とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ブログなどでしばらく更新がないと、記事タイトルが「生存報告」「生きています」などといったものをよく目にすることがあります。
 そこでこの記事も「Still Alive」としました。間違っているかもしれませんがたぶん「どっこい生きてるぜ!」といっ意味だったと思います。

 私は他の一般ブログを書いていますけど、親しくしていただいたような方がパッタリと更新が止まってしまい、しかもそれが半年、一年と続くと、非常に不謹慎なことですが、「もしや、何かの事故に巻き込まれたのでは・・・」などと心配してしまいます。
 いっそブログごと消去してしまうようであれば諦めもつくのですが。。。

 ・・・といったわけで、お久しぶりです。
 どうもブログというのは習慣のようなもので一度サボるとなし崩し的に・・・といった感じです。
 ・・・で、私は「どっこい生きてる」のでご心配なく!

 最後の記事が「迷走中」といったものでしたので皆様にご迷惑やご心配をかけてしまい、昨日今日とコメントをいただきました。
 実はコメントへのレス欄に書こうと思いましたが、記事も更新せずコメントだけというのもなんですからこちらに書かせてもらいます。

 まずはbahobahoさんからふたつコメントをいただきました。ありがとうございます。
 ここでは2つめのコメントのレスをさせてもらいます。
詳しくご説明頂きましたので、大変良く分かりました。。有難うございましたww

>「悩む」という程度や状況はそれぞれ違いますけど自分では悩む=向上する努力だと考えています。

という事は特にこの状況を持て余していると言う訳では無いわけですね。。

私はシステムマンさんと違い物事(トレード然り)は、掘り下げるより単純化する事で解決出来ると考えています。。根本を成す考え方の相違から打ち解けられると思いにくいのであまり立ち入らず去る事にしますが、一言付け加えさせて頂ければ、初心者が勝つ事が出来る状況を単純に考えた事がありますか?所謂ビギナーズラックと言う奴です。複雑にしすぎるとタイトル通り迷宮から出られなくなる事があります。しかしその迷宮も少し高い所に上がって上から眺めれば一目瞭然だったりします。。

何だか書いていて老婆心が過ぎる嫌味な感じですね。今回たまたま負けられただけで、システムマンさんが負け続けていると言う訳では無いのに、すみません、少しでも負担が減るならなどと、、失礼致しました。。

あらためてコメントありがとうございます。
 とても重要なことが書かれていると思います。
(なおトレードに対する考え方はそれこそ人それぞれで何が良い、何が悪い、何をやったら儲ける、何をやったら損をする・・・というのは様々ですので私個人の考えを書いてみます。そして私の考えを皆様に押しつけるつもりもありません)

 「なるべくシンプルに考える・複雑に考えると迷宮から出られなくなることがある・自分のことを俯瞰してみる」
 これは非常に大事な考えだと思います。
 
 私も「シンプル」を目指しています。
 確かにビギナーズラックということがあると思います。
 ただ全ての初心者にビギナーズラックがやってくるわけではないと考えています。
 ビギナーとは、あまり複雑に考えず為替の基礎知識、そしてシンプルな王道手法で相場に挑むといった前提で考えていますが、確かに1度や2度は勝てたりするでしょうが、実際には中々、相場は継続的に勝たせてくれないものです。
 現に私にはビギナーズラックはありませんでした;;そしてなかなか勝てないので言葉は適切ではありませんが、ある意味「複雑化」に向かっていったとも言えます。
 
 情報商材の話で持っていない方には申し訳ないのですが、「聖杯」というエクセルを使った投資ソフトがあります。
 これは相場をかなり複雑に考えてトレードタイミングを待つというもので素晴らしい勝率があるのですが、エントリーに至るまでの分析(スクリーニング)は非常に「複雑さ」を極めているのですが、ロジック自体は突き詰めて考えるととてもシンプルなものです。
 持っていない方は全然分からないので説明にもなりませんけど、私はシステム自体はある程度ふるい分けや、トレンド判断などで複雑になってしまっても、結局はシンプルな手法であるといったものを目指しているところです。
 
 自分のトレードを俯瞰して、できるだけ単純化していきたいのですが、この前提として「複雑さ」をまずは理解、あるいは充分に認識した人こそ「シンプル」な手法にたどり着けるのだと思います。
 ですから初心者が勝つことができる状況を考えるよりも、様々な複雑な状況を考えて、その複雑さを知った上でシンプルな手法にたどり着けるのだと考えています。
 これはなにも投資の世界だけではなくスポーツにしろ学問にしろ、あるいは生き方にしろ、先天的に素晴らしい素質を持った方がいますが、やはり間違いをしたり悩んだりといった「複雑」な部分、それと生き方・人生ということでは「苦悩・失敗・挫折」ということを知っているからこそシンプル(良い人生)になれるのだと思っています。(少したとえ話が大きくなりすぎたようです。。。)
 もちろんその複雑さに迷い込んではいけないのはそのとおりですね。
 そういった意味では、まだ私は初心者を少しだけ上回った初級者レベルだと考えています。

 投資サークルなどにでも入っていると違うかもしれませんが、やはり「独学」というのは難しいものです。
 ゴルフに例えると、独学でやると最初のグリップから間違って覚えてずっとフォームが崩れたりしてなかなか上達しないものです。
 トレードなども意外と孤独な作業で、書籍や商材などで有益なことが書いてあったとしても実は身に付いていないといったこともあります。
 ですからこういったブログなどでご意見をいただけるのはありがたいことだと思っています。

 タロさんからもコメントをいただきました。
シストレに興味があり以前からよく拝見させてもらってました。私はまだFX初めて半年程の初心者ですが、ビギナーズラックで逆張りがうまくいく時期があり、調子にのって大儲けしたあと当然といえば当然に失敗し現在デモで修行中です。VMと勝者の条件のみを教科書にしていますが、絶対の自信のあるポイントだけエントリーするのは本当に難しく、しかもそれでも負けるときは普通に負けて、それに対して一切感情を排除するのがプロと考えると本当に遠い道のりだと実感する今日このごろです。ディーラーは自分の勝ちパターンに当てはまる形になるまで焦らず待ち続ける猟師のような職業だと思います。FXを楽しむ事なく淡々と確率論で実トレードしていくにはどうしても時間が必要だと思います。私は今回の記事がとても人事のように思えなかったのでコメントしてしまいました。無理しないで頑張って下さい。

応援コメントありがとうございます。
  ビギナーズラックがあったのですね!(しつこいですが私にはありませんでした;;)
 教科書どおり、そして全てのテクニカルが同意をしてエントリーしても負けてしまう・・・こういったことは確かにあります・・・というか強い印象が残っているからでしょうか、しょっちゅうあるような感じがしています。
 私はこのブログでよく「現実の値動き、相場こそが正解なのだ!」などと知ったかぶりで書いていますが、負けた時などは、「俺のテクニカル分析に間違ったところはないし、絶対に自信があるエントリーポイントなのだ!これは相場が間違っている。何かの陰謀だ!!」などと考えてしまうのが正直なところです。
 最近、この本を読んでいます。
 
FXの教科書FXの教科書
(2008/03/01)
松田 哲

商品詳細を見る

 この冒頭で為替ディーラーの思惑的な価格の引き上げなどが小説仕立てで書かれていますが、なかなか興味深いものがあります。
 同じようなことが毎日のようにFX市場では行われています。
 こういったことに対してテクニカル分析は通用するのかと疑問に思ってしまいますし、前の記事でリンクしたサイトを読めば読むほどまた迷宮に迷い込んでしまいます。
 ただ私の考えとしては適切なシステムそしてレバレッジ管理、マネーマネイジメントで対抗できると考えているところではあります。
(なお上記書籍は、現実に為替ディーラーとして活躍され実績のある方によるものですし、具体的売買手法などもチャートで紹介されていますので推薦できます)

 やはりこの厳しい相場・・・勝者は1割から2割と言われています・・・で勝ち残るためにはシンプルな王道手法、徹底したマネーマネイジメントが必要だと思っています。
 ますは、なぜ勝者が1割2割なのか?・・・こういったことを考えることから始めてみるのもいいかもしれません。
 このブログのサブタイトルにありますが
 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !
(FXで勝つためにはシステムはたった30%しか影響を与えない。残りの70%はそのシステムを使うトレーダー自身の責任なのだ)
 この言葉がヒントになりますね!

 さて私は、ブログ更新をしていなかった2週間ほどでいろいろなことを考えました。
 その結果、前記したような「シンプル」な手法・・・といっても移動平均線のクロスのみといったような文字通りシンプルなものではありません・・・に近づいています。
 そして結果も大勝ちとまではいきませんが、今までと比べるとなかなか安定したものとなっています。
 それは具体的に有効なシステムといったものではなく多分にマネーマネイジメントを重視したトレードです。
 テクニカルはやはりストキャスティクスを主に使用しますが、Spuds Stochastic Thread Theoryをもっと単純化してなおかつ長時間軸そして平均足でタイミングをとっています。
 そして一番の違いは状況によってFXで特有の相関関係を考えたリスクヘッジ(時には両建ても使います)を取り入れたことでしょうか?
 ですから今までのスキャルに近い手法とは違ってスイング的なトレードになりました。
 これも今後上手くいくかどうか分かりませんが、しばらく継続していく予定です。

 ひさしぶりの記事でゴチャゴチャな内容になり、さらに素人の投資哲学めいた内容になってしまいましたが最後まで読んで頂きありがとうございました!

・・・ランキングはガーベージボトムで底にへばりついています;;・・・?応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

それでは、またっ!

Happy Still Alive trading :-)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
スポンサーサイト
2008/04/23 20:21|未分類CM:12
 6日ぶりになってしまいました。
 この間、いろいろなことをやって、いろいろ迷って、いろいろ考えたりしていました。
 
 まずは先週のトータル成績ですが、勝ったり負けたりして結局はトータル-122pipsとなってしまいました。
 この負けは週末金曜日の行ったり来たりの相場に翻弄されてしまったことが原因でした;;

 ダウが始まるまでは、新しく試していた手法でやはり勝ったり負けたりを繰り返していましたが、それでも負けを上手くこなし、利益もある程度伸ばすことができ一時3桁勝ちを実現していました。
 しかし一旦、スパイクに飲み込まれ損失を出してからは、ひたすらその損失をカバーしようとムキになりすぎて、結果としては相場に逆らうようなトレードをしてしまいました。。。

 やはり裁量トレードと言えども、ルール・・・特に損切りが出来ないと大きく負けてしまいますね!
 後悔先に立たず・・・とはよく言いますけど、利益がゼロになった時点でその週のトレードを終了するくらいの強い意志が欲しかったものです。

 今日は、私が株式をやっていた当時に熟読していたサイトをもう一度読み返してみました。
 ・・・というよりも、ブックマークの整理をしていたらたまたま「index」という名前のブックマークがあったので何だろうと思って再読したものです。

 そのサイトはこちらになります。

 株式のサイトのようですがテクニカル分析が主ですのでFXにも充分通じます。
 微分積分などの数式も多数出てきますので私はよく理解できないところも多いのですがテクニカル分析の有効性などについて興味がある方には相当参考になると思います。
 特に「トレーディングシステム比較」「ランダム・ウォークしてみよう!」「破産の確率」「なりきりランダム論者」などは、まさしく目からウロコといったところだと思います。(私のブログなどどうでもいいので、このサイトをぜひブックマークしてください! はっきり言って下手な商材を読むよりタメになりますよ!)

 特に、なりきりランダム論者などを読むと、すっかり投資することが怖くなってしまいます。
 この記事は、まるっきり否定することなく、ひとつの統計学的考察として読んでみるといいと思います。(その考察を受け入れる受け入らないは別ですが。。。)

 今までFXに限らず投資の世界に10年弱にわたり身を置いていて・・・
 ◎ 予想は外れるもの
 ◎ テクニカルにはダマシがつきもの・・・というか、おおざっぱに言うと約半分はダマシのように感じる
 ◎ トレンドがいつ始まって、いつまで継続するのかを予想するのは難しい そもそもトレンドというものを計測できるのか?
といったことを常々体感?している私にとってはテクニカル分析をして投資することの「怖さ」をあらためて感じました。

 「怖さ」と書いた理由は、「トレーディングシステム比較」などを読みますと、テクニカル分析には有効性が認められるものの、それはパラメータなどを変えるとその有効性がなくなってしまうような、まさしく紙一重のところにあるような気がするからです。
 
 幾十ものインディケーターでフィルターをかけ、さらに数種の時間軸、またファンダメンタルズなどを考慮しても相場は裏切ってポジションとは反対の動きをする・・・なんて悔しい思いをして、さらにテクニカル判断などで下手に自信があったりするものだからロスカットが遅れ・・・なんてことがよくあるものです。

 そこで答を見つけたくて、ビクトリーメソッドの旧バージョン、そしてアドバンスを読み返したりしました。
 やはりそこには正解・・・というか王道が理路整然と述べられています。
 これを自分で消化し、はたまた昇華し、実践していかなければいけないのですね。
 不確実な相場は、王道には応えてくれないことが多いのですが、やはり曲がり屋にはなれません!
 私の場合、ビクメソは迷った時に軌道修正してくれるマニュアルなのです。(宣伝っぽいですが私にとっては事実なのです。。。)

 じゃあどうすればいいのか?・・・などと自問自答してみました。
 今まで以上にエクジット基準(ロスカット基準)を明確にしていかなければいけないこと、そしてメンタル面を強化しなければ・・・!(上記サイトでは、損切りについても興味深い統計理論を展開しています)
 
 で、メンタル強化のため、今度機会があれば滝に打たれにいこうと思っているところです。。。というのはウソです(爆)

 話がコロコロ変わりますけど・・・
 確かラリー・ウィリアムズの本だったはずですが、「全世界のプロトレーダーがあなたのトレードを監視しているつもりでエントリーしなさい!」(かなり適当な記憶です;;)
 という旨の記述がありました。

 今の私は、低レバの場合が多いので、感情トレードのようなことをやってしまい、エントリーして数秒後には、「あれっ何でこんなところでロングしたんだっけか?」などを思うようなことがよくあります。
 マウスを数回クリックするだけですのでエントリーするのは本当に簡単なことです。
 もちろん私の後ろには誰もいませんし(相場の神様も悪魔も!)、私のエントリーに文句を言ったり難癖をつけたり、はたまた「上手い!」などと褒めてくれる人はいません。
 ですが、感覚としては自分のトレードを「相場の神様」・・・いやもっと現実的に「敏腕プロトレーダー」に監視されているようなことをシミュレートするのもいいかもしれませんね。。。

 そんな私でも「根拠あるエントリー」のほうが多いのですが、そういった時は、先ほども書いたとおり、自分の思惑どおりに値が進まないと損切りが遅れるといったことが多くなってしまいます。

 久しぶりの記事でこれ以上愚痴を書いてもしょうがないですね!
 結論としては、裁量トレードと言えども基本はルールをしっかり守った「手動システムトレード」あるいは「手動自動売買」といった感覚を持たなければいけないと感じているところです!
 特にエクジットに関してはそれを厳守しなければ!
 といったところで、来週からは少しだけデモでリハビリしてから結果が残せるようになったら実践に挑戦してみます!

・・・ランキングはガーベージボトムで底にへばりついています;;・・・?応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

 それではまたっ!
 
Happy thougtful trading :-)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
    
2008/04/13 23:11|未分類CM:9
 雨の中、ロードバイクで帰宅しました。
 ポンチョのような合羽を着ていますが全身ずぶぬれです;;

 チャートを眺めて、何か記事を書こうと思いましたが、特に明確なシグナルも出ていないので様子見だけをしています。
 なので、この記事タイトルも「こんばんは!」となってしまいました(爆)

 先週末に持ち越したポン円ショートは、早朝のうちに設定していた+30のストップが、あっさり刈り取られたようです。
 先日は、どちらともとれるようなドル円予想を書きましたが、おそらく窓開けで下げるだろうといったことをほぼ確信していました。。。が、本当に相場というのは分からないですね!
 現在は、揉み合いのようですが、3桁の上昇となっています。

 おそらくいろいろな理由があるのでしょうし、これが市場のコンセンサスのようですが。。。
 どうも私には、ファンダメンタルズ的にもテクニカル的にもはっきりいって何が何だかわかりません!
 まあ・・・素人の私でも簡単に分かるような相場であれば今頃は大金持ちなのですが。
 とにかく「相場こそが正解」なのですね!
 
 チャートを見ると、今日のように材料がない日は、どの通貨ペアもピボットレベルを意識した動きになるようですね。。。まあ、これも後から分かることが多いのですが。。。

 こんな日は、1時間足、4時間足チャートを観察して、明確なサインが出たらエントリーしてみることにします。・・・ですが、おそらく時間切れとなってしまうはずです;;

※ 追記・・・この記事内容だけではあまりにも寂しいので現時点のチャートをアップしてみます。



 左からドル円・ポンドル・ユーロドル・ドルスイです。
 いずれもロープがばらけてしまって方向感が見いだせません。
 あえて言えば、ドル円・ドルスイが押し目買いパターンの「ハマグリの貝殻」を完成しつつあります。
 もう少し様子見してLTFS(青色ライン)が収束して「三角形▲」が認識できるようであればロング・・・と考えていますが、どうでしょうか!?
 
・・・ランキングは弱気のハマグリの貝殻パターンを出現しました・・・?引き続き応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

 それではまたっ!
 
Happy ROPE trading :-)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/04/07 21:34|未分類CM:5
 今日は、天気の良い休日だというのに、家に引きこもりFXブログ散歩やら、チャート研究やらに費やしています。
 まあ本当にFXフリークですね!

 注文中のロードバイクが届きましたらアウトドア派に転向しようと思っているのですが。。。

 さて、Spuds Stochastic Thread Theoryを実践していて自分に何が足りないのかと考えたところ、あまりにもストキャスラインのカタチに気を取られすぎてトレンド判断がおろそかであったと気が付きました。
 今週一週間のトレード状態を思いだしてみると、「現在のトレンドは・・・」などということはほとんど考慮していませんでした;; かなり抜けていますね(涙)
 やはりトレンド判断は基本中の基本です。

 そこで、T3_taotra、ウッディーズCCIなどを表示させてみました。
 これらのインディケーターはとても優秀なものですが、そもそもストキャスラインが複雑であるので私の頭脳の神経細胞がすっかりとカオス状態になってしまうので諦めることにしました。
 
 結論としては、富田流、ビクトリーメソッドなどの信頼がおけるマニュアルには必ず登場しますボリンジャーンバンドを採用することにしました。
 といっても、このボリンジャーバンドは既に採用していたのにあまり気にすることがなかっただけなのです(爆)
 ですから、嫌でも目に付くように新しいチャート設定ではラインの色と太さを変えて目立つようにしただけです!

 判断基準は単純で、ボリンジャーバンドのミドルラインが上に傾いていれば上昇トレンド、下に傾いていれば下降トレンド、水平であればレンジ状態・・・といったものです。
 もちろんエクスパンション・スクイーズといったことも参考にしますが、これは中々難しいので基本はミドルラインを重要視してみます。
 ひとつ前の記事で書きましたストキャスパターンについても、このミドルラインを参照して考えると分かりやすかったですね!(記事に追記しました!)

 ポンド円1時間足です。 




 これはボリンジャーバンドミドルラインが上に傾いていますから、単純に上昇トレンドと判断します。
 そしてストキャスラインはいずれもロープ状態といった典型的パターンではありませんが、ひとつ前の記事で書いたLTFSがばらけて下降した状態から「ハマグリの貝殻」あるいは「三角形▲」パターンとなったところがロングエントリーポイントです。

 また、過去記事4hour MACD Systemで紹介しましたMACDヒストグラムをフィルターとして追加してみました。
 
 ストキャスとMACDという同じようなモメンタム系の指標ですが、私の場合、視覚的わかりやすさを重視していますし、過去チャート検証でも良さそうなのでとりあえず採用してみました。

 こうやってチャート設定をしてみますと、ボリンジャーバンド・スローストキャスティクス・MACDそれにDMI(ADX)というパラメーターなどが違いますけど、私がFXを始めた頃に使用していたチャート設定に戻ったように感じて少しだけ不思議な気持ちです。

 ストキャスラインは、その性質上、いち早くエントリーチャンスを知らせてくれます。
 しかし、ダマシが多いのも事実です。
 ですからボリンジャーバンドでトレンドを判断する、そしてフィルターはMACDとDMIを参考にしてみようと考えているところです。

・・・いつものように、週途中でこの設定が直ぐに変わってしまうかもしれませんが、とりあえず明日からはこの設定で実践検証しています!。。。その結果などは随時ここで書いていく予定です。

※ 文中、FX情報商材に関するアフィリエイトリンクをしていましたが適切な表現ではありませんでしたので削除しました。ご迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした。

・・・ランキングは弱気のハマグリの貝殻パターンを出現しました・・・?引き続き応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

 それではまたっ!
 
Happy ROPE trading :-)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/04/06 19:09|未分類CM:2
Spuds Stochastic Thread Theoryを2週間にわたり検証してきました。
ストキャスラインの創り出す、様々なカタチを観察しますと、正直、脳細胞の神経もこんがらがってしまい訳が分からなくなってしまうことも多くあります。

ですが、基本的には、
◎ ストキャスラインが、収束しロープ状態となっている
◎ ストキャスラインが、拡散から収縮状態へと変化する
◎ 逆に、収縮から拡散傾向にある時は注意が必要

といったことを体感することが出来ました。

これから数枚の画像をアップしますが、これはもちろん既にカタチ作られたものですから、はっきり言って結果論の世界です。
実際にトレードをしていますと、1時間足チャートでも、5分後には、まるっきり逆のパターンを示すことがあります。
ですから、基本的にチャートに張り付く必要があり、また下位の時間足などを参照する必要もあると思います。
その際気をつけたいのは、LTFS(低位のストキャスライン)の動きです。(画像では青色のライン)
あまりにも、このLTFSに振り回されてしまうと、利益を伸ばせなかったりしますが、早めに警戒サインを出してくれます。
ですから、LTFSの3本が逆シグナルを出したら手じまいといったルールを決めておくのも良いでしょう。

まず最初は、そのLTFSがロープからほころびてしまうパターンです。
ドル円4時間足です。



このパターンは、実践するとしょっちょう出現します。
結論としては、弱いシグナルと言えます。
私の場合は、これを「幽体離脱パターン」などと名付けています!(笑)

画像では、左側の赤丸部分が典型的なものです。
これは、ある程度継続的な下降(上昇)トレンドの中で出やすく、下降の場合は一時的な戻り、上昇の時は一時的な押しといった判断ができます。
なので、このシグナルが出ましたら、LTFSの反転を待って戻り売り、押し目買いのタイミングを取ってみるのもいいでしょう。
なお一番右の赤丸は、押し目とならず、再度さげてしまっています。
当然、不確実な相場ですから、このような状態になってしまうこともありますので注意が必要です。

※追記 BBミドルラインが下降している時は上方へLTFSが離脱し、上昇している時は下方へLTFSが離脱しているのが分かります。

次は、上記パターンから発生することが多いものです。
つまり、LTFSがロープからほころびた後、収縮して三角のパターンとなる状態です。
ドル円1時間足です。


 
これは、既に何度かこのブログで書いている「ハマグリの貝殻」パターンに近いものです。
目安としては、視覚的に「三角形▲」か「逆三角形▼」を、ある程度認識できた時を狙うのが安全だと思います。
また、その際には、必ずオンチャートストキャスのライン状態も確認すべきです。
出現時期は、上昇トレンドでは50レベル以上、下降トレンドでは50レベル以下・・・つまり天底付近で出現することが多いのでタイミングを取るのが難しいかもしれません。

※追記 BBミドルラインが上昇している時は、「三角形▲」、下降している時は「逆三角形▼」が狙い目となっています。

最後は、ご存知最強のロープパターンです。



左側の赤枠は、かなりきれいなロープを示しています。
一方、右側の赤枠は、少しばらけた状態ですが、LTFS、HTFSともにそれほど絡み合うことなく上昇しています。
実際にこの状態でトレードすると、おそらくヒヤヒヤドキドキといった感じになると思いますが、LTFSの状態を注意して観察できる環境であったらトレード可能だと思います。
なお、このように、ストキャスラインが若干まとまりがなくても絡まることなく規則的に上昇する場合を「combed stochastics」と言います。

※追記 この最強パターンの時はBBミドルバンドが上昇するのはもちろんですが、BBのスクイーズからエクスパンション、そしてバンドウォークといった状態になります。

以上、代表的なパターンを書いてみましたが、まだ他にもあると思います。
また、冒頭にも書いたとおり、このパターンは既にできあがってしまったカタチについてあれやこれや書いています。
当然のことながら、実践では、ロープから拡散パターンへ、拡散から収縮へと、あっという間に変化することがありますので注意が必要です!

さて、金曜日の雇用統計を受けて、明日からの相場はどうなるでしょうか?
いろいろな方のブログを訪問してみますと、どうやらドル円、クロス円は下げ基調のようです。
中には、窓を開けて下落・・・といった予想もありました。

私自身も、ドル円は下げるような気がするのですが・・・実際どうなるのかは、相場が決めることですから分かりません。(キッパリ!?)

また「だいまんさん」の無料メールFX Strategic Co-opでは号外として、
号外=週末のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)では、インフレが脅威が引き続き懸念との認識を示されましたが(→金利は引き下げない態度)、同時に為替相場については、経済のファンダメンタルズを反映すべきとの立場をあらためて表明。ユーロ圏財務相とECBは、今週のG7で急上昇しているユーロ相場について懸念を表明することで合意したと発表しています。

 為替に関しての、今までより強い感じの合意のようで、週明けのユーロドル相場が、この金利感と為替に対するコメントのどちらに注目して動くかが注意となりそうです。
少なくともこういった声明だけでなく、やはり実行動がポイントとなりますが、G7までは逆にそれなりの行動が協議される可能性の懸念が残る形となれば、週初からユーロ売りで反応する可能性もありそうです。
 兎も角月曜日の早朝のユーロドル相場には注意しておきたいですね。

とありましたのでユーロ主導の動きにも注意が必要です。 

Spuds Stochastic Thread Theoryのチャート設定を使って日足から15分足を観察してみました。

ドル円日足です。



ストキャスラインが高値圏にあって若干頭を下げているのが分かります。
ただし、まだ76.4レベルを下抜いていませんので、日足から判断しますともう少し様子見段階です。

4時間足です。



これは、先ほど書いた「ハマグリの貝殻」パターンを形成しようとしたところ、それに失敗し貝殻が開いたような状態です。(なにを書いているか分かりますでしょうか?下手な表現ですみません!)
そしてLTFSがまとまり始めHTFSもそれに追随するようなカタチです。
この4時間足の状態ではエントリーしていいかもしれません。
あるいは、もう少し明確なサインまで待つことも考えられます。

1時間足です。



これは金曜日の指標発表時間くらいからロープ形状が出現しています。
しかし、そのロープも上がったり下がったりでしたので、なかなかその動きについていくのは難しかったかと思います。
現在の状況は、ロープ状態で下降中ですが、すでに低位のレベルつまり底値付近を示しています。
こういった時は、オンチャートのストキャスラインを参考にして、このラインが絡まないのあれば売り持続でいいと思います。
下落が継続するようであれば、このままガーベージボトムを形成するかもしれません。

最後に私自身もあまり観察しない15分足です。(30分足も同様な状態でした)



3本前のロウソク足で、小さな戻り売りパターン(LTFSがほどける)が出現しています。
そして終値付近は下降の真っ最中といったところです。
このままガーベージボトムとなるのか、あるいは小さく戻すのかといったところで、この時間軸だけでは判断が付かないところです。

結論として、この4枚のチャートをご覧になれば誰でも予想できることでしょうが、下げトレンドが継続するのではないか?というところです。
ですが日足・4時間足では、まだ明確なシグナルが出ていませんのでとりあえず様子見といったことも充分考えられます。
あるいは低位の足で一旦戻ったところを売りたたく!といったことも考えられるでしょう。
もちろん、値が戻らず、1時間足などのレベルでガーベージボトムを形成して下げ続けるといったことも予想できます。

いつもながら、どっちとも取れる歯切れの悪い予想ですので、あまり参考になりませんね;;

・・・ランキングは弱気のハマグリの貝殻パターンを出現しました・・・?引き続き応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

 それではまたっ!
 
Happy ROPE trading :-)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


裁量トレード系で、しかも具体性があるシステムです。努力が必要ですがマスターできれば「FXで生活する」ことも夢ではなくなると思います。現時点一押しです。

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/04/06 12:10|未分類CM:0
 こんばんは!
 シコシコと例の駄小説続編を書いています・・・が、筆が滑るというか、結末に収束しなくなってしまい、もはや短編とは言えないものになってしまっています;;
 なので、もうしばらく後編完成まで時間がかかってしまうはずです。。。

 さて、また個々の検証などについては詳しく書く予定ですが、Spuds Stochastic Thread Theoryによる4月第1週の結果です。

オープンオフィス

(※ なおこの画像は、初心者デイトレーダーのメモ的なもの(FX編)のRagさんからいただいたFX集計ver2.7.xlsを使用しています。)

 3月の成績は、3月28日だけのデータです。

 私個人としては、どうしても3月最終週の大きな利益と比べてしまい不満が残ります。
 ・・・というのは、今週のトレードは、特に利確が下手すぎたと痛感しているからです。
 得意のタラレバが普段より多くありました;;
 結果として、損小利小といった結果になりました。
 レバレジの関係で、利益額としては不満がありませんが、まだまだロット数を上げてのトレードをする自信がありません。
 ですが、先週に引き続き、深夜のトレールを使ったトレード以外は、ロスカットを上手く執行することができています。これは収穫ですが、損切りばかりが上手くなっても・・・って感じですけどね!
 
 私は、現在のところ1時間足を主チャートとしています。
 まだ、長時間チャートに慣れていないせいか、ちょっとした上げ下げに反応してしまう傾向があるようです。
 後から結果を見ると、結局は1時間足のトレンドが正解だったということが多くあり(もちろん逆の場合もあります)、このへんのエクジット基準などを実践の中でつかんでいかなければなりません。

 上記画像の結果を見て頂ければ、平均して1日20pipsといった結果となっていますので満足すべきじゃないか!と思われるかもしれません。
 しかし私は、今のところこういった堅実投資を目指しているわけではなく、大胆にも1日3桁勝利!・・・などと欲深く求めてトレードした結果がこうだったので少しがっかりしているところです;;
 
 まあ、こういった時は、「今週は難しい相場だった・・・」などと言ってお茶を濁しておきます。(半分冗談です。。。)

 ところで、パワーPCユーザーの方でしたら、とっくにご存知だと思いますが、マイクロソフトオフィスと互換性の高いフリーソフト「オープンオフィス」というものがあるのですね!
 私は、昨日初めて知りました(爆)
 ワード、エクセル、アクセスなどと互換性のあるもの、その他描画ソフトなどが統合されています。
 私は新たにノートPCを買う予定がありますので、これがあればどうせ複雑なものは使わないのでオフィスがバンドルされていないものでもいいかなっと思っています。

 上記の画像も、このオープンオフィスの表計算ソフトを使いました。

 もし、エクセルなどがインストールされていなければ、これがあれば充分かもしれませんね。
 またファイルをPDFに変換して保存できますので、私もいつの日かこれを使って情報商材でも・・・ウソです;;
 私の実力では、このオープンオフィスについて詳細なことを書くことができませんので、日経パソコンPCオンラインのオープンオフィスってどんなソフト?を参考にしてください。
 
  ・・・ランキングはR1レベル直前で弱含みになっています・・・?引き続き応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

 それではまたっ!
 
Happy ROPE trading :-)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


裁量トレード系で、しかも具体性があるシステムです。努力が必要ですがマスターできれば「FXで生活する」ことも夢ではなくなると思います。現時点一押しです。

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/04/05 21:37|未分類CM:0

雇用統計   

 雇用統計の日に、「雇用統計」という記事タイトルもなんだかなあ!といった感じです。。。
 FXをやる上で、避けては通れない指標発表ですが、昨日も書いたとおり「触らぬ神に・・・」といったところでしょうか。
 
 もしエントリーするとしたら、値動きが落ち着いた「第二弾」の動きを待った方がいいでしょう。
 しかし、どこをもって、そして何を持って「第二弾」の動きとするのか・・・やはりテクニカルによる裁量トレードを目指すのであれば指標トレードを避けたほうがいいと思っています。
 
 今日は指標発表前の夕方にドルスイをショートしました。
 私としてはずいぶん粘りましたが、指標が近づいたためエクジットし薄利で終了です。

 でもデモでは(しつこいですね!)、午後10時ころにダウが絶対下がるだろう・・・などと勝手予想をしてポン円、ついでに!ドル円もショート。
 これは、ご存知の通り、まさしく爆益となっています!・・・まあこういった経験はデモの中のバーチャル取引で充分です!

 実取引では、相性の良い(・・・と勝手に思いこんでいる)ドルスイを指標後にまたショートしましたが、これまた薄利で終わりました。。。

 まだドル円、クロス円は下げるような気もしますが、現時点では完全にダウに連動していますので今週のトレードは終了予定です!

 こんな日でも、Spuds Stochastic Thread Theoryのシグナルを後付で見ますと有効に機能していますが、今日のチャートを分析しても得ることが少ないのでやめておきます。。。

 しばらくチャート観察をしながら、駄小説「相場に棲む悪魔」の後編でもチビリチビリと書くこととします!

  ・・・ランキングはどうやらNR7状態?のようです・・・?引き続き応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

 週末には、ストキャススレッドのパターンなどについて書いてみる予定です!
 それではまたっ!
 
Happy NFP trading :-) 
2008/04/04 23:38|未分類CM:4
既に私は布団が恋しい時間ですが、あまりに見事なロープを4本発見しましたのでご報告です!



 カタチは完全ではありませんが、まあまあのロープが4通貨ペアで出現しました。
 ・・・ですが、これは今日の最初の指標の新規失業保険申請件数でロープが形作られ、その後の ISM非製造業景況指数で一旦それぞれの通貨でプライスが大きく逆行した後に再度持ち直して作られたカタチです。
 よく見ると最後のロウソク足には、それぞれ長い上ひげ、下ヒゲが見えますよね。
 こういった状態であれば、通常のロスカット設定(20~最大50pipsくらい)をしていれば確実に刈り取られているはずです。

 このチャート設定を見る限りでは楽勝パターンのように見えますが、実はかなり難しかったはずです。・・・「はずです」などと人ごとのように書きましたが、私は、ISM発表後の動きでせっかくのユーロドルロングを10pipsで手放しています;;

 ところで、指標後にカタチ作られるロープなどを信用していいのか?・・・といったことですが、これはまだ結論が出ていません。
 というよりもその指標の影響度あるいは投機筋(ヤカラ)の動き次第といったところでしょうか?
 私の場合は、指標後のトレードでは2勝1敗ですけど。
 一般的には、どちらに転ぶか分からない指標発表前、そして指標直後などは、一旦エクジットして様子見をしたほうがいいと思います!

 といったところで今日のトレード(もうすでに日が変わってしまいました)は、打ち止め終了です!

  ・・・ランキングはR1レベル直前で弱含みになっています・・・?引き続き応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

 それではまたっ!
 
Happy ROPE trading :-)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


裁量トレード系で、しかも具体性があるシステムです。努力が必要ですがマスターできれば「FXで生活する」ことも夢ではなくなると思います。現時点一押しです。

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/04/04 00:03|未分類CM:6
 Spuds Stochastic Thread Theoryでのトレード2週間目に入っています。
 チャートを見る目は上達したと自分では思っているのですが成績は先週の3分の1程度です。
 ・・・今週は9勝7敗で、なんとか+85pipsですが、正直とても苦戦していて特に利益を逃してしまうといったパターンから中々抜け出せません。(一方損切りは比較的うまくこなしていますが。。。)
 後からチャート検討をすると、ストキャスラインは「正解」を示していることが圧倒的に多いのです。
 しかし、私のやっていることは勝手な思惑が入ったり、ビビったり、欲張ったり・・・と、自分の下手さ加減が嫌になってしまうほどです。
 中でも一番改善しなければいけないのは、やはりトレード過多ですね;;
 
 これは限られた時間内で、なんとかこの手法で結果を出したい・・・といった心理、そして根っからのポジポジ病といったことが原因だと思います。

 実際にこの手法のルールをきっちり守っていたなら、少なくとも2倍以上の利益にはなっているはずなのですが。。。

 さて・・・ぼやきはこのくらいにして・・・。

 やはりこの手法のキーワードはロープです。
 つまりストキャスラインの拡散から収縮が重要な見極めだと思います。
 その他、ストキャスラインは、様々なパターンを描きますが、どうやらケースバイケースで今のところ中々一定のパターン認識ができていません。
(一応、自分で「ツチノコパターン?」というのを発見しましたが。。。それとロープが緩んでいたとしても途中で「絡まない」といった「クシパターン」もあります)

 この稿では、天井圏(トップ)そして底値圏(ボトム)でのロープについて書いてみようと思います。
 そもそもストキャスティクスというテクニカルは、プラス80レベル以上でのデッドクロス、マイナス20レベル以上でのゴールデンクロスをエントリータイミングとする、いわゆる逆バリ手法です。
 ですが、ご存知の通り、このレベルで買われすぎ、そして売られすぎと判断するのはとても危険です。
 いつも書いていることですが、ガーベージトップあるいはガーベージボトムとなってしまうような時に逆バリをすると思わぬ損失となってしまいます。

 ですから、このSpuds Stochastic Thread Theoryは、なにも逆バリだけではなく、ロングの場合は、天井圏でロープ形状(ガーベージトップ)となった時に、オンチャートのストキャスラインを見てさらに買い向かう(ショートは反対^^)といったことも可能です。

 そもそも、1時間足で買われすぎと判断できても、4時間足そして日足などを参照すると、まだまだ上昇初期段階であったり、あるいは逆に売られすぎの状態を示しているような時もあります。
 こういったことがあるので上位時間軸を参照しなければいけないのですね。。。
 ですから、どの時間軸チャートを「エントリーチャート」として定点観測するのかが重要だと思っています。

 こういったことを私個人はまだまだ実行できていません。
 今は単一の時間軸(1時間足)で判断することが多いのです。
 4時間足とのトレンド一致を待っていると、乗り遅れたりするようなことが多かったりしてこのようなことになってしまうのですが、やはり上位のトレンドを尊重する必要性を感じているところです。

 ユーロドルの30分足です。



 これは午後8時ころのチャートです。
 この時1時間足でも、同様にそろそろ反転が近い状態でした。
 マイナス20レベル以下でロープ形状になりました。
 そして若干そのロープが上方向を目指しましたので、ロングエントリーしようかとマウスを握りしめていました(爆)
 しかし、まだ23.6レベルを上抜いてもいないし、オンチャートのストキャスラインもまったく絡み合うことなく下方向を目指しています。(少し下降角度は緩んでいますが。。。こういった時などはチャートを一番大きく表示しますとオンチャートストキャスの状態がよくわかります!)
 そこで、思いとどまり、1時間足・4時間足チャートを確認しました。

 4時間足です。



 どうでしょうか?
 ストキャスラインは、ばらけていますけど、どう見ても下降を示していると判断できます。(ハマグリの貝殻パターンですね!)
 やはり面倒くさくても、こういったことを確認しないとダメですね。
 今回は、キャプチャーした画像以降、後出し結果として下げトレンドを継続しました。
 かなり勢いのある下げとなりました。
 ですが予想段階では、30分足チャートの反転シグナルを合図として急上昇するといったことも考えることもできましたが、やはりなるべく確率の高い方向でのエントリーをしなければいけないのでこういった時は充分に慎重にならなければいけません。

 ・・・ところで私は、この比較的大きな下げトレンドの中、1.5566でショートポジションを取り1.5559でエクジットしてしまっています;;
 大きなトレンドの中で小さく勝つといったことも有力な戦略なのですが、そもそも私はエントリーした時に、なんとか大きな利益を・・・あわよくば3桁を・・・などと考えていたのに結局+9pipsとスキャル並の利益に終わってしまいました(涙目)

 後出し判断では、オンチャートのストキャスラインをきちんと確認すれば・・・などと反省しますが、一旦プラス圏からマイナス圏に推移した時などは、少しでも利益が出る方向へプライスが戻るとあっさり決済してしまう傾向があるようです;;

 ですが失敗トレードだけではもちろんなくて、昨夜はなかなか良い勝ちを収めることができました。
 ドルスイ1時間足です。

 

 これは昨夜就寝前に目を付けていたロープがはっきりと反転しました。
 トレールを設定し今朝起きると、トレールにも刈られず、またちょうど底値圏でしたので無事エクジットできました!
 やはり、ロープは最強ですね!

 ですが!!もう少し腰が落ち着いたトレード、そしてトレードチャンスをきちんと見極めなければいけません!

 ・・・ランキングはR1レベル直前で弱含みになっています・・・?引き続き応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

 それではまたっ!
 
Happy ROPE trading :-)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


裁量トレード系で、しかも具体性があるシステムです。努力が必要ですがマスターできれば「FXで生活する」ことも夢ではなくなると思います。現時点一押しです。

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/04/03 21:38|未分類CM:5
 Spuds Stochastic Thread Theoryのチャート設定ですが、本家フォレックスファクトリーでは、オンチャート(ロウソク足上)のストキャスティクスを描画していない設定のテンプレがアップされていることが多くあります。
 ですが、私個人は、インディケーター枠のストキャスラインそしてオンチャート上のストキャスラインの双方による判断が絶対に必要だと思っています。
 
 これは、この手法の記事で何度か書いているとおり、インディケーター枠のストキャスラインがガーベージトップ(ボトム)などでロープの形状を示したとしても、オンチャート上では、まだまだ上昇(下降)のカタチが崩れていないことが多くあるのです。
 ですから、ロープが現れた時は、必ずオンチャート上のストキャスラインを確認する必要があります。
 
 ポン円1時間足です。
 


 インディケーター枠の赤丸付近では、ロープ形状が出現し、逆バリ的な考えではショートタイミングを待つ場面かもしれません。
 実際にチャート観察をしていますと、このロープが下に傾くことがあります。
 ですが、こういった時は、オンチャートのストキャスラインは、まだまだ崩れていないことが多いので注意が必要です。
 
  私は、この画像のように天底でロープを形成した時に、オンチャートのストキャスラインの状態を注意深く観察するようにしています。
 そして通常は、オンチャートストキャスのLTFS(青色)がHTFSを下抜いていき、さらにインディケーター枠のストキャスラインが76.4レベルを下抜くのを確認する必要があります。

 単独のストキャスを表示してガーベージトップ(ボトム)が出現した際には、どこまで上昇(下降)するのかといったことの判断が付きづらいのですが、オンチャート上のストキャスラインの状況を参考にすると、上昇(下降)の勢いの強弱が判断しやすいと思います。

 またkamitaさんが作っていただいたThread_hist1.mq4でX印が出現した時は、どちらかに相場が動く可能性が高いので重宝しています!

 なお、チャート設定ができませんというコメントを既に数回いただいてしまっていますので、Yahoo!ブリーフケースに必要なインディケーターをアップしました。(おそらくアップしたファイルで大丈夫だと思うのですが、不具合がありましたらお知らせください)

 また、現時点で私が使用しているtplファイル(テンプレート)もアップしました。
 私は、DMI、CCIなどをフィルターで表示していますが、これは必要がなければ削除してください。

★ 追記 昨日紹介させてもらった収益表ですが、本日バージョンアップされて格段に使いやすくなりました。初心者デイトレーダーのメモ的なもの(FX編)からダウンロードできますよ!

★ 追記2 テンプレートについては、インディケーターをインストールした後、 Stoch_Chart.tpl であれば不具合がないようです。その後、チャートにインディケーターを適用してください。
 
 ・・・ランキングは皆様のおかげでR1レベルを目指しています・・・?引き続き応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

 それではまたっ!
 
Happy ROPE trading :-)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


裁量トレード系で、しかも具体性があるシステムです。努力が必要ですがマスターできれば「FXで生活する」ことも夢ではなくなると思います。現時点一押しです。

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/04/02 21:21|未分類CM:3

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。