りのルールは机上では我ながらなかなか良いルールを考えたなと思っています。
とにかく反省すべきところは二度と過ちを繰り返さず、そしてルールを淡々と守っていきたいと思います。

このブログは、富田流を使用されていない方にとってはあまり内容が分からないかと思います。
この情報商材がどの程度の販売数があるのか分かりませんけど、もし実践者の方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをお願いします。


 
2007/09/23 01:30|未分類

富田流FX短期売買法Ⅱを使った最初の週の記録です。

16月 35pips 17,500円 7勝2敗
17火 19pips 6,700円 2勝0敗1分け
18水 55pips 25,000円 6勝0敗
19木 36pips 18,000円 3勝1敗
20金 16pips 18,000円 5勝2敗


total 161pips 85,200円 23勝5敗1分け(勝率82%)

感想

この結果を見て、『塵も積もれば山となる』というところが正直な感想です。
だいたい0.5ロット単位なのだけど資金量やリスクの度合いを考えれば適当なレバだと思う。
これ以上だと正常な判断ができなくなってしまうおそれがある。

難易度ではルール1が一番簡単(だけど薄利)だと感じたのでレンジ相場をしっかりと見極めたい。
それとルール2・3とルール4との見極めが難しい。
今のところルール4の状態でも基本MA到達まで待った方がチャンスは少ないがリスクも少なくなるかもしれない。
それよりもルール4は、かなり特別な状態であるのでそのパターンをしっかりと身につけなければ。

こうやって5日間にわたり薄利だが連勝したという結果を受けて、あまりプレッシャーを感じないようにしたい。
たとえ負けた日があってもトータルでは1週間で100pips以上勝てることをとりあえずの目標にしたい。
それだと1週5万円、月間20万円ですからね。
要は、結果を出すため無理をしないでルールを守ることが大切だと感じました。

課題

損切りの位置やナンピンは、4つのルールごとに具体的に決めておく必要がある。
そこで一応試案だけど、
★ルール1の場合は、単純にpipsで決めておく。(現状ドル円-20、ポン円-25)

★ルール2の場合は、逆のBラインに到達した時に1回ナンピン、損切りはBラインが拡大してしまった時。(10pips程度か?)

★ルール3の場合は、逆のBラインに到達した時に1回ナンピン、損切りはこれもBラインが拡大してしまった時。

★ルール4の場合は、基本MAに到達した時に1回ナンピン、損切りは逆のBラインに到達した時 ※訂正 基本MAラインをはっきりと割り込んだ時

※ その他・中期長期MAの位置あるいはテクニカル2の状態を確認し損切りやナンピン基準の参考にする。特にテクニカル2の確認は怠らないようにする。
※ 独自追加のテクニカルを常時監視する!


暫定的だけどこれでいいかもしれない。
ただ、その時その時のボラによっては大きな損失となってしまうことがあるので、その時はpips基準での損切りにした方がいいかもしれない。

来週は、所用でトレードチャンスが少なくなってしまうのが残念。
これからも淡々と富田流を実践していこう。
そう、キーワードは『淡々と』ですね!


 
 
2007/09/22 20:51|未分類
昨夜の結果を書いてみます。
結果的には勝てたけど課題が残る、というよりも損失を膨らませる可能性が高い危険なものだったので1トレードごと書いてみる。

1 GBP/JPY B 232.65 232.83 +18pips
これは、当初ルール4の状態でエントリー。
その後、基本MAラインまで値が下がりナンピンするも、そこでも止まらず。
結局は、Bラインまで下がったのでルール1だと判断しナンピン後、徐々に反発。
無事ルール1に近い状態で決済できた。
だが、これでいいのだろうか。最後のBラインが維持できなかったら大きな損失となったはず。

2 USD/JPY B 115.60 115.58 -2pips
これは、ルール2でエントリー。
値が反対方向へ、それほどの損失とならずもみ合うが徐々に基本MAの状態が怪しくなってきたのでたまらず決済。

3 GBP/JPY S 232.95 233.29 -35pips
ルール1でエントリー。
すると下のBラインが拡大しつつ損失が拡大。
ポン円の場合はもたもたしていると恐ろしい損失となるので少し戻した時点で決済。この時はルールは何も考えず戻しをただ念じて待っていただけ。
完全に損切りが遅かった。

4 USD/JPY S 115.65 115.55 +12
ルール1でエントリー。
かなり時間がかかったが理論どおりの値動きで安心できた。

5 USD/JPY B 115.49 115.55 +6
これは中期MAをサポートラインと考えてルール2でエントリー。
だが動きが弱いと感じて基本MAに到達したところで決済。

6 GBP/JPY B 233.30 233.45 +17
5番と同じ理由でのエントリー。
こちらは比較的早く目標のBラインまで到達。
その後、マニュアルの利益を伸ばす方法で我慢していたが結局は上手くいかず少しだけ利益を減らす。
最後の2つのトレードはかなり満足がいったものだった。
 
トータル +16pips 18,000円

感想
1 ポン円はとにかく値動きが大きく、利益損失のどちらでも大きくなる。当然のことだけどより一層のリスク管理が必要となる。
よってポン円での取引をどうしようか思案中。
富田流が推薦している、素直な動きをする通貨ペアを取り入れたいが私の取引会社では扱いしていない。
うーん、もうひとつ口座を開設しなければいけないかな?
苦労を惜しまないようにしたいが、その口座のチャートは若干直感的ではないからどうしようか?
2 ナンピンの位置と損切りの位置を明確にしないといけない。
これはルールで決めていたが、案の定、そのルールを破ってしまった。
本当に情けない。トータルで負けを出したくないといった気持ちが強すぎる。特に昨日は週最後だったので無理をしてしまった。
『淡々と・ルールどおりに』これを肝に銘じなければ!
……と頭で考えても熱くなるとすぐ忘れてしまうのが私の悪いところ。だからPCの前にでもルールを書いて貼っておこうかと真剣に考えています。
3 富田流のルールと私が独自に追加したテクニカルが一致した時にエントリーするのが有効と感じている。
このテクニカルはそもそもダマシが多いのだが、富田流と合わせればかなり有効なのではないか?
来週は月曜日祭日の夜だけのトレードになりそうだが、これを試してみたい。

後ほど、週間結果をアップします。 
2007/09/22 18:27|未分類

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。