とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
更新が滞っていて申し訳ありません(m_m)
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 先日書きましたC4 Scalpingが、さらに勢いを増して加熱しています!
 その原因は、やはり練行足です。。。
 なにかスレッドを読んでいると、この練行足を使いさえすれば、勝つことができるような雰囲気となっています(爆)

 そこで、私は、一昨日あたりから、「そのうちに俺は、この練行足インディケーターを買うだろうな・・・。」と自分自身の行動を予測していましたが、やはりそのとおり買ってしまいました^^;(何か?)
 


 グリッド一マスそして練行足の単位は10pipsに設定しています。
一番右端の足は、まだ練行足が確定していなくて、この後に、10pipsアップすれば青色足がひとつ積み重ねられて、逆に20pips以上ダウンすると赤色足が下に描かれることになります。

 価格は、ex4ファイルのものが45ドルで、ソースコードが明かなものは145ドルです。。。
 私は、もちろん安い方を買い、ペイパル手数料を含めて47.38ドル・日本円で4,616円でした。
 支払い後、すぐにダウンロードすることができました。

 ひとつのインディケーターに4,500円を出すのは惜しい気もしますが。。。どうでしょうか?
 
 このインディケーターは、先日書きましたRenko Adaptive Indicatorのように非時系列のものを時系列表示できます。
 なので、他のインディケーターを重ね合わせることも可能です。

 ただし、VTやCTチャートでは無料で練行足が表示でき、どうしてもインディケーターをフィルターとしたいのであれば、もう一枚チャートを表示すればいいだけのことですよね!
 どうしてもMT4に練行足を表示したい・・・といった方には必要かもしれませんけど。。。

 これは、1分足チャートに練行足のスクリプトを適用して2分足オフラインチャートに表示します。
 少し、設定に戸惑いましたけれど、動画説明がありましたのでなんとか表示することができました^^;
 スレッドにも、上手く表示できない・表示が異常・・・といった書き込みがけっこうありました。
 またフォレックスファクトリーで、大きく話題となったためか、かなりの数が売れたらしく、同じような質問が殺到しているようです。
 そのため、今朝は、よくあるQ&Aのメールが作者から送られてきました。(いったいどれだけ売れたのでしょう?)

 この練行足を、少しの間観察して思ったことは、どうしようもないことですが、トレンドが出れば勝てるなあ・あまり分析が必要ないのでラクかなあ・・・といったことくらいです。(かといって継続的に良い成績となるかどうかは検証不足でわかりません;;)
 ただ、10pipsで設定すれば、20pips逆行しない限り、反対サインが出ないため、ノイズを避けることができるかな?といった感じもします。(感じがするだけですが;;)
 この辺は、平均足などと、さして変わりませんね。
 練行足の設定を大きくすれば、それだけ大きな波に乗りやすい・・・反面、大きなドローダウンも出やすいですね。。。
 
 スレッドではTrixやLWMAなどをフィルターにしていますが、まだ、これは・・・というアイデアは出ていないようです。
 ・・・というか、どんな相場でも通用するような設定などないのだと思います。
 もし、この練行足を使うのであれば、陽転・陰転のシグナルは、はっきりしていますので、自分なりの固定ルールを確立することが大切だと思いますし、そのルール自体も簡単に決められると思います。

 アップしたチャートでは、AOとT3を表示させています。
 トレンド方向への足だけにエントリーするというのもひとつの方法ですね!(他の投資法と同じですけど。。。)

 結論として、この練行足というものは、プライスアクションを2つの色で単純化してくれるインディケーターの一種だと思います。(なにかそのままですが;;)
 またスレッドで、高確率な手法などがアップされましたら、こちらでご報告します!

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

※ フォレックスファクトリーのスレッドでも、有料インディケーターなので明らかにリンクを貼らないようなので目立たないところにリンクしておきます^^;
 これはMQL SERVICEというところで購入することができます。まずはメンバー登録が必要となります。

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・ゼロレベルの下で推移しています;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

さて、最近RSIによる分析を取りれていますが、これは、最近繰り返し熟読している書籍の影響を受けています。

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 内容的には、初心者を卒業した方、具体的にはテクニカルや簡単なダウ理論について勉強した方が対象になると思います。
 そういった意味では、しつこくリンクしている先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 陳 満咲杜氏の書籍は、為替に特化していて個々具体的に述べられているところが非常に良いと思いました。
 この書籍も、突飛なアイデア、秘密の手法などとは無縁なもので、ごく基本的なことから若干の応用を交えて説明されている王道的なものとなります。
 テクニカルを本格的に学びたいと思う方は上記2冊で相当部分をカバーできるはずです。

☆☆☆☆☆ 
※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章(第5章)までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第5章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



 
スポンサーサイト
2009/07/28 22:46|未分類CM:12

練行足   

いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
更新が滞っていて申し訳ありません(m_m)
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 現在、フォレックスファクトリー内で、一番人気のスレッドであるC4 Scalpingですが、あいかわらず元スレッド(EUR/GBP Trendmagic System)と同じように混沌としてきました。。。
 通常のスレッドですと、元ネタ?のシステムがあるのですが、このスレッドは、様々なアイデアが飛び交ってその都度よさそうなものに飛びつくといった感じです。
 
 ただ、なんとかうまく儲ける方法がないのか?・・・と追求する様子が興味深く時間があると読んでいます。
 ただし、人気スレッドなので書き込みが多すぎてなかなか追いつくことができないのが難点ですね。。。

 今、このスレッドで話題となっているのは、タイトルにある「練行足」です。

 練行足ってご存じでしょうか?
 まずはチャートを見てください。これはCMS証券のVTトレーダーのユーロドル15分足です。



 ブロックが積み上がっているようですね。
 見てのとおり青色が上昇、赤色が下降を表します。
 そしてひとつのブロックが30pipsです。
 なにか、色に従えば、簡単に儲けられそうに感じます^^;
 このへんは、平均足なんかを眺めると、「おおっ!これだけで大もうけじゃないか!」というのに何か似ているところがあります。

 さて、この練行足というのは、たとえばひとつのブロックを30pipsと設定したとすると、その基準を満たすと青い「ブロック」をひとつ書きます。
 そして、次もまた30pipsを達成するとまたブロックを上積みしていきます。 
 30pipsを達成しない場合は、なにもブロックを加えません。
 また青から赤 つまり陰転する条件は、ブロックの2倍つまりここでは60pipsを超える下降があった場合に赤いブロックを青いブロックの下に書き加えます。(書き忘れましたが、計算の基準は終値となります)

 説明が分かりづらいと思いますが、練行足については、FX 練行足入門を参照してください!

 ここにも書いていますが、この練行足は、トレンドに強く、レンジには弱い・・・といった避けては通れない?弱点がありますね。。。
 また、上記の説明のとおり、この練行足は、時間の経過とともにチャートが描かれるといったものではないため、非時系列のチャートになります。
 
 このへんは、FX 練行足入門にも書かれていますが、他のテクニカルを併用できるRenko Adaptive Indicatorというのがマネーパートナーズでは使用できるようです。

 VTトレーダーで、ほぼ同じ時間帯のチャートで較べてみました。
 左が練行足チャート、右が通常のロウソク足チャートです。



 いやあ!練行足がブロック30個くらいですが、通常のロウソク足は・・・いったい何本あるのでしょうか?
 細かな上げ下げは、まったく無視で、なかなか豪快なヤツ?です(爆)

 さて、C4 Scalpingでは、この練行足が話題となっていますが、ちょっと問題があります。。。
 それは、この練行足チャートは有料インディケーターでMT4ではフリーのものがないということです。
 FFでは、有料ツールなどを紹介することが禁じられているのでこれは苦しいことですが、もう多くのトレーダーがこの有料ツールを入手しているようです。。。

 私もTSDなどで探してみたところ、メインチャート欄ではなくインディケーターとしての練行足はいくつかありました。
 その中でも、使いやすいものは、cobraforex氏がスレッド内で紹介したRenko.mq4でしょうか?(まだ他にあるかもしれません)

 そのインディケーターをユーロドル15分足に表示してみました。
 1ブロックは、30pipsに設定しています。



 これは、15分足に表示しようが、時間足に表示しようが、とにかく30pipsごとにブロックが書き加えられるので上のメインチャートとは表示が一致しません。
 練行足と合致するロウソク足の部分を四角で囲ってみました。
 さきほども書きましたが、大きなトレンドに乗れればかなり大きな利益、反面レンジ相場にあたってしまうと・・・。
 なので、練行足を使用するときは、なんらかの工夫が必要となりますね。。。
 上のチャートでは、8LWWAを上書きしていますが、いかがでしょうか? ※ 追記2:上記の通り、MAなどを上書き表示できますが、やはり非時系列のためだんだんと表示がずれていってしまいます;;やはりRenko Adaptive Indicatorが必要・・・あるいはメインチャートでMAやBBを表示する必要がありますね。

※ 追記 ブロックを5pips単位にしてみました。



 5~10pipsでもなかなかの成績のようです。
 またこれを、たとえば50だとか100にすると、また大きく違ってきますね。 

 さて、たった今、C4 Scalpingに立ち寄ったところ、
 
 Hello SwingMan,
 I believe with your expertise in programming you can make a Renko Bar indicator. Can you  try this please ?
(やあスイングマン!あんたの優秀なプログラムテクニックがあったら練行足インディケーターを作れると信じてるよ!ぜひトライしてくれないかい!)
・・・といった書き込みがありました。
 実は、同じ内容を私も書こうと思っていたところでした(爆)
 他力本願ですが、スイングマン氏に期待したいですね!

 ※ 練行足でトレードをしている方はいらっしゃいますか?ぜひ情報をお願いします!

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・ゼロレベルの下で推移しています;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

さて、最近RSIによる分析を取りれていますが、これは、最近繰り返し熟読している書籍の影響を受けています。

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 内容的には、初心者を卒業した方、具体的にはテクニカルや簡単なダウ理論について勉強した方が対象になると思います。
 そういった意味では、しつこくリンクしている先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 陳 満咲杜氏の書籍は、為替に特化していて個々具体的に述べられているところが非常に良いと思いました。
 この書籍も、突飛なアイデア、秘密の手法などとは無縁なもので、ごく基本的なことから若干の応用を交えて説明されている王道的なものとなります。
 テクニカルを本格的に学びたいと思う方は上記2冊で相当部分をカバーできるはずです。

☆☆☆☆☆ 
※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章(第5章)までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第5章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



 
2009/07/27 00:09|未分類CM:10
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
更新が滞っていて申し訳ありません(m_m)
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


今日は、日本市場が休みということで、まったく期待していませんでしたが、チャートパターンが良かったため早朝からユーロドルをロングし午前中にエクジット、さらに午後からの2段上げにも乗ることが出来ました^^;(こういう時に限って小ロットです;;)

 さて先日ちょっとだけ紹介しました EUR/GBP Trendmagic System というスレッドがあります。
 ここは常時100人近い閲覧者がいた人気スレッドでしたが、投稿者が好き勝手な?ストラテジーを投稿したり、主要なインディケーターがリペイントする・・・などなどのことから、すっかり内紛状態?となってしまいました。
 このスレッドで活躍していたEdgetrader氏が、新たにC4 Scalping というスレッドを始めました。
 このEdgetrader氏は、かなりの論客、しかも英語(文章)が上手でなかなか読み応えのあるものでした。(言い換えると理解するのが難しかったです;;)
 
 上記2つのスレッドで大活躍しているのが、Swingmanというおっさん?で、この方は、他のスレッドでも独自のインディケーターやトレーディングダッシュボードなどを開発する相当優秀なおっさんです。
 
 スレッドの経緯などどうでもいいかもしれませんが、この双方のスレッドで共通して使われているのがTrixというインディケーターになります。
 そして、ここのところは、全てSwingman氏が改良をしたsmSuperTrixというインディケーターを使ったストラテジーが主になってきています。

 そして、またまた上記のスレッドから枝分かれして、現在は、MTF Trix system という、Trixを使用した具体的システムのスレッドが今日始まりました。

以上、フォレックスファクトリーのスレッド変遷でした!(終了)

・・・と、ここで終わってしまったらしょうがないですね><

 Trixというと、THVシステムのメインインディケーターとしてご存知の方が多いと思います。
 
 ネットで調べると、
TRIX(トリックス)はジャック・ヒューストン氏によって考案されたオシレーター系のモメンタム指標で、MACDによく似た計算方法と捉え方をします。
終値を3回、指数平滑移動平均(EMA)によりスムージングし、騰落率を計算する指標です。
<計算式>
1:終値の n期間指数平滑移動平均を求めます。
これを「EMA1」とします。
2:EMA1の n期間指数平滑移動平均を求めます。
これを「EMA2」とします。
3:EMA2の n期間指数平滑移動平均を求める。
これを「EMA3」とします。
TRIX = 【EMA3 (n)-EMA3 (n -1) 】÷EMA3 (n-1) ×100
これが一日のEMA3の騰落率となります。
※EMA=指数平滑移動平均を計算します。
指標や数値と期間を設定し、期間の指数平滑移動平均を計算します。
<指標の見方>
TRIXがゼロライン上抜けると買いシグナル。
TRIXがゼロライン下抜けると売りシグナル。
尚、価格動向とTRIXに逆行現象がみられるときには、トレンド転換
が近いと考えられます。

とのことです。。。要するに移動平均を徹底的に平滑化したものなのでしょうか?(私の能力ではこの程度です ・。・;)

 Swingman氏が作成してTrixは、MTF Trix system
 こちらでDLできます。
 これは度重なる改良があって、現時点で最新のものになります。
 Trixのピリオドや、MAの種類などを変更でき、さらにMTF化されています。

 MTF Trix system では、このTrixを使用した具体的チャートシステムが書かれています。

 ユーロドル15分足です。

 

 インディケーターの下から4時間足Trix 1時間足Trix 15分足Trixとなります。
 実際には、1時間足のTrixは、使わないで、4時間足と15分足のTrixで判断するようです。
 このへんのところは、まだ昨日から!、検証を始めたということで作成者自身、試行錯誤中のようです。

 ルールは、15分足のTrixがゼロレベルを上抜く(下抜く)時に、4時間足Trixのバーと同じ方向(ロングなら緑と緑、ショートなら赤と赤)となった時にエントリーします。

 チャートに赤ラインを引きましたが、さっそく今日の相場は、このシステムで利益を収めることができたようです^^;
 ただ、チャートにもあるように上昇した後のレンジが2カ所あって、この時は、どうも上手くいかない・・・つまり数多のシステムと同様にトレンドには強くレンジには弱いというあたりまえの結果になってしまいますね;;

 さて、MTF(マルチタイムフレーム)の考え方としてSwingman氏が簡単な図で説明していますので、その図を引用します。。。



 氏が作成したTrixは、ゼロレベルで矢印が出て、さらに強弱で色が変化しますが、矢印(シグナル)が重要ではなく、Peek&Valleys oscillators(山と谷で表されるオシレーター)は、クロスシグナルよりも色の一致・・・つまり大きなTFの山と小さなTFの山の一致、大きなTFの谷と小さなTFの谷の一致・・・が重要であるとのことです。
 上記の図であると、当然のことですが緑色がロング、ピンク色がショートということになりますね。

 最初のチャート図では、15分足のTrixよりも、1時間足と4時間足のTrixの方がレンジを回避でき相性のほうがいいような感じがしますけど、どうでしょうか?もちろんトレードチャンスは減りますが。。。・・・となると最初から1時間足チャートを使った方がいいのかな・・・?(このへんはまた研究しておきます!)

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・ゼロレベルの下で推移しています;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

さて、最近RSIによる分析を取りれていますが、これは、最近繰り返し熟読している書籍の影響を受けています。

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 内容的には、初心者を卒業した方、具体的にはテクニカルや簡単なダウ理論について勉強した方が対象になると思います。
 そういった意味では、しつこくリンクしている先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 陳 満咲杜氏の書籍は、為替に特化していて個々具体的に述べられているところが非常に良いと思いました。
 この書籍も、突飛なアイデア、秘密の手法などとは無縁なもので、ごく基本的なことから若干の応用を交えて説明されている王道的なものとなります。
 テクニカルを本格的に学びたいと思う方は上記2冊で相当部分をカバーできるはずです。

☆☆☆☆☆ 
※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章(第5章)までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第5章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。




 
2009/07/21 00:40|未分類CM:5
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
更新が滞っていて申し訳ありません(m_m)
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 海外フォーラムを読んでいますと、もちろんのこと知らない単語に悩まされます。
 私は、単語の意味が分からない時であっても無視して前後の文脈で類推したりして読み進めることにしていますが。。。

 グーグルの翻訳(オンマウス辞書)なども便利ですけど、もっと使いやすいものがありましたので紹介させてもらいます。

 これは、黒猫の単語帳2nd  という無料ソフトです。
 ベクターサイト
 作者サイト

 まずはイメージを見てください!



 THVスレッドで、「scalping」を調べました。
 範囲指定してコピーするだけでOKです。
 また発生ボタンを押すと、「スィーキャルペン(スキャルピングがこう聞こえます;;)」などと発音を聞くことができます!
 左上の単語帳は、今まで調べたものの履歴です。
 これは、
単語帳には、検索した英単語(熟語)が調べた順序で登録される(昇順/降順での並べ替えは可能)。発音の再生や単語の削除も可能。「smart.fm」との連携機能があり、単語帳で指定した英単語や熟語を「学習リスト」として送信できるようになっている。単語帳をHTMLファイルに出力することも可能。HTMLファイルには、出力された日付、英単語(熟語)、和訳が記載される。英単語(熟語)や和訳の文字色を黒/赤に切り替えることも可能で、印刷をすれば「赤い透明シートを使って英単語や意味を隠しながら学習する」という使い方ができる。

ということで、純粋な?英語学習にも充分使えますね。

※ 動作にはAdobe AIRランタイム 1.5以降が必要です。

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・200SMAから大きく下に乖離しています;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

さて、最近RSIによる分析を取りれていますが、これは、最近繰り返し熟読している書籍の影響を受けています。

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 内容的には、初心者を卒業した方、具体的にはテクニカルや簡単なダウ理論について勉強した方が対象になると思います。
 そういった意味では、しつこくリンクしている先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 陳 満咲杜氏の書籍は、為替に特化していて個々具体的に述べられているところが非常に良いと思いました。
 この書籍も、突飛なアイデア、秘密の手法などとは無縁なもので、ごく基本的なことから若干の応用を交えて説明されている王道的なものとなります。
 テクニカルを本格的に学びたいと思う方は上記2冊で相当部分をカバーできるはずです。

☆☆☆☆☆

 以下、いつものテンプレですが、もしよろしければアマゾンアフィリエイトにご協力をお願いします^^;
 おひとりの方が、サザに口座開設していただきました!本当にありがとうございました。

 ※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章(第5章)までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!
 
信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



 
2009/07/17 12:41|未分類CM:0
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
更新が滞っていて申し訳ありません(m_m)
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


やっとブログを更新できます^^;

 昨日は、午後から休めましたので、昼寝をした後、ずっとForex-tsd内のスレッド
 MySIMPLE trading system
 を読みふけっていました。
 もしかしたら私は、実際にトレードするよりも、人様の考えたシステムやストラテジーを読んだりするほうが好きなのかもしれません。。。

 ★ なお、Forex-tsdは、registerからメンバー登録しないとインディケーターなどがダウンロードできませんし、多分、チャート画像なども表示されなかったはずです!

 さて、このスレッドは、「シンプル」ということで、おそらく移動平均線やプライスアクションあるいはダウ理論などを主としたものだと思っていました。
 案の定、最初のシステムは、グッピーのようなシステムでしたが。。。ページを読み込んでいくと、「このチャート設定のどこがシンプルなんやねん!」といった思わず大阪弁でツッコミを入れたくなるようなものになっていきました。。。

 しかし、このmasemasu氏という方は、驚くほど多くのアイデアを持っていて、さらにオリジナルインディケーターを作成する能力もあり、読み込んでいるととても面白く、なおかつ参考になりました。
 本当にアイデアの宝庫のようなスレッドとなっています。(実践で使うかどうかは別にして)

 まずは順不同で、そのチャート設定を見てください。
 詳細な説明は都合により?、省略します;;

 ポンドル15分足です。


 
 これはADXとRSIが主なインディケーターですね。
 masemasu氏の特徴というか得意技は、一番下にあるような、「トレーディングツール」というようなものです。
  いろいろな条件を元に●の色が変わったりと面白そうです。(私はあまりこういったツールは参考にならないと思うのですが。。。)

 同じくポンドル15分足です。



 これはずいぶんとすっきりしていますね!
 実践で使おうかなと思って、過去チャートなどを少しだけ検証してみました。
 青いMAは50期間です。
 下のインディケーターは長短2種類のストキャスを表示させています。
 この2つのストキャスで売買タイミングを取ります。
 これはかなり前に紹介したセクシーストキャスと似ていますね。

 同じくポンドル15分足 



 これもなかなか良さそう・・・というか綺麗なチャートです。
 メインチャートには、一目雲、BBandsSTOPやLebel_stop_reverseなどが表示されています。
 トレンドが強い相場には良さそうなシステムです。

 ・・・紹介したいチャートが多すぎて、既に疲れてきましたが・・・頑張ります!

 ポンドル15分足



 これも面白いですね。(面白がってばかりですが)
 一目雲のようなものをMAで表現しているようです。
 MA ribon filled というインディケーターです。
 これもグッピーチャートのように使えるかもしれません。
 赤色が大きな下落トレンド、青色がその逆ですね^^;

 さて私が一番気に入ったのは次に紹介するものです。
 ポン円15分足です。 



 少しインディケーターの色や太さを変えています。
 
 メインチャートの細いラインが、1時間足のトレンドで、太線のラインが15分足つまりチャート表示のTFとなります。
 下のインディケーターもヒストグラムが1時間足、ラインが15分足のものになります。
 簡単に書くと、MTFチャートですね。(マルチタイムフレーム)
 ひとつ前に紹介したMA ribon filledを改良したもののようです。
 時間設定は、自由に変えることができます。
 ダウンロードすると、1分足で5分足を表示させる設定となっていますので、TFを変えた場合は、その都度、時間を設定する必要があります。
 
  このチャート設定は、このページの♯569と#570でダウンロードできます。
 
 ドル円の4時間足で、MTFは日足にして設定してみました。



 ドル円の大きな下げは底が見えない状態かもしれませんが、どうもここから思い切って売り込むのは躊躇してしまいます。(私の場合^^;)
 もしこのチャート設定を使うとしたら、ひとつの戦略として、短期が緑色になって、かつ50MA(青線)を越えず、再度短期が赤色となったら「戻り売り」ということもできると思います。
 あるいは、TFをもっと小さくしてもいいかもしれません。

 ヽ(´・`)ノ ・・・いやあ、かなり疲れてしまいました。
 
 ここのところ、先月末のようなレンジから抜け出して、トレンドが分かりやすくなったような気がします。(ただし、大きな「揺れ」があるので油断できません)
 また明日から、頑張っていきましょう!(取って付けたような終わり方です;;)

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・200SMAから大きく下に乖離しています;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

さて、最近RSIによる分析を取りれていますが、これは、最近繰り返し熟読している書籍の影響を受けています。

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 内容的には、初心者を卒業した方、具体的にはテクニカルや簡単なダウ理論について勉強した方が対象になると思います。
 そういった意味では、しつこくリンクしている先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 陳 満咲杜氏の書籍は、為替に特化していて個々具体的に述べられているところが非常に良いと思いました。
 この書籍も、突飛なアイデア、秘密の手法などとは無縁なもので、ごく基本的なことから若干の応用を交えて説明されている王道的なものとなります。
 テクニカルを本格的に学びたいと思う方は上記2冊で相当部分をカバーできるはずです。

☆☆☆☆☆

 以下、いつものテンプレですが、もしよろしければアマゾンアフィリエイトにご協力をお願いします^^;
 おひとりの方が、サザに口座開設していただきました!本当にありがとうございました。

 ※ とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章(第5章)までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!
 
信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



 
2009/07/12 23:22|未分類CM:11

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。