とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 THV system, final editionを私は昨年11月15日にこのこの記事で紹介しました。
 この本家スレッド自体11月15日にオープンしましたので、日本のブログでは一番最初に紹介することができたことになります。
 だからなんだよ?・・・と言われてしまえば何も言えませんが、Cobraforex氏そして数人で構成されるTHVチームが協力して、完全に無償で提供する素晴らしいシステムを紹介できたことを単純に嬉しく思っています。
 無料でこれだけ完成されたシステムがあるでしょうか?
 サポートは、THVスレッドが存在する限り有効ですし、そのスレッドの中で、あらゆるアイデアが寄せられていて、今やコメント数は、9986と間もなく1万に達する勢いとなっています。
 THVシステムがアップされているフォレックスファクトリーというフォーラムは、フォーラムを利用して金儲けするだとか、何かを販売しようとするコマーシャルシステムを非常に厳しく禁止しています。
 そもそもFXというものは、当然のことですが、金儲けの世界ですから、巧みにフォーラムを利用して金儲けをしようとする人が多くいます。
 そのような場合は、管理者によってバン(排除)されてゴミ箱送りとなってしまいます。
 Cobraforex氏は、そのようなルールを厳守し、ただただ世界中トレーダーのため、そしておそらく自分自身のために様々な改良を、そのチームと共に無償で続けているのです。
 ですから、こうやって開発されたシステムを模倣して、有料のシステムとして販売することなどは下記のとおり「汚い行為」なのです。

 スレッド内、そして氏のPDFには、こう書かれています。

 I claim copyrights of the modification of the indicators and the system in its totaly,
 Dont copy this system without my written permission.

 This is freeware and I will make use of international laws if I see
 this system selling in Ebay or elsewhere. We spent endless hours,days
 and weeks on fining this system and give it away for free personal
 use,it is dirty to copy and sell the idea and work from someone else.


 私は、インディケーターの改変、そしてシステム全体についての著作権を主張する。
 このシステムを私の署名付きの許可なくして模倣しないこと。

 これは無料のシステムであり、もしこのシステムがイーベイや他の場所において販売されているのを見つけたならば国際法を適用するつもりである。
 私たちは、何時間も何日も何週間もの時間を費やして、このシステムを良くするため努力してきた。
 そうやって完成したシステムを無料で個人的使用のために発表することにしたのだ。
 第三者が成し遂げたアイデアや達成した成果を模倣したり販売することは汚い行為である


 以上、私のブログ読者からの情報によってこの記事を書きました。
 世界的に有名なフォーラムで無償提供されているシステムを改変、自画自賛しPRした上、販売するような汚く、恥ずかしいことを、この日本の中で行わないでいただきたい。
    
 閑話休題!

 THVシステムのバージョンアップではありませんが、なかなか面白い追加オプション的なストラテジーがアップされています。
 THV system, final editionの MTF indicators w manual.zip から必要なインディケーターや解説PDFがダウンロードできます。

 まずはチャートを見てください。
 ユーロドルの5分足です。 



 THVシステムは、主なインディケーターがTrixと比較的シンプルであり、それ故、裁量度が高いものとなっています。
 ですから、はっきりとした売買シグナルを見極めづらく難しく感じることがあります。
 かといって、インディケーターを増やせばいいのか・・・このへんの議論は難しくなるのでここでは省略します。。。
 このポストでCobraforex氏は、以下のように述べています。
チャート分析で一番重要なことはプライスアクションを観察することだ。
たくさんのインディケーターを加えれば、そのプライスアクションを見逃してしまうことになるだろう。
Trixは、以前述べたようにこのシステムの心臓部である。
Trixは、プライスアクションがどちらに行くのかということを、そのプライスアクションに気づく前に示唆してくれる。
MTFインディケーターは、違う時間軸でのTrixと一目雲の状態を知らせてくれる。
メインチャートでこういったことが判断できれば、より良いトレード判断ができるだろう。
私たち、THV Teamは、新しいフィルターを開発するため絶え間ない努力をしていて、それをリリースする前にバックテスト、フォワードテストを繰り返している。


 追加されたのは、Trixの状態と一目雲の状態を表すヒストグラムバーです。
 アップしたチャートでは、メインチャートが5分足、1段目が、上から5分足のfastline、同slowline、15分足のfastline、同slowlineです。
 2段目が、上から30分足のfastline、同slowline、時間足のfastline、同slowlineです。
 なお、これはパラメータ変更で、自由に表示する時間設定ができますし、オート機能もあります。

 解説によると、8つのバーの内、6つが同じ色となった時、Coralにプライスが触れた時などがありますが、もう少しシンプルに自分なりのツールが作れると思います。
 
 たとえば。。。
★ 単純に8つの色が全部そろった時だけエントリーする(これですとタイミングが遅くなりがちです)
★ 下の長い時間軸のバーが緑優勢の時(3つ以上)は、上のバーの緑が3つ揃えばロング
★ 長時間バーが赤優勢の時には、短時間バーの緑が4つ全部そろった時だけロングする
・・・などなど、上記はあくまでも一例ですが、いろいろと有効なルールが作れそうです。

※ 追記 アップしたチャートで最下段のバーはRSI バーで、これはTHVシステムのものではありません。

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・赤色のヒストグラムが8つ揃っています;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

さて、最近RSIによる分析を取りれていますが、これは、最近繰り返し熟読している書籍の影響を受けています。

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 内容的には、初心者を卒業した方、具体的にはテクニカルや簡単なダウ理論について勉強した方が対象になると思います。
 そういった意味では、しつこくリンクしている先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 陳 満咲杜氏の書籍は、為替に特化していて個々具体的に述べられているところが非常に良いと思いました。
 この書籍も、突飛なアイデア、秘密の手法などとは無縁なもので、ごく基本的なことから若干の応用を交えて説明されている王道的なものとなります。
 テクニカルを本格的に学びたいと思う方は上記2冊で相当部分をカバーできるはずです。

☆☆☆☆☆

 以下、いつものテンプレですが、もしよろしければアマゾンアフィリエイトにご協力をお願いします^^;
 おひとりの方が、サザに口座開設していただきました!本当にありがとうございました。

 ※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章(第5章)までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

 ※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!
 
信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



スポンサーサイト
2009/04/26 21:06|未分類CM:17
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 あくまでも私個人による憶測に近い予測になります。
 今日は、各国市場で開くのは、日本とアメリカだけですので、先週金曜日のような値動きになるかと思います。
 ただし、投機筋による「ちからわざ」による値動きも出やすいので注意が必要です!

 まずはポンドル4時間足です。



 ブラッドレー氏風に言うのなら、青い上昇トレンドラインがベースラインになると思います。
 この4時間足レベルで見ると、MAの3本(200/100/55)は、一応パーフェクトオーダーをなっていますが、どうも弱々しいパーフェクトぶり?ですね。
 もしエントリーするとしたら、青いベースラインまで下げ、さらにストキャスのGCそしてRSIの50レベル越えを確認してからロングしたいですね。
 ちょうど、青い縦線の状態とオシレーター類が同じようになった時がロングチャンスだと思っています。

 次にポン円の日足です。

 

 上昇チャネルを描くことができました。
 ストキャスの状態だけで判断すると、チャネル下限を目指しているように見えます。
 RSIは、ここしばらく50レベルを超えていますので強い相場で、押したとしても50レベル以下にいる期間は、ほんのわずかです。
 現状ではどちらに値が動くのか予測できませんので、ある程度予測できるレベル・・・つまりチャネル下限までプライスが達した時に判断するしかありません。
 
 ドル円日足です。



 55MAと100MAは、なかなか良い形でGCしています。
 そして200MAをプライスが既に上抜いていますので、上昇基調であることが間違いないでしょう。
 この後、200MAが水平から少しでも上向きになれば、大きな上昇相場となることが期待できます。
 ・・・で、短期予測は難しくて分かりません(爆)
 一応チャネルらしきものを描いてみましたが、まだ上が1点、下が2点しかないので信頼できません。
 赤色の短期上昇トレンドラインまで押せば戦略は立てられますが、そのレベルまでは約350pipsほど値幅があります。。。

 ユーロドル4時間足です。

 

 これは短期予測になりますが、右の赤色短期下降トレンドラインに注目しています。
 後30pipsほどしかありません。
 ここを明確にブレイクしたならベースラインとなる可能性がある青色短期下降トレンドラインまで上昇するかもしれません。
 あくまでも憶測ですが、RSIとストキャスのダイバージェンスが見られるのでこの短期下降トレンドラインはブレイクするのでは?・・・と思っています。

 いずれにしろ本日は市場参加者も少なく、閑散相場となりますので注意が必要ですね!

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・雲のど真ん中です;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

さて、最近RSIによる分析を取りれていますが、これは、最近繰り返し熟読している書籍の影響を受けています。

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 内容的には、初心者を卒業した方、具体的にはテクニカルや簡単なダウ理論について勉強した方が対象になると思います。
 そういった意味では、しつこくリンクしている先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 陳 満咲杜氏の書籍は、為替に特化していて個々具体的に述べられているところが非常に良いと思いました。
 この書籍も、突飛なアイデア、秘密の手法などとは無縁なもので、ごく基本的なことから若干の応用を交えて説明されている王道的なものとなります。
 テクニカルを本格的に学びたいと思う方は上記2冊で相当部分をカバーできるはずです。

☆☆☆☆☆

 以下、いつものテンプレですが、もしよろしければアマゾンアフィリエイトにご協力をお願いします^^;
 おひとりの方が、サザに口座開設していただきました!本当にありがとうございました。

 ※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章(第5章)までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

 ※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!
 
信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



2009/04/13 15:08|未分類CM:1
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 本日2回目の更新です!
 予測というか私の場合は思惑と言った方が良いのですが、その思惑どおりになるとすっかり饒舌になります(爆)
 反対に、予測が外れると、めっきり無口となってしまいますが、何か?

 さて、時間足レベルで観測できた下降チャネルは思惑どおり、RSIのダイバージェンスを伴ってブレイクされました。
 といっても、ほんのチョビッとですが。。。

 時間足です。



 ブレイクされても、ぐんぐん勢いがついて上昇していく・・・といったことはなかったのですが、一応、現時点ではブレイクは完成したと言ってもよいでしょう。
 セオリーですと、ブレイクしたチャネル幅程度の上昇(約100pips)を見込めるということなのですが。。。
 RSI はダイバージェンスを示し、またチャート下部の青帯のゾーンから頭ひとつ上抜いてきました。
 実は、今日の午後の下落途中に、日足以下の14期間RSIが全て50レベル以下となったので、「これは大幅な下落になるな」・・・と思ったのですが、5分足、15分足と順番に50レベルをオーバーしていきました。
 こういった観測は、先日紹介したRSIバーというツールがとても役に立ちます^^;

 15分足です。



 ダイバージェンスの後、ある程度上昇し、さらに逆三尊型となりました。
 まあ15分足レベルなので信頼性は?でしたけど、そのネックラインをブレイクしたところでロングしました。
 その後、チャネルをブレイクし上昇しましたが、ちょっと大きな戻しで32pipsでエクジット、また現在は再度ロングしていて20pipsほどの利が出ているのでストップをブレイクイーブンに移動しました。

 まあこれだけライン分析中心でうまくいくことはあまりなく、感覚的には、6~7割くらいかなと思っています。
 ただ先日の日足分析のように、ライン分析が機能しなくても、その根拠がなくなるとすぐにロスカットするといったことで十分対応ができます。
 またライン分析だけで予測できればそれにこしたことはありませんが、そのフィルターとしてオシレーターはとても強い味方となってくれます。
 ライン分析で騙される時は、オシレーターでも騙されることがほとんどです。
 よくストキャスは天井圏・・・つまり買われすぎゾーンにあってセオリーなら売りなのに、プライスはどんどん上昇してしまう・・・だからオシレーターなんて・・・といったことが書かれているのを目にします。
 しかし、これは単にストキャスの使い方、性質を知らないでものを言ってることを露呈しているにすぎません。
 ストキャスを良く知っていれば、なんでもかんでも80レベルでショートすることがいかに無謀なことは明白なことなのです。。。
 これはストキャスに限らず、もちろんRSI など、一般に売られすぎ・買われすぎを示すオシレーター系に共通して言えることです。
 このへんのところは、ぜひテクニカルのある程度専門的な参考書・・・私がアフィリしている陳 満咲杜さんの書籍、あるいは伊藤 智洋さんの書籍などを読むとよく分かります!

 さてユーロドルは、このまま順調に上昇してくれればデイリーピボット1,3305に到達してくれると目論んでいるのですが・・・どうなることやら、まあ相場次第ですけどね^^;

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・雲のど真ん中です;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

☆☆☆☆☆

 以下、いつものテンプレですが、もしよろしければアマゾンアフィリエイトにご協力をお願いします^^;
 おひとりの方が、サザに口座開設していただきました!本当にありがとうございました。

 ※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 さて、最近読んだ書籍です。 (★皆様のご協力でアマゾンポイントが貯まり、実家に花粉対策の空気清浄機を買ってあげることができました(笑)ご協力ありがとうございました!)

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 作者の前作は、書店で立ち読みしただけでしたが、こちらは購入しました。
 一読、とても良い内容です。
 この作者に関しては、すこし変則的なテクニックを駆使するひとなのかな?・・・などと思っていましたが、それは間違いで正当派・・・というよりもダウ理論を中心としていわゆる古典的分析が主でした。
 少し前の実際のFXチャートを例としているので分かりやすいかと思います。
 ただ、少しだけ難易度が高い・・・つまり本当の基礎的部分については割愛しているため初心者レベルを卒業した方に勧められる書籍だと思います。
 意外と、日本の書籍で体系的にチャートパターンなどを詳説したものは少なかったのでこの本は貴重なものだと言えます。

 実は、私としては、いつも紹介していますが、
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 こちらを推薦したいと思います。
 特に第1章から第8章までは、トレードに使う使わないは別としてマスターすべき必修事項だと思います。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

  また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 エリオット波動についても最低限、ここに書かれている程度の知識をクリアする必要があります。

 ※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!
 
信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



2009/04/08 22:37|未分類CM:5
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 おはようございます! 
 自宅休養のおかげで、昼間のまったりした時間帯に相場観察ができています^^;
 通常はトレードに適さない時間帯かもしれませんが、午前中に一波くらい、そして午後2時くらいからも小さな波が来たりしますね。
 
 さてユーロドル時間足でチャネルが形成されています。

 1時間足です。



 このチャネルは、そろそろ終わりに近いかもしれません。
 今は3つの山を登っている状態、そして下降すれば3つの谷を下ることになるので、3sisterあるいは 3indiansと呼ばれるカタチが完成しそうです。
 そしてその後は、このチャネルを離れてどちらかにブレイクする・・・というのが一応セオリーです。
 これはエリオット波動論などが根拠のようですが、私はあまり詳しくありません。。。

 5からの下りを取れれば御の字でしょうか?
 一応、少し前にTrendRiderのシグナルでショートしています^^

 まあ、短期予測ですし、気持ち的には、それほど下げないのではないか?・・・なんて身勝手な感覚もありますが、どうなるでしょうか?
 また結果などについては追記するか、新記事で書く予定です!

 ★ 記事を書いている途中、電話に出ていましたら、既にかなり下げてしまいました。。。こんなことならもっと早く記事をアップしてたら・・・残念!

※ 追記 比較的順調に下げましたが、1.3200と、特にピボットS2の付近でしつこく、ぐずついてしまいましたので62pipsで利確しました。
 
 時間足です。
 


 今後は、さらに下げシグナルが整ったら再度チャネル下限を狙ってショート、逆にチャートに青矢印で書いたようにチャネルを上にブレイクしたなら短期上昇狙いでロングしたいと思っています。
 私がもし、ロンドンの投機筋であったら、チャネルブレイクをしかけ上昇させるか、またはダマシのブレイクを演出して、再度激下げに持っていくか、あるいはチャネル上限まで上げ再度ここで反落させる・・・まあ素人が考えるシナリオは、そんな程度ですね^^;

※ 追記2
 15分足と時間足のRSI 14でダイバージェンスが観察できます・・・が、15分足レベルでは、まあまあですけど時間足での大幅上昇は、まだありません。
 ダイバージェンスシグナルは、ちょっとした時間差で上昇(下落)することもありますので、もう少し観察してみます。

 左が15分足、右が時間足です。




 ☆☆☆ 以下、いつものテンプレですが、もしよろしければアマゾンアフィリエイトにご協力をお願いします^^;
 またおひとりの方が、サザに口座開設していただきました!本当にありがとうございました。

 ※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 さて、最近読んだ書籍です。 (★皆様のご協力でアマゾンポイントが貯まり、実家に花粉対策の空気清浄機を買ってあげることができました(笑)ご協力ありがとうございました!)

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 作者の前作は、書店で立ち読みしただけでしたが、こちらは購入しました。
 一読、とても良い内容です。
 この作者に関しては、すこし変則的なテクニックを駆使するひとなのかな?・・・などと思っていましたが、それは間違いで正当派・・・というよりもダウ理論を中心としていわゆる古典的分析が主でした。
 少し前の実際のFXチャートを例としているので分かりやすいかと思います。
 ただ、少しだけ難易度が高い・・・つまり本当の基礎的部分については割愛しているため初心者レベルを卒業した方に勧められる書籍だと思います。
 意外と、日本の書籍で体系的にチャートパターンなどを詳説したものは少なかったのでこの本は貴重なものだと言えます。

 実は、私としては、いつも紹介していますが、
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 こちらを推薦したいと思います。
 特に第1章から第8章までは、トレードに使う使わないは別としてマスターすべき必修事項だと思います。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

  また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 エリオット波動についても最低限、ここに書かれている程度の知識をクリアする必要があります。

 ※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・雲のど真ん中です;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。


  
2009/04/08 09:28|未分類CM:2
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 こんばんは、あいかわらず外出もできないため、一日中PCにかじりついています。。。
 先日、私はユーロドル予測という記事で、基本上昇基調であるが、 
 ・ 月足の上昇トレンドライン
 ・ 日足の下降トレンドライン
 ・ 日足200SMA
のレジスタンスが強いだろう・・・旨の予測をしました。
 あの記事を書いた後にロングで利益を得ましたが、その後の値動きは、かなり弱さを示しています。(といっても短期的にはですが。。。)

 4時間足です。



 まず上にあるチェックマークのところは、下降トレンドライン、短期の上昇トレンドラインのどちらかで値が反発上昇すると思いましたがあっさり下抜けていきました。
 そして日足でも観測できる中期上昇トレンドラインもチェックマークのところで、少しだけ抵抗しただけでブレイクされてしまいました。
 こうなるとしばらくは弱い状態が続くのかなと思っています。

 15分足です。



 かなりごちゃごちゃのチャートです^^;
 青い帯のところは、いわゆる保ち合い(継続パターン)でしたので、この下方へのブレイクを狙っていました。
 するとチェックマークのところでブレイクしたので、すかさずショート・・・しましたが、これはエントリーと同時くらいに上昇してしまいました;;
 気を取り直して、またべったりとPCに張り付いていると、2回目のブレイク(矢印ポイント)でショートし、これはピボットR3まで達して3桁の利益となりました^^
 その後、しばらく戻しましたが、また虎視眈々とショートチャンスを狙っていました。
 すると、右側の矢印でほんの短い上昇トレンドラインを割り込んだのでカウンター的にショート・・・しましたが、すでに相場は力を使い果たしてしまったのかもしれません。
 一時、10pips以上の利益となりましたが、現状(23:17分)には、マイナス10pipsほど逆行してしまっていますので、まもなくロスカット予定です;;

 このように(・・・って、どのように?)、罫線分析の場合は、思惑が外れることも多いのですが、その根拠が失われた時には撤退しやすいというメリットもあります。(いつも思惑が外れたらメリットどころじゃないですけど。。。)
 さて、すっかり夜型人間になってしまったので、もう少し頑張ってチャンスがあればと、しつこく粘ってみます!

以下、いつものテンプレですが、もしよろしければアマゾンアフィリエイトにご協力をお願いします^^;
 またおひとりの方が、サザに口座開設していただきました!本当にありがとうございました。

 ※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 さて、最近読んだ書籍です。 (★ 皆様のご協力でアマゾンポイントが貯まり、実家に花粉対策の空気清浄機を買ってあげることができました(笑)ご協力ありがとうございました!)

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 作者の前作は、書店で立ち読みしただけでしたが、こちらは購入しました。
 一読、とても良い内容です。
 この作者に関しては、すこし変則的なテクニックを駆使するひとなのかな?・・・などと思っていましたが、それは間違いで正当派・・・というよりもダウ理論を中心としていわゆる古典的分析が主でした。
 少し前の実際のFXチャートを例としているので分かりやすいかと思います。
 ただ、少しだけ難易度が高い・・・つまり本当の基礎的部分については割愛しているため初心者レベルを卒業した方に勧められる書籍だと思います。
 意外と、日本の書籍で体系的にチャートパターンなどを詳説したものは少なかったのでこの本は貴重なものだと言えます。

 実は、私としては、いつも紹介していますが、
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 こちらを推薦したいと思います。
 特に第1章から第8章までは、トレードに使う使わないは別としてマスターすべき必修事項だと思います。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

  また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 エリオット波動についても最低限、ここに書かれている程度の知識をクリアする必要があります。

 ※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・雲のど真ん中です;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。


  
2009/04/07 23:26|未分類CM:0
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 あまり訳のわからない駄小説など書いていると、すっかり皆さんにそっぽを向かれてしまいそうなので。。。フツーの記事を書きます(爆)

 1月27日の記事で紹介しましたTrend rider & reversal 3ですが、やはりこのシステムはなかなかのものです。

 本家スレッドから借用してきた画像です。



  このトレンドライダーは、バーインディケーターによる「色合わせ」的な要素があり、さらにインディケーターの数も多いので、本格派にとってはあまり好みのチャートではないかもしれません。。。
 ただ実際に使ってみると、意外と判断がしやすく、さらにトレンドに乗れさえすれば利益も伸ばすことが可能です。(まあ、他のシステムでもそうですけど^^)
 
 このシステムでは、作者のLeo_BR氏が、「そのうち解説PDFを作ってやるから待ってな!」などとコメントがありましたが、それ以来、時々スレッドをチェックしていますが、氏による新たな書き込みは現在のところありませんね。。。

 ただ上記チャートに書かれた説明でも充分かと思います。
 インディケーターの判断では、基本、全色青色だったらロング、赤色だったらショートです^^
 そしてストキャスなども組み込まれているので、細かく利を刻む、あるいはロスカットしていけばスキャル的な使い方もできます。
 メインチャートでは、短期2本のMA、中期2本のMAがありますから、その関連性でもエントリー判断ができます。

 ところで、私は、このシステムを少しだけ改良(改悪?)してみました。
 良くなったか悪くなったのか分かりませんが、要は自分で使いやすいようにしただけです。。。

 左がトレンドライダー15分足、右が昨日分析した1時間足チャートです。



ご覧のとおりメインチャート部分は、ずいぶんと変更しました。
200・100・55の各MAそして、短期と長期のグッピーを表示させて、いわゆるパーフェクトオーダーあるいはそれに近い状態となった時にグッピーの状態を見てエントリーするようにしています。
 このチャートは、昼間にキャプチャーしたものですけど、この時には15分足がパーフェクトオーダーとなっていました。

 インディケーターは、上段のRSIをMACDに変更しました。
 またバーインディケーターの一番下は、RSI バーに変更し、さらにその下に14期間RSIを表示しています。
 どちらのRSIも同じパラですが、やはりライン表示のほうが細かな判断ができますね。
 バーの場合は、上昇中なのか下降中なのか判断できません、(判断出来ない方が良かったりしますけど^^)

 グッピーは、視覚的に分かりやすいですね^^
 この青線の束と赤線の束がごちゃごちゃこんがらがっている時は、様子見が安全だと思います。
 
 23時時点の15分足チャートです。



 一応まだ中長期MAはパーフェクトオーダー状態です。
 しかしグッピーは、ごちゃごちゃですね。。。(青い帯のところ)
 こういった時は、やはりしばらく様子見が良いと思います。
 私は、青色グッピーが赤色グッピーをほぼ完全に抜けたところでショートしましたが。。。
 まあ中長期的には逆バリ的なエントリーになっています。
 慎重にトレードをするのであれば、再度、カタチの整ったパーフェクトオーダーになるのを待つか、あるいは逆にショート方向へのパーフェクトオーダーを待つといったことも考えられます。(ちょっと時間がかかりそうですけど。。。)

 このチャート設定は、昨日時間をかけて考えましたが、まだまだ不完全で改良余地がたくさんあると思います。
 また15分足チャートだけではなく時間足、4時間足の状態も参照しなければいけませんね!
 なかなか難しいものです。
 後はいろいろ試して欲しいと思っていまス・・・(モノマネ^^)

※ 追記
 RSI バーは、このページの#49を使用しています。
 また、チャート右下にあるツールについては、4時間足から1分足までのRSI の状態を示すモノです。
 けっこうこの動きを見ていると面白く、まあまあトレンドの状態が把握できるので重宝しています。
 これは、このページの#20からDLできます。
 なおふたつともFOREX-TSDというサイトのフォーラムですから、メンバー登録をしないとDLできません。
 サイト左上にあるRegisterから登録できまスよ^^) 

 以下、いつものテンプレですが、もしよろしければアマゾンアフィリエイトにご協力をお願いします^^;
 またおひとりの方が、サザに口座開設していただきました!本当にありがとうございました。

 ※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 さて、最近読んだ書籍です。 (★ 皆様のご協力でアマゾンポイントが貯まり、実家に花粉対策の空気清浄機を買ってあげることができました(笑)ご協力ありがとうございました!)

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 作者の前作は、書店で立ち読みしただけでしたが、こちらは購入しました。
 一読、とても良い内容です。
 この作者に関しては、すこし変則的なテクニックを駆使するひとなのかな?・・・などと思っていましたが、それは間違いで正当派・・・というよりもダウ理論を中心としていわゆる古典的分析が主でした。
 少し前の実際のFXチャートを例としているので分かりやすいかと思います。
 ただ、少しだけ難易度が高い・・・つまり本当の基礎的部分については割愛しているため初心者レベルを卒業した方に勧められる書籍だと思います。
 意外と、日本の書籍で体系的にチャートパターンなどを詳説したものは少なかったのでこの本は貴重なものだと言えます。

 実は、私としては、いつも紹介していますが、
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 こちらを推薦したいと思います。
 特に第1章から第8章までは、トレードに使う使わないは別としてマスターすべき必修事項だと思います。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

  また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 エリオット波動についても最低限、ここに書かれている程度の知識をクリアする必要があります。

 ※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・雲のど真ん中です;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。


  
2009/04/06 23:11|未分類CM:4
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


=============================

【FX駄小説】 情報商材販売人 後編

「システムマンさん。私はこれからこの『特殊相対性理論スキャルピングメソッド』略して、TSMの深い部分までご説明します。しかしこの情報をけっして他に漏らさないでください。また得意のパクリであなたのブログで紹介したりすることも厳禁です。その場合は著作権侵害として提訴することとなりますので」
「あー、なんですか。得意のパクリって!私は他人のシステムを紹介していますけど決してパクリなんてしてませんよ。。。しかも著作権って、誰にあるんですか?アインシュタインはすでに死んでるでしょ」
「そう、死人に口なしということで今の著作権は、わたくし為替太郎がAll rights reservedとなっています」
「お、いい発音ですね。まあ法律的に問題がなけりゃ私には関係ないことで。。。」
「やっと分かってくれましたか。それではこれからシステム内容について説明します。システムマンさん、アインシュタインの最も有名な定理をご存じですか?」
「えっ、それはさっき言った複利のことですか、えーっと複利とは、確か元本に利子を組み入れていくってことだから・・・」
「はい失格、システムマンさん、そんなことじゃなくて特殊相対性理論の定理のことを私は聞いているのですよ」
「えっ、私は複利投資法も特殊相対性理論の一部だと思っていましたが。。。」
「うーん、これは思ったより時間がかかりそうですね。システムマンさん、あなたE=mc2という有名な式はご存じないのですか?」
「あっ、それなんか記憶がありますよ。テレビ番組で見たような気が」
「あっやっと話がかみ合ってきましたね。この等式は実はアインシュタインがFXスキャルピングのため考案したものなのです!」
「うーん、これは本格的で期待ができますね。なんかワクワクしてきましたよ」
「ところでこの等式のEは何を表しているのかお分かりですかな?確かあなたは英語をほんの少し分かるのが自慢だったのでは?」
「いや自慢はしてないはずなんだが。。。えーとEですよねえ。これはFXのことですから、あっ分かった!equityエクイティーつまり資産とか資本とかじゃないですか?」
「惜しいっ!別にそれでもいいのですが、ここではENのE・・・つまり円ということにしときましょ」
「あれっ、なにかかなりいい加減ですね。しかも通常円はyenと表記されますよね」
「システムマンさん。またあなたの悪い癖が出てしまいましたね。いいですか。この相場の世界の中で生き抜くには、変な理屈や無用の疑問などを持ってはいけないのですよ。しかもこの等式は左辺など特に重要じゃないんですよ。このmc2という右辺にこそ聖杯が隠されているのですよ。あなた学習するつもりはあるのですか。私はもうあきらめて帰ってもいいんですよ」
「待ってください!ごめんなさい。私が悪かったです。。。帰らないで、せめてその右辺にある聖杯を教えてください」
「まああなたがそこまで言うのならもう少し頑張ってみましょう。さてmc2ってのはなんのことだか分かりますか?」
「ええっと、MC、MCの二乗・・・もしかしてマージンコールを2回くらってしまうとか・・・」
「・・・ほんとに私は帰りますよ。。。聖杯をマージンコールだなんて。これ以上、時間がかかると私は秩父に帰れなくなってしまいますから説明を急ぎます。MCといえば、いわゆるマックです。マックと言えば・・・」
「ビッグマッ・・・」
「はいはい、そうくると思いましたよ。もう無視して進めます。マックと言えば、あなた、マックディーつまりMACDのことですよ」
「えーっ、MACDって普通すぎませんか?それにMACDはごく最近外国人の女性が考案した指標だと読んだことが・・・」
「さっきも言ったでしょ。相対性理論とMACDのどちらが高等な理論だと思っているのですか?アインシュタインレベルだと、もうとっくの昔にMACDなどは駆使していたんですよ。彼は当時既にQQEなんてテクニカルも使っていたという文献も残っているのですよ!」
「なるほど、そう言われればMACDなんて、移動平均を2つ組み合わせただけみたいものですからね。そんなのアインシュタインにかかればお茶の子さいさいってことですね。ところでmc2の二乗はどういった意味なんですか?」
「おお、さすが良いところに気づきましたね。実は、この二乗には深い意味がないんですよ。まあ強いて言えばMACDを2回観察して間違いのないようにしなさいというアインシュタインのメッセージと捉える程度でいいでしょう」
「・・・二乗にメッセージを残したと言うことなんですか。。。」
「はい。ところでこのTSMのプログラムをフロッピーに入れてきましたのでシステムムマンさんのPCで走らせてみましょう」
「えっ、今時フロッピーですか?ちょっと待てください、昔のフロッピードライブを探してみますから。。。お、あったあったどれどれ貸してください。はいインストール完了しました。あれこれって12・26・9の普通のパラのMACDだけじゃないですか」
「システムマンさん、あなたのブログを見るとあまりにも複雑なチャートを使いすぎています。このくらいシンプルなものが逆に利益につながるのですよ」
「うーん。これが特殊相対性理論スキャルピングメソッドですか~」
「はい、そうです。略すとTSMですけどね」
「・・・」

「システムマンさん、あなたなにか不満そうですね」
「あっ、いやいや何とか大丈夫です」
「そうですか、それなら良かった。今日は初対面なのでここまでにしましょう。弊社のシステムは他に、『どんでん返し下克上FX』、『トレンドアゲインスト・フォーリングナイフスイングトレード』、『邪馬台国発見スワップトレード』などなどをラインナップしております」
「ええ、ええ、わかりました。ところで為替太郎さん、スイーツとまではいきませんがミカンでもいかがですか。それと先ほどのTSMを購入させていただきますよ。おいくらですか?」
「えっ、本当ですか。あれは当社自慢の商品なんですよ。定価は18万円するのですが、今だけの特価1,980円となります。なお今後大幅値上げを予定しています」
「意外と安いんですね。じゃあその価格で買わせてもらいます」
「ありがとうございます。最近は妻のパートが我が家の支えでしてね。。。私なんか肩身が狭い思いをしていまして。。。」
「ところで為替太郎さん。もうこんな時間になってしまいました。駅まで車でお送りしますよ。」
「ほんとにほんとにありがとうございます。私は毎日かかさずシステムマンさんのブログランキングをクリックしています。これからも頑張ってください」
「それはそれは。じゃあ今度は『どんでん返し下克上FX』でも検討してみますよ」
「ああ、あれは弊社の最新システムですよ。とにかく負ければ負けるほど、最後に大きな勝ちがやってくるという素晴らしいシステムです。そのかわり逆境に屈しない強靱な精神力が要求されますけど。主なロジックとしては・・・」
「う~ん。なんとなくどんなものか予想できるシステムですね・・・為替太郎さん、今日はこのへんにしときましょ。ミカンも持っていってください。さあ早いところ車に乗ってください。。。」

「やあー、システムマンさん、ご立派な車に乗ってますなあ。弊社の社用車は、まだ自転車ですよ。あっはっは。まあ私と妻用に2台所有していますけどね」
「ええ、この車はFXのもうけで買ったんですよ。といっても頭金だけですけどね。あははは。ところで為替太郎さんのトレード成績はいかがですか?」
「いやいや、私は一切投資なんてやらないんですよ。なんか矛盾しているようですが、システムを考えたりすればするほど、こりゃちょっとやそっとじゃ儲けることなんてできないな・・・なんて思ってしまってね。それにこうやって地道に商材販売をしていれば少なくとも損することはないですし。。。あっ、これはオフレコですよ」
「あははは。もちろん大丈夫ですよ。ところでこんな時間だと電車に乗って帰るのも大変でしょ、お宅、いや為替太郎さんの本社まで送っていきますよ。ちょうどドライブでもしようかなと思っていましたし」
「えっほんとですか。それはほんとに助かります。でも時間がかかりますよ」
「ええ、大丈夫ですよ。ところであなたと私はなんだか気が合いそうですね。道中、FXの話でもゆっくりしましょう」
「ああ、それは楽しいですね。。。じゃあ、先ほどの、特殊相対性理論スキャルピングメソッドなんですが、実は、まだシステムマンさんに明かしていない秘密のロジックがあるのですよ。どうですか聞きたいですか?」
「ええ、ええ、ぜひお聞きしたいですね。これは楽しいドライブになりそうだな!」
「はい。システムマンさん。できるだけゆっくり走ってくれませんか。この驚愕のロジックを説明するのは時間がかかりますから」

「はい、もちろんいいですよ。急いでも、いいことなんてひとつもありませんからね。そう、FXにしろ人生にしろ。。。今まで私は急ぎすぎました。これからはスローですね。そうなるべくゆっくり、ゆっくりと。。。」
「そうですね、私も同じ気持ちですよ・・・。」
「・・・。」

「あっ、システムマンさん。スローと言えばスローストキャスティクスなんですが・・・・・・。いやいや、やめておきます。それよりも私の妻の話を聞いてくれますか。」
「はい、ぜひ聞きたいですね」
「妻とは高校の演劇部で一緒だったんですよ。ぽちゃっとした小柄な子で、三つ編みにしていました、目がクリクリッとしていましてね。。。ええ、ええ、当時はとても素直な子だったんですよ。あれは2年生の文化祭の時のことでした・・・。」
「はい。どんな楽しいことがあったのですか?ぜひ続きを聞かせてください・・・。まだまだ時間はたっぷりとありますから。。。」

(情報商材販売人 後編了)

=============================

 駄小説を最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
 あまり面白くなかったと思いますが。。。
 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「う~ん。一応最後まで読んだよ。ビミョーだけど、まあまあかな。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・雲のど真ん中です;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!) 
2009/04/06 22:11|短編小説CM:4
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


=============================

【FX駄小説】 情報商材販売人 前編

「やあ、こんにちは!あなたが噂のシステムマンさんですか。こうやってお会いできるのを楽しみにしていましたよ」
「おいおい、いきなりなんだよ。こんな日曜日に勝手に訪ねてきて。あんた何者だ。それよりなんで俺の家が分かったんだよ」
「そうそう。自己紹介が遅れました。私は全関東投資アドバイザー協会の為替太郎と申します。あっ、もちろん芸名ですけどね。あっはっは」
「おい馬鹿にしてんのか!なにが為替太郎だ。なんであんたに芸名なんかあるんだよ。芸能人か、あんた」
「いえいえ、私もこの仕事のプロですから、その心意気をお客様に伝えたいのですよ。どうか分かってくださいよ」
「なに言ってるんだか全然わからん。まあどうでもいいけどあんたの用件はなんなんだ」
「その言葉を待ってました。じゃあ、ちょっと上がらせて頂きます」
「おいおい、なんだ勝手に上がり込んで。あっ、勝手にソファーに座るなよ」
「まあまあ、システムマンさん。そんな度量では為替の世界では負け組となってしまいますよ。そもそもあなたのブログをかなり前から読んでいますけど、どうも根性がないというか、度量が小さいというか、一貫性がないというか・・・」
「おいおいおい、あんた勝手に人の家に上がり込んで、なんでいきなり俺のブログ批判を始めるんだよ!」
「まあまあ落ち着いて、システムマンさん。あなたのそういったすぐ感情的になるところも投資技能がなかなかレベルアップしない原因のひとつなんですよ。ほら、よく言うじゃないですか。投資は、詰まるところマインドだってね」
「う~ん。あんたにそう言われてみると確かに思い当たるとこがあるかもしれんな」
「そうでしょ。私はそういったシステムマンさんのお力になれればと思いはるばる秩父からやってきたのですよ。そういえばあまりの長旅で喉が渇きましたねえ。麦茶でもあればなあ」
「あっ、これは失礼した。あいにく麦茶はないが爽健美茶ならあるのでちょっと待ってください」
「こりゃこりゃどうも。いや~冷たくておいしいですよ。あっ、これでお茶請けでスイーツでもあれば最高ですがね。あっはっは」

「・・・。ところで為替太郎さん。あなた名刺かなにかお持ちですか」
「や、こりゃ失礼。え~と、ちょっと待ってくださいね、おっここにあった。
はい、どうぞ」
「へ~。全関東投資アドバイザー協会(株)代表取締役社長さんですか。これはこれは失礼しました。本社は、秩父市芋掘字藪之中300番地平和荘5号室・・・失礼ですがアパートの一室が本社なんですか?」
「そう思われるのもしかたがないでしょうね。実は・・・大きな声では言えませんが、弊社の営業成績の伸びがあまりにもすごいためちょっと人目につかないようにしているんですよ。ここは私の住まいでもありますから、いわゆる職住一致というやつでね。妻が家事とスーパーのパートをしながら弊社の専務をしています。そうそう妻とは高校時代の演劇仲間なんですよ。当時の妻は、三つ編みにしてましてね、目がクリクリっとしてとても可愛かったんですよ。あれは2年生の時の文化祭でした。私が・・・」
「ちょっと待った!見ず知らずのあなたの思い出話なんか聞きたくありませんよ。早く用件を私に話してもらえませんか!」
「ほら~、またせっかちな面が露呈しましたね。いいですか、相場は待つこと、これが大事なんです。獲物を狙うライオンのようにじっとジャングルの中で微動だにしない。そしてチャンスが到来したら一撃で・・・こういったことができなければいけないんです」
「うーん。あなたのたとえは説得力があるなあ。ところで私に何かうまい話でも持ってきてくれたのですか」

「はい、それではそろそろ本題に入りましょう。今日はシステムマンさんのブログを詳細に分析して数種類の投資システムをお持ちしました。ただこれは世にある情報商材なんかのインチキ品とはまったく違いますよ。レベルが違います。普通は公開なんかしないもんです。私はシステムマンさんだからこそ特別にお教えしようとやってきたのです」
「ええっそうなんですか。なんて素晴らしい方なんだ。早くそのシステムを教えてください」
「まあまあ落ち着いて。それでは、まず始めにこれなんかどうですか?商品名は、『特殊相対性理論FXスキャルピングメソッド』と言う素晴らしいシステムです」
「えっ、特殊相対性理論って、まさかあのアインシュタインの?うん待てよ。。。アインシュタインの時代にも為替は存在していただろうけど、まさか為替システムが」
「システムマンさん、あなたはまだまだですね。いいですかアインシュタインは、『人間の発明した仕組みで最も驚くべきは複利』という有名な言葉を残しています。これが今ではFX情報商材のセールスページにある、『もし複利で運用したら6ヶ月で1億達成・・・』という理論の礎になっているのですよ。なんとアインシュタインは、現代のFX情報商材市場まで既にお見通しだったわけなんですよ!」
「それはすごいっ!ところでその『特殊相対性理論FXスキャルピングメソッド』っていうのを早く教えてください。なぜ特殊相対性理論とスキャルピングがつながるのかに興味があります。あっ、でもアインシュタインの時代にそもそもスキャルピングって手法があったのですか?」
「さすがシステムマンさん、興味の方向が鋭い!・・・あなた相対性理論とスキャルメソッドを較べれば、どちらが単純かわかりますか?アインシュタインにかかれば、スキャッとさわやかスキャルピングというくらいに楽勝に決まっているじゃないでしょうが」
「う~ん。為替太郎さん、ダジャレですか。。。でもあの相対性理論を考えた人に不可能はないような気もしますよ」
「そうです。アインシュタインは、『人間の発明した仕組みで最も驚くべきは複利で、その次はスキャルピングだ』とも言っていた・・・ような気がします」
「それは初耳ですが、確かに彼の言葉のような重みが感じられます。ところでこのシステムのロジックを教えてください」
「残念ながらこのシステムはロジックを公開していないんですよ。ただ申し上げられるのは、特殊相対性理論における何らかの法則を組み込んだシステムと言われています」
「あ、言われていますってなんか他人事みたいな感じですね。まあ私が難しい理論を聞いてもしょうがないので。まあ、あのアインシュタインが開発したスキャルメソッドなら信頼できます!・・・ところで具体的なエントリー基準とかを教えてくれませんか」
「はい、それなら簡単です。ただ実際にご購入していただかないと詳細についてはお話できませんねえ」
「うんうん、分かってる。それって情報販売の基本ですからね。私だって商材フリークですからよく知ってますよ」
「じゃあ・・・そのサワリだけでも。いいですかよく聞いてくださいね・・・。」

(情報商材販売人 前編了 つづく)

=============================

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「う~ん。ああ続きを期待しているよ。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・雲のど真ん中です;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!) 
2009/04/06 19:41|短編小説CM:0
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 おひさしぶりです!
 まだ自宅休養が続いていますが、かなり体調を戻してきました。
 まもなく自転車通勤が必ずできる・・・と確信して頑張っています!

 実は、ブログ復帰後、最初の記事はなにか有益な情報を・・・と考えていて、いつものように海外フォーラムを彷徨ったり、情報商材を物色したり・・・などをしていましたが、特にここで記事にできるようなトピックはありませんでした。。。

 そこで、まあ無難なところで?、ユーロドルの分析をしてみます。
 なお、ポンドル、オージードルなどのペアもこの分析とほぼ同様となっています。

 さっそく月足です。



 ちょっとゴチャゴチャしています。。。
 この月足は、既になんどもアップしていますのでご存じの通り、長期トレンドラインをブレイクし、その直下で行ったり来たりと謎の?動きをしています。
 長期派の方は、ショートポジションを持続したいところでしょうが、おそらくこの値動きだと既にポジションを手じまって様子見となっているかもしれません。

 次に日足です。 



 日足を見ると、ダブルボトム、強気のダイバージェンスなどから、「これは反転の力が強いな」と判断でき、実際、ここのところは堅調な値動きとなっています。
 しかし、プライスの上に待ちかまえるのは、
 ・ 月足の上昇トレンドライン
 ・ 日足の下降トレンドライン
 ・ 日足200SMA
 ・ 日足レベルの前回高値
があって、かなりの激戦地帯となっています。

 日足の拡大表示です。



 緑の帯付近は、強い抵抗帯となることが予想できます。

 ちなみに、日足200SMAブレイクの攻防戦は激しくなることが多いようです。
 それだけトレーダーに意識されているということですね。
 もちろん、あっさりとブレイクしてしまうこともありますが。。。それには何か強い材料などが必要なのかもしれません。

 同じく日足です。



 これは、昨年のチャートですが、200SMAを完全にブレイクし上昇トレンドに移行するまで、1月中旬から4月初旬までという約3ヶ月弱の期間を要しています。
 今回がどうなるか分かりませんが、上昇トレンドと判断するには、何度かのリテストや、200SMAと中期MAのGCなどを確認する必要があると思います。

 時間足です。



 フラッグの状態です。

 

 短期の下降トレンドラインをブレイクしたと言えるでしょうか?
 数本前の足から、この下降トレンドラインをブレイクしようとして力尽きて?います。
 私は、もう少し様子を見たいと思います。
 ただフラッグ型という継続パターンにも見えますね。(ピンクの塗り潰し部分)
(※追記 画像アップ後によくみたらフラッグは既にブレイクしているようです。最近の高値を基準にして描画してしまいました。。。)
 このフラッグをブレイクするか、あるいはごく短期の緑色上昇トレンドラインがサポートとなったところでロングをしてみたいと思っています。。。これはそう時間がかかりそうではないですね。もしかしたら週明けのギャップがあるかもしれませんし。

 以下、いつものテンプレですが、もしよろしければアマゾンアフィリエイトにご協力をお願いします^^;
 またおひとりの方が、サザに口座開設していただきました!本当にありがとうございました。

 ※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 さて、最近読んだ書籍です。 (★ 皆様のご協力でアマゾンポイントが貯まり、実家に花粉対策の空気清浄機を買ってあげることができました(笑)ご協力ありがとうございました!)

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 作者の前作は、書店で立ち読みしただけでしたが、こちらは購入しました。
 一読、とても良い内容です。
 この作者に関しては、すこし変則的なテクニックを駆使するひとなのかな?・・・などと思っていましたが、それは間違いで正当派・・・というよりもダウ理論を中心としていわゆる古典的分析が主でした。
 少し前の実際のFXチャートを例としているので分かりやすいかと思います。
 ただ、少しだけ難易度が高い・・・つまり本当の基礎的部分については割愛しているため初心者レベルを卒業した方に勧められる書籍だと思います。
 意外と、日本の書籍で体系的にチャートパターンなどを詳説したものは少なかったのでこの本は貴重なものだと言えます。

 実は、私としては、いつも紹介していますが、
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 こちらを推薦したいと思います。
 特に第1章から第8章までは、トレードに使う使わないは別としてマスターすべき必修事項だと思います。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

  また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 エリオット波動についても最低限、ここに書かれている程度の知識をクリアする必要があります。

 ※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・雲のど真ん中です;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。


   
2009/04/05 00:25|未分類CM:0

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。