とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

Last trade !   

家族は紅白歌合戦を見ながら、「この歌手は、あの歌手は・・・」などと、いっぱしの芸能評論家を気取っています。
私は、テレビの画面より、やはりチャート画面ということで隣の部屋でチャートを眺めています。
まさしくFXフリークですね。

この1年を回顧する・・・などと偉そうなことはできませんが、とにかくFXが私の生活の中で占める割合がとても大きくなってきました。
これは何も今年だけのことではなく、株式を始めたころからこういった傾向がありました。
私にとって投資とは、片手間でできるものではなく大げさに言えば「生活の中で『何か』を犠牲にする」ことで成立していることだと強く感じています。(必ずしも悪い意味ではなく。。。)

さて、今年最後のトレード・・・幸いにも勝ちトレードで終えることができました。
いつものように5Min Intraday Systemでのトレードで5連勝、100pipsオーバーでした!

午前中のポン円、ドル円、そして夕方からのポン円でこれだけとれたので大満足です。
荒れまくった相場となるのでは?と思っていましたが、少なくとも私のとったトレード方法ではセオリーどおりの値動きだったのがちょっと意外でした。

さて今年・・・というよりも、今まで投資を続けてきて強く思ったことを一言ですが今年最後の記事で書きたいと思います。

それは、『執行力』という言葉です。

抽象的な言葉かもしれませんが、エントリー・エクジット・リスク管理・資金管理・・・すべてのことを決められたとおりに執行できる力といった意味です。

私の場合は、まだまだ応用を利かせて勝てるほどの実力がありません。
ですから、決められたことを決められたとおりにやっていこうと強く思っています。

さて、このブログは計2回の移転を経て、コンセプトなどもかなり変化してきました。
時には、見当はずれな記事、あるいは判断を誤らせてしまうような勘違い記事も書いてしまったかもしれません。
最近は、なんとか皆様にとって有益な情報を発信できればと思っています。
そしてそのことが自分のトレード技術向上に役に立てばと努力しているところです。

来年もこういった考えで更新をしていこうと思っていますのでどうかよろしくお願いします!

それではっ!また。

【今日の名言】
人に頼らず自分で考えることもまた必要だと思いまス^^
商材に頼ったり、人の意見を信じきるのではなく
自分で検証し、成長していくことが必要でス
FXを簡単に儲かる手段として考えるのではなく
自分を磨く場と考えて、修行していけば、結果はおのずと付いてくると思いまス^^
2007/12/23 quote from ナイス藤本さん


Happy Last trading :-)

ご愛読そしてご協力本当にありがとうございました!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします) 
スポンサーサイト
2007/12/31 21:40|未分類
年末の慌ただしさ、そして新年の準備とFXどころではない方がほとんどだと思います。

・・・と、そんな状況の中で、新システムの紹介です。
 
フォレックスファクトリーのサイト検索で「breakout」に関するものを読み込んでいました。
なかなかシンプルで良さそうなシステムを見つけました。(後にちょっと評価が下がってしまいますが。。。)
参照したのはBreakout + Spread!! Sure!!!というイタリア人トレーダーのスレッドです。

とりあえず画像をご覧ください。ポンドルの1時間足です。




ちょっとわかりにくいかもしれませんが、四角い枠を上下にブレイクした時、つまりブレイクアウトしたらエントリーです。
そして四角枠の左側に赤枠が見えると思いますが、これが6:00GMTから9:00GMTまでのレンジとなります。
これを22:00GMTまで伸ばしたものが四角枠になります。

つまり、ロンドンタイムの直前からオープン時までに作られたレンジのブレイクを狙っていくという手法になります。
拡大画像です。




このスレッドは45ページ程度でしたから全てを読んでみました。
作者によると、10pipsが目標、そしてロスカットは15pipsといったルールを紹介していました。
実はスレッド中盤あたりで、上記ブレイクアウト条件、そしてターゲット、ロスカット値でバックテストをした人が数人いて、結論は、「まったく使えない。損失となるだけだ」などと辛辣な評価を受けてしまいました。
それ以後も、このスレッドは進行していますが、ちょっと勢いがなくなってしまっています。
おそらく、ターゲット、ロスカットの設定が悪いのだと思います。
利益10に対して損失15であれば、かなり確率の高い、「鉄板」の投資法でなければ良いバックテスト結果は出ないと思います。

私がアップした画像は、スレッド後半にある、xpMAという平均線、そしてパラボリックサーを加えてフィルターとしたものです。
また200期間EMAをフィルターにすると勝率がとても高くなるといったコメントもありました。
タイムフレームは1時間足ですが、15分足も有効では?といった意見も出ています。

私も、チャート設定だけでブレイクアウトをねらえる投資法をマスターしてみたいと強く思っていますので、このスレッドの監視を続けていきます。
2番目の画像のようにレンジを下方に大きくブレイクしたような時は大成功ですね!
チャート検証だけですが、こういった大きなブレイクアウトはけっこうな頻度で発生しています。

しかし、ダマシのブレイク、あるいはブレイクしてもすぐレンジ内に戻ってしまうような時は、やはり難しいようです。
私は、今後、このスレッドを参考に15分足チャートでのブレイクアウト設定を作ってみたいと思っています!(・・・努力してみます。。。) 

※ 追記 ひとつ前の記事でタートルの「言葉」を紹介しましたが、今後一般投資家のFXに関する「名言」を収集してみたいと思っています。
まだ記事はありませんが、カテゴリーに「FX名言集」を作りました。
皆様のブログなどを読ませて頂き、「なるほどー」と感じた名文(たまには迷文?)を紹介していこうと思っています。乞御期待!

きょうのFX名言
最近思うのは、大きな利益が出なくても、堅実に毎日20~40pipsを稼げる手法が一番望ましいなと思ってます。大きな利益を取りに行くと、それに伴いリスクも高くなります。
獲得pipsがそれほど高くなくても、資金管理さえしっかりすれば、利益は大きくとれます。
2007/12/16 quote fromもっちさん


副業と書けば聞こえが良いですが、追い金をしている時点で趣味ですね
趣味で自分を追い込んでもあほらしい話ですのでエントリーし易い時のみトレードしようかと思います。よく書く言葉で「何時かは巡って来る素人相場」まで待つとしますか。
個人投資家は儲け以前に生き残りが大事ですよね。
2007/12/29 quote frommiyabonさん

  ↑ こんな感じになる予定です! 

///投資は自己責任で!(念のため)///

Happy breakout trading  :-)

すこし早いですが今年一年のご愛読そしてご協力本当にありがとうございました!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします) 
 
2007/12/30 20:14|未分類
資金管理、適正レバレッジ、リスク管理・・・こういったことは、初心者向けあるいは中級者向けのFX本には必ず書いてあり、私ごときがここで知ったかぶりをして書く必要もないことなのは分かっています;;
・・・ですが、書きます(爆)

今読んでいるこの本の中に本質を表す言葉に出会いました。

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術




「リスクと資金管理」という章で、資金管理につき、
リスクを取りすぎて、元手をすべて失うか、トレーディングをやめることになるか。逆に、リスクをあまり少ししか取らず、多くの資金をテーブルに残したままにするか。つまるところ資金管理は、そのどちらかのあいだで折り合いをつけることなのだ。(中略)適切なリスクレベルというのは、かなりの部分、自分にとって何が重要かという関数だ。


全体の中からの一部の引用となってしまいますが、なかなか鋭い言葉だとおわかりになると思います。
中略の前の文章が、引用末尾の「関数」についての説明になっていると思います。

ここで具体的に、資金●●円に対してはレバレッジ云々と書くよりも、引用文が資金管理について全てのことを簡潔に表してくれています。

私の場合は、自分自身の資金管理についての「関数」が、時と場合によってコロコロと変化していました。
簡単に言うと、リスクを取りすぎたり、あるいは妙に慎重になりすぎたりとまったく「折り合い」がついていませんでした。(一応過去形。。。)

つまり、どんなトレードを目指しているのかといったポリシーがなかったのです。

現在の私のリスクテイク基準は、ほぼ適正、つまり一定の「関数」のもとで「折り合い」を付けて実行できていると少しだけ自信を持って言えます。
そしてこの「関数」が気分や雰囲気などによって変化していた時よりも、格段に成績が良くなっています。
細かく言えば資金管理、レバレッジ管理の他にストップロス基準などを守るようにしたことも大きいのですけど。。。(これも資金管理ですね)

資金管理ということは、投資方針と言い換えることができるかもしれません。

投資手法をマスターする前提として、資金をどう運用したいのか?
どの程度のリスクを取れるのか?
破産確率は?
・・・などなど、自分にとっての「折り合い」がつく「関数」を見つけることが大事だと強く感じているところです。

※ 上記書籍は、タートルという投資集団の話なのですが、この著者はタートルだから・・・といったことだけではない持ち前の才能がある方だと思います。かなり私にとって難解な本ですが熟読して何とかマスターしたいと思っているところです!


///投資は自己責任で!(念のため)///

Happy Turtle trading :-)

ご協力本当にありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします) 
2007/12/26 22:04|未分類
Schaff Trend Cycleというテクニカルは、最近メタボ社長さんのブログで取り上げられておなじみだと思います。
ある有名商材もこのテクニカルを採用していますので、この商材で知った方も多いかと思います。

特徴としては、なめらかな曲線で天底を往復し、さらに天底に張り付くことが多いようです。
ですから、オシレーター系指標としては比較的使いやすいようです。
メリハリのある?ような時は、かなり見事に相場を捉えられます。

ただし、オシレーター系の弱点というか・・・モメンタム系だろうがトレンド系だろうが裁量だろうが同じ事ですけども、とにかく「揉み合い」では、あまり機能してくれません。

私自身は、このSchaff Trend Cycleが特別優秀だとか、ダマシが少ないだとか、他の指標に比べて優位性があるとは思っていません。
だからといって、RSIがいい、あるいはストキャスがいいだとかといったこともありませんが、要は、自分が視覚的に判断が付きやすい、あるいは、振れ幅が0~100で上下の動きが見やすいといった基準で使いやすいものを使えばいいと思っています。

もちろん反応が良いもの、逆に小さな動きは無視するようにゆったりと動くものなどがあるので
ご自分の「感性?」にぴったりくるものがいいでしょう。

オシレーター系については、同じようなものは何種類も表示させるよりも、たとえばRCI3本式あるいはMTFのように、パラメーターや時間軸を変化させるのもひとつの方法だと思います。

今日、相互リンクさせてもらっています俺の大好きな糞相場のmiyabonさんの記事でこのSchaff Trend Cycleが取り上げられていました。
さっそく、5Min Intraday Systemの過去チャートで検証してみました。
赤の垂直線が目安になると思います。
テクニカル上段青色ラインがSchaff Trend Cycle(8・13・5)で、下段がストキャス(4・2・2)です。




この画像では、ストキャスのパラがかなりピーキーな設定ですので、Schaff Trend Cycleより早めのサインとなっています。
ですが、それぞれの山・谷はほとんど同じ動きですから、パラメーター調整しだいでどちらを使用してもいいと思います。
私の場合は、単にストキャスに慣れていること、2本ラインのクロスが視覚的に分かりやすいといったことでストキャスを使っています。
※ 追記 私は5Min Intraday Systemでトレードする場合、ストキャスの位置あるいはクロスについて十分監視していますが、大きなトレンドの時は、それでも乗り遅れたりしますので純粋にロウソク足の動きだけを見てトレードすることが多いのです。ですが、より確実性を増すためには、やはり数種類の条件がそろった時のほうがいいでしょう。(って、どっちがいいの?・・・ということはまだ検証途中ということで。。。)

・・・と、こ記事を書いている間に、相場は動き出しましたね。
くれぐれも薄い相場の時のトレードは気をつけてください。
私は、今年の正月にトレードして完璧に踏まれてしまったことがあります;;

///投資は自己責任で!(念のため)///

Happy Simple trading :-)

ご協力本当にありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします) 
2007/12/26 20:24|未分類
連日、FXとは関係のない記事で申し訳ありません;;

今日は物販アフィリエイトに挑戦してみます!?(市場がお休みですのでご勘弁を。。。)

ひと月ほど前にマウスが故障してしまったので新しいものを購入しました。
私としては、コードレス、バック・フォワードボタンが付いているものが条件でした。
なかでも、ひとつ前の画面に戻るのがマウスでできると非常に快適ですので、バックボタンは必須でした。。。
ですが、なかなかこのような条件を満たすものがなく、友人と一緒にマウスひとつを買うのに、あーでもない、こーでもないともう少しで取っ組み合いのケンカとなりそうな勢いで悩んでいました。(ちょっとオーバー)
結局選んだのは少し高価だったのですが以前使っていたロジクールというメーカーのもので、これは大正解でした。

このマウスの特徴は、「フリーホイールマウス」といって、スクロールホイールを回せば通常カチカチと音がして数行ずつ画面スクロールするのですが、ボタン切り替えでこれを高速回転することができます。
感覚としては、チョロQのタイヤのようです。(といっても分かりませんよね)

これは、縦に長いサイトやエクセルを操作するのにとても便利です。
私は、通常のサイトであっても高速モードにしています。
この機能は今まで使っていた、どんなマウスよりも使い勝手がいいです!

また左上のボタンは、インターネット検索ボタンで、ある文字を選択してからこのボタンを押すと検索ができるもので、まあまあ便利かなといったくらいのものです。

以前使っていたロジクール製のマウスは2年ほどでスクロールホイールが壊れてしまいました。
おそらくゴミが詰まったか、あるいは回転部分の部品が劣化したのかと思います。
今回のも、アマゾンの評価を見ますと耐久性に難があるとのコメントがあり不安に思っていますが、保証期間が長いので大丈夫かと思っています。・・・と記事を書いて保証書を探したら見つかりませんでした;;どうやら捨ててしまったような気がします(泣)

Logicool MX-620 コードレスレーザーマウス MX-620

このマウスですが、FXトレードをするときは、高速スクロールはなんの役にも立ちません;;
ですが、このマウスのクリックで何とかガッポリと利益を出せればと願っています!

以上物販アフィリエイターのシステムマンでした。。。でも本当に使いやすいですよ

Happy trading with your good mouse :-)

あなたのマウスでワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします) 
2007/12/25 22:36|未分類
こんばんはっ!
今日はクリスマスイブといいうことでFXどころではないですね・・・。

ですがチャートを見ると、いてもたってもいられずトレードをしてしまいました;;
3勝1敗で合計11pipsとなったところで、とてもトレードできる状況じゃないと思い撤退しました;;

さて、クリスマスイブ特別企画?として、私の小説ブログで以前書きました短編をアップします。
私の旧FXブログでも公開したことがありますので読んだ方がいるかもしれません。
くだらない内容ですが、ぜひ読んでやってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『火星の大提督』


「あなた、いつまでそうやってパソコンにかじりついているのよ!まったく。さっきからピンポンピンポンってなんのゲームをやっているのよ」
「ゲームなんてやってないよ。これは俺が開発したFXシステムの売買アラートなんだよ!あっ、お前がじゃましたから利確が遅れちまったじゃないか」
「まったくやっとパチンコをやめたと思ったら、毎日毎日そんな棒グラフみたいのを睨み続けて何が面白いのかしら?それに今日はクリスマスイブでしょ。まったく何を考えているんだか」
「馬鹿、これはロウソク足チャートっていうんだよ。最近はFX界ではジャパニーズハウスワイフっていえば海外でもちょっとは有名なんだぞ。どうだお前もチャレンジしてみないか」
「なにがワイフよ。ワイフより私は我が家のサイフを切り盛りするので精一杯なのよ。もうパソコンを睨みながら突然ガッツポーズしたりするのやめてくれない、本当に気味が悪いんだから」

「あーわかっったわかった。こうして俺がFXを楽しむことができるのもお前のおかげだよ。ところで初めてお前に打ち明けるけど・・・俺って本当は火星人なんだよ」
「えーなに言ってんのよ。バカじゃないの。そんなこと言うんだったらあたしは金星人よ」
「バカ、お前冗談だと思っているだろう。俺は正真正銘の火星人なんだってば」
「もう本当にいつまでたってもバカ丸出しなのね。あなたのどこが火星人なのよ。どこからみても人生に疲れ切った中年オヤジじゃないの」
「あっお前、俺をバカにしたな。これは惑星間の大問題となるぞ。惑星大戦争になったらどうするんだ」
「あなた訳のわからないSF小説の読み過ぎなのよ。まったく。いつもいつもタイムスリップだのワープだのって騒いで、中年オタク!」
「あー言ったな。言ったな。俺のどこがオタクなんだ。火星じゃ俺は大軍隊を率いる提督なんだぞ。俺を怒らせるとこの地球なんて、こっぱみじんとなってしまうんだからな」
「はいはい。あなたを怒らせても面白くもなんともないわ。家出してやるなんて言って飛び出しても、いつも2時間後には涙ぐみながら帰ってくるくせに」
「なんだと、あの2時間は火星に行って地球人の悪人ぶりを報告しているんだよ。火星ではお前が超悪人として大評判になっているぞ。おそらく火星軍はお前を一番最初に攻撃のターゲットにするだろう」
「へえ上等じゃない。煮るなり焼くなり自由にしてちょうだい」
「まあ俺は提督だから。軍に命令して命だけは助けてやろう。なんたってお前はこの10年間俺の面倒をみてくれたんだからな」 

「でもあなた、火星人だったらなんのために地球で暮らしているのよ」
「うっ、まあ、あれだ。宇宙の平和を維持するために地球の偵察をしているところだ」
「なにが宇宙の平和よ。家庭の平和も維持できないくせして。それにあなた機械音痴じゃない。インターネットの設定もできないし、それよりもあなたキーボードなんでひらがな打ちなのよ。今時そんな人いないわよ。あなたの後だと設定変えるの面倒なのよ」
「なんだと。ひらがな打ちこそ日本人の基本じゃないか。お前はローマ人でもないのに、なんでローマ字打ちなんだ」
「あらー、日本人の基本だなんて。あなた火星人でしょ」
「うーん。それは、日本人になりすますための偽装工作なのだ」
「はいはい。ところであなた、さっき火星に帰っているなんて言ったけどどうやって帰るのよ」
「自転車だ」
「あっはっはっは。なによあのママチャリでどうやって火星に行くのよ」
「あっ俺の自転車をバカにしたな。あれはジャスコで3万円もしたんだぞ」
「知ってるわよ。安いのでいいって言ったのにあなたは5段変速が欲しいなんて言ってね」
「いいじゃないか、俺はサイクリングが趣味なんだ。それにスピードだって頑張れば30キロは出るぞ。まあ瞬間的にだが」
「いいかしら。あなた火星までどのくらい距離があると思っているの。よくわからないけど何百万キロとか何千万キロじゃないの。瞬間的にしか出ない30キロでどうやって火星に行けるのよ」
「それは、つまり毎日の努力だ。ほら塵も積もれば山となると言うだろう」

「はいはい。それじゃその自転車でジャスコまで行ってクリスマスケーキでも買ってきてよ。」
「まあ、いいだろう。そうそうポイントカードがあと5ポイントで1000円の買い物ができるんだ。それで自転車のライトを買っていいかな」
「もうしょうがないわね。火星までの道は暗いんでしょ。ライトも必要だわね。買っていいわよ」
「やったーありがとう。じゃあ途中ワープするから、30分もあれば帰ってこれるよ。いってきまーす」
「はいはい、気をつけてね。火星の提督さん」

(おしまい♪)

Happy X'mas trading :-)

こんな私に励ましのクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします)

 
2007/12/24 21:31|短編小説CM:6
土曜日には5Min Intraday Systemで7連勝できたおかげで、この週末はすっかりと良い気分で過ごせています。
週末に負け越すというのはあまり経験したくないですね!

さて先日はチャート画像をアップできませんでしたので、本日はストキャスを参考にしたものを書き加えてアップしてみます。
私がトレードしたのは4つの赤丸部分です。



私は、この投資法はモメンタム系の代表である移動平均線を使用したトレードになるので、何かフィルターあるいは判断基準となるオシレーター系指標を探していました。
いろいろと試してみましたが、5分足でのわずかな戻しや押しを感知できるものはなかなか見つかりませんでした。

ですから、ロウソク足が21EMAと10EMAのゾーンに入った時の動き、あるいは50SMAまでプライスが届いてしまった時の動き・・・などロウソク足の微妙な動きでエントリー判断をしていました。

そこで、先ほども書いたオシレーター系指標を探していましたが、これは私が投資を始めた頃からの長い付き合い?をしているスローストキャスティクスが一番いいのではと思っています。
このスローストキャスティクスという指標には、今まで何度も騙されて痛い目にも遭っていますし、逆に大きな利益になったこともあります。
つまり私の中では、あまり信頼はしていないものの、どうしても使わずにはいられない・・・といった困った?指標なのです。

しかし・・・この5Min Intraday Systemとは、ある程度相性がいいようです。
画像を見ていただければ赤丸の3番目と青丸の2番目は、ちょっとしたダマシがありますが、その他はまあまあ信頼できるようです。
最後の赤丸は5Min Intraday Systemのルール破りのトレードですが、ロウソク足が21EMAと10EMAに入った時にはストキャスがデッドクロスしたばかりですので私はポジションを取りませんでした。
そしてこの時だけは、かなり慎重となってストキャスのクロスを待ってロングしました。
結果、26pipsを取ることができました。

ですが!
やはり怖いのはダマシです。
このチャートでは、50SMAの角度が後半弱くなっていますが、それほど大きく崩れていないので5Min Intraday Systemでのトレードを続けてもそれほどドローダウンとはなっていません。(ですがチャート右端、つまり先週の終値付近はすでにトレンドがなくなっています。。。)
しかし、21EMAと10EMAが明確にデッドクロスしてしまうとスローストキャスティクスはいつまでたってもゴールデンクロスしなくて、あるいは、クロスしても低位置ですぐにデッドクロスしてしまいます。
こういった時は底なし沼のような状態になりますので、ストキャスが20パーセントラインに達したから・・・などと考えずにすぐにロスカットするべきです。

またこの投資法を続けて感じたのは、必ずしも21EMAと10EMAのゾーンだけではなく、50SMAで値が反転するといったことが多いということです。
これは当たり前のことですが、ちょっと深い押し・戻りということですね。
このへんは、50SMAの角度、そして2本のEMAの状態、そして私が例として書いたストキャスなどで総合的に判断する必要があると思います。

また作者は、ロスカット基準をスプレッドプラス6pipsとかなりタイトな設定を推奨しています。
私個人の経験では、システムどおりの理想的ポジをとれた時はこの程度でいいかと思いますが、ちょっと狭すぎるように感じます。

このへんの判断は、個人個人のトレード環境によって変わってくると思います。
私の場合は、21EMAと10EMAが逆方向へ明確にクロスした時・・・といったロスカット基準を持っています。
この場合、ドローダウンの状態をある程度耐えるといったことになってしまい、さら21EMAと10EMAが明確にクロスしたといった場合には、ドル円などでは約20から30pipsのマイナスとなってしまいます。(追記:もう少し小さいと思います。15から25pipsくらいでしょうか?)
ですから単純にpips数でロスカット基準を決めた方がいいのかもしれません。

あっ、書き忘れましたが、私のストキャス設定ですが現状はパラが4・2・2といったちょっと過激なものです。(5・3・3も試していますが・・・)
またLinear WeightedというLWMAを使用したものを使っています。
(あくまでも参考に!)

※ 追記:ちょっとうれしいことがありました。外国為替ブログナビというFX専門サイトにブログ登録していただけました!申請はかなり前で2回目の挑戦でやっと認証してもらえました!私のブログはたいしたことありませんが、ここには有益な法人・個人ブログがたくさんありますよ!

Happy Stochastics trading :-)

ご協力本当にありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします) 
2007/12/23 20:40|未分類

Woodie's CCI   

まだまだ私自身が理解していない投資法を紹介させてもらいます。
(というのは、このシステムに精通している方がいましたらアドバイスをいただきたいからです)

このWoodie's CCIというシステムは、ここのところ連続して記事を書いています5Min Intraday Systemのスレッドの中で見つけました。

この5Min Intraday Systemと相性が良いといったコメントがありましたが、異なる内容の投資法(スレ違い)だということで、それほど詳述はされていませんでした。

Woddies CCI clubを主催しているKen Woodという方が考案されたようです。
このサイトはすごく賑やかで読んでいて楽しくなります。
またWoddies CCI clubのマグカップやらTシャツなども販売しているようです!
とにかくチャート画像を見てください!




これはMT4用に設定したファイルを探してきたものです。
基本は、14期間CCIと6期間CCIを組み合わせて、さらにゼロラインやCCI自体にトレンドラインを引いたりして投資判断をするようです。

ルールなどは、基本的なものが4つ、そして応用的なものも数種あり、習得するまではある程度の練習が必要なようです。

先ほどのウッディー氏のサイトには日本語のPDFが用意されていますので一読されてみてはいかがでしょうか?
なお、Yahoo!ブリーフケースに上記PDFを含め、インディケーターとテンプレートの入ったZIPファイルをアップしました。

FX Sniper's SideWinderなどについての説明はなかったので、まだ調べてみる必要があるようです。

私は5Min Intraday SystemにこのCCIを追加してみましたが、6期間CCIの動きなどは押し目、戻り目の参考になるようです。
ただ私は、5Min Intraday Systemといったシンプルなシステムには、ストキャスとMACDヒストグラムのふたつの参考指標を使っていて、それで十分な気もしています。
この記事の中で、ついでに書いてしまいますが、私の場合は、5Min Intraday Systemでトレード可能状態となった時には、必ずストキャス(5・3・3)の状態を確認しています。
(このへんのところはまた別記事で書きます)

このCCIシステムについては、マスターできればなかなか良さそうなので紹介させてもらいました。
最初にも書きましたが、なにか情報を持っている方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。(私ももう少し調べてみます!)

Happy CCI trading :-)

ご協力本当にありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします) 
2007/12/23 17:43|未分類
今年3度目の忘年会は新宿高層ビルでの楽しいものでした。
猥雑とした新宿の街を一時忘れさせてくれ、酔いに連れてすっかりと気持ちが穏やかになりました・・・が、満員電車に揺られ自宅に着く頃には酔いも醒め、すっかりと現実に戻されてしまいました;;

・・・と身辺雑記はこのへんにして、チャートを眺めるとドル円、ポン円では5Min Intraday Systemの理想的状態になっていました。
ああ!また乗り遅れたと落胆しましたが、まだトレンドは崩れていませんでしたので、ドル円で2回、ポン円で3回トレードでき、幸い5連勝することができました!
ドル円は、+5、+12、ポン円は+14、+11、+7と合計49pipsとなりました。

ポン円5分足です。青丸は私がエントリーしたところです。

【現在画像がアップできません;;後ほどまた。。。】

まだトレンドは続きそうなのでエントリーしたいのですが、この投資法は、かなり神経を使いますし、もちろんトレード中はべったりとチャートに張り付いていなければいけません。

先ほど合計pipsを計算したところ49という中途半端な数字でしたので、ギャンブラーな?私はもう少し・・・などとルール破りの気持ちが強くなってしまいました;;
ですが、ポン円、ドル円ともゼロゼロジャスト基準ですから、ちょっとやりにくいですね。

明日(既に今日ですが。。。)は、休みですので、もっちさんが検証中のシステムフォーラムをゆっくりと読んでみることにします。
それではっ、また!

追記:ちょっとしたスパイクに乗ることができて、ポン円26pips、ドル円12pips取れました!
久しぶりの7連勝で合計87pipsですから上々です。。。

///投資は自己責任で!(念のため)///

Happy Christmas trading :-)

ご協力お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします) 
2007/12/22 01:49|未分類
こんばんは!
今月2回目の忘年会帰りです。

昨日は、ポンドルが2,0000を割り込み、本日さらに下落しましたね!
私は今朝、「これはまだまだ下げるのでは?」といったことも考えましたが、一時的に戻すといったことも十分に考えられましたので決済してしまいました;;

いずれにしろ、どうなるか予想・予測できませんでしたし、十分な利益となりましたので良しとします。

さて帰宅後チャートを見ますと、ポンドル、ポン円は下降トレンドで、なおかつ継続性がありましたので5Min Intraday Systemのような戻り売りを実践できた方は大きな利益となったと思います。
私は、帰宅後、たった2回しかトレードできませんでした;;
画像右端の青丸のところです。




このチャートを見ると、50SMAまで値が戻すような判断が難しい場面もありますが、ストップロス基準には達していないようですので、薄利あるいはブレイクイーブンに終わるトレードがあっても、ほぼ全勝に近い成績が残せたと思います。

(※ 追記:ロウソク足上下の矢印と小さなドットシグナルですが、これは現在検証中のものです。もし上手く機能しましたらご紹介いたします。)

私の場合は、1回目が10pips、2回目が11pipsの合計21pipsでした。
右端の青丸は、マイナス16まで行き、50SMAをプライスが超えましたので、もうすぐロスカットとマウスを握りしめたところ「運良く」下げてくれました。
このへんがこの投資法の難しいところです。
結果的に上手くいきましたが、10EMAと20EMAが明確に逆方向へクロスした時は、とにかくロスカットしなければ・・・と再確認しました。(今回は、2つの平均線が接触しただけで明確なクロスまでには至りませんでした)

今現在もシグナルは有効なのですが、22:30の指標発表を控えていますので様子見をしています。

また明日も3回目の忘年会が控えていますので・・・指標を見てから布団の中に潜り込みます!

///投資は自己責任で!(念のため)///

Happy Christmas trading :-)

ご協力お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします) 
2007/12/20 22:31|未分類

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。