とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 今日は日曜日・・・早朝から北京パラリンピックの開会式(ダイジェスト)を観ています。
 中国という国がどうのこうの、演出されたものでは?といったことは抜きにしてダメです・・・「ダメ」というのは本来の意味でなはく、恥ずかしながら感動をしてしまいダメなのです;;
 どうも最近はこうやって涙もろくなってしまったようです。。。
 そういえばテレビを観ながら泣いている母の姿を私は笑うようなことがありましたが、私もその母と同じような年齢そして心境に近づいてきたのかもしれません。。。

 閑話休題! 
 本論の「受け売りの知識」に入る前に身辺雑記を。。。

・ 昨日はPCデポというコンピューターショップに行きメモリを買ってきました。
1ギガのを2枚購入です。これはバルク品と表示されていたCENTURY-MICROというメーカーの商品で1枚7,970円合計1万5,940円でした。
正常動作しなければ交換が可能ということでしたが、正常に認識されています。
今までは合計1ギガでしたから2倍になりました^^
通常、MT4とサザチャート、そしてメーラーやインターネットブラウザを開くとPF使用量が多いときで750メガほどになってしまっていたので、物理メモリが1ギガだとかなり苦しい状態でした。
昨夜アンチウイルスソフトとチャートなどを同時に立ち上げたところ、やはりウイルス検索の負荷は相当高いのですが、チャート操作は不可能ではないレベルでした。
また通常のアプリケーション起動(エクセル・ワード・PDFなど)は驚くほど高速化されました。
PCを新たに買い換える予定はないが、動作に不満があるといった方にはメモリ増設が本当に効果的です。
※参照リンク
効果てきめん!メモリ増設の効果
メモリ不足判断基準(PC Online)
Windows XP高速化.com (このサイトではレジストリをいじらずにできるスタートアップ項目、自動起動プログラム停止、視覚効果の制限などをやってみました)

・ひとつ前の記事で、213円でショートした!・・・などと書きましたが、このレベルでもしショートできていたらもう歓喜の記事ばかりになるか、あるいはブログなど二の次になって更新していませんね;;
正確には193円ちょうどくらいでした。すみませんでした。

さて受け売りの知識ですが、これは2つあります。

ひとつはGFTチャートでの一目均衡表の表示方法です。
これは、FX・株のテクニカル分析入門 というメールマガジンからです。
まだ発行部数は1103となっていましたからそれほど有名ではないのかもしれません。
この発行者は、なんと一目山人(故・細田悟一氏)のお墓参りをしてしまうようなかたです!
もちろん一目均衡表だけではなく他のテクニカル分析も、(かなりくだけた表現で)書いていますので私は興味を持って読んでいます。

さて今回のメルマガ内容は、GFTチャートで一目均衡表を正しく(というか日本時間午前6時のNY終了時間・・・24時間市場ですので一応多くの場合に区切りとなる時間のこと)表示させる方法が書かれていました。

 詳しくは、上記リンクのバックナンバーで分かるのでここでは簡単に引用してみます。
タイムゾーンをGMT-03:00にすると、GMT0:00(日本時間9時)の3時間前、すなわちGMT21時(日本時間6時=夏時間のNYクローズ)に日足の区切りが行われるようになります。


 そして一般的なパラは、GFTチャートの場合は独自のものなので
Tenkansen 9  
Kijunsen 26  
Senkouspan 52  
Chikouspan 26  
Horshift 26
 このように設定するのが本来(オリジナル)のもののようです。

 サザインベストメントのチャートでは日足だけ一目を表示させていましたが、上記設定jに変更して表示してみました。



 私の色設定のため下ヒゲが見づらくなっていますけど、upcloudの下限が抵抗になっているのがわかります。
 ちなみに赤色MAは、200日SMAです。ちょうどこのレベルが前日終値、当日始値になってますね!
 私自身、一目の知識は、投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引]から得たものだけですので全く詳しくありません。
 ただ文字通り、ひと目で強弱関係を把握しやすい・・・つまり雲の上にプライスがあるのか、下にあるのか程度のことを参考にしているところです。

 次の受け売り知識ですが、これは先物市場のマーフィー先生ではなくて、日本のマーフィーさんの週間メルマガからです。
 これはマーケットホームルーム~「最強の外貨投資法」を伝授という無料メルマガです。
 最近になってマーフィーさんは有料メルマガを販売するようになりました。
 私も、有料のメルマガを購読しようか思案中なのですが、あまり多くの情報を頭に入れてもどうなのかと考えていて購読まではしていません。
 またいろいろと探せば、無料でも良い情報は入ってきますしね。。。
 結論は、そういった情報をどう生かすかといったことでしょう。

 これも上記リンクから最新号を読めますけど、とてもタメになることが書かれていましたので一部引用します。

(ここのところのクロス円急落でロスカットすべきかどかについて、マーフィーさんは断固ロスカットすべきだと述べた上・・・)
■ここでのポイントは何かと言いますと、結果として、ポンドなり、豪ドル相場が上昇に転じて、持っているポジションの評価損を減る方向に推移したとしても、それはあくまで結果として「ラッキーであったか、ラッキーでなかったか」の違いだけなのです。

トレードスタイルそのものを変えないと、結局は、その方々は最後には大損をして、市場から退却させられるのが目に見えているということです。

今回ポジションをキープして、相場が戻る過程でロスカットをしたとして、現時点よりも大幅にロス分が減ったとして、果たして本当に良かったのかどうかという大きな問題が残ります。

仮に、今なら100万円のロスの確定で済んで、これを機に徹底的にリスク管理やポジション管理の重要性を認識して、将来のトレードに役立てることが出来れば、これほど効率の良い先行投資はなかったと言えるわけです。

ところが、100万円のロスを我慢して、50万円程度までロスが減った時点でロスカットするなりして、「ああ良かった」などと感じてしまえば、きっと、その方は将来、もっと巨額のロスをすることになるかもしれないのです。

まさに「人間万事塞翁が馬」というわけです。
災難が転じて福となる、もしくは福が転じて災難となるということです。


うーん、とても参考になります。
このへんのことはなにもマーフィーさんでなくても多くのところで目にする論点であります。
ただし、これを実行できないトレーダーはたくさんいます。
なぜならその証拠に私自身がいまだにそのような間違いを繰り返してしまうからです!(爆)
(まあ少しはマシになりましたけど。。。)

 実は、上記のことよりも今回のメルマガではユーロ円のチャートを見て、軽くショックを受けました。。。

 オリジナルの画像をそのまま転載するのはどうかと思いますので私がキャプチャーしたチャートです。(オリジナルでは一目均衡表で分析していました)

 

 これはマーフィーさんの分析とは、ほとんど関係なく私の単なる「見た目の直感」になります(爆)
 週足ですから少しの違いで何百pipsの差にもなってしまいますが、そういったことを考えずに!見ると、下落基調の後に下ヒゲが出現したら、過去(最近)の例から大きな上昇が見込まれる・・・といったことがチャート上から分かります。
 また相当大きな幅のゾーンではありますが、一応サポートレベルならぬサポートゾーンとなっています。
 しかもチャートに付けた下ヒゲAと下ヒゲBの形はなにかそっくりです。
 すると。。。「今からロングしても1400pipsは軽いな!」などと妄想しているところです(笑)

※ 追記 ただ実際には、日足や時間足レベルで陽転を確認してからエントリーすべきです。まだまだダウントレンドが終焉したとは断言できませんので。。。

 これもチャートパターンと言えるのでしょうか?
 
 以上受け売りの情報ばかりでした。
 とにかく投資情報というのは、自分の中で消化できるかどうか、そして何を採用して何を捨てるのか・・・といったことが実力のひとつだと思っています。
 私は、何がダメ、これが良い、こうしなさい!・・・といったことはなるべく書かないようにしています。(時としてそんな書き方をしてしまうことがありますが。。。)
 もちろん最近書いているチャートパターンやトレンドラインによる投資法には充分なエッジがあると思いそのスタンスで記事をアップしているのですが、その考えが最善のものであるか、あるいは今後もずっとこの方法を続けるかは私自身も分からないのです。
 もしかしたら、明日からはスワップ派に転じるかもしれません!

 あくまでもこのブログにおける「私個人」の考えはこういったスタンスですから記事の文章は、「~と思います」「~かもしれません」・・・といった歯切れの悪さばかり目立ちますが、そういった書き方しかできませんのでどうかご容赦お願いします!

 さて来るべき私の夢「田舎暮らし」のため、これから少し外に出て体を鍛えてきます!

 そんな私に愛の手を!
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・パワーバランスが崩れています;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

★トレンドライン、チャートパターン、ロウソク足形状などで参考となるサイトをまとめてみました。
No Brainer Trades  (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
Drawing correct resistance and support-lines (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
daily candle chart (主にロウソク足型分析について FFスレッド)
ActionForex(Action insight)(総合的チャート分析)
これらは時々チェックすると思わぬ宝物がみつけられますよ!?

★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  それでは、またっ!

   Happy PowerBalance trading : - )

・・・・PR・・・・
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。


私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!

 
・・・PRおわり^^・・・

・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
   
2008/09/07 12:51|未分類CM:12
こんにちは。初めましてです。
いつも関心しながら記事を拝見しているのですが、
特に今回のGFTチャートでの一目の表示のさせ方はとても参考になりました。実は最近この問題を気にしていましたので。

最初はMT4の一目の雲の形状がおかしいと情報を頂き、GFTチャートと見比べ、まったくだ等と言っていたのですが、なんとGFTチャートもおかしいのですね。困ったものです。
しかし不思議な事に、それなりにどちらも機能するのが不思議ですね。

それから、もっちさんのブログにも議論があった、トレンドラインブレイクの可否についてなのですが、15分などをメインにトレードしていると、勢いやローソク足のパターンなどから、判断がしやすいように思います。ただ、長い時間足になるほど、チャートがレンジ気味になりがちなので、やはり判断に迷うのでしょうか?

そう考えると、値幅観測やフィボナッチ、前回どれくらいの規模のトレンドライン、チャネルラインをブレイクしているのか?などから、価格の到達地点のめぼしをつける必要があるのかもしれないですね。

現在のドル円の底値などは、4時間足のチャネルラインの同値幅下落しているのをみても、案外きれいに相場は動くのだなと関心していました。

最近トレンドラインを引き始めて、いかに先手先手でラインを引けるかが勝負のように思うこともあります。
(こうやって書くと随分な常勝トレーダー振りですが、決してそんなことはないので、話半分に聞いてやってください)

それでは、これからも愉快な文章楽しみにしています。
では、です。 
末っ子長男 #-|2008/09/07(日) 14:25 [ 編集 ]

連続コメントです。
先程のトレンドブレイクの可否について、
ちょっと頓珍漢なことを書いてしまったかなと思いまして(汗)

もう一度考えをまとめているのですが、
どのトレンドラインや抵抗線で反発して、現在のトレンドラインに辿りついたかというのは結構大事なのかなと・・。

あとは天井や底のチャートパターンが出た後の値動きかどうかなど、考え出すとキリがないですね。。。

おそらく有効だと思うのは、大きな時間足でのトレンドラインの場合、それより小さな足の値動きに注目するのは大事だと思います。

たとえば、4時間足のトレンドラインの攻防をみると、その時間足だけでみると判断がつかないのですが、15分などもう少しミクロなチャートでみると、ライン付近でヒゲを連発していたり、反転のパターンがでていたり、判断が可能かなと思います。

 
末っ子長男 #-|2008/09/07(日) 18:55 [ 編集 ]

こちらこそはじめまして。コメントありがとうございます。

私も一目がチャートごとに変わってしまうことがちょっと・・・でしたが、理論的に考えればこの記事で紹介したとおりのことでしたね。
そういった意味で私も、「あっ、これはブログに書かないと・・・」などと思いました。

ブレイクアウトするかどうか?・・・といったことについては、まさしくそのとおりですね。
なるべく長時間足を主に観察する・・・と書いてますが、エントリー時あるいはエクジット時などは、短時間軸に下がって判断する必要がかならずあると思います。

ただし、これは週足メインでトレードしているようなかたでしたら、やはり細かなノイズなどを拾ってしまうので、せいぜい日足、4時間足程度でしょうね。
これは、その投資スタイルに依存することですので。。。

末っ子長男さんやもっちさん、そして私などはトレードするスパンがほぼ共通なのでしょうか?
あるいは、日足メイン、4時間足、1時間足レベルで判断する方が多いと勝手に思っていますので、そうなると小さな足・・・つまり5分・15分・30分くらいが候補ですね。
私は、ここのところ最低30分足程度で判断しようと思っていましたが、やはり必要に迫られて?15分足を見ることも多くなってきました。
ただ、これは先日ポン円193でショートして、数百pipsと利益が出た時などは、余裕をぶっかまして小さい足など無視し、時間足をゆったりと見ていました(笑)

 ですからその時の相場、あるいはその時の個人の事情?などによっても変わってくるかと思います。
 15分足くらいだとギリギリロウソク足パターンや、チャートパターン、あるいはオシレーターの状態などを信頼していいのではないかと思っています。
 特に、トレンドライン付近での攻防は、やはり15分足レベルで、「誰が見ても明らかに判断できる」・・・くらいの感覚でも、けっして遅くはないですね。

参考になる情報ありがとうございました。 
システムマン #-|2008/09/07(日) 22:04 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます 
#|2008/09/07(日) 23:51 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます 
#|2008/09/08(月) 00:40 [ 編集 ]

おはようございます。
長文ありがとうございます<(_ _)>

>ですからその時の相場、あるいはその時の個人の事情?などによっても変わってくるかと思います。

なるほどです。
今回のような大相場では、あまり短い時間足を見てしまうと、利益が伸ばしにくいように思いました。


>末っ子長男さんやもっちさん、そして私などはトレードするスパンがほぼ共通なのでしょうか?

おそらくシステムマンさんのスパンの方が長いと思います。メインとなる時間足が僕は15分なので。

余談ですが、15分足だと1日の値動きが適切なズームで、ひとつの画面内に収まるんです。
ということで、デイトレードを行う場合、状況把握に最も適しているのかなと・・。

>15分足くらいだとギリギリロウソク足パターンや、チャートパターン、あるいはオシレーターの状態などを信頼していいのではないかと思っています。

同意ですー。
以前VQ等インディケーターのパラメーターをいじっていた時に、15分以下だと途端に難しくなるんですよね。
オシレーターに限らず、ライン系もそのような印象があります。なので、普段の相場で5分足を見る場合は、ダウ理論中心でしょうか。

貴重なアドバイスありがとうございます。。 
末っ子長男 #-|2008/09/08(月) 10:18 [ 編集 ]

Yさんへ
いやあひどいことになりました。
ポジションを減らしましたがやはり先週末エクジットしておけば。。。
ほんと決済時期は難しいですね。。。
日曜日の朝日新聞一面の記事を知った時にもう駄目だ・・・と思っていました。
せっかくの利益5分の2を無くしました;;
ただ今日は午後から昔を思い出してスキャルをやってますが、ちょっと簡単に取れてしまっています。。。あまり深入りしないように気を付けます!

○○さんへ

今回はとてもためになりました。
ちょっと今から読み返すと私の表現方法に問題があったような気がしています、すみませんでした^^
 
システムマン #-|2008/09/08(月) 19:43 [ 編集 ]

こんばんは!
コメントありがとうございます。

なるほど、メインを15分、そしてそれより上を参照するといったスタイルですね。
私は、時間足をメイン、そして15分足を参照する・・・といったことですが、なにかこれって結局は同じになるのかな?などと思っています。
まあちょっとニュアンスが違うだけか、あるいは相当違うか・・・どうもよく分からなくなってきました(笑)

とにかく今回のもっちさんと言い、末っ子長男さんといい、微妙なトレード判断は違うにしろなにかやってることはほぼ王道的な方法で同じなのかなと感じました。
こうやっていろいろ議論できてとても勉強になりました。
こちらこそありがとうございました。 
システムマン #-|2008/09/08(月) 19:50 [ 編集 ]

利益減っちゃったんですね。
今日、めちゃくちゃ簡単だったのに、戻り売りできたのはポンドドルだけ・・・しかも90pipsと・・・
今日のほぼ天井でエントリーしたのみもかかわらず・・・

ポン円も上げまりは4時間足のチャネル上限だと予測できたので、指値売りを入れてたんですが(ブログに書いた宣言通り)195円80銭とちょっとピンポイントに入れ過ぎて、ささらずに下落・・・

あとユーロドルの4時間足のチャンルライン引いてたのに、気づかず・・・今日の天井はチャネルライン上限だったのに・・・

と今日ポンドドル、ポン円、ユーロドルとチャネル上限にあたって下落とめっさ簡単な相場だったにもかかわらず、ポンドドルの90pipsしかとれてないという・・・・
大失敗トレードでした・・・アホすぎる・・・

で、僕と末っ子長男さんは『FX Masters Method』を使ってトレードしてるので、考え方はほぼ同じですよ。
ただ、僕はわかりずらいのでシンプルにしてるので末っ子長男さんのレベルにはかなわないですが。 
もっち #JalddpaA|2008/09/08(月) 20:37 [ 編集 ]

こんばんは!

そうですねポン円の上げ止まりについては、私の場合チャネルではなく下降トレンドラインだけでしてけど、概ね予測どおりでした。
ただここでは取れなかったのですが、夕方からの売りで、窓の下限付近で戻したところで決済、これがけっこう取れました。
ただし今やってるのは、ほぼオシレーターが主になる売買ですが、やっと持ち越し分の半分くらい取り戻せました!
ただ、リベンジトレード?っぽくなってきましたのでほどほどにして次のチャンスは小レバでいくことにします。
今日は自宅以外の場所でのトレードですので。。。
こういったオーバーシュート的な日のトレードというのは嫌いなほうなのですけど、結果的にはこういった時に利益が出やすいのかなとも思っています。(おそらく運良く勝っているからそう思うのですけど)
でも
ポンドル90でも大満足じゃないですか?
以前も書いたことがありますけど、もっちさんは複雑なオシレーターやシステムを経験しているからこそシンプルになれるのだと思いますよ。
たぶん脳内オシレーター?が自然と機能しているのだと思います!

ところでポン円は、窓の下限をもし割ったとしたら(完全な窓埋めプラス先週末終値の下抜き)どのような動きを見せるか注目しています。
明確に抜けたら、また深い押しをするのでは?などと考えています。
ただダウが政府支援の報道で一気に上げたら駄目でしょうけどね。。。 
システムマン #-|2008/09/08(月) 21:17 [ 編集 ]

チャネルも下降トレンドもまあ結局は一緒なんですけどもね。その下降トレンドラインと平行線をひいてるだけなので。
僕はトレンドラインを引いたら、必ず平行線を引いてるんです。
これやると見えてくるものがありますよ!!

優雅からから売りいれれたんですか、僕はどこまで下げるのか検討つかなかったです。
天井でいれてたら放置してたんだろうけども・・・・

リベンジトレードっぽくなったら危険ですね。システムマンさんがコントロールできるでしょうが、負けを悔しがってやっきになってトレードすると痛い目あいますからね。

今日の相場に関しては、上げたかったんだけども、強烈な下降トレンドが立ちふさがった形だと。なので、この下降トレンドを抜くためにエネルギー蓄えたのかな??と。
なので、再度下降トレンドラインに接近し、攻防戦がはじまるんじゃないかなとか思ってるんですけどもね。
システムマンさんが週足で予測した値幅観測ではほぼ金曜日に達した形になったのもありますからね。
5分足でみる短期下降トレンドラインはブレイクされてるんですが、さすがにちょっと買いはためらう場面ですね。今日NY上げてきたら、明日は押し目買い作戦にしようかとか作戦練ってます。

ポンドドル90pipsでも満足なんですが、天井付近でいれておきながら、300pips以上下落してるのに、その半分もとれてないと思うと悔しくて。
まあ、こんな気持ちの状態では、リベンジトレードになりそうなので、今日やるとしたらデモに切り替えます。 
もっち #JalddpaA|2008/09/08(月) 21:57 [ 編集 ]

こんばんは!
そういえばタイヤキ本にも、とにかく1点2点でもチャネルは引くべきだと書いていました。

「優雅からから」・・・あっ、「夕方から」ですね。
 リベンジは一応無事終了し、ちょっとヨコヨコ気味になったので今日は終わりでしょうか?

 けっこう先週初め頃には、プロなども「そろそろ下げ止まりの気配」って感じの記事がちらほらあったんですよね。
 以前お伝えした方の記事は、そんな中で「下げしかないでしょ」って感じでしたね。この方の相場観はなかなかのものです。
 だから、あまり底打ち観測はしないようにしています。
 ポン円だって、200円を切って、まさかここまで・・・なんて予測や予想はあまりなかったですね。

 そうですね。取らぬ狸の皮算用ってのは、投資にはあまり必要ないですね。
 後悔は最小限にしてその経験を次に生かさないと!(自分への言葉^^) 
システムマン #-|2008/09/09(火) 22:06 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。