とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 このブログをずっと読んでいただいている方は既にご存知かと思いますが、私自身は投資・投機をする才能が本当にない、さらにはその無能さを補うための努力が足りないってことを痛感しています。
 それは手法テクニック面、さらにメンタル面のいずれも当てはまります。
 いろいろなマニュアルを購入したりして手法をコロコロと変えてしまったり、もっと良い手法があると彷徨ったり、あるいは大きなレバレッジをかけるなどリスク管理が徹底していなかったり、損切りができなかったり、感覚だけに頼ったトレードをしてしまったり・・・まあ悪いところを上げればキリがありません。

 いわゆる『トレード十か条』のようなことが書籍だったりFXサイトなどに書かれていますが、そういったことを読んで分かった気になっているのに、実際にやることはその真逆のことが多かったです。
 まさしく確信犯ですね。
 また、とにかく相場の中にいれば楽しい、ギャンブル本能を充足できるといったことで、ポジションが途切れてしまうと利益獲得のチャンスを失ってしまうのではないかといった変な危機感がありました。
 その結果、いわゆるポジポジ病といわれるような状態が続いてしまいました。

 このへんのことは、ほぼ実話のフィクションで勝つためには手段(手法)を選ばない?といった記事で書きました。

 こういったことをやっていても不思議とFX相場に参加しているといった意識があって、負けようが大損しようが悔しくはあってもトレードをしていれば、トレードができればそれで満足でした。
 これはまさしくトレード中毒に陥っていたということですね。
 やめたくてもやめられない、もっといえばやめようとも思わないような状態ですね。
 そしてただぼんやりと『億を達成したい』、『田舎暮らしを実現したい』などといった夢だけは一丁前に持っている。
 引き寄せの法則関係の書籍などを多数買い込んで、その気になってはいるものの、強く願えばかなうだろうくらいの甘い気持ちで、実際に引き寄せるための努力が足りないから、なにも成就しない状態でした。
 具体的にやったことと言えば、『願望を成就する』系のCDブックを購入して寝る前にひたすら聴くくらいのことでしたね(笑)
 それで安心して、毎晩ぐっすりと眠れていました(爆)

 さて、ここまで読まれた方は、情報商材やいんちきブログのセールスレターのように、
 『そんな私が、ある時、○○という手法に出会い、もうウッハウハの状態で常勝トレーダーとなることができました!特別に格安の料金であなたにも教えます』
といった逆転物語、サクセスストーリーになるかと期待されるかもしれません。

 ですが、今でも過去の私と根本的な部分でそれほど変わってもいませんしトレーダーとしてのスキルもまだまだですね・・・。
 ただ地道にではありますが、変わる努力をする、トレードを生活の手段とする、資産を構築する、ビジネスとして考えるといった追い込まれた状況を作り徐々に自分の甘い考えを矯正しているところです。
 そういったことを継続していると、ある程度の期間が経過した後で自分の口座を見ると資金が増えていることに気づいて正直びっくりしたりします。

 そして言葉や文章にはなかなか表すのが困難ですが、勝ち方、勝つコツ、あるいは大きく負けないための立ち回り方みたいものが身についてくるといった感覚があります。
・・・と偉そうなことを書いていますが、実際にはまだまだ甘っちょろいです。
 本当は、死ぬか生きるかくらいの覚悟をもって相場に臨まなければいけないと痛感しています。
 簡単、誰にでもできる、楽々トレードといった世界とはまったく異なりますね。
 反面、こういった危機感を常に忘れずに持っていなければいけませんが、実際にはそれほど敷居は高くないってことも実感としてあります。

 FXというのはチャートの裏側にいる他のトレーダーとの戦い、つまりよく言われるゼロサムの世界だとしたら、ルールもなにも持っていない片手間トレーダー、そして過去の私のような感覚トレーダー、ポジポジ病トレーダー、塩漬けトレーダーを出し抜く、上回る程度の努力をすれば、少なくとも勝ちもしない、そして負けもしないブレイクイーブントレーダー!?となれるでしょう。
 そしてそこから先は比較的順調に進むはずです。
 もちろんプロトレーダーにはなかなか太刀打ちできませんが、セミプロレベルには充分になれると思います。
 そうなるための方法論は様々あり、ちょっと無責任ですが、後はあなた次第、自分次第って世界なのでしょう。
 最後の最後にある勝つための方法という部分は、自分にしか克服できない、自分で身に付けるしかないといった聖域みたいなところだと感じています。
 そしてその聖域という最後の部分は、手法などよりも多分にメンタル的なところ、もっと言えば『感覚』『コツ』『慣れ』』などといったいわゆる『相場観』としか表現ができないところです。、
  大げさかもしれませんけどね 

 ただそれでは中々道を切り開くこと、切り開き方が漠然としているので、このブログで何度も紹介しているデイトレードであるとか、定評のある書籍をなんだかんだと批判したり文句を言わずに、いったん完全に無心となって読んでみる、
 あるいは身近に本当に勝ち続けているトレーダーがいれば指導やアドバイスを受けるといったことがブレイクイーブントレーダーの壁を破る近道だと思います。
 もっと簡単で具体的な方法では、自分が納得できるような内容の『トレード十か条』をネット上などのまともなサイトからせっせと集めて、それに対する自分の考え、反省点、どうすれば改善できるかなどを、いちいちノートに手書きすることですね。
 実際に私はめんどくさいなーなどと思いながらこの作業を涙ぐみながらも一週間くらいかけてやってみました。

 ぁ、実はここまでが前段で書きたかったことはもう少し具体的なことです・・・。
 私が苦手だった手法やマスターできなかったことなどを書きたかったのですが、前段があまりにも長くなってしまいましたので、次の記事で書くことにします。<(_ _)>

 次の記事を待っている間にぜひ、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、15位くらいです。トップランクを引き寄せたいです!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・ブレイクイーブン状態です。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
  
スポンサーサイト
2014/07/31 22:59|未分類CM:0
 記事タイトルは、なにか川柳みたいですねえ。 
 なにやらゴロが良くて、このタイトルだけで満足してしまっています(自爆)
 そういえば、かなり前にFX川柳に応募して佳作かなにかで「FXの小鬼たち」といったタイトルの書籍をゲッツしたことを思い出しました。。。
 
 昨夜は、特にドル円主導での動きが大きかったですね。
 私は、ユーロ円だけでしたがレバレッジを通常の3倍にして、トレンドラインとネックラインブレイクで入り、エクジットについてもフィボナッチの半値戻し、さらには下降トレンドラインで、ほぼ頭から尻尾まで取ることができました^^;
 ただ、こういった時は、どんなシステムを使っても取れるといったところでしょうけど・・・。
 終わってしまったことですが一応チャートをアップします。
 
 ユーロ円4時間足です。

ユーロ円現状

 そういえば、ここのところ『敗者の日記』について書くことが多かったのですが、負けトレードに限らず勝ちトレード、会心のトレードについてもぜひチャートを印刷するなどして何回もそのカタチを見て脳内に刻み込むといいですね。
 そしてそうやって集めたパターンしかトレードしない、経験がないパターンは無視するということも有効な方法です。

 私はプロの方に教えていただいたフラッグ(チャネルブレイク)のパターンをPC脇に貼っています。

 左が教えていただいたユーロカナダ、そして右が自分で見つけられたユーロオージーです。
 これだけ大きなカタチはなかなかありませんが規模の小さいフラッグはけっこうあります。
 既にこのブログでも触れているので詳しく書きませんが、チャネルラインへのプルバック(戻し)を待つ戦略も有効です。

 フラッグ
 
 ところでユーロ円は、かなり大きく上昇したなあ・・・って感じていますが、直近で見ると、単に前の下降波の半値戻し、そして日足で見るとダウ理論の下降ジグザグ4波じゃないかってところですね。
 ただ、ここから怒涛のトレンド転換ってこともあり得ますけど。。。
 まあ、あらゆる可能性を考えておきたいものです。

 ポンド円4時間足です。

ポンド円現状

 先ほど、勝ちパターンを集める、スクラップするといったことを書きました。
 実は、このカタチ、以前所属していたSNSのたしか「ライン分析」か「ダウ理論」といったコミュニティーでタイトル画像として使っていたカタチにそっくりだったことを思い出しました。
 同じポンド円の週足か日足だったのですが、久しぶりにそのSNSに行ってみたところもう存在していませんでした(泣)
 かつて親しくしていただいていた末っ子長男さんという方が立ち上げてくれたのですが。。。
 FX歴が古い方ならご存知かと思います。
 それにしても、あの頃は、私も純粋で、また良い意味でも悪い意味でも情熱的だったなあ・・・などと急に目頭が熱くなってきました。 半分ウソです

 懐かし話を書いてしまうと止まらなくなってしまいますのでこのへんで・・・。

 そのカタチというのは、今回と同様で、ヘッドアンドショルダーズで大きく下落、そしてサポートで切り替えし大きく上昇しネックラインに到達した途端にピタリと止まり、また大きく下落といったものでした。
 今回のものよりも、かなりスケールが大きく値動き自体も直線的でダイナミックでしたね。
 今でも思うのですけどポンド円やユーロ円は、合成して作った人工的なペア?みたいものですけど、こういった節目みたいものがピタリピタリと決まることが多いですね。
 詳しく調べていませんけど他のストレートペアよりも信頼できるような印象があります・・・。

 ただ、現実問題としてやはりここでショートするのは怖いですね。
 昨夜の急騰がまだ脳裏にはっきりと残っていますし、ロンドンタイムから米市場まで、そして明日の雇用統計など指標がぎっしりと並んでいます。
 こういった場所で慎重になるか、あるいはテクニカルを信じて勝負できるのかというところは本当に難しいです。
 私は、直近ヒゲ高値のストップ約20pipsのところで、『賭け金2万円、目論見どおり当たれば同額か倍になるよ』とチャートの裏にいる胴元に誘われたような気がしてショートしてしまいました!
 まあ、あまり博打的なことを書くと怒られそうですが、基本的にストップロスをエントリーする時の『賭け金』のように考えていますね。
 胴元と同じ条件か、より有利な時に勝負するって感覚です。
 真面目なトレーダーはスルーしてください

 入ってしまった後で考えると、少なくとも15分足レベルなどでトレンド転換のカタチを確認してからでも良かったですね。
 ※ 追記 15分足のサポートでエクジットしました(+40pips)

 最後まで読んでいただきありがとうございました。 もう一息がんばっていただきにほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・ネックラインが機能しませんでした。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
  
2014/07/31 15:43|未分類CM:2
 小ネタ的にユーロ円の短期予測です。
 なかなか良いカタチだと思うので、当たる当たらないは別として今後の動きの参考程度に見てください。

 4時間足です。

ユーロ円140730

 チャートに書いてあるとおりですね。
 現在は、下降トレンドラインで反落したので、もちろんこのまま下を目指すことも考えられます。
 ですがチャートパターンとしてヘッドアンドショルダーズというカタチが見えてきました。
 当たり前のことですが、今までダウ理論のジグザグが4回継続したのに、現状においては今回の波が下値を切り下げない動きだったからです。
 エリオット波動的に言えば現在は調整波でしょうか?
 よくわかりませんけどね・・・。

 このチャート内には収まりませんでしたが、日足のサポート付近でもあります。
 以上のことからネックライン越え、あるいはプルバックを待ってのロングを検討しています。
 ネックラインか下降トレンドライン付近でもみ合う動きとなるかもしれませんし、もちろん反発も考えられます。

 思惑通りに行けばいいのですけど・・・。
 4時間足での分析ですので、結果が出るのに時間がかかるかもしれません。
 個人的には、しばらくチャート監視ができないので買いの逆指値をセットしておくことにします。

 繰り返しですが、ひとつのトレードアイデアとしてみてください。

 予想的中しましたら、こちらに戻っていただき、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 外れたらスルーでも結構です!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・逆三尊が崩れました。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
  
2014/07/30 05:51|未分類CM:2
  オリバーべレスらによる書籍デイトレードについて既に何回もここで紹介してきました。

デイトレードデイトレード
オリバー ベレス グレッグ カプラ Oliver Velez

日経BP社 2002-10-19
売り上げランキング : 6840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 敗者日記のススメ(プロと私が異なる点)で負けトレードに特化したものを書くということを紹介させてもらいました。
 実際にやってみると、これは本当に嫌な作業です!
 すぐにでも忘れてしまいたいし思い出したくもないことです。
 それをこらえて、インクがもったいねーなどと思いながらいちいち印刷してノートに貼り、あれやこれやグチグチと言い訳めいた反省分析を綴ってみました。
 勝ちトレードを何回も反芻するかのように検討するのは楽しい作業なんですけどね。。。

 まだまだデータが足りず作業続行中なのですが、実際これは効果があります。
 もちろん分析しても、どこが悪いんだかなんだか分からず、「これは相場が悪い。自分はなにも悪くはない」などと適当に分析したものがありますけど(爆)
 しかし、問題があるトレードが、なんと全体の6割以上というかなり情けない事実が判明してしまいました!
 もちろん負けトレード全体に占める割合ですけれど、実際には勝ちトレードであっても問題が多数ありました。

 ここでは恥をさらしてしまうので詳しくは書きませんが、負けた後のドテントレードは勝率が低い、チャートパターンを見つけても後追いエントリーの場合は負けることが多い(当たり前かも?)といった傾向が顕著でした。
 いくらチャートパターンといっても、最近の相場は、なるべく早く入る、あるいは戻りを待って入ったほうがいいようです。

 さらに一番の発見は、悪癖といったこととは違いますが、アジアンタイムでポジションを取りロンドンタイムまで持続したポジションの勝率がびっくりするほど悪かったことです。
 これは昨今の相場付きの影響があると思いますが、ロンドン勢がアジアの動きを巻き返すといった傾向や、さらに、夕方のユーロ圏、英国指標などの影響も大きかったです。
 めんどうな計算をしたところ、こういったことはアジアンタイムではポジションを取らないといったごく単純なことだけで大きく勝率、利益率が向上する結果となりました! 
 ただこれはここ最近だけの傾向かもしれませんけどね。
 馬鹿みたいことですけど私にとっては大発見でした(笑)

 もっとデータが増えて、さらに私のデータマイニング能力?が向上すれば、もっといろいろなことが見えてくると思うのですけれど。
 今のところは、薄々気づいていたことを再確認させてもらったというところでしょうか?
 それでも、私の強欲な本能を少しは刺激することができましたね・・・。
 とにかく手を動かして、なんだかんだと省みること自体が大切なことなのかもしれません。

 この書籍には、以前も書いたとおり、『トレーディングにおける7つの大罪』という章があります。
  第1の大罪 すぐに損切りできないこと
  第2の大罪 利益を勘定すること
  第3の大罪 時間軸を変更すること
  第4の大罪 より多くを知ろうとすること
  第5の大罪 過度に自己満足に陥ること
  第6の大罪 間違った勝ち方をすること
  第7の大罪 正当化
 
 上記のことは全て大切なことで、いちいち引用解説したいのですが、ここでは『第3の大罪 時間軸を変更すること』について書いてみます。
 今回は引用ではなく、私個人の考えですので参考程度にしてください。
 『時間軸を変更すること』というのは、簡単に書くと、5分足でロングエントリーしたのに、その時間軸で決めたストップを守らないで、1時間足ではまだまだ上昇基調だから持続してみようだとか損切りしないことを正当化するなということです。
 これは、MTF判断によるトレードなどをしていると、ついついやってしまうことです。
 つまりスキャルがデイトレになって、そのうちにスイングポジションになってしまう、挙句の果てには、なんとスワップ派に変身してナンピンを重ねていく・・・まあそこまではさすがにないでしょうけど、そういったことは絶対にやるなと述べられています。

 そんなことはやらないだろう・・・と思っていても同じような経験はなかったでしょうか? 
 私はありますけど・・・。

 さてここから本題なのですが、上記のことに関連して、時間軸を上げて判断を遅らせてしまうのはいけないけれど、逆に時間軸を下げるのは特に問題がないのではと個人的には考えています。
 こう考えるのは、最近の低いボラティリティーなど相場状況の影響もあります。

 ここのところ私は、4時間足だ、1時間足が良いなどと、いろいろもっともらしい理由をつけて語っています。
 ただ、たとえば4時間足でのブレイクアウト手法などを検証してみると、トータルではもちろんエッジがあるのですが、数週間、あるいは1か月単位ではほとんど勝てないってことが間々あります。
 ルールを固定化する、トレードの基準となる時間軸を固定するといったことは、もちろん大事なのですが、なかなかそれでは対応できない、利益が上げづらいといったことを感じています。

 なのでできればサブとなるような手法がぜひほしいですね。
 サブとメインをいつどのような時に切り替えるのかという難しい問題がありますが。。。

 私の場合は、新たにオシレーターを使用するとかの難しい切り替えができないため、時間足でのライン分析、そしてチャートパターン分析はそのままで、15分足に落としてさらにラインを引き、ストップが概ね15pipsに設定できて当たればでかい、少なくともリスクリワードが1:1になるようなポイントを探すようにしています。
 コツというと変ですが、逆行したらすぐに逃げて、あわよくば利益を伸ばすということですね。
 先ほどの、『第3の大罪 時間軸を変更すること』で、逆行するような場合は時間軸を変更せず、利益がのった場合だけ1段か2段上位軸に変更して考えてみるといったことをやっています。

 じゃあ、最初から15分足でトレードしろよってことなのでしょうし、普通のMTFトレードで時間足と15分足でトレードしているのと同じことだろ・・・と思われるかもしれませんが、まったくそのとおりです(爆)
これはここまで書きすすめてきてやっと気づきました・・・。

 ちょっと論旨が怪しくなってしまいましたが、書きたかったことはトレード手法を確立することも大切だけど、フレキシブルな対応も身に付けておかないといけないということです。
 これは異論が当然あると思いますが、完全無裁量といったことではなかなか勝てないのではないかと思っています。
 ただし、あまりにもコロコロと手法や時間軸を変えるのはもちろんだめですから、メイン手法とメインの時間軸をひとつしっかりと持ち、サブをひとつかふたつ程度くらいが良いでしょう。
 またサブについては、メインと必ずしも同じものではなく、たとえば5分足の移動平均線やGMMA手法だとか、オシレーター判断を取り入れたようなものでもいいと思います。
 
 実は、あるブログを読ませてもらったら、次のような文章に目が留まりました。
多分ホントに稼いでるトレーダーの人って手法とか持ってないんだと思う。
チャートが読めるから、未来の値動きとか分かるんだろうね。
それを無理やり人に文章で伝えるから、「手法」として紹介するんだろうなぁ。
やっぱり経験と感性だよ。


引用元は伏せようと思いましたが、私自身とある有名ブログで勝手に俎上にのせられ嫌な思いをしましたのでリンクさせてもらいます。  ヒッキーになるためのブログ

 私も、ほぼ同様のことを考えています。
 私が今まで書きたくて言葉足らずで書けなかった、そしてなんとなく感じていたけど声高には主張できなかったようなことを代弁してくれたと感心しています。
 手法を持っていないといった部分は少々正確ではないと思っていますけれど、『チャートが読める、そして経験と感性』といった部分はそのとおりだと思います。
 もう少し踏み込んでいわせていただくと、経験によって得られた感性が様々な努力によりある程度一定化してくる、つまりルールのようなものに昇華するといったことなのでしょう。
 そういった経験や感性を手法として伝えることは実際に困難なことで、マニュアルを購入したり、数日間教わってもなかなか伝わりづらい部分があります。

 ただ経験と感性は、一朝一夕で身に付くものではありませんが、たとえば今回書いた敗者の日記を書いてみる、書籍を読んでみる、検証をしてみるといったことで充分短縮することができるし、さらには勝てるようにもなれると私は確信しているところです。
 そう信じて頑張ります!

 まとまりのない記事で申し訳ありませんでした!

 あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、16位くらいです。ランキング相場に異変があります!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・ちょうどレクタングルでもみ合っています。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
  
2014/07/30 02:05|未分類CM:0
 中短期予測・・・このようなブログ記事、そしてアナリストによる予測などがネット上にあふれています。
 そういった予測は、言うまでもないのでしょうけど、あくまでも参考程度にして自分で分析した予想・予測の判断材料としないほうがいいと思います。
 まずは、自力で予測して他の予測も参考にする・・・そして他の予測の方がどうしても正解だという「自分の予測」を覆すまでの根拠があればそれに従うのがいいのだと思います。
 いずれにしろ、まずは自分のルールで予測して、それを信じる、信じざるを得ないといった自信を持つことが必要ですね。

 ですが、後付講釈ばかりで本当かどうか分からないのに連勝連勝と騒いで有料コンテンツに誘導するようなサイトなどと較べると、参考にするしないは別として何らかの予測を出すほうがよっぽどいいですね。

・・・と予測がはずれてもいいように予防線をはり、さらに偉そうなことを書いておいてからの、私のドル円の「中短期予測」です(爆)

 中長期については、ある海外サイトを参考にしました。

 ドル円日足です。

UJ140728.png

 GMMAを表示させていますが、あまり気にしないでください。
 先日のコメント欄で、ふと思い出して追加してみただけです・・・。(チャートがきれいになりトレンドが把握しやすいですし、ライン分析の邪魔にもなりませんね)

 大きく見ると、ディセンディングトライアングル(下降三角形)といったチャートパターンですね。
 このチャートパターンの考え方は、上値が切り下げているのに下値は一定である → でもどんどんと下降圧力が増してきて、今までなんとか踏みとどまっていたこの下値が決壊(ブレイク)してしまうということですね。

上昇下降三角
中段保ち合いパターンから引用というか借用

 上記図のように、これは三角形の前の相場が下降の時に三角形の底辺を割れたら売りといった中段保ち合いパターンとして説明されることが多いです。
 この日足の場合は、下値がかなり強固で、ヒゲだけを残して反発しています。
 なので、ディセンディングトライアングルのフェイラー(失敗)ということで、いくら下攻めしても決壊しなかった、それだけ強固な壁だからあきらめて上を目指そう。。。といった感じで逆にこの三角形を上にブレイクするのではないかと見ています。
 直近ですと、緑色の下降トレンドラインのブレイクを確認したいところです。(4時間足などで見ると先週末に少しだけブレイクしています)

 ちなみにこのトライアングルの右側の頂点をアペックスと言いますが、通常は、三角形の4分の3くらいの地点でブレイクすることが多いようです。(あくまでもセオリーです)
 またこの4分の3地点を過ぎてもブレイクしないような時には、このトライアングルというチャートパターン自体の効果も失われるとのことです。
 こういった理論は面白いですね。過去検証などをしてみて本当かよ?って確かめることが勉強となりますね。

 1時間足です。

UJ1407281_20140728125006977.png

 ヘッドアンドショルダーズのカタチが見えます。
 またオシレーターもダイバージェンスを示していますのでネックラインをブレイクするとある程度下落するのではと見ています。
 ただ現状は、比較的堅調な日経平均などの動きで上昇気味ですけど。
 
 ドル円については、日足分析で書いたように上に行くのか下に行くのか分からない狭いレンジでの値動きです。
 特に、下値を更新したような時は、「これは大相場になるぜ!」と思うと反発するような動きを繰り返す私の中で「がっかりランキング通貨ナンバーワン」ですね(爆)
 ここ最近は、アナリストなどが良く触れることが多い日足200日移動平均線が支持抵抗となっています。
 この移動平均線は、ちょっとやそっとで方向を変えることがなく、現在は上向き維持ですのでブレイクしたならある程度の上昇を見込めるのではと思っています。
 ただ、一番当たりそうな予測は、「レンジ継続」といったところでしょうか?

  最後まで読んでいただいた方は、あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、15位くらいです。下降三角の頂点付近に達しました!?

 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・ひどいレンジに捕まってしまいました。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
 
2014/07/28 13:06|未分類CM:0
 私はTwitterをやっていますが、最近は相場があまり動かない・・・というか予想したように動いてくれないので愚痴っぽいつぶやきが増えてしまっています。
 自分の思い通りにいかない、ボラティリティーがない、トレンドが出ないといくら相場に対して注文を付けてもどうしようもないと分かってはいますが。。。
 ただ、2007年ころからのFX相場、ポンド円が上下に200pips動いたり、1時間足1本だけで3桁程度の上下があった時代を知っているクラシックトレーダーは、やはり物足りないものがありますね・・・。
 かといってそういった相場の時にうまく立ち回れたわけでもないのですが。

 さて本題に入る前に、ぜひ私の更新意欲を高めていただけるように応援クリックをお願いします! 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村 

 かつて読んだ書籍です。

裁量トレーダーの心得 初心者編 (ウィザードブックシリーズ)裁量トレーダーの心得 初心者編 (ウィザードブックシリーズ)
(2012/01/20)
デーブ・ランドリー

商品詳細を見る


 私の記事は、トレード金言ですが、この書籍には、理解度テストみたいなものがあります。
 ただ単に大きな上向き矢印、下向き矢印、平行線の3つの図があって、それぞれ上昇トレンドはどれ?下降トレンドはどれ?トレンドレスはどれ?・・・といったあたかも読者を馬鹿にしているような問題でした。
 しかし著者は大まじめのようで、とにかくチャートを見たら上向きだろうが下向きだろうが矢印が引ける状態なのか、つまりトレンドがある相場なのかを判断するようなのです。

 最近、毎回のようにアップしているポンド円4時間足チャートです。

gbpjpy140725.png

 大きな矢印を引いてみました。
 別に矢印ではなくラインでもいいのですけど。。。
 今は、ざっくりと下降トレンドですね。だから基本的にはショート狙いということですね。
 ただし、もっと細かく矢印判断?・・・つまりトレンド判断をしてみると大きな下落があってからは、見事なまでのヨコ横相場となってしまっていて、この部分だけでは矢印を引くことは困難ですね。
 なので、トレードには適しないってことなんでしょうけど、これは後からわかることが多いので、せめて狭い支持抵抗線などを引いて、そのブレイクを待ってから勝負するべきなのだと思います。

 かつてTwitterで、「時間足じゃチャンスがないなあ」などとつぶやいたら、「じゃあ時間軸を変えれば」などとありがたいお言葉をいただいたことがあります・・・。
 ただ、時間足レベルでトレンドがなければ分足でも同じ・・・というよりも利益が出しづらいんですよね。
 最近の相場状況ですと、日足、4時間足か1時間足レベルでロットを下げ、ストップが深めリミットも大き目でRRが1:1くらいのトレードをするか、あるいは私にはできませんが、分足でのスキャル的なトレードが通用するのかなと考えています。

 5分足です。

 gbpjpy1207251.png
 
 これも矢印を引いてみました。
 アドバイスをくれたような上手な方は、このような相場でも勝てるのでしょうけど私には無理ですね。
 
 話は変わりますが、ユーロが弱いですね、ポンドもそうですが時間足レベルでは、かなり長い下落相場となっています。
 こうなってくると、Twitterでのつぶやき、あるいは他のFXブログなどでも、「そろそろ底が近い。反転上昇かもしれない」って内容が多くなってきます。
 昨日もロンドンタイムの指標結果を受けての上昇で、あっさりと「巻き返しかもしれない」などと、とぼけたつぶやきをしていたアナリストがいました。
 実は私自身も、昨日のことではありませんが、ロウソク足形を見てそういった予想をこのブログに書いたばかりです(自爆)

 最近のような比較的大き目のトレンドってちょっとやそっとでは転換しませんね。
 少し戻したとしてもレンジとなってしまうようなことが多いです。
 それだけ大き目のトレンドってのは推進力のようなものが強いんだと痛感しています。
 なので大きな下向き矢印をチャート上に書けるような時は、中くらいの大きさの上向き矢印が書けるくらいになってからロングエントリーを考えたほうが良いのかもしれません。
 あるいはこちらで何回も書いているように、誰にでもわかるようなはっきりとしたヘッドアンドショルダーズだとか誰にでもわかるようなウエッジなどのチャートパターンを確認してからでしょうね。
 やはり中々天底を捉えるのは難しいものです。

 さてタイトルの、「相場がヒントを与えてくれる時」ですが、ライン分析をしていると、ラインに対するプライスアクションがトレードのヒントを親切に?教えてくれるような時があります。
 そんなに大それたことじゃなくて、今までも書いてきたようなロールリバーサルといったことなのですが。

 gbpjpy1407253.png

 こうやって後出しでアップしますと、トレード中にお前は気づいたのかよって思われるでしょうが、少なくともここにチェックした矢印については全て気づいていました。
 そのかわり、気づかなくても良いようなところも思い込みで気づいてしまって失敗がありましたが(爆死)

 このチャートの期間中にずいぶんとトレードを重ねてしまいましたが、実際は1番目から3番目の矢印+2~3回ほどの厳選したトレードで充分でしたね。
 やはり時間足メインにしている割に、私はトレード回数が多すぎると反省しているところです・・・。

 トレンドラインは、ブレイクしたからといってしばらくは絶対に消さないほうがいいですね。
 いわゆるトレンドラインへのプルバック、つまり本当に一度ブレイクしたのかを試す動きですね。
 以前も書いたことがあるかと覚えていますが、このプルバックだけを専門としてトレードするのも有力な手法であると思います。
 この方法は、ブレイクチャンスでは動かずに、ひたすらプルバックを「待つ」という忍耐力を要求されますけれど・・・。
 ですが、私が検証した限り、そしてコーチングで教えていただいたところでは、15分足から1時間足などでも十分に機能しますのでそれこそ時間軸を小さくするとチャンスも多くなるでしょう。

 このチャートの右側の小さな矢印2つも、私にとっては相場がこっそり?教えてくれた大きなヒントでした。
 「でした」・・・というよりも週末の現在も続行中です。
 一つ目はヘッドアンドショルダーズのネックラインに対するリテストでこれは成功しました。
 二つ目も同様なのですが、欲張って遅めのエントリーとなってしまったので見事にレンジに捕まってしまっていますね(笑)
 こういったコマ足が多い時は、動けば動くほど損失となってしまいます。
 なので、現在は、「わざわざ相場が私に与えてくれたヒントだ」などと、ありがたく納得してポジションを継続しているところです!
 他のペアがたまたま利益となっていて週末なのでもうあきらめようと思っていますけどね・・・。

 まだ粘っている勝ちトレード自慢をさせてもらうとUSDCADがなかなかうまくいきました(喜)
 4時間足です。

USDCAD0725.png

 かなりグチャグチャなチャートで余計なラインも消していませんが、黄色矢印がトレードチャンスだと思いロングして粘っているところです。
 このように一旦ブレイクした後、そのライン付近にジットリと?へばりつくような動きの時もなかなか勝率が高いですよ!
(シグナルインディケーターは、synergyというシステムのもので、もったいないので・・・なんとなく表示させているだけです。ただ左隅のインディケーターはそれぞれのTFでの平均足の色と勢いを示してくれるので、まあまあ参考にはなります)

 最後まで読んでいただいた方は、あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、13位くらいです。おそらくなにかヒントが書かれているかもしれません!?
 ウソです・・・。 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村 
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・ひどいレンジに捕まってしまいました。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
 
2014/07/25 23:28|未分類CM:2
 「相場は何かを信じなければやってられない~そしてあっさり諦めよう!」ってタイトルは自分でもどうかと思いますけど・・・・・・もう10年近くFXをやっている私の素直な実感ですね。

 さて本題に入る前に、ぜひ私のモチベーションを高めていただけるように応援クリックをお願いします! 
 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

 yyさんから次のようなコメントをいただきました。ありがとうございます。
こんにちは。。
アップしたチャートを拝見すると、
チャンスはなかなか来ない。
またチャンスを見逃さずに、エントリすることが難しいということがわかりますね。
やはり、忍耐が必要ですね。
では。


 本当にそう思います。
 私が時間足レベルでトレードしているからかもしれませんが、かつて15分足でトレードしている時にも同様のことを感じていました。
 特に最近のボラが低下している相場では、ひとつのチャートパターンが完成するのに丸一日から二日、あるいは4時間足などでは1週間から1か月以上平気でかかり、さらにそのチャートパターンが機能して思惑通りに進む、反対に逆行するといった結果が出るのも長い時間を要します。
 前者の場合はうれしくてしょっちゅうチャートを確認をしてぬか喜びですが、後者の場合はまさしく真綿で首を・・・って感じで苦しいですね(爆)
 また、そうやって長い時間ポジションを継続していると指標発表やら要人発言などで今度はごくごく短期間でそのチャートパターンを打ち消してしまったりする思わぬ動きをすることも多々ありますね。
 このへんのことは中々難しいのですが、きっちりとストップを入れて対応すること、そして利益方向へと動いたら難しさはあるものの利益を伸ばしていくといったことで対応するしかありません。
 こういった動きが嫌で短期時間軸でトレードするといった方も多いと思います。

 私や他の方も同じだと思いますが、一見して規則性が乏しい、というか捉えどころがないような相場の動きの中で利益を上げようとするなら、それを相手とするトレーダーは、逆に何か一定の規則やルールをもって対処しなければとても太刀打ちできません。
 またまた変な例えですが、無法地帯のような環境の中では、自らなにがしかの法律、規範、規律、マナーをもっていなければ生きていけないということと同じです。(いつものとおり自分に言い聞かせるつもりで書いていますので偉そうな表現をご容赦ください!)
 法律や規範がなければ、自らも堕落していってしまうばかりです。

 FX相場もうまく利益が上げられない時には、なんの規則もないまさしく無法地帯?のように感じてしまうことが多くあります。
 ですがそんなときに自らのトレードもなんの規則もなくやってしまえば相場と心中することとなってしまうでしょう。。。

 なので、自らを律する・・・つまり検証や実践の中で習得したトレードルールを信じて淡々と実践していく必要があるのだと思います。
 何を信じるかということに関しては、それこそ星の数ほどの手法があります。
 そういった意味ではルーティンワークのような日常とは違って、相場の世界では自らその方針を決めて遂行することができるので本当にやりがいがありますね!
負けてしまうと意気消沈してしまいますけどね・・・。

 信じるものとしては、いつも書いていますが移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI、MACD、サポレジ、ライン分析などなどいくらでも候補があります。
 このブログでは、かつては海外フォーラムでの主にオシレーターを使った手法を多く紹介していましたが、ここのところライン分析やチャートパターンが、どーしたこーしたと一丁前な?ことを書くようになりました。
 今後、変化があるかもしれませんが現状では、こういった手法が私にとって信じるべき手法となっています。
 また、タイトルの「そしてあっさり諦めよう!」といったくだりについては、自分が信じ切って確信を持ったトレードであっても、その根拠が希薄になる、あるいは崩れたならあっさりと損切りして次のチャンスを待つといったことです。
 このへんのことは、経験した方であればわかると思います。
 なかなか難しいのですが、確信を持ってエントリーしても、それが打ち消されるような動きとなってしまったら、その確信をあっさり切り捨てる潔さ、気持ちの切り替えが絶対に必要です。
 まあ、それだけのことなのですが、これが中々難しいことではあります・・・。

 あまり拙い文章だけでトレードを論じても仕方ありませんので、チャート画像をアップします。
 今回は中段保ち合いパターンの代表的なフラッグについてで、最近は、これが私の「信じるカタチ」の第一候補ですね!
 
 ユーロ円4時間足です。

flag4h2.png

 大きなフラッグというかチャネルといった方が良いのでしょうか?
 4時間足では、ある程度大きく下げた後、反発したため慣れないフィボナッチを引いてみると戻りは三分の二つまりほぼ61.8%で止まっています。
 そしてチャネルの下のラインは接点が3つ、上のラインはちょっとはみ出すところもありますが機能しています。
 ブレークした後の動きが大きく、さらに再度チャネルまで戻ったりしましたので、なかなか難しい動きでしたね。
 こういった動きにマイルールを当てはめるとしたら、最初のブレークで入りブレークイーブンあるいは薄利でエクジット、そして再度ブレークしたところで再ショートといったところでしょうか?
 もちろんこれがチャネルであるという何らかの確信を持てたなら前回書いたようにチャネル上限付近のヘッドアンドショルダーズやウエッジなどでショートするということも可能でしょうし、その場合は利益が大きくなりますね。
 実際には、こうやって過去チャートを見て書いているように上手くは立ち回れませんでしたが比較的大きな利益をあげることができました。
 ちなみにこのチャネルは、全体で約23日間かけて形成されたものです。
 
 続いて1時間足です。

flag1h.png

 これはフラッグとしては微妙なところでしたが、3点目となるべきポイントでコマ足が連続して意識されているなと考えました。
 このフラッグもどきの完成にも約60時間かかっています。
 今冷静に見ると、このトレードはちょっと危なっかたですね・・・。

 大上段に構えて、なにやら尻すぼみのような記事となってしまったような気がしています・・・。

 最後まで読んでいただいた方は、あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、13位くらいです。おそらくこのあたりがチャネル上限かもしれません!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・あっさり諦めたくありません。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
 
2014/07/23 13:55|未分類CM:2
 おはようございます。
 海の日恒例のライン分析です!?

 まずはじめにご挨拶がわりで?応援クリックをお願いします! 

 にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

 本日は日本市場がお休みですので、相場が動き始めるのは、皆さんが行楽から帰ってくる夕方あたりからでしょうか?
 前回の記事でちらっと書いたように最近はチャネル分析を多く取り入れています。
 特にメタトレーダーのFIbonacci Channel というツールの使い勝手が良いですね。

 これを使って私は8ペアから10ペアほど分析をしています。
 これだけ分析をして、これはなかなか良さそうだなと思えるのは3ペア程度でしょうか?
 こういった分析が功を奏したのか、週末木曜日からは重複ポジの累計ですが407pipsという今年最高の利益を達成しました!
 最近のようなボラが低下している相場では、ここぞというチャンスを見つけて勝負することが大切ですね。
 逆に言うとチャンス以外は手出し無用の相場ということでしょう。
 
 日足レベルでの罫線分析をやっておけば、あとは、プライスがどのレベルに位置するのかを確認し微調整するだけで良いので比較的楽ですね。
 週足、日足レベル+4時間足レベルので見直しを定期的にやっています。

 なお相場というのは二律背反のように、予測とはまったく逆の動きとなってしまうこともありますので、私の拙い分析は参考程度にしてください!
 
 ユーロドルの週足と日足です。 

eurusd721.png

 大きなウエッジ形状ですね。
 つまり、大きく見ると上値を切り上げ、下値も切り上げつつも、その勢いは減衰しているといったところです。
 週足で見ると、押し目程度かな?とは思えますが、時間足レベルでトレードする方にとっては、相当な下げと感じ、さらにまだまだこの下げは継続するように感じるでしょう。
 実際にその可能性も十分あると思いますが、週足上昇トレンドライン、そして日足や次の画像のロウソク足形状などで、この付近での反発の可能性もあるのではないかと考えています。
 ただ、大きな分析ですので、50~100pips程度の誤差を考えて反発が明らかになってからでも遅くはないでしょう。

 4時間足です。 

eu140721.png

 ロウソク足形は、反発前夜?のように見えますが・・・。
 4時間足に1200SMAを表示して日足の200日移動平均線代わりとしています。
 緑の下降チャネルの上限、そして下降チャネルを抜けると赤い200日移動平均線くらいまで上昇するのではと予測しています。
 またとても分かりやすいカタチだったヘッドアンドショルダーズのネックラインがレジスタンスとして機能するのかについても注視しています。

 ポンド円4時間足です。

gbj01.png

 先週は、ヘッドアンドショルダーズの赤色ネックラインがロールリバーサルでレジスタンスとなるかが私の研究課題?で注目していました。
 結果的には、そのネックラインでピタリと反応はしませんでしたが、一応機能して下落したので私のテクニカル期待感?を充足してくれることとなりました。
 さて予測は?・・・ということですが、よく分かりませんね(爆)
 方針としては、このネックラインがまだレジスタンスとして機能するのか?
 あるいは、新たに下降チャネルを引くことができるのか?元の大きなチャネル方向に戻っていくのか?・・・といったことを考えています。

 最後まで読んでいただいた方は、あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、17位くらいです。私のランキングはチャネルから外れてしまいました!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・下降チャネルが引けそうです。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
  
2014/07/21 08:28|未分類CM:0
 このブログでは、今まで5回にわたりオリバーべレスらによる書籍デイトレードについて書いてきました。

デイトレードデイトレード
オリバー ベレス グレッグ カプラ Oliver Velez

日経BP社 2002-10-19
売り上げランキング : 6840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 折に触れて書いてきたことですが、この書籍はけっして初心者向きではありません。
 それはなぜかというと、少なくとも自分で手法を構築し試行錯誤中の方、あるいはいろいろな手法を試してきたが上手くいかない方、そして特に勝ったり負けたり、あるいは口座をブッ飛ばしたといった貴重な経験?をした方にとって、多くの気づきがあるからです。
 そういったどちらかというと失敗あるいは挫折体験がない、いわゆる初心者の方などはピンと来ないことがあるかと思います。
 ただ、そういった実体験がないとしても、なるべく早いうちにこの書籍を読んでいただきたいと個人的に思っています。
 現在はピンと来ないようなことでも、後々、そういったことだったんだ・・・と感じることは多いです。
 また経験がないにしても早いうちに通読しておけば、相場の中でいろいろな間違ったこと、間違った考えをあらかじめ疑似体験して予防できるといった効果もあると思います。

 なぜ私がこのようなことを書くかというのは、この書籍では、主に損切りの重要性について説いているため、そもそもある程度のトレードルール、手法がある相場経験者を対象とした内容だからです。

 少し前に私が参考にさせてもらっている他のブログで、損切りができるようになるためには、長期間チャートを前にして何もしない訓練をすることだということが書いていました。
 まるでお坊さんが煩悩を断ち切る修行のようですね。
 これはすごくきつそうですね!
 こういったことも必要かと思いますが、あまり効率的ではないと思います。
 私が考えることは、検証などを重ねて損切りする基準を明らかにする・・・つまりルールを確立することが第一だということです。
 つまり、こういった基準で損切りすればトータルで勝てる・・・守らなければ負けるってことを自ら明らかにし理解した上、納得する作業が必要だと思います。
 そこまでやらないと人間が持っている本来強欲な脳細胞(潜在意識)は理解してくれません。
 そのような裏付けがなく、あたかも修行僧のようにメンタルを鍛えてもしょうがないでしょう。
 ぜひとも勝つための損切り、勝つために必要な損切りってことが分かるまで検証あるいは実践の中でもいいですが身に付けたいものです。
 ただ、そうであっても、ふとした油断でそれが守れないってこともある・・・というか恥ずかしながら自分でも経験したこともありますので、そういった時には、先ほど書いたような根本的なメンタルトレーニング、修行のようなことも必要なのかもしれません。。。

 そのトレードルールをどうやって身に付けるのか?ということについて、チャート図を示しての具体的手法などは、この書籍に具体的記述はありません。(実際には原書の後半部分にはいくつかのトレードメソッドがあるらしいのですが、主に米国株式などの手法で参考にはならないとのことです)
 ただ大きなヒントとして、「敗者の日記をつける」 ということで、負けトレードを徹底的に分析、負けを大きな宝物として勝つトレーダーとしての手法を確立していくことが述べられています。
 実際には負けトレードばかりの分析でなくても良いのですが、損切り基準を考えるためには、やはり負けトレードの分析がぜひとも必要であると思います。

 さて、今回は、この書籍とは直接関係ないのですが、書籍を読みながら考えた、というかエッジを再確認させてくれた手法を紹介したいと思います。
 いつものとおり何も目新しいことはない、ごくごく一般的な手法になります。
 タイトルの「トレンドフォローって一番難しい? できるだけ有利なところで入るための個人的見解」というのは、いつものように仰々しいですけどね。

 トレードルールを作るためには、以前このブログでも様々のシステムを紹介してきたようにいくらでも、まさしく星の数ほどありますね。
 移動平均線を使うもの、一目均衡表、ティックチャート、RSI、MACD、ストキャスあるいはエクセルに四本値を入力するもの、ピボットやフィボナッチを使うもの、ナンピン手法、トラリピ、もっと書くと占星術や高島暦を使うもの、業者間アービトラージなど・・・キリがないですね。
 本当に様々なアプローチ、手法があります。
 私が個人的に考える一番理解しやすく合理的で、なおかつ効率的なのは、今まで何回も書いているようにチャートパターン、ライン分析によるいわゆる古典的な手法だと思います。
 この古典的手法というものは、オシレーターのように難しい計算式もないしロジック不明のブラックボックスでもなく、理解するのはとても簡単です。
 参考書などを読みながら、なるほどなるほどと読み進めていけばすぐに理解できるはずです。
 そして一度習得してしまえば、テクニカル分析により投資、投機を続けていく上で絶対に損がなく一生使い続けることができるとても貴重な財産となり、さらに他の手法を使うにしても絶対に必要となる知識です。
 私もそうだったのですが一般的にトレードをやってみようとチャートを目の前にした時に、最初にMACDやストキャス、移動平均線やボリンジャーバンドといったところから始める方が多いと思います。
 私は、上記のようなオシレーター類は、あくまでもチャートパターンや罫線分析などの補助として使うものであると考えています。
 あるいはオシレーター類を主軸として使う手法であったとしても、その前提条件として古典的分析手法の知識を熟知しているといったことがとても大きな財産となってくれます。
 
 この古典的手法は、まっとうな参考書であれば、必ず書かれているもので私が推薦させてもらっている先物市場のテクニカル分析か、あるいは、シュワッガーのテクニカル分析といった定評があり網羅的な記載がある書籍をぜひ読んでいただきたいですね。
 図書館で借りるのもいいですが、数千円を惜しまず購入してアンダーラインを引きながら読んでください!
 
 このブログもそうかもしれませんが、一丁前にテクニカルを語っているブログを書いているような方は最低限、このレベルの書籍は必ず読んでいますね。

 さて、話をブログタイトルに戻します。
 The Trend Is Your Friend, Until It Ends(トレンドはそれが継続する限りあなたの友達)、トレンドフォローが基本、トレンドに乗ること、そしてこのブログのタイトルのAll you need is TREND !のように、トレンドフォローが王道的手法であることは間違いありません。
 ただ、どうやってトレンドフォローするの?トレンドフォローを実践しているけど全然勝てないってことも多いと想像しますし、実際にトレンドフォローってかなり忍耐力が必要ですし難易度も高いと思っています。(もちろんトレンドフォローの定義によって変わってきます。ここでは私が個人的に考えていることを書いてみます)

 あくまでも一例として参考にしてください。
 
 ポンド円の4時間足チャートです。

gj0717.png

 これは直近きれいなチャネルラインが引けましたのでアップしてみました。
 上昇チャネルですから、基本的にロング戦略を取るのがトレンドフォローですね。
 ただ、黄色矢印のようにスイングの高値ブレークで入るのは、実際にやってみるとかなりしんどいことです。
 このチャートの場合は、きれいな上昇相場なので利益を出すことができますが、いくら上昇相場と言えども戻りを入れながらですのでジグザグの下落スイングを耐えられるか?というところが難しいとこです。
 特に黄色矢印でエントリーしたら代表的なストップは前回安値となり、かなり大きな損切りとなってしまいますね。
 また高値ブレ―クでなくても、誰もが分かるような上昇スイングの途中で入るとなかなか利を伸ばすのが難しく、戻しやレンジにやられてしまうことが多いです。

 なので『押し目狙い』ということで移動平均線を基準としたグランビルの法則あるいはボリンジャーバンドが使われることが多いですし、私自身もいまだにそういった手法を取ることがあります。
 ただどこが押し目となるのか?本当に押し目なのかそれともトレンド転換になるのかといった見極めはとても難しいというのが実感です。
 
 特に移動平均線には様々な設定やパラがあって、どれが機能するのかといったことを見極めるのがなかなか難しいです。
 20EMAやら25SMA、72EMAや200SMAなどいろいろありますね。
 その点、トレンドラインやチャネルラインあるいは水平線(サポートレジスタンス)は、誰でも視覚的にわかるようなはっきりしたラインであれば、世界中のトレーダーと同じ認識に立つことができます。
 このこと自体がすごくエッジ(優位性)があることだと思います。
 こういった分析すること自体が、オリバーべレスが言うところの、
私は、多くの人々が知識すら身につけていないことを神に感謝する。
(ライン分析さえしないことに感謝する)
加えて、知識を身につけた者の多くが適切な思考を身につけないことも神に感謝する。
(ライン分析はするもののその適切な使い方を知らないことに感謝する)
そうでなけれは、知識と思考の両方を備えた者が収益を上げるチャンスが劇的に減少してしまうからである。
(ライン分析をして、なおかつ適切な使い方を知っている者が収益を上げるチャンスが劇的に減少してしまう)

 カッコ内は私の文章です(爆) ここではあくまでもライン分析のみについて書いてみました。
 
 最近は、このチャートのように、できるだけ上昇トレンドライン、下降トレンドラインのみではなくチャネルラインを、なかば強引に引くことが多いです。
 強引と書きましたが、最初の頃はチャネルが成立しないものの時間が経つにつれ、微調整が必要ですが、チャネルが成立してきて、しかも機能するようになることに驚いています。

※ 追記
 MT4でのチャネルラインの引き方です。通常の equidistant channel ツールでも構いませんが、まずは普通に1本のTrendLineを引いてから、そのライン上をダブルクリックします。その後、PCキーボードのCtrlを押しながらラインをドラッグします。そうしますと比較的簡単にチャネルラインを何本でも引くことができます。
 
 このチャートでは、最初の青矢印ではまだチャネルが確定しているかどうか分からないのでポジションを取ることが難しいのですが、その後はこのチャネルが売買の大きな判断材料となってくれます。
 そして私が一番大事だと思うことは、なるべくチャネル下限に近い場所でロングする、そして余裕があるならチャネル上限に近い場所でショートするということです。
 こうなると逆バリ的な手法じゃないのか?という疑問が当然ありますが、私はトレンドフォローだという意識でやっています。
 
 もちろん、このチャートのように上手くいくことは多くありませんが、まず第一に損切りがとても小さく設定できるということと、取れた時の利益が大きくなるということです。
 これは勝率がいくら低いとしてもペイオフレシオの関係から相当エッジがありますね。
 またそもそも勝率はそれほど悪くはありませんし・・・。、

 1時間足チャートです。 

gj07171.png

 4時間足から1時間足あるいは30分足にスイッチすると4時間足では見えなかったチャートパターンや新たなチャネルなどが見えてくることが多いです。
 もちろん逆に、4時間足だからこそ見える、日足だからこそ見えるチャートパターンというのもあります。
 よくMTF判断で、4時間足がこうなった時、1時間足で・・・といった手法がありますが、私が考えるMTF判断というのは単に上記のようなことです。(というか、あまりに頭がこんがらがってしまい、そうなってしまいました・・・。)

 最初の矢印はヘッドアンドショルダーズですね。
 実際私は、もっと下がるだろうと思い込んでしまって損切りとなってしまいましたが・・・。
 2番目の矢印はダイバージェンスと直近高値抜け、また上昇チャネル内の小さな下降チャネルブレイクですね。
 3番目の矢印はヘッドアンドショルダーズ、そして4番目は、大きなチャネルブレークです。
 5番目は、4番目のブレークが元のチャネルに戻ったのでかなり悩みましたが、最終的にはチャネル下限付近でちゃぶついて下方にブレークしたのでシショートして現在約70pipsの利益となっています。

  こうやってみると、4番目5番目のチャネルブレークは別として、4時間足の大きな上昇トレンド中のチャネル内での売買はショートが2回、ロングが1回と逆バリ的ではありますね。
 ただ私は完全なトレンドフォロー戦略だと思ってトレードしています。
 実は、このへんの定義ってのは人によって違ってしまうのですけどね。

 気を付けていることは、繰り返しになりますが、チャネルの下の方ではロングする、上の方ではショートする、逆に言うと、トレンドフォローだぜ!っていうことでチャネルの上の方ではロングしない、チャネルの下の方ではショートしないということですね。
 なので私が考えるトレンドフォローというのは、ごく短期的そしてエントリーするタイミングというのは多分に逆バリ的で、その後の大きなトレンドに、あわよくば乗っかっていくといった感じで、トレンドが既に出ている時に追いかけるといったイメージではないですね。

そしてそのことに加えてなんらかのチャートパターン(ウエッジやヘッドアンドショルダーズなど)やらダウ理論によるジグザグ判断、またはピンバー、コマ足、包み足などのロウソク足判断を加味することです。
 きれいなチャネルが引けた時は本当にチャンスで、なかなか負けづらいはずです。
 それでも昨今のようにボラがなかったりすると負けますけどね・・・。

 「安いところで買って、高いところで売る」というのが相場の鉄則で、私もそのとおりだと痛感しているところですが、ラインを引くことができ、さらに少しだけテクニカルの知識があれば、十分に可能なことだと私は確信しています。

 最後まで読んでいただいた方は、あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、15位くらいです。私のランキングは下降チャネルの真っ只中です!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・ベアリッシュダイバージェンスが出現しそうです。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
  
2014/07/18 00:57|未分類CM:2
 オリバーべレスらによる書籍デイトレードについての記事は今回で4回目となりました。
 
 すいぶんとこのブログ更新のネタとなってくれたのですが、そういったことよりもぜびともブログネタにしたい内容であった、ブログにぜひ書きたいといったところが本当の気持ちです。
 当然、アフィリエイト目的といったこともあります。(1名の方が私のリンクから購入していただきました。ありがとうございます <(_ _*)>)

デイトレードデイトレード
オリバー ベレス グレッグ カプラ Oliver Velez

日経BP社 2002-10-19
売り上げランキング : 6840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 今回は、「成功するための負け方」、「失敗トレードを活かす方法」といったことを書いてみることにします。

 その前に、私が経験した、ほんのちょっとしたアマチュアとプロとの違いを書いてみます。
 トレード手法が云々といったことではなく考え方がやはり違うなと感心した例です。
 読まれる方は、なんだ小さいことだなと感じるかもしれませんが、私にとっては大きな差異であり、収穫となったことです。
 この感覚が上手く伝わるかどうかちょっと自信がありませんが。。。

 私としてはめずらしく中期スイングのロングポジションを持っていました。
 そのポジションは、順調に利益を増やしていきましたが、ある時、比較的大き目の戻しがありました。
 ただ、その戻しは中期のスイングとしては、いわゆる通常の押し目と判断できるもので、チャートパターン的には、レクタングルつまり長方形のボックスで推移していました。
 
 私はこの時、レクタングルの真ん中あたりで、利益が目減りしていくことに耐えられなくなり、エクジットするつもりで相談すると、プロの方は、「そもそも上昇トレンドは明らかなんだから、このレクタングルはまた上にブレイクするって思って持続していますよ。あっはっは」といったスタンスでしたね。

 実際には残念なことに、このポジションは、その後、レクタングルを下方にブレイクしてしまいました。
 私は、「いやあ、まだまだだろう。プロがいうとおり、そもそも上昇トレンドなんだから、また戻すだろうよ。あっはっは(謎)」ということでエクジットすることなく、結局は、ほんのわずかな利益で撤退することになってしまいました。
 一方プロの方は、「ああ、あれ?レクタングルを下抜けたんだからもちろん利確したよ。十分な利益だったんじゃない?あっはっは」とあっさりしたもんでした・・・。

 この例では、後から考えると、レクタングルの中にプライスがある時に決済しておけば一番良い結果となりました。
 ただ、結果が出てから自分の考えの方が正解だったとは言えないし、スイングトレードとしてはプロの判断が正解であったことは間違いありません。

  また2つ目の間違いは、そもそもダウ理論やチャートパターンに基づいたトレードをしているのに、レクタングルを抜けても、上昇するかもしれないといった淡い期待をもってポジションを持続したことも間違いでした。
 もちろん、再度、レクタングルに戻り上昇を続けるといった可能性もあったでしょう。
 しかし、私の思考法には全く一貫性がありませんね。

 オリバーべレスはこのように述べています。

・ トレーダーはトレーディングの結果に左右されてはならない。
・ 勝つか負けるかは、彼自身(完成されたトレーダー)の選択の副産物にすぎない。
・ 終わりに注目するのではなく、その間に何があるのかをはっきりさせなければならない。


 本当に、脳の中に沁み込んでくるような文章で、もしかして私のために書いているのではないかと錯覚してしまうほどです(爆)

 私などは、まだまだひとつひとつの勝ち負けにかなり執拗に?こだわり、それが良いトレードであったのか悪いトレードであったのかということをそれほど省みませんでした。
 やはりこういった一貫性のないトレード、考え方ではだめですね。
 
 このようなことは次の教えに集約されると思います。

 『トレーディング手法を身につけること自体はそれほど難しいことではない。難しいのは、それらに習って訓練し、実践することなのである。』
 
 この経験は、考えてみると大したことないような気がしますが、私にとっては大きな転機となりました。

 また長くなってしまいそうですので先を急ぎます。

 この書籍第3章は、『逆境と損失~トレーディングで成功するための必要条件』というものです。
 まずは要点を引用してみます。(一部株式用語をFX用語に変えています)

・ 負けた取引が、取引手法、技術、そして勝つための戦略を身につける動機となったのである。
・ 逆境―損失―はマーケットから得られる最高のお土産だ。
・ 今から「敗者の日記」をつけることをお勧めする。
 負けた取引について、通貨ペア、日付、エントリー価格、エクジット価格、エントリーの理由、そしてエクジットの理由を記入するのである。5~6回負けた取引が記入されたなら、それらを見直し、詳細に検討するのである。負けた取引に共通する要因を探すのである。
・ 失敗のみが道を照らし、進むべき道を示してくれるのである。
・すべての負け方を知ったうえで、勝ち方を知るのである。


 トレード日記をつけることは、私が今まで読んだ相場本では必ず書かれています。
 ここでは、「敗者の日記」を薦めていますね。
 もちろん、この負けトレードだけに特化する必要まではないと思います。
 ただし、最初のころは、ここで述べられているように、負けトレードを重点的に記録して検討することが本当に大事ですね。
 実際には、負けトレードが連続したりすると画像をキャプチャーするのも嫌になってしまうし、分析検討するにしても、私の場合、「感覚的に上がると思ったから。自分の相場観を信じた」などという謎だらけのオカルト文章ばかりとなってしまうことが多いです(爆)
 ただ、こんな反省検討でも得ることは多いです。
 単純に値ごろ感や、感覚トレードをやめればいいだけですから。
 大負けしたトレードは思い出すのも嫌だし、ましてやそのチャート画像を保存するのも嫌でできれば記憶から消し去り、なかったことにしたいものです。
少なくとも私はそうです! 
 ですが、勝ちトレードばかりを反芻して悦に入っていて、負けトレードを反省検討材料として活かすことができなければ上達は覚束ないでしょう。
 政治家が良く使う論法にすると、『負けトレードなくして勝ちトレードはなし』といったところでしょうか?

 ・・・しかし、ここまでやったとしても悪癖はなかなか矯正できないので、私は、100円ショップでホワイトボードを買ってきて、「感覚トレードは絶対やるな」、「エントリーの根拠は?」など4項目くらいを書いてモニター近くに置いています・・・。
 余談ですが、特に高値追い、安値追いといった根拠がない感覚トレードは、いやになるほど高い確率で負けてしまうものです。

 強欲、金もうけがしたい、損失は被りたくないといった人間本来が持っている性(さが)というのは、このくらいしないと治りませんね。
 それだけお金が人間に与える影響というのは大きいものです。
 なんたってお金のため戦争がおきたり、殺人事件がおきたり、人間関係、家族関係までが壊れたりと、そのパワーは圧倒的に凄いものなんだと認めなければいけないと思っています。
 あまりにも話が大きくなりましたが何か?

 やはりずいぶんと長くなりました。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 持論を展開した部分も多く、異なる見解をお持ちのかたもいらっしゃると思いますが、あくまでも私個人の意見としてお読みください。

 あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、16位くらいです。ランキングの敗者にはなりたくありません!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・ちょうどレクタングルでもみ合っています。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
  
2014/07/10 14:09|未分類CM:0

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。