とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 Spuds Stochastic Thread Theory(スピッドのストキャス糸理論!?)で使用するのは、当然のことながらスローストキャスティクスです。
 このスローストキャスティクスというテクニカルには、ずいぶんとダマされた方が多いのではないでしょうか?(私もそうですが。。。何か?)
 ですから、この複数のストキャスを表示するシステムであっても当然ダマシはあります。
 
 通常は、8・3・3だとか14・3・3といったパラメーターで単独表示させ%Kと%Dのクロスでタイミングを取っていると思います。
 
 しかしこのシステムでは、期間を増減したものを複数表示させ視覚的に判断しやすく、そして新たにロープというある程度信頼できるパターンを得られたのが大きな特徴であると思います。
 また、チャート画像を見て頂ければ分かるように、この複数のラインは、まさしく複雑怪奇な図形を生み出します。(なにか昔、特殊な定規でこういった図形を描いたことを思い出しました)
 見ているだけですと、綺麗でいいのですが。。。
 ある程度のパターン認識力が必要でしょうね。

 LTFS(低位のライン)が、HTFS(高位のライン)の先導役として、トレンドの継続あるいはトレンドの終焉を知らせてくれる水先案内人のような存在です。
 ですが、あまりLTFSだけに気を取られると利益を逃したり、逆にLTFSを無視すると利益を減らしたり損失となったりするので注意が必要です。
 このへんは、低位の青いラインがその方向を変えていったら充分に注意する必要があります。

 いずれにしろこのシステムは、ストキャスを使用しているのですから、本来のストキャスの性能が良くなるわけではもちろんありません。
 ですが、判断がしやすくなる・視覚的に見やすい・LTFSとHTFSの双方で判断できる・特殊な形状(ロープ)を出現した時は確率が高くなる・・・といったメリットがあると思います。

 私は、このブログで、テクニカルなど何でもいい!ダマされる時は全部一緒だ!・・・などと暴言?を吐いたりしています。
 この考えは、RCIにしろ、CCIにしろ、DMIにしろ、とにかく見やすくて判断しやすければ大差がないと思って書いていることです。
 そういった意味では、このSpuds Stochastic Thread Theoryは、充分条件がそろっていると思っています。

 さて、いつものとおり前置きが長くなりました。
 スレッド内の内容を少し紹介してみます。 

・ このセオリーーには、相当な熟慮、注意が必要で多くのパターンを認識する力が要求されることに注意してほしい。
私自身、このパターンについては70%ほどしか分析できていない。
だが、いくつかの容易なパターン(easy patternがあることが朗報だろう。
ただこのイージーパターンは、出現頻度は少ないのだが、だからこそもし出現したら、トレードチャンスとなるだろう。

・ 時間軸は、大きな利益を取りやすいといった意味で1時間か4時間足を使うことを薦める。
私個人としては1時間足が良いと思うが、最初はライン状態を見極める時間が必要なので4時間足を使うべきだろう。
30分足以下では、判断する時間に余裕がないので難しいかと思う。

Spudfyre氏は、比喩を使ったりしてチャート状況を上手く説明していますが、ここで全てを引用するのは大変ですので、チャート画像で説明したいと思います。

 ポン円1時間足です。(※ この記事ではポン円チャートを使っていますが、万が一、実トレードするときは他の通貨ペアのほうがいいと思います。ポン円の場合は、儲けもでかいですが当然損失も大きくなりリスクが大きいです。逆に、デモトレードでしたらトレンドが発生しやすいポン円が良いかと思います)


 

 画像内に説明を書いたとおり、左の赤枠部分は、ほつれた糸が徐々にひとつのロープを形成しています。
 ですから、その状況を見極めればショート方向でしょう。
 中央の赤枠は、1本のロープとは言えませんが、各ラインが一定距離で絡まることなく上昇しています。
 なお、エントリーポイントは波線の23.6レベルを上抜いた時です。そしてエクジットはLTFSが80レベルに到達し方向を変えた時です。このエクジットポイントは慎重すぎるかもしれませんが妥当なところだと思います。
 これは0から100の範囲内でストキャスを表示していますので、もしこれ以上一貫して上昇を続けたとすると、天井にへばりつく状態が続きます。
 そういった時には、ロウソク足上のストキャスラインを観察すると、頭打ちなのか、それともまだ伸びるのかが判断できるでしょう。(これはけっこう上級テクニック?)
 最後の赤枠は、糸がほどけてしまいLTFSが下に垂れて、まるで「網・fishnet」のような状態となっています。
 こういった状態では、ポジションを持っていたらエクジットすべきで、またこのような状態では、ショートあるいはロングもエントリーも方向性がでなければできないでしょう。

 同じくポン円1時間足です。



 これは、ほどけた・・・というかかなり糸が緩んだ状態です。
 ですが、それぞれの糸が一定の間隔で上昇を続け、ストキャス80レベルまで到達しています。
 ですから、シグナルとしては弱いのですが、途中で糸が絡まったりしなければロングすることができます。
 エクジットは赤丸付近の「網」となった時か、安全策では赤丸の左側がいいでしょう。

 同じくポン円1時間足です。



 これは失敗トレードです。
 当初、ほぼロープに近い状態で23,6レベルを上抜きましたが、途中で青い糸が徐々にほどけていきその後LTFSが頭を下げてしまい、その動きがHTFSを先導してしまいました。
 こういった時は、損切りしなければいけません。

 なお、この画像には表示していませんが、ボリンジャーバンドを追加するのがいいと思います。
 そうすると、現在のロウソク足のボリンジャーバンド内での位置関係や、ボリンジャーバンドミドルラインの傾きによってトレンドが判断できます。
 上記画像の場合は、下げトレンドですので、LTFSの上昇そして下降を戻り売りのタイミングのシグナルとすることができるでしょう。

以上で画像説明は終わりです。
一応、オリジナルルールに則った説明になりますが、 Spudfyre氏のように中々上手く説明ができずかなりポイントだけになってしまいました。

 なお、各チャートの下にあるヒストグラムですが、これは♯MTF S STOCHASTIC Thread Wallというインディケーターです。
 ストキャスティクスのelasticityを測定するものです。
 このelasticityという単語を調べますと「弾力性」という意味のようです。
 青のヒストグラムが大きくなるとLTFSが伸びてしまい無秩序の状態になる。
 赤のヒストグラムが大きくなるとHTFSが伸びてしまい無秩序の状態になる。
 そして黄色のヒストグラムは、それぞれの度合いが大きくなったことを示すシグナルです。
 少し分かりにくいと思いますが、最初の画像では、ロープ状態つまりどの糸も伸びきらず秩序のある状態では、青と赤のヒストグラムは小さくなり、さらに黄色のヒストグラムも出現していません。
 このインディケーターは、なかなか素晴らしいものだと思いますが、実際にストキャスの糸のほつれ具合を見れば分かりますので特に必要はないかもしれません。
 なおこのインディケーターは、ポスト♯61でDLできます。

 このインディケーターを作ったのは、前回の記事で引用しました「1日10pipsでいいじゃないか!」と書き込みをしたemdaというIDの方ですが、このemba氏がまた参考になることをポスト♯120でコメントしていましたので引用します。

(いくら10pipsの利益が堅いといっても)・・・100pipsのドローダウンがあり得るのだから高レバはやめておけよ!俺も、同じミスをしたことがあるんだ。投資を始めようとするなら、明確なマネーマネイジメントを確立しとかなきゃいけないのさ。どこまでのドローダウンに耐えられるのか?これが一番大事な質問だ、1年間でどれだけの金を稼ぎたいのか?それとも2年間?10年間?これはトレーダー個人個人で違うのさ。だからこそ俺たちは自分自身のストップロスレベルの基準を持っていなけりゃならないんだ。

 俺のアドバイスは、4時間足のチャート状態に忠実であれということなんだ。・・・そして4時間足と矛盾する状態で1時間足で決してエントリーしちゃいけない。このふたつの時間軸だけで充分さ。もしもっと多くの時間軸を見たりしたら、おそらく頭がゴチャゴチャになっちまうに決まってる。
経験や練習を積めば、エントリーしていいか悪いかが分かるようになるだろう。
トレンドラインやチャネルラインを使えばすごく大事なエントリータイミングをマスターする助けになるだろう。そうやってロープの方向性を見極められれば、多くのエントリーポイントを見つけるのが容易になるだろうよ。

俺にとって、FXで一番難しいことは・・・トレードしないでベストエントリーのチャンスが来るのをひたすら待って待って待ち続けることなんだ。値動きが難しく感じたら、マウスをクリックしないことだよ。
この解決方法は、PCに接続していない別のマウスをクリックして気を収めることだな!
ベストトレーダーは、リスクが最高に少ない時にエントリーするもんだ。
そうすりゃ1年に1000回トレードするよりも、たった5回のトレードで勝つことができるのさ。

 ちょっと調子に乗って古いアメリカドラマの農夫風?に訳してしまいました;;
 
 なお、ポン円でゼロゼロ付近のサイコレベルでエントリーするのが良いといった趣旨のことが書いていますが、私個人はこのサイコレベルでは危険な動きをすると思ったので訳しませんでした。

 4時間足の方向性を参照して1時間足でエントリーする・・・といったところは実践者の意見として参考になると思います。

 さて、明日はイースタンマンデーということで、先週金曜日と同じような不安定な動きになるかもしれません。
 ですからトレードはお休みして、Spuds Stochastic Thread Theoryの観察をしてみることにします。
 
 過去チャートの検証では良さそうに思えても、実際トレードしようとすると意外と上手くタイミングが取れなかったりすることが往々にしてありますので。。。

 それでは、またっ!

Happy ROPE trading :-)

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします)

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
もしよろしければご検討をお願いします。


裁量トレード系で、しかも具体性があるシステムです。努力が必要ですがマスターできれば「FXで生活する」ことも夢ではなくなると思います。現時点一押しです。

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
 
2008/03/23 20:33|未分類CM:2
Trend Follower 5 Minute Systemに表示してみましたが、
視覚的にはいいんですよね。
これでエントリー基準にするならやはり1時間がベストじゃないかな? 
Airock #Ubf2WGPA|2008/03/24(月) 19:31 [ 編集 ]

結局は、ストキャスの多数本表示ですから、おっしゃるとおり「視覚効果」+「形状パターン効果」ですね。
記事でも書きましたが、特にストキャスの性能・信頼度が高まるわけではなく、分かりやすくなるといういことですね。

他の手法の補助インディケーターとして使うと、かなり有益だと感じています。
トレンドフォロワーは、そもそも5分足ですが、この時間軸で使っていたとしたらいかがですか?
私も短時間軸で試してみたいのですが、そこまで手が回っていません;; 
システムマン #-|2008/03/25(火) 00:11 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。