とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 昨日、Powerful Fib Based System についての記事を書く予定でしたが、少し面倒くさく(爆)なってしまいサボってしまいました;;
 自分としては、このシステムは、そんじょそこらの数万円で売られているものなどよりよっぽど良いと思っているのですが。。。いかがでしょうか?

 なにかひとりで盛り上がっているようで、やや気力を削がれている状態?ですが、「その2」を書いてみます。。。

 このPowerful Fib Based System に応用できるのではないかと思っているシステムを紹介したいと思います。
 これは以前から、少しずつ読み続けていました、やはりフォレックスファクトリーで見つけたthe key to the mintというシステムです。

 これは、つい最近になってアップデートされましたが基本的な考えは一緒です。

 まずは、画像を見てください。
 ポンドルの15分足です。


 
 ご覧のとおりですけど、簡単に説明してみます。

 このシステムは15分足のトレードシステムです。
 基本としては大きなトレンドに逆らわないという大前提があり、大きい時間軸のトレンドと同方向にポジションを持つこととされています。
 マニュアルでは、日足トレンド方向に従うことを最重要視しています。(日足と15分足だと・・・という疑問がありますけれど。。。)

 そしてこのシステムでの「トレンド」とは、それぞれの時間軸において
 上昇トレンドの場合は、
 1 5EMA(close)と8EMA(open)がGCしていること
 2 ZigZagインディケーター(パラメーターExtdepth6,Extdeviation3,Extbackstep3)が、上方向にジグザグとステップアップしていること
 3 RSI(13)が、50レベルの上方に位置していること
 4 CCI(50)が、0レベルの上方に位置していること
 
 以上、4つが条件となります。

 さて画像の場合は、上記4条件がクリアされている状態です。

 一番注目すべきは、ジグザグの動きで、Low(安値)、High(高値)、HigherLow(最初の安値より高値・・・変な訳ですね;;)を見つけることです。
 またまたペイントを使って図を書いてみました。。。
 

 これは下値を切り上げながら上昇していくということです。
 このシステムでは、これを1-2-3パターンと言うようです。
 そしてこの1-2-3パターンで3(HigherLow)が確定して時点で、EMAがGCをして、RSIが50以上、CCIが0以上、ストキャスがGC・・・の時にロングエントリーです。

 なかなかシンプルで、チャンスが多いシステムだと思います。
 もちろん、他システムと同様にトレンドがない、つまり揉み合い相場、行ったり来たり相場?には当然弱いものです。
 ですから、上位の時間軸トレンドを参照する、あるいは長期のEMAを表示させてフィルターとするといったことも効果的だと思います。

 ところで、この1-2-3パターンを見て気づかれたと思いますけど、これはPowerful Fib Based System でのフィボナッチ、リトレースメントそしてフィボナッチエクスパンションと全く同じ考え方ですね^^。
 つまり、上昇相場での押し目を待ち、その押し目が前回安値を下回らないで再上昇する時にロングするといった手法です。

 ですから、このシステムをPowerful Fib Based Systemに応用できるのではと考えました。
 Powerful Fib Based Systemでは、HigherLowを確定できたら、5SMAを基準としてエントリーするものでした。
 一方、the key to the mintでは、5EMAクローズ、8EMAオープンのGCですから判断が付きやすいと思います。
 またZigZagインディケーターのパラメーター6・3・3という設定は、なかなか正確にジグザグの波を捉えてくれます。(しかし、このインディケーターは典型的後付テクニカルですので、実際には「目視」が一番です!)
 フィボナッチライン、そしてエクスパンションラインを引く際にも、このZigZagが一応の目安になってくれます。
 
 RSIとCCIについては、上記のパラメーターですと、ほぼ同じような動きですので、チャートがゴチャゴチャしすぎた場合は、どちらかひとつで充分だと思います。
 私自身は、CCIだけを表示し、その代わりに、SeeyaさんのブログでDLさせていただいたHEI_ADXを表示させています。(これは視覚的にとても分かりやすいものです)

 さてこの設定で実践した結果などはまた次の記事でアップする予定です。(まだ3勝1敗1分けと充分な検証ができていません)
 ここでは、比較的上手くいった画像だけをアップしておきます。
 ユーロドル1時間足です。

 

 ゴチャゴチャして見づらいですね;;
 これはZigZagを参考にしましたが、そのとおりではなく目視でフィボナッチを引いています。
 エントリーは、ルールどおり、EMAとストキャスのGC、そしてCCIの0レベル越え、HEI_ADXの青★と見事に全シグナルが揃ったところです。(追記:実際には青★はエントリーの若干後だったはずでした)
 1.5383で0.3ロットエントリーし、ターゲット1の利確ができないほどでしたので、ターゲット2(+34)で1単位、そしてターゲット3(+53)で1単位、最後の1単位は、下がってしまったのでターゲット2付近でエクジットしました。

 この後、ご存知のとおり怒濤の爆上げとなりましたので残念ではありますが、このシステムのルールではそれを取っていくことはできませんでした。。。

 このシステムでは、フィボナッチ61.8レベルあるいは78.6レベル程度までリトレースした場合が基本ルールですが、その地点でエクスパンションラインを引くと、概ねターゲット1あるいはターゲット2は、前回高値(HIGH)の下方に位置しています。
 そしてターゲット3あるいはターゲット4は、その高値をブレイクアウトした地点となります。
 ですから上昇トレンドの勢いがある場合は、ターゲット3まで行きますが、弱い場合は、ターゲット1か2地点で失速することが多いようです。(まだまだ実践が少ないのですが。。。)
 なので、マネーマネイジメントの観点から、ある程度利益が出たならブレイクイーブンに必ずストップを移動するなどの工夫が必要だと思います。
 また、利益を伸ばすはっきりとした根拠がなければ、ターゲットどおりに利確していく方が良いと思います。
 
 何度も言い訳がましく書いていますけど、まだ充分な検証も実践もできていません。
 ですから、ひとつのトレードアイデアのようなものですので、もし、デモなどで検証していただいて良いアイデアがありましたらぜひコメントしてください!

・・・ランキングは・・・フィボナッレベルを下方にブレイクました;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

それでは、またっ!

Happy FibonacciRetracement trading : - )

★ サザインベストメントから、「ひとりの方が資料請求、ひとりの方が口座開設がありました」とのことで、定額為替証券2.000円分が送られてきました!本当にありがとうございました!
ちなみに、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/06/17 22:25|未分類CM:15
 先日紹介しましたSpud's MTF FIB Breakout Systemは合計3期間のMTFストキャスを使って前日高値安値をブレイクする手法でした。
 この手法は、相場のエネルギーを測定するといった意味でとても効果的なものですが、やはり前日高値安値のブレイクを狙うといったことではなかなかチャンスがありません。
 
 ですから、イントラデイでフィボナッチを使うブレイクアウトシステムを探していたところフォレックスファクトリーでPowerful Fib Based System - by DAZfxというスレッドを見つけました。
 つい先日、たった1回だけ実践しただけですが、なかなか良さそうなシステムです。(これは先週最後のポンド円上昇で利益となりました。ぜひ先週末の1時間足で検証してみてください!)
 スレッド主のDAZfx氏は4年以上の投資経験がありリアルトレードでもこのシステムで良い結果を出しているようですので信頼感があります。
 
 スレッドのコメントでも相当好評で「使える」システムであることがわかります。
 ただし、ここのところ、このシステム専用のチャットルームができたせいなのかコメント数が減っているようです。

 フィボナッチやピボットは利確地点つまりゴール(エクジット)としてはとても目安になり使いやすいものです。
ですが、たとえば、61.8ラインで反転するのか突き破るのか?ピボットS1ラインで買うべきなのか売るべきなのか?といったスタート(エントリー)としての判断はとても難しく感じます。

 このPowerful Fib Based Systemの詳細については、後ほど書く予定で、ここではほんのさわり程度にしておきます。
 というのは今、自宅ではない場所?にいますので、自分のチャート画像などもアップできません。
 ですからフォーラムの画像を使わせてもらいます。

 まず画像から見てください。
 フィボナッチに詳しい方ならこの画像だけで説明は不要かもしれません。それだけ分かりやすい手法です。
 ポンド円の1時間足とポンドルの4時間足です。

 

 

 
 まずAは直近高値、Bは直近安値です。
 このAからBにフィボナッチラインを引きます。
 そしてこのBから戻り(リトレースメント)があります。
 この手法では、おおむね戻り61.8%ラインと78.6%ライン付近が基準となっています。(必ずしもこの限りではありませんが、あまりに100%まで戻ってしまうような時はよくないようです)
 
 戻りの頂点がCです。
 このCが確定しましたら、フィボナッチエクスパンションツールを使用してA・B・Cと3点を指定してターゲットを表示させます。

 この画像は下げ相場ですのでショートの場合で説明すると。。。
1 ロウソク足の終値が5期間SMAと接触あるいは下抜ける。
2 スローストキャスティクス(8・3・3)が、80%ゾーンに達することなく反転(デッドクロス)する。(この80%ゾーンに達することはなくというのは理想で、実践画像などを見ているとやはりこのゾーンでクロスすることが多いようです。ですからあくまでも「理想的なクロス」といったことで考えると良いと思います^^)
 この2条件がそろえばエントリーです。
 もちろん、大きなトレンドが下げトレンドであるといったことが条件ですけど。。。

 そしてターゲットは、先ほど引いたフィボナッチエクスパンションで
 ターゲット1が、50.0%ライン
 ターゲット2が、61.8%ライン
 ターゲット3が、78.6%ライン
 となります。
 また場合によっては、大陰線などの場合は、50.0%まで値幅がないことがありますので、ターゲット2から始め、最後のターゲットが100.0%ラインとなります。
 ですからフィボナッチエクスパンションツールのプロパティーを上記4つのレベルに変更する必要がありますね。。。

 損切りラインについては、C地点つまりリトレースの終了地点となります。(このへんはストップロスが大きくなってしまいますので工夫が必要です。

 利確については、上記のとおり3段階に分割決済ですが、たとえばターゲット2に達したらブレイクイーブンにストップを移動する。。。ターゲット3に達したらターゲット1あるいは値幅によってターゲット2に移動といったことが考えられます。

 とても簡単に書きましたけど、大きなルールはこれだけです。

 時間軸については、1時間足と4時間足が推奨されています。
 コメント内容を見ていますと、やはり4時間足の信頼性が高く、また値幅も当然大きいようです。
 これは、チャートチェックが可能かどうかなど、あるいはリスクリワードの観点から自分に合った時間軸を選択するとよいでしょう。
 私自身は、しばらく1時間足で検証してみようと思っているところです。

 それと、これは比較的大事なポイントのようですが、AとBを結ぶフィボナッチラインについては、ロウソク足があまり多くない、つまりあまり大きな上下のトレンドを選択しないようにすることです。
 一応、ロウソク足4本から10本が推奨されています。(実践結果では20本くらいが限度のようです)
 感覚としては小さな波(ジグザグの動き)をとらえていくもののようです。
 
 このシステムを理解するのにまたフォーラムから画像を借りてきました。

 


 画像を見ていただければ一目瞭然ですけど、チャネルに沿った上昇トレンドです。
 波動論というのでしょうか?5波の動きなんて昔勉強しました;;
 だいたい、値動きというのは、指標発表の時のように一方的に上昇(下降)することは少なく、小さな押し目、戻りを繰り返しながらジグザグに動いていくものです。
 このジグザグの波をフィボナッチによってとらえようとするシステムです。

 ですから、この手法は、ロングの場合、そもそも大きなトレンドが上昇であること、そして当然のことに戻りがフィボナッチA地点を下にブレイクしてはいけません。(ショートの場合は反対)

 ぜひ実際に過去チャートでフィボナッチラインと、フィボナッチエクスパンションラインを引いて検証してみてください。
 そうしますとこの手法でエクスパンションのターゲットラインにかなりの高確率で到達していることがわかると思います。

 ただし、私の検証では、リトレースが61.8%ラインと78.6%ライン付近に限定すると確かに勝率は高くなるようですけど、それだけエントリーチャンスが減ってしまいます。
 なので「浅い戻り」に対応した、「アドバンスルール」を発表すると作者が書いていましたが、まだ正式なものはアップされていません。
 ただし、簡単な内容だけ明らかにされていて、それによると、38.2%レベル、50.0%レベルまでの戻りであっても、ちょうどこのレベル付近で、上記の2条件
1 ロウソク足の終値が5期間SMAと接触あるいは下抜ける。
2 スローストキャスティクス(8・3・3)が、80%ゾーンに達することなく反転(デッドクロス)する。
がシンクロすれば、エントリーして良いようです。
 実際に、この浅いレベルでもそれほど問題ないように個人的な過去チャート検証で感じました。
 このへんのところは、バックテストとフォワードテストしていかないとはっきりとしたことはかけませんね。。。

 このPowerful Fib Based Systemを実践していくうえで、同じフォレックスファクトリーのフォーラムで大変参考になるシステムがありました。
 これは、the key to the mint というシステムです。
 この手法を参考にすると、フィボナッチの引き方や重要なプライスのジグザグの動き(実際ZIGZAGというインディケーターを使用します^^)そして上昇下降トレンドの簡単な判断などが分かりやすくなると思います。
 このことについては次の記事で書いてみることにします。

 このPowerful Fib Based Systemは、単なるフィボナッチリトレースメントではなくエクスパンションを使用すること、そしてフィルターとして5SMAとストキャスを使うといったなかなかシンプルですがよく考えられた合理的なシステムだと思います。
 また損切りと利益確定も具体的です。
 
 ですが、上昇トレンド、そして下降トレンドの中で使う手法ですので、他の王道手法と同様、そもそも最低でも3波まで続くトレンドが必要です。(この手法の場合3波で十分ですけどね^^)
 そして、フィボナッチのABラインをどう引くかといった判断(それほど難しくありません)も必要です。

 明日には追加記事を書く予定です^^

・・・ランキングは・・・フィボナッチの戻り一杯に達しました;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

それでは、またっ!

Happy FibonacciRetracement trading : - )

★ サザインベストメントから、「ひとりの方が資料請求、ひとりの方が口座開設がありました」とのことで、定額為替証券2.000円分が送られてきました!本当にありがとうございました!
ちなみに、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
   
2008/06/15 22:13|未分類CM:2
いただいたコメントにレスを書いていましたら、思わぬ長文となりましたのでこちらにコピペしてみます。

サイさんからコメントをいただきました。


こんにちは。
システムさんは日ごろの手法は何をお使いですか?

商材など買われても簡単に元取れているほど、勝ちとレーダーですか?

ADXを付けると、付けないほうではエントリーは少ないですが
精度が上がるのでしょうか?

ADX上向きは、そのときだけでいいのでしょうか?
かなりADXが5分だとジグザグですが。

自分はワンミニッツ買いました。
使いこなせば、臨機応変についていけるので損はなかったです。
自分も使いこなせればいいのですが、細かいところで自分は癖
や理解が違うので、練習ですね。

システムさんの成績が出来れば知りたいです。


コメントありがとうございます。
ズバズバっと質問していただき、かえって気持ちよいです(笑)

あっ、それと私のIDは「システムさん」ではなくて「システムマン」です・・・まあどっちでもいいですが!

こんにちは。
ADXについての基本は、一般的に「20以上で上向き」・・・簡単に書くとこれだけです。
ただしこのADXの活用だけでも1冊の本が書けるほどですし、他のインディケーターとの関連もあるので研究してみないと難しいですね。
それと5分足では波が小さいところでサーフィンをするような感じになりますので、とても技術が必要だと思います。感覚としていは小さい波に乗りながら何回も沈んで、やっと大きな波を捉える・・・といった感じでしょうか。

ちなみに、以前mixiのQQEコミュに書きましたDMIについてコピペします。参考になれば良いのですが。

>DMIは、一般的にADXという指標のひとつ(仲間?)です。
トレンドの勢いなどを判断する指標で、VTですとdirectional movement indexではPDI(プラスDMI)とMDI(マイナスDMI)だけの表示ですがdirectional movement systemを選択しますと、ADXも表示されます。

私は既に使ってませんが、ある有名高額システムも、このADXが20以上以下でフィルターをかけていました。(ちなみにこのレベルのフィルターは、他のFX専門書籍でも推奨されている数値です)
つまりADX20以上であれば、上げ下げいずれにしろトレンドがあると判断できるようです。
ただし注意すべきは単純に基準値以上だとしても、それは「トレンドがある」というよりも「ボラティリティーが高い」・・・つまり乱高下しているだけの相場とも言えます。
実体験では、特に短時間足を使ったような時は、この後者の場合のように感じることの方が多いですね。

これはQQEに特に関係ありませんが、もしDMIをフィルターとして採用される方がいらっしゃればと思い、ADXを使用した売買ルールを書いてみますね。

これには4つの売買ルールがあります。

1 PDIがMDIを上抜き(クロスして)、MDIがその下に位置しているADXを下抜いた時を買いとする。
2 上の逆で、MDIがPDIを上抜き(クロスして)、PDIがその下に位置しているADXを下抜いた時を売りとする。
3 ADXが、PDIとMDIの双方よりも上方に位置していた場合は、
      PDIがMDIを上抜いた時に買い
      MDIがPDIを上抜いた時に売り
4 ポジションがある時は、ADXがADXRを下抜いた(デッドクロス)した時に仕切り。
5 PDIとMDIが逆のサインを示したら仕切り

ちょっと面倒くさいですが、かなり前に発売されていた「アービトラージ」というシステムの中でも、シグナルが出た際に、上記ルールであることを目視で確認してエントリーするといったシステムがありました。

簡単にはPDIとMDIのクロス判断・・・つまりPDIが上にあればロング、MDIが上にあればショートといった感覚でもいいかと思います。
ちなみに、レンジ相場の時は、クロスしっぱなしで何が何やら分からなくなります;;
こういった時は、おおむねADXが下のレベルにあるので、トレンドがないといったことが多いようです。

・・・引用終わり^^・・・

ずばり「勝ちトレーダーですか?」・・・との質問ですが、勝ちトレーダーとは言えませんが、2006年からの資金推移だけの判断で言わせてもらえば「勝ちトレーダーもどき」ですね(爆)

というのは、2006年に数百万円というバカみたいに大金の開始資金を用意して、これがたった10ヶ月で大幅に減少し一時は半減しそうなレベルまでになってしまいました。
原因を今考えますと、いろいろなことが頭に浮かびますが、とにかくFXが面白くてしょうがなく高レバ、ナンピンでトレードしていたといったことだと思います。
これは今でも時々出てしまう私の傾向ですが、とにかく投資というか投機というかギャンブルというか・・・そういったことが大好きな私ですから、この頃も当然負けは悔しくてしかも資金が目減りしていても毎日毎日トレードが面白くてしょうがない・・・つまり一言で言えばトレード過多・・・というかトレード馬鹿になっていました。

その後は試行錯誤の連続で普段の生活を犠牲にするようなことになってしまいましたが、ただただ原資回復のためにトレードしていました。
減るときは一瞬で増やすのはジワリジワリといったまるでアリとキリギリスのようでしたが、2年強の時間をかけてやっとプラスマイナスゼロになりました。ですから約3年にわたり通常のことを犠牲にするような生活をしてゼロになっただけですので、その時は無駄なことをしたなと強く感じていました;;

その後は、高レバにするとかならず負け、低レバだと少しずつだけど勝てる・・・といった私の運命?のようなことを感じつつトレードしています。
現在は資金に対して23%の利益となっています。ですからトータルした年利ですと、たった5%です;;
これですと高金利時代の郵便定期にも負けるパフォーマンスですね!

ただ初期資金が大きいので当然利益額も大きくなるので、最近は資金を引き出し高級自動車・・・ではなくて高級自転車を買ったり、旅行資金にしたりと投資資金をj徐々に減らしているところです。
直近の「勝ちトレード自慢」をさせてもらいますと、別口座でスタートした資金100万円が157万円になりました^^
これはポートフォリオや相関係数、さや取りを考えての結果ですが、その中でもデイトレ的なことをやっているという何がなんだか説明できないような手法です(爆)
(この時はリスクが軽減できるといった勝手な理由付けをして高レバ運用をしました。ですが、これはやはり自分の悪い癖で間違いでしたね)
またここ2週間ほどはポートフォリオの改善修復といったトレードだけで回数は少ないのですけど、高勝率、高利益となっています。
この原因が自分でもよくわかっていないというのが正直情けないところですが、日足、4時間足を重要視していることが勝因のひとつだと思っています。(実は、そのポートフォリオも雇用統計前に全決済し今はポジションがまったくありません。。。)

こういった投資スタイルにしたのは、先ほどから書いてあるとおり、「普段の生活を犠牲にして」・・・といったことを改善したかったからです。
ただ何かの片手間に投資をやって、ほったらかしで資産倍増!などという商材宣伝文句のようなことが実現できるとは思っていませんが、私の場合は、少しその度合いが大きすぎたと感じています。
ですから、どうせ投資から離れられないことは分かっているので、その度合いをなるべく小さくしようと努力?しているところなのです。

一応トータルすると数年かけて原資プラスアルファのトレーダーといったことが私の現状でしょう。
このシステム、あのシステムと一概に言えませんが、つくづく大切なのはマネーマネイジメントです。これさえ守れていれば常勝とはいきませんが、少なくとも私のように資金半減ってことはあり得ないし、たとえば50万円スタートでも短期間で資金を溶かすといったことはないでしょう。
だからこそ自分に合ったシステムと売買ルールを確立できたら、後はマネーマネイジメントを追求するといったことが一番大切だと思います。(システム好き、商材好きの私ですから説得力はないでしょうが;;)

でもマネーマネイジメントを徹底しすぎると、勝ちトレーダーとなっても資金の増加は、文字通りわずかで微増しか実現できませんね。
このことは実践してみると、嫌になるほど分かることです。
こういった種類のトレードをやるのは根気忍耐が必要で、かえってハイレバ、高利益の投資より難しいと思います。
私はまだマネーマネイジメントを徹底しているとは言えませんが、どんな投資をするにしてもマネーマネイジメントを最重要視することを目指しています。

じゃあマネーマネイジメントってなんだよ?と思われるでしょうが、それはこのブログの左サイドバーにある元プロ・ディーラーが明かす外為FX(外国為替証拠金取引)勝者の条件をぜひ読んでください・・・と他力本願;;
その他にも、ゾーンなどの名著がありますけど、上記書籍は、2時間程度で読めてしまいますし、なにより日本人が日本語で(当たり前ですが)書いた本ですので分かりやすいです。かといって過不足ない内容です。(アマゾンのレビューをご覧ください)

私の場合は簡単に「低レバで損切りを徹底する」・・・程度のことです。
損切りについては、現実には徹底されていなくて、耐えられる程度と決めてますから比較的深いストップロスになってしまっています。
ですから、スキャルのつもりがスイングへ・・・ということがけっこう多く偉そうなことは書けませんけど、それでもその「比較的深いストップロス」は絶対に守っています。
このへんのことは参考になりませんのでぜひ上記書籍を一読してみてください。
勝つ方法よりも上手な負けのこなし方を具体的にしかも分かりやすく書いた良書です!

投資の世界は、ひとそれぞれで考え方が違います。
私も長年FXブログをやっていると、「なんであなたはこうしないのですか?」ですとか、もっと単刀直入に、「こうしなさい、ああしなさい」などの厳しい意見あるいは罵倒もいただくことがあります。
私は、はっきり言いますと自分のことで精一杯ですから啓蒙的なことなどは書くことができませんし、その資格も資質も実績も能力もありません。
独断的意見も時には書きますが、それはほとんどの場合自分に向けて書いていることなのです。

ですからいろいろなブログや投資書籍、あるいは有料商材であってもいいと思います・・・そういったものから正しい知識、逆に間違った情報、これらのことを見分ける能力が必要だと思っています。
あるいはそういった情報は最小限にして自分の信じることだけを追求していくこともあり得ると思います。

 ・・・ランキングは・・・フィボナッチ23.6レベルです;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

それでは、またっ!

Happy MoneyManagement trading : - )

★ サザインベストメントから、「ひとりの方が資料請求、ひとりの方が口座開設がありました」とのことで、定額為替証券2.000円分が送られてきました!本当にありがとうございました!
ちなみに、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
   
2008/06/08 19:56|未分類CM:7
 根っからの投資法マニアの私は、頻繁にいわゆる「FX情報商材」のセールスページを読んだりしています。
 今まで購入した数は・・・ちょっと自分でも数えたくないくらいです;;
 
 現在も、なかなか評判の良いものがあるようで、これを買おうかどうか迷っているところです。
 最近は、一般的には嘘と誇張とごまかし??にあふれている商材セールスページを数多く読んでいるせいか、なんとなくその商材が本物か偽物かが分かるようになりました。(こんなことを自慢してもしょうがないのですが。。。)

 今日紹介したいのは、同じ方が作成した2種類の商材になります。
 実は、この2つの商材は少し前からこのブログで紹介したくてウズウズしていたものです(笑)

 ここのところ何度も書いていますが通貨ペア間の相関関係にはまってしまっています。
 この相関関係を調べていくと、「一定の同じような動きをする通貨ペアがあるのだったら、2通貨ペア間の差が大きくなったりした時に売買すれば・・・」といった考えから自然と「さや取り」という投資法に興味を持つようになりました。
 このさや取りについてFXでは通用するのかしないのか・・・といったことをいろいろと調べてみますと諸説がありまして、大勢は疑問をなげかけているように思えます。
 ただ私の実践の範囲内ではうまく機能しているとだけしか言えません。
 私は主にポートフォリオを構築する際のタイミングとしてこのさや取り手法を使っています。
 つまりひとつのテクニカルとして使用しているのです。

 「さや取り」に関してはあまり書くと知識の無さが露呈してしまいますのでこのへんにしておきます;;

 さて、この「さや取り」ツールとして、私が素晴らしいと思っているのは、
「サヤ取り 極」というものです。

 このツールはエクセルで構成されていて、マクロ機能によりデータ読み込み、計算が行われます。
 相当スキルのある方が作ったものです。
 
 特徴としては、さやの状況を、ボリンジャーバンド、MACD、RSIで確認することができるのです。
 通常は、さや棒などが使われますが特にMACD表示がタイミングを取りやすいと思います。

 この画像は、ポンスイとドルスイの日足さやチャートです。 
 
 

 
 またこの
「サヤ取り 極」は、時間足データを取り込み、さやを利用したデイトレをすることもできます。
 
 この画像は、1時間足を利用したポンスイとドルスイのさやチャートです。



 この時間足では、独自計算によるピボットラインがあるのが大きな特徴です。
 
 私は、この作者さんの技術というか、知識に圧倒されてしまい、いろいろと調べていくと『通貨の強さを見極めて勝つFX 「Swing 極」スイングトレードの究極マニュアル』という商材があることもわかりました。(※ 6/5追記 この商材の作者さんに質問をしていますのでアフィリンクは一時外しました。通常のアドレスは
http://kiwami.infocommu.org/
になります)

 これは販売ページを見ていただければわかりますが、各通貨の強弱を表わすインディケーターです。

 ポンド円4時間足に表示させてみました。 



 なにかごちごちゃしていますが、8本のラインが絡まっているようなものがkiwamiインディケーターです。
 この画像の場合は、太線の黄色がJPYで赤線がGBPです。
 現在の状況は、JPYが強くて、GBPが弱い・・・つまりポン円は下落基調という判断ができます。
 これは全くのオリジナルインディケーターですので、とても素晴らしいと思います。
 (なお下段にあるのはデイアフタートレードのSeeyaさんからいただいたオリジナルQQEとADXです。これも素晴らしいです!)
 
 通貨の強弱をどうやって判断しているのか作者さんに質問したところ、「すべての通貨を均一化してから、円に対するドル、円に対するユーロ、円に対するポンド・・・などなどと計算して通貨の強さを導き出している」とのことでした。
 簡単に書くと総合的、相対的強さということでしょうか?

 あまり人が使っていないオリジナルインディケーターを使えるというのは何か気分が良いものです(笑)
 また、画像の場合のように黄色いラインと赤色ラインのクロスをシグナルと使ってエントリーをすることもできます。

 今日は久しぶりに情報商材を紹介してみました。
 正直、私はこのふたつの商材は購入したばかりで実践が少ないので推薦できるとまでは書くことができません。
 ですが、どちらもかなり良くできたツール、インディケーターだと思っています。

※ 6/7追記 この記事内で「まったくのオリジナル」「あまり人が使っていないオリジナルインディケーター」という記述は誤りでした。
詳しくはこの記事のコメント欄をご覧ください。誤った情報を配信してしまい大変申し訳ありませんでした。この記事自体を削除しようかと思いましたが、しばらくの間はこのままにしておきます。

またこの商材については追加で記事を書く予定です。
 
 ・・・ランキングは・・・フィボナッチ23.6レベルです;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

それでは、またっ!

Happy Kiwami trading : - )

★ サザインベストメントから、「ひとりの方が資料請求、ひとりの方が口座開設がありました」とのことで、定額為替証券2.000円分が送られてきました!本当にありがとうございました!
ちなみに、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
    
2008/06/04 21:48|未分類CM:11
 とてもとても残念なお知らせです。。。ですがはっきりと残念と言える理由があるのかどうか分からないのですが。。。

 なるべく簡単に書きます。
 このブログでかなり力を入れて紹介記事を書きましたOzFx System:)なのですが、今まで無料でシグナル配信をしていたところ有料配信に切り替えるとのことです。

 しかもその料金は1ヶ月249ドルとかなりの高額です。
 その理由は彼のブログに書かれていますが、実績を残したこと、サービスを充実させたいこと・・・など今ひとつ判然としないものです。
  

 そもそもフォレックスファクトリーはNon Commercialつまり商用でないといったことが基本であって、だからこそ素晴らしいフォーラムなのです。
 そういったところにOzFx 氏はシステムを投稿し、いろいろな方の検証や工夫によって育てられたものなのです。
 ですからとても残念です。

 実は、この2ヶ月くらい無料で配信されるメールを読んでいたところ、かなり成績が良いなと思っていました。
 またメールはHTML形式に変わり読みやすくなっていました。

 考え方によっては、有料でも価値のあるメールということも言えるでしょうが。。。

 FF内ではこのことについてかなりの書き込みがあります。
 正直裏切られたといった内容が多いようです。

 OzFx Systemは、設定ロジックは全て分かっていますので、特にメール配信は必要ではありません。。。

 どこの国でも同じですね!
 釣るだけ釣っておいて、ここから先は有料です!・・・のようなものが。
 最初から、正々堂々と「これは有料化を考えています」ってことがなぜ書けないのでしょうか?
 やり方(儲け方)としては、そういった方がよっぽど効果的なんじゃないでしょうか?
 まあ途中から「おっ、これは有料化しても売れそうだな」などと思いつく場合もあるでしょうが。。。
 
 ・・・と少し興奮してきました;;
 というわけで、念のために書いておきますが、私も何か必勝法でも開発できましたら、その時は有料化します・・・とここで堂々と?宣言しておきます!?(まあ当然不可能ですからご心配なさらぬように・・・)

※ 現在OzFx 氏のメール配信登録をされている方が有料になるといったことはありません。おそらくメールがこなくなるだけだと思います。。。 
2008/06/03 21:32|未分類CM:0
 ここのところ構築した鉄壁のポートフォリオ(別名:砂上の楼閣;;)を毎日眺めてはニヤニヤとしているだけで、実際のトレード自体は先週は5回程度でポートフォリオの微調整をしただけでした。
 ですが私のポートフォリオは、円高対策をしていますがやはり円安方向に進むと利益となってくれる内容です。
 なので、1週間で数万円といった小さな利益プラス雀の涙ほどのスワップがじわりじわりと増えていくだけです。
 
 そんなわけで(どんなわけ?)、時間的余裕があったのでフォレックスファクトリーを読みふけっていました。
 おもにブレイクアウト手法を読んでいました。
 これは突然ブレイクアウト手法に触発されて以来すっかりとはまってしまいましたが、ちょっとその熱も下がり気味になってしまいました;;
 
 またSpud's MTF FIB Breakout Systemを超えるようなものがないといったことと、Spudfyre氏がすでにFFにいなくなってしまっていますので新たに氏の考えが読めないことが残念です。

 Spudfyre氏の手法と若干似ているものでは、GBP/USD simple breakout systemというスレッドがあります。
 これは、ポンドルの前日高値安値に逆指値を置いておき、5pipsあるいは10pips狙いをするといった内容です。
 ストップは30pipsが推奨されています。
 ですから1回負けてしまうと、5pipsの場合は6連勝しないといけません。
 もちろん5pips狙いですと、かなりの高勝率となりますが。。。
 
 こういったストップは大きめ、そして利益は小さめで高勝率を目指しトータルで勝っていこうといった手法が最近MT4のEAなどでよく見られます。
 ですが、こういった手法もその時の相場次第でまさかの連敗を食らったりして苦戦する時期があるようです。
 確実に1日数十pipsを狙っていく・・・こういったコンスタントに小さく勝ち続けるシステムは存在するのは事実ですが、いざ実行となると意外と難しいことだと思います。

 そのほか、Part Time Wealth Building Trading System - Weekly Scalpingというスレッドも読み込みました。

 これは、週足の終値に対して、プラスマイナス50pipsのところに2つの逆指値を出していくといった手法です。
 デフォルトでは-30pipsのストップを置きます。(少し狭すぎるといったレスが多くありました)
 そしてリミットは設定せず、ストップにかからなければ金曜日の市場終了30分前に決済するといったものです。
 ファーラム内で、ずいぶんと議論がありますがこれも使い方次第では市場に対してエッジがあるようです。
 またこのスレッドの後半で、TheRealThingというIDのレス内容がなかなかのものでした。
 このTheRealThing氏は、Infiniteyield Forexというブログで「500ドルを元手に年利50パーセントを目指し、10年以内に15万ドルをゴールにする・・・」といった内容で非常にためになる記事を書いています。
 TheRealThing氏のブログは左のRSSブログに追加しておきましたので今後チェックしてみます。
 
 さてこの稿で紹介したいのは、Natuseko Protrader 4H Strategyとうシステムです。
 
 これはFF内ではよくある複数のインディケーターを組み合わせてエントリーするといったシステムです。
 ですから他のシステムと同様に、レンジ相場では弱く、トレンドが出れば強い・・・といったものになります。(・・・というか、一部のシステムを除いて大体そうですよね^^)

 このスレッド主の SpringFX氏は、最初のポストで、「私の妻は勝率99パーセントを誇る投資をしている・・・」などと言ったことを書いてしまいその妻のブログ?をリンクしたため、「じゃあ、その妻と同じことをやればいいじゃないか!」、「なにかアフィリエイトでもして儲けたいのでは?」などと集中的に非難を受けていました。
 このへんの展開は、日本のブログや掲示板の展開と似ていますが、さすがFFで、「彼は何も利益を得ようとしていないし、妻のブログも商用じゃない。もっと彼のシステムを検証してみようじゃないか」などといった意見が出て、やっと最近はシステムに関する書き込みが増えてきました。(このスレッドは5月24日にたてられたばかりのものです)

 まずは、スレッドのポスト1にある画像を見てください。
 ポンドル4時間足です。



 画像を見ていただいただけでこのシステムの概要はおわかりになると思います。
 後記しますが、じつは、この画像の上段にあるインディケーターセット(MACD、ボリンジャーバンド、EMAを組み合わせ表示したもの)が、なかなか使えるのでは?と思っています。。。

 それではルールを書いてみます。

TIME FRAME: 4H

ロングの場合
1.3本のEMA 13, 21, 55がクロスした時
2. インディケーターの緑色3期間移動平均線が赤色のMACDシグナルラインとクロスして、そしてその2つのラインがボリンジャーバンドのミドルラインの上にあるか、あるいはクロスした時
3. RSI(21)が50 levelを超えている
4. ロウソク足は3本のEMAの上に位置していなければならない。(終値で)
 もし大きな動きがあって上記のような状態になった時(突飛高のような時)は、13 EMAレベルまで値が戻るのを待ってみる。 -これは忍耐が必要だ。

損切り(ストップロス)
ストップロスについてはあなたが積極的なトレーダーかどうかでいろいろな判断があって興味深いところだ。
とにかく有効なマネーマネージメントが要求される。

1. 私は通常3本のEMAがデッドクロスした時にストップロスしている。あるいは
2. Parabolic SARSが逆のシグナルとなった時

利益確定(TAKE PROFIT)

1. RSI (21)が65%を超えた時にポジションの半数を利確する。そして残りは利益を追求する
2. Parabolic SARSが逆方向に現れたらポジションの半数を利確する。そして残りは利益を追求するn.

完全なロングエクジット(COMPLETE BUY EXIT)

1. RSI (21)が 50 levelを下抜けた時そして緑色の 3期間移動平均線と赤色のMACDシグナルラインがデッドクロスして下向いた時
 
なおこのチャート設定は、上記リンクの冒頭にテンプレートファイルがあります。
 特別なインディケーターは使用していませんのでこのtplファイルを適用するだけで大丈夫です^^

 私も、このtplファイルでチャート表示してみました。



 どうでしょうか?
  赤矢印でそれぞれのシグナルを表示してみました。
 上記ルール、つまりEMA、上段のインディケーターセット、RSIが同時に揃うタイミングというものがなかなかありませんでした。
 EMA3本のクロスを待つとタイミングが遅れてしまうようです。
 もちろん、すべてのシグナルがそろうのを待つといったことがいいのでしょうが、なかなかそういったチャンスはなくて、ざっとチャートを観察したところ指標発表や大きなニュースなどで暴騰急落した時くらいしかないようです。

 先ほども触れましたけど、画像上段にあるインディケーターセットはなかなか使える組み合わせだと思います。
 特にボリンジャーバンドを表示させることによって、いわゆるBBスクイーズ(収縮)やBBエクスパンション(拡大)といった判断もできますし、MACDシグナルラインと移動平均線のクロスもなかなか有効に機能しているようです。
 それとBBミドルラインをMACDシグナルラインと移動平均線が越える・・・というフィルターも機能するように思えます。
 十分な検証をしていませんが、RSIとの相性も良いようです。(まだ実践していませんので止まっているチャートでの評価です;;)

 ですから、ロウソク足上のEMAについては少し改良が必要かもしれません。
 単純に短期2本にするとか、パラメーターを変えたりしてもいいでしょう。
 場合によってはトレンド判断でDMIを追加するのも良さそうです。
 
 このシステムは、設定次第では有効のようで、また、他のシステムにも流用できると思いました。

 最後にこんなことを書くのはどうかと思いますが、今回紹介したシステム・・・あるいはMACD、ストキャス、QQE、RCI、DMIなどなど。。なんでも構いません!・・・そういった実績のある?もので組んだシステムであってその「仕組み」や「考え方」が理解できれば、あとは慣れ、練習、そして適正なマネーマネイジメント(レバレッジ、損切りなど)にかかってくると思っています。
 ですからある程度信用がおけ王道的なシステムであればなんでもいい・・・とさえ思っています。

 また時間軸についても、今回のシステムは4時間足ですが、これはいずれの時間軸であっても有効である・・・有効でなければおかしいと思います。
 もちろん、時間軸が大きくなるほどだましがある程度軽減され信頼性が増すといった傾向がありますけど。。。
 
 こんな蛇足を書いたのは、最近よく見られる「最適なパラメーター、最適なテクニカルを組み合わせた」などとフリーのインディケーター、あるいはVTに最初からあるトレーディングシステムを改良して数万円の価格で販売されているものを多く見るからです。
(※ 長めの自己弁護:: そもそも私は商材アフィリエイターですからすべてを否定するわけではありません。中には本物もあります。これは商材だろうが、書籍だろうが、セミナーだろうが、無料情報だろうが同じことです。ただ商材の価格は高額すぎますね!)
 
 どんな相場にも通用し、そして飛びぬけて高い勝率を実現する魔法のパラメーターがあるでしょうか?
 毎日毎日、あるいは10分置きに相場は変化しているものです。
 もちろん、平均的に勝率の高いパラメーターなどはあるのだと思います。
 しかし、その平均的というのも過去のデータから得られるものであって明日からは通用しないのかもしれません。。。。。。。。。などと書いていて自分で気づいたのですが、どうも私の今までの記事とは矛盾していることを書いていますね(爆)

 まあ相場というものは定量化しようとして分析すると矛盾している部分が多い・・・といったところで許してください!

 余計なことを書いてしまいましたが、この稿で紹介しましたシステムは、使う人なりに若干の調整や既存のシステムにインディケーターセットを組みこんでも使えると思いますので、あとはいろいろ試してください。(外為男さん風;;)

 ・・・ランキングは・・・フィボナッチ23.6レベルです;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

それでは、またっ!(次の記事では、最近購入しましたFX情報商材を紹介してみます。ツール系ですがなかなか気に入っているものです。有料のものがお嫌いな方はスルーしてくださいね!)

Happy System trading : - )

★ サザインベストメントから、「ひとりの方が資料請求、ひとりの方が口座開設がありました」とのことで、定額為替証券2.000円分が送られてきました!本当にありがとうございました!
ちなみに、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/06/01 19:12|未分類CM:2

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。