とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
Spud's Predictive MTF Stochasticsスレッドの続報です。

以前から欲しいなあと思っていたインディケーターが、さっそくこのスレッドにアップされていました。
さっそくチャート表示してみました。
ユーロドル5分足です。


 上段にあるインディケーターがAll Stochastic v1.0.mq4というものです。

 これですと、Spudfyre氏の手法を使わないとしても、月足から1分足までのストキャスを一覧できるのでとても便利だと思います。
 このインディケーターは、こちらからダウンロードできます。

 このスレッドとは関係のないことですが、同じフォレックスファクトリー内で最近人気のスレッドがあります。
 それはPowerful 1 Min Scalping System (Fx Prime)というスレッドです。
 FF内では、よくあるパターンのオシレーターを中心として、○○と○○がゼロラインを超えたら・・・といったシステムですが、設定が良いせいか中々好成績を収めているようです。
 2つのパラのwoodies CCIと平均足を組み合わせたシステムで、5分足のトレンドを確認して同方向へエントリーするといったものです。

 ユーロドルの画像です。
 
 
 左が1分足、右が5分足となります。
 ルールを簡単に書きますと、ロングの場合(ショートは逆です)
※ 追記 下記の訳は完全に誤訳でした。
すみませんでした!ゆっきーさんのコメントで、やっと気づきました;; 

1 CCI 170がゼロラインを超えてアップトレンドを示すこと。誤訳::この場合は1度目のゼロライン超えでなければならない。
このCCI170がゼロラインを超えていることが第一のエントリー条件である。
2 CCI 34がゼロラインを超えてアップトレンドを示すこと。誤訳::この場合は同方向への2度目のゼロライン超えでなければならない。
まずCCI170がゼロライン超えをした状態であることを確認して、その次にCCI34が同方向へゼロライン越えをすること。
3 RSIが55を超えること。これは重要なことで45-55 zoneではエントリーしないこと。 (45-55)は危険ゾーンである。(ショートの場合は45以下であること)

このルールでは、短期のCCIが2回目にゼロラインを上抜くことを条件としているのが面白いところです。
こういったルールは、MAなどのシステムで一度押しを待ってからエントリーするといったことと同じ方法論だと思います。
 

※誤訳すみませんでした。恥ずかしいです;;
上記1と2の条件の根拠としては、CCI170が大きなトレンドを示すので、その方向にしかトレードをしないといった趣旨です。ですから、CCI34で中短期の波を捉えて大波方向へエントリーしていくといったものになります。
このへんについては、CCI34とRSIが条件を満たしたら、CCI170が逆方向であっても早いエントリーができるのではないか?といった意見もありました。
ただ、この手法は1分足を使用するものですからトレンドフォローとなることを重点として考えられたシステムだと思います。
5分足のトレンドも確認した上、さらにCCI170の方向へりーエントリーしていくといったコンセプトとなっています。


※ 追記2  Canadian_Dude氏の動画解説を見ていたら、Woodie CCIのグレイバーはサイドウエイ(横横相場)を示し、黄色バーはBBスクイーズつまりトレンドの始まりを示してくれるそうです。なかなか便利なインディケーターですね。Canadian_Dude氏は、ずいぶんとこのインディケーターが素晴らしいと言ってましたよ。
また、動画での説明では、CCI34がゼロラインをエントリーとは逆方向に抜けた時にエクジットしていました。(これも私のヒヤリング能力で間違っていたりして!帰宅後、もう一度見てみます!)

今日私はデモで2度ほどトレードしましたが、とりあえず2回とも17pips,14pipsと利益になりました。
このシステムの作者 Canadian_Dude氏は、動画解説やチャットルームなども行って中々熱心です。
5分足と1分足の双方にトレンドラインを引いてみるのも有効だと思います。
特にエクジット判断はトレンドラインが一番早く知らせてくれます。(早すぎることもありますけど;;)
またこのシステムについてもこのブログで追加情報を書く予定です。

「ひさしぶりの更新だと思ったら2つも記事を書きやがったな!まあクリックでもしてやるか!」と思ってくれた方?は、ぜひ応援お願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・チャネルからブレイクできません;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

★トレンドライン、チャートパターン、ロウソク足形状などで参考となるサイトをまとめてみました。
No Brainer Trades  (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
Drawing correct resistance and support-lines (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
daily candle chart (主にロウソク足型分析について FFスレッド)
ActionForex(Action insight)(総合的チャート分析)
これらは時々チェックすると思わぬ宝物がみつけられますよ!?

★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  それでは、またっ!

   Happy Community trading : - )

・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!
 

 
・・・PRおわり^^・・・
・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
   
スポンサーサイト
2008/10/29 23:11|未分類CM:2

 フォレックスファクトリーにあの Spudfyre氏が戻ってきました!
 実に1年以上のことです・・・と言っても何だ Spudfyreって?と思われてしまうかもしれません。
 
 私のブログを読んでくださる方であれば、何度も Spudfyre氏のシステムを紹介しているので分かって頂けるかもしれません。
 フォレックスファクトリーやTSDなどの海外フォーラムでは、それぞれビッグネーム的存在がいるのですが、中でもSpudfyre氏は、MTFストキャスティクスなどストキャス使いとしてはとても有名な方でした。
 
 今回は、Spudfyre's Stochastic 5 Minute Tradeというスレッドで10月19日に復帰してくれました!
 またまたストキャスです。
 このスレッドは、ごく簡単に書いてしまうと、5分足のストキャス%K、パラ14.1.1がトレードのトリガーになる。そして15分足、30分足、1時間足、4時間足のストキャスで総合的にエントリー判断をする・・・といった内容でした。
 どんなものかとチャート設定だけをしてみました。
 ユーロドルです。



 このスレッドを読み込んでいくと、「うーん、かなり難しいし、高度な裁量が必要とされるな」と感じ、それほどいつもの氏の冴えを感じられませんでした。
 ただ、徐々に読み進んでいくと、やはり深い考察がされているといったことを感じてきました。
 またこのスレッド自体は、導入部といったもので次のスレッドへの橋渡し的なものでした。

 そのスレッドが、Spud's Predictive MTF Stochasticsとなります。

 このスレッドも同じく難易度が高いのですが、徐々に氏の深い考察そして実践方策が明らかになってきます。
 思うに、今までMTF(複数の時間軸)によるシステムを構築してきた氏の理論編といったものかもしれません。
 もちろんシグナルが出てエントリーといったものではなく、誰もが完全にこのシステムをマスターできるようなものではないと思います。
 Spudfyre氏の投資哲学や裁量判断を学ぶといった観点で読み進めた方がいいのかもしれません。
 このスレッドはまだ始まったばかりですし、他のメンバーも様々なアイデアを出しています。
 
 またこのブログでも具体的な内容を紹介していきます。

 とにかくこの極東の地から、「Welcome Back.Spud !」と喜んでいます^^ 

「なんか分からんが、とにかく良かった!」と思ってくれた方?は、ぜひこちらをクリックをしてください!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・チャネルからブレイクできません;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

★トレンドライン、チャートパターン、ロウソク足形状などで参考となるサイトをまとめてみました。
No Brainer Trades  (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
Drawing correct resistance and support-lines (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
daily candle chart (主にロウソク足型分析について FFスレッド)
ActionForex(Action insight)(総合的チャート分析)
これらは時々チェックすると思わぬ宝物がみつけられますよ!?

★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  それでは、またっ!

   Happy Community trading : - )

・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!
 

 
・・・PRおわり^^・・・
・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
   
2008/10/29 19:51|未分類CM:0
 こんばんは!
 先日の記事で紹介したいシステムがあると書きました。
 それは、フォレックスファクトリーのTrading system using relative strengthというシステムです。

 このシステムの概要は、各通貨のrelative strengthつまり相対的な強さを測定するインディケータCCFpを使用したものです。
 そして、4時間足を使用し、2つ前の数値、1つ前の数値を加減した数値により売買判断をするといったものです。
 
 この説明では分かりづらいと思いますので、まずはチャート画像を見てください。
 AUD/USDの4時間足チャートです。



 CCFpは、以前こちらで紹介した502Currenciesというものに良く似ています。
 このCCFpは移動平均線(LWMA)をベースに相対力を算出しているとのことです。
 力の強弱判断として、ラインが上向きなら強く、下向きなら弱くて、さらに0ラインの上にあるか下にあるかでも判断できます。

 AUDで説明しますと、2つ前の数値が-0.0169そして1つ前の数値が-0.0103ですから、+0.0066という数値になります。
 ですからAUDは、7通貨の中で一番力が強い(強くなっている)といった判断です。
 その逆に、ドルは、-0.0012と弱くなっているので、ここではAUD/USDをロングといった判断ができます。

 実は、スレッド初期には、このふたつの数値をエクセルシートで計算して、各通貨ペアで売買判断をしていいましたが、それを自動実行し、さらに画面上に表示してくれるCCFp-Diffというインディケーターが FerruFx氏によってリリースされました。
 ですから、本来のCCFpは必ずしも表示する必要がなく、さらに10段階のフィルターレベルやMAの種類まで自由に調整できるようになりました。

 そしてトレード方法としては、バスケットトレードつまり売買指示に従って、新たなロウソク足が表示されてから10数分で複数通貨ペアを全部エントリーするといったものです。
 クローズ方法は一定のものがなく、目標に達したとき、あるいは現在のロウソク足がクローズする時などの方法がありました。

 ・・・・・・・ここまでが、このシステムの簡単な説明です・・・・・・・

 私は、このシステムそしてインディケーターも素晴らしいと思い、2日間読み込んでいました。
 一時期は、平均40名以上のメンバーがこのスレッドに集まっていました。
 すると、突然、スレッドを始めた ES Trader氏が、1282ポスト目で、
 「よお、みんな、もうこのスレッドに書き加えることなんかないよな。俺の元々のコンセプトから完全に違うものになっちまったよ。だから俺はもうこのスレッドを閉じてしまうことにしたのさ。もし誰か興味があれば新しいスレッドを立てても構わんよ。いろんな情報や援助ありがとう。グッドラック。」と勝手なことを書いてスレッドをロックしてしまいました!
 
 それまでは、ずいぶんと好成績を収めたといったコメントなどが多く、このシステムは評価されていました。
 その反面、ドローダウンが大きいなどの結果もアップされていました。
 またバスケットトレードですので、利益がたった数時間で1000pipsを超えた!といったコメントも多く見られました。

 本家スレッドが閉じてしまいましたが、その後にもこのシステムには可能性があるということでTrading System Using Relative Strength-Part 2が新たに立てられました。
 現在は、18ページほど進行していてFerruFx氏も新たなインディケーターver.1.04をリリースしています。(アップした画像で使用したのはこれです)
 
 ただし、スレッドを閉じたEStrader氏が、「Reverse Tradeが良い」というコメントを数回書いています。
 この意味が最初は分からなかったのですが、なんと!本来のシグナルとは逆の売買をしたほうが良い結果となる・・・といったことでした。
 うーん、これはどうなのでしょうか?
 その根拠のようなものとして、既に強い力の通貨は、どんどん弱まるからだ、そして弱い通貨の力はどんどんと強まっていくからだ・・・そんな感じのことが書かれていました。
 
 そうなると、このシステムって一体なんなのか?・・・と時間をかけて読み込んできた私はかなりがっかりしてしまいました。
 
 私が考えたのは、24時間の中で、4時間おきの区切りで2つの数値を加減しただけでは、それがエントリー基準に成りうるのか?といったことです。
 また、4時間というタイムフレームは、何があるか分からないし、最近の相場を見ているとプラスマイナス数百pipsの上下があるのに、たった2つのポイントの差では対応できないと思うのです。
 これが、5分おきに1時間、つまり12回の数値を加減して導かれたような数値で強弱判断をするというのなら可能性はあると思うのですが。。。

 システム紹介が、ちょっと変な方向に行ってしまいました。。。
 新しいスレッドはまだ活発に議論されていますので、その様子をもう少し観察あるいは質問などをしてみようと思っています。
 ・・・かなり期待していたのに残念です。。。また後日、追加情報を書く予定です!

「うーん俺(私)も残念だが、可能性があるかもしれない!」と思ってくれた方?は、ぜひこちらをクリックをしてください!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・チャネルからブレイクできません;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

★トレンドライン、チャートパターン、ロウソク足形状などで参考となるサイトをまとめてみました。
No Brainer Trades  (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
Drawing correct resistance and support-lines (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
daily candle chart (主にロウソク足型分析について FFスレッド)
ActionForex(Action insight)(総合的チャート分析)
これらは時々チェックすると思わぬ宝物がみつけられますよ!?

★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  それでは、またっ!

   Happy Community trading : - )

・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!
 

 
・・・PRおわり^^・・・
・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
  
2008/10/20 00:51|未分類CM:4
 ブログの更新はひさしぶりになってしまいました。
 皆様の中には、「やはりシステムマンも相場から退場したか・・・」などと思っている方もいるかもしれませんが、、まだまだ生き残っています。

 最近は、SNSコミュの方が中心となっていて、このコミュのおかげで確実に私の実力が向上していると思っています。
 ・・・しかし実力の向上と利益は必ずしも比例しないようですが、コミュを始めてからは約10%ほど資産が増えたのは事実です。(自分としては、もっと増えるはずと思っているで実は不満なのです。。。)

 しかしまだまだマネーマネジメント面で問題があるトレードをやっています。
 ある日は大もうけして、ある日は大損・・・こんなことを繰り返してしまっていますので、本当に「勝てる手法」を身につけたのか?・・・といった感があります。。。

 「利益を伸ばして損失を限定する」・・・こういったことをいつも実現しようとしています。
 ここのところ小レバで50pips程度のロスカット基準を厳守して、チャンスがあれば100~500pipsといった利益を狙っていっています。
 しかし、50のロスカットが2~3回続くことも当然あります・・・そうすると私の心の中に「ギャンブラー氏」が訪れてきます。
 まるで多重人格者ですね!
 こういった時に無理をしてしまいます。
 その危険性を充分に承知しているのですが、なかなか改善できないとことは「確信犯」と言えるかもしれませんね。。。(一応今週からはその悪癖も克服できたと思っているのですが、またいつギャンブラー氏が。。。)

 よく考えれば、ある1日で3連敗しても週のトータルでは4勝3敗、そして月のトータルでは40勝30敗、そしてトレードをやめる時には4000勝3000敗でいいんですよね!
 私の場合、あまりにも目先のことに囚われすぎです;;(ちなみに4勝3敗とかという数字はあくまでも一例です。また勝率自体もそれほど重要なことではないことも分かっていますので、、、念のため)

 さて、ここのところの相場は、たった1日で1000pips幅近くを上がったり下がったりで、大もうけした人、そして大損失となった人、まさしく悲喜こもごもといった状態ではないでしょうか?
 ちなみに私はその両方を経験していますが。。。

 さて、記事タイトルの、「オカルトとテクニカル」ですが、結論としてたいした内容のことは書けません。
 単に私が感じたことなので、統計的データーもないし検証もしていません。。。(当然上級者の方であれば反論があるでしょうが、今回は勝手なことを書かせて頂きますので、できれば鼻で笑ってスルーしてくださいね^^)

 私が、「オカルト」と感じるのは、たとえばフィボナッチ、日柄分析、波動論そしてピボット・・・などなどです。
 ただし、私は、これらをオカルトと感じていても、現実には、特にフィボナッチ、ピボットなどは日々のトレードで使用しているツールなのですが。。。だから日柄分析や波動論だってオカルトだと感じたとしても現実に利益に結びつくようでしたら使ってみようと思っています。。。私にとってはその程度のことでしかありませんので、この後に続く記事内容も説得力がないものです。。。

 例示した分析の中でもサイクル理論に関するものについては、その時その時、あるいはその時代の経済状況、政治状況、あるいは自然状況(天候や自然災害など)によって変化するものであるので私個人としてはあまり信頼できないと思っています。
 そういえば政治経済という教科でしたでしょうか、「コンドラチェフの波」というものを習ったことがあります。
 これは景気循環のことで、Wikipediaでは、
「景気循環(けいきじゅんかん)とは、経済全体の活動水準である景気において、循環的に見られる変動のことである。」とされ、さらに次のように説明されています。

景気循環論は、内生的景気循環論と外生的景気循環論とに区別することができる。
前者は、市場経済は均衡状態から乖離する傾向をもつとし、景気の循環を説明する際、労働や設備の不足、景気の過熱を懸念した投資意欲の減退などの景気を反転させる要因を仮定する。
後者は、定常的であるはずの市場経済に景気循環が生じるのは、予想外の技術革新、天候の変化、石油危機などの外性的な要因に基づくとする


 うーん、無知の私には難しい文章です。
 ただ、上記引用で、前者の「市場経済は均衡状態から乖離する傾向をもつ・・・」といった部分は相場分析において有効なのかなと思えます。
 一方後者の、「予想外の技術革新、天候の変化、石油危機などの外性的な要因」となると、これはほぼ予想不可能な分野でしょう。

 ただこの前者であっても、そもそも「労働や設備の不足、景気の過熱を懸念した投資意欲の減退」といったいわゆるファンダメンタルズ的要因が、まずは最初にあるべきであって、その結果として相場循環が形成されていくのだと思います。
 自分でも何を書いているのか分からなくなってきましたが、身近な例で言えば、米国のサブプライムローン問題の結果として、相場は長期下落を示し始める・・・つまり当然のことですが原因があって、それがチャート上に「サイクル」として現れていく・・・と考えています。
 何が言いたいのかというと、まずは、「チャートありき」で、チャートだけの波動分析・サイクル分析をしても意味がないのではないかということです。

※ 追記:それともこういったファンダメンタルズ的要因そのものも、サイクル循環的にやってくるということが「サイクル理論」なのでしょうか?
 そうするとこの記事は、そもそも論点というか前提が間違っています。。。

 先物市場のテクニカル分析 のマーフィー先生によれば、テクニカル分析の前提として
A 市場の動きは全てを織り込む
B 価格の動きはトレンドを形成する
C 歴史は繰り返す

としています。

 Aの市場の動きは全てを織り込むについては、「チャートはそれだけで相場を上げ下げするものではなく市場の強気または弱気の心理を反映しているだけにすぎない」と述べています。
 このことは、たとえチャートだけの分析をしたとしても、そのトレーダーは当然需要供給の関係で相場が上下することを知っているが、そういったことはチャートに現れるので、特にその理由を知る必要性はないといったことです。
Cの歴史は繰り返すについては、景気循環に関することかと思いましたが、本書の説明では、「過去のチャートパターンは人間心理を反映して有効とされてきたものであるから今後も機能する」といったことでした。

 Aの場合のように、チャートに全てのファンダメンタルズ的要因(経済状況・地政学的なもの・技術革新)などが織り込まれる・・・ということは納得ができます。
 ただ、これは当然のこととして前提としてのファンダメンタルズ的要因がなければチャートはビクとも動かないでしょう。
 そういったことを考えると、たとえば「現在は○○年の高値から32週を経過しているから相場転換期となる。そして32という数字は一目均衡表でも重視されており、しかもフィボナッチ級数である」・・・といったサイクル分析がなされたとしても私にはやはり「オカルト」と感じてしまうのです。。。(32という数字には何の根拠もなく単なる一例です^^)

 確かに長期チャートを見ていると、ある一定の大きな波、そして小さな波を見いだすことができます。
 ただこれをどうやってトレードに生かすのか?・・・といったことには疑問があるところです。

 ですから現状は、現実の値動きをトレンドライン、チャートパターンなどで分析した手法、あるいは現実の値動きを割ったり、掛けたり、引いたり、足したりしたテクニカル指標でトレードをしていこうと思っています。
 ですが、数年続いているトレンドラインがあったとしても、たとえばの話、戦争やテロなどが起こってしまえば・・・それほどのことではなくてもたとえば大企業の倒産などでも、あっという間にそのトレンドラインはブレイクしてしまうでしょう。
 現状は、そういった危機感を持った相場だと思います。。。
 
 長々と書いてきましたが、正直私はサイクル理論をとことん研究してきたわけではありませんし、経済循環についても本格的に学んだわけではなく、先ほどWikipediaを読んだ程度です;;
 なので、最初にも書きましたとおり、あくまでも個人的考えですので、その点を考慮して頂ければ幸いです。。。

 最後にドル円の長期分析画像をアップしておきます。
 月足です。



 注目したのは、3本の赤色トレンドラインです。
 この3本のラインが交差する頂点付近にプライスが到達しました。。。
 現状は、その頂点の直下での値動きです。
 だからどうした?そんな分析こそオカルトじゃないの?だっておまえは実態経済が云々って言ったじゃないの?
 ・・・まさしくそのとおりです!今後どうなるのかといったことを予測することはありますが、変な予断を持つことはできないということを言えるだけなのです。

※ 全然関係ありませんが、FFでとても面白いシステムトレードを見つけましたので近いうちに紹介記事をアップします!!

「結局なにを言いたいのか分からんし矛盾だらけだけど、ひさしぶりだから応援してやろうか!と思ってくれた方?は、ぜひこちらをクリックをしてください!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・チャネルからブレイクできません;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

★トレンドライン、チャートパターン、ロウソク足形状などで参考となるサイトをまとめてみました。
No Brainer Trades  (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
Drawing correct resistance and support-lines (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
daily candle chart (主にロウソク足型分析について FFスレッド)
ActionForex(Action insight)(総合的チャート分析)
これらは時々チェックすると思わぬ宝物がみつけられますよ!?

★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  それでは、またっ!

   Happy Community trading : - )

・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!
 

 
・・・PRおわり^^・・・
・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
   
2008/10/18 18:30|未分類CM:4

相場雑感   

 私が参加させていただいている末っ子長男さんのSNSコミュで興味深いトピックがありました。
 ここでその概要を紹介させてもらいます。

 まず、はじめに次のような意見がありました。
(概要です)
マークダグラス氏の「ゾーン」などを読んで、トレードテクニック以外に、心理面からのアプローチがなければ相場で勝ち続けることができないのではないかと思った


 そして、この「投資心理」での自分の失敗などを共有していこうという趣旨でした。

 私も、このトピックに対して意見を述べましたが、少し焦点がボケたものになってしまいました;;
 その一部をここに引用します。

(中略)・・・ただ、どうしても人間の「欲」というのは恐ろしいもので、こういった本で学んでも、いざ負けが込んでくるとすっかり忘れて、ハイレバレッジのリベンジトレードなんかしてしまう。
私は、思い出すだけで5~6回はこんなことを繰り返しているでしょうか?
犬も3回怒るときちんと覚える・・・なんて言いますけど、本当に欲深い人間だと正直がっかりしています。

最近は、こういった規律を守れない人間だ・・・ということを自覚して、なるべく強制的に損切りだとかエクジットをできるような手段を選んでいます。

大げさな話ですが、たとえば「極限状態」に追い込まれると人間って本能や欲だけになってしまいます。
相場に入っている時というのは、それと少し似た「プチ極限状態」だと思うのです。
そういった時に冷静に損切りなどをできるかというと、私自身はあまり自信がありませんね。

じゃあどうする?というと明確な答が出ませんが、そういった欲を排除するシステム(イフダン注文やOCO注文)など、あるいは長男さんのように「チャートを見ない」っていうのもひとつの方法だと思います。

あるいは勝率5割をコンスタントに超え、若干の裁量を入れたとしてもリスクリワード比が高い手法を自分のものにする・・・難しいですけど、トータルで勝てると自信を持てるようなシステムを構築できれば、欲や本能があまりジャマをしないかと思います。
ですからシステムと投資心理というのは相互に密接な関係があると思っています。


結局なにが言いたい?・・・といった感じですが、太字にした部分については末っ子長男さんなどから同意を頂きました。
>システムと投資心理というのは相互に密接な関係があると思っています

正にそうだと思います。
心理面を克服するのは、トレード手法が確立していないと難しいのではないかと思うんですよね。でないと、通常は本能が勝つと思います。

 つまり、有効な売買ルール、売買システムなどを確立できれば当然心理面を克服できる。
 だからトレード手法確立が先決である・・・といったことです。

 トレードテクニックと投資心理あるいはマネーマネジメントというのは切っても切れない関係のもので、このいずれかに「弱い部分」があれば、絶対に失敗してしまうと私は思っています。
 もちろん、どこに力点を置くかといった比率があると思うのですが、私個人としてはどれも100%の重点を置きたいと考えています。

 このブログのサブタイトルには、
Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !
FXで勝利を収めるために、システム自体は30%程度しか影響しない、残りの70%はトレーダーの資質にかかっている。

というFFから引用した英文を掲げています。
 
 この文では70%・30%・・・といった異なった重点ですが、とにかくその比率はともかくどちらが欠けたとしても相場で失敗することは確実でしょう。

 いつも同じ文章を引用していますが。先物市場のテクニカル分析 のマーフィー先生は、
もし、マネーマネジメントの分野が、熟慮を要し、ジレンマと矛盾に満ち、欲求不満の残る対象であるということが理解されたとすれば大きな進歩である。生き残りに必要な基本的なルールのほとんどは、マネーマネジメントの分野にあるのだが、いまだにこの分野に関心をもつトレーダーは少ない。大半のトレーダーの関心は、むしろ、トレーディング自体にある。
 すぐれたトレーダーでも全トレードの勝率は約40%といわれるが、まったくそのとおりである。(中略)
多くのトレードが損失を生むなかで、唯一もうける方法は、負ける金額よりも勝つ金額を大きくすることしかない。

と述べています。

 さきほど、「まずは、有効なトレード手法を確立することが先決」・・・といった内容のことを書きましたけど、この「有効なトレード手法」というのは何も勝率80%のシステムを構築しよう・・・といったことではありません。

 そもそも勝率80%なんてものは特殊なリスクリワード比を設定しなければ実現不可能だと思います。
 私は、このブログでいろいろな情報商材あるいは海外のシステムを紹介していますが、どれもこれも勝率は5割から6割程度のものだと思っています。(特にイントラデイのシステムでは)
 だから、「何を使っても同じだよ!」・・・とまでは言いませんが、裁量系システムでどれかがずば抜けて良い・・・といったことはありません。
 ですからシステムを導入するような時は、マネーマネジメントについて詳細な説明がないものは避けるか、自分で確立しなければなりません。

 ですから、「有効なトレード手法」には当然マネーマネジメントといったことを考えなければいけないし、マネーマネジメントを含めて始めて「有効なトレード手法」となるのです。
 
 『MACDがゴールデンクロスして、RSIが50レベルを超え、平均足が赤から青に変わったときにロングします』といった、あくまでも一例ですが「有効なルール」があったとします。
 ただ、この後のことを詳しく説明しているシステムというものはあまりありません。
 ですから、エントリーをした後のこと・・・「条件を満たしたが急落してしまった。どこで損切りしていいか分からない」「どこで利確していいのかわからない」・・・こういったことはやはりトレーダー自身が決めていかなければならないことなのでしょう。

 先日私は、ある情報商材のセールスページを見ていると、完全な右肩上がりの収益曲線のグラフがありました。
 これはすごいっ!と購買意欲が湧いてきましたが、そのグラフの下にはこう注意書きがありました。
(このグラフはエントリー後に利益となったポイントでの結果になります)

 これには参りました!
 この商材は、そもそも有利なエントリーポイントを見いだす・・・といった趣旨のものですが、初心者がグラフを見たとしたら勘違いすると思いました。
 そこで、よせばいいのに、この作者に対して、「エントリーと同等にエクジットも重要だということはおわかりだと思います。利益時のグラフを表示してなにか意味があるのですか?これは誤解を招きます」などとメールを送りました。

 私は、「営業妨害だ。余計なことを言うな!」・・・程度のレスが来るかなと思っていましたが、この作者は、「ありがとうございます。実は○○さんのような方からのメールが来るのを待っていたのです。
あのグラフは、販売担当者が、このグラフがないと販売本数がまったく違うと言われて無理矢理載せることになってしまったのです。ですが○○さんのメールで私の中のモヤモヤが解消しました。このメールを販売担当者にそのまま送りグラフは削除してもらいます」・・・といったレスを送ってきました。

 私は、この予想していたものとは違う正直なレスを読んで、「してやったり」・・・というよりも、やはり余計なことをしなければ良かったな・・・などと思ってしまったのですが。。。(小心者です;;)

 なにか、いつものとおりとりとめのない内容になってしまいました。

 こんな記事を書いて、最後にちゃっかりとアフィリエイトをしてしまいますが・・・トレード手法・投資心理・マネーマネジメントといった分野で、私が読んだ投資書の中では、

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る


 この書籍がとても素晴らしい内容です。

 とても読みやすく、かつ理解しやすい内容です。
 「マネーマネジメントをしっかりしなさい」・・・などと私が書くよりも、この著者は、実例をあげてとても分かりやすくその重要性を説明しています。
 海外の専門書には、マネーマネジメントを重視した記述が多いのですが、その中でもこの書籍は平易かつ実践的に書かれていると思いました。
 さらに、投資心理だけではなく、具体的なトレードテクニックについても王道的で実現可能なものが紹介されています。
 アメリカのアマゾンでは、「All in One」という高評価がされていました。
 パンローリングの投資書には難しい内容のものが多いのですが、この書籍は比較的簡単に理解することができ、さらに実践的ですのでとても素晴らしいと思っています。

「この記事は冗長だけど、まあ参考にはなったよ」と思ってくれた方?は、ぜひこちらをクリックをしてください!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・チャネルからブレイクできません;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

★トレンドライン、チャートパターン、ロウソク足形状などで参考となるサイトをまとめてみました。
No Brainer Trades  (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
Drawing correct resistance and support-lines (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
daily candle chart (主にロウソク足型分析について FFスレッド)
ActionForex(Action insight)(総合的チャート分析)
これらは時々チェックすると思わぬ宝物がみつけられますよ!?

★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  それでは、またっ!

   Happy Community trading : - )

・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!
 

 
・・・PRおわり^^・・・
・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
   
2008/10/04 23:26|未分類CM:10
 先日紹介させてもらったSpudfyre's MTF The Escalator to Pips Strategyですが、私はずいぶんと可能性そして少しの手応えを感じています。

 本来は、複数時間軸のチャートを観察しなければいけない・・・これがトレンドを読む基本だと思うのですが、私は、複数のチャートを見て正確にトレンドを認識することが苦手です。。。
 どうも認識力が弱いのだと思います。
 
 また、一度に複数の通貨ペアでトレードする場合などにはあまり良い成績を残せないことが多いのです。
 ですから、ひとつの通貨ペアをとことん追求していこうかと考えているところです。

 ・・・と、私の弱点を皆さんにカミングアウトしてもどうしようもないですね!

 Spudfyre's MTF The Escalator to Pips Strategyは、そんな私には合っているシステムだと感じています。

 そしてシステムの「理論」的な部分を大切にして自分にとって見やすく、そして分かりやすいように少しだけ設定を変えてみました。

 ポン円の1時間足です。 (今日実際に見ていたのは同じ設定の30分足でした)



 この設定は、まだまだ変更する予定であくまでも暫定的なものです。
 またこの画像では隠して?しまっていますけどMACDを2本表示させています。

 このSpudfyre's MTF The Escalator to Pips Strategyがわざわざ複数時間軸(MTF)のストキャスを表示するのは、やはり大きなトレンドを意識したトレードをしよう!・・・といったことだと思います。
 このシステムを使って、4時間足のストキャスの方向性というものがとても大事なことに気づきました。

 ですから、ちょっと判断が難しかったチャート一番下のストキャスバーは4時間足と日足のものを表示させています。

 私は最近トレンドラインなどを重要視したトレードをしています。
 ただしまだまだトレンドライン一本といったことには自信がなく、オシレーター系も重要視しています。
 特に長時間軸のオシレーターは、その傾きやラインの位置などで変な表現ですが、「下位時間軸オシレーターのトレンドライン」といった感覚があります。

 まだまだ、まとまっていない考えですが、こういった考えを実現化するためチャート設定を改善していこうと頑張っています!

「おう、もっと頑張れよ!」と思ってくれた方?は、ぜひこちらをクリックをしてください!?
もっと頑張りますので。。。
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・チャネルからブレイクできません;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

★トレンドライン、チャートパターン、ロウソク足形状などで参考となるサイトをまとめてみました。
No Brainer Trades  (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
Drawing correct resistance and support-lines (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
daily candle chart (主にロウソク足型分析について FFスレッド)
ActionForex(Action insight)(総合的チャート分析)
これらは時々チェックすると思わぬ宝物がみつけられますよ!?

★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  それでは、またっ!

   Happy Community trading : - )

・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!
 

 
・・・PRおわり^^・・・
・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
   
2008/10/01 23:01|未分類CM:2

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。