とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
こんばんは。
注文していた書籍が届きました。

値段は1万6800円で、これにも仰天しましたが、実際に手に取ってみるとあまりの大判の本だったので仰天しました!
A4サイズのハードカバーですから、不要になれば「まな板」代わりにでもなりそうです。

ディナポリの秘数フィボナッチ売買法―押し・戻り分析で仕掛けから手仕舞いまでわかる (ウィザードブックシリーズ) ディナポリの秘数フィボナッチ売買法―押し・戻り分析で仕掛けから手仕舞いまでわかる (ウィザードブックシリーズ)
成田 博之、ジョー ディナポリ 他 (2004/11)
パンローリング

この商品の詳細を見る
 

情報商材などと比べると比較的安価なのですが、一般書店で購入するような価格ではありませんね。
東京都公立図書館横断検索というサイトで検索したところ
杉並・江戸川・港区・昭島・三鷹・町田
の6図書館に蔵書があるようです。

一般書店では、都内の大型書店くらいにしか在庫がないと思います。
複数の図書館に蔵書実績があるようですので、おそらくリクエストを出すと購入してくれるかもしれませんね。

午前中に届いてから、まさしく一心不乱に読んでいました。
最後の方は、かなり難しかったので深く考えないで斜め読みしてとりあえず通読してみました。

まだレビューできるような状態にはありませんが、かなりの良書です。
どうやら通読してから、再々読そしてチャート上での検証などを経てやっと理解できるような内容のようです。

前半部は、フィボナッチ級数にはほとんど触れられずに「DMA、MACD、スローストキャスティクス」などのテクニカルや、チャートパターン売買などについて詳述されています。

私はGFT系のチャートを使用していますが、「DiNapoli MA3×3、DiNapoli MACD、DiNapoliスローストキャスティクス」などの名前が付いているテクニカルは、この本の著者ジョー・ディナポリ氏が考案あるいはパラメータ設定したものだということが初めて分かりました。

※ DMAというのは、[DISPLACED MOVING AVERAGE]といって「ずらした移動平均」のことです。
これはディナポリ氏が長年の研究で開発されたもので主にトレンド判断に使用します。
これはGFTチャートには3種類用意されています。
このDMAを表示させてみますと、特徴的な動きがあって色々なアイデアが湧いてきました。(また後日このことを書いてみます)

そのほか、GFT系のチャートには「DiNapoliオシレータープレディクター」や、ツールバーに「DiNapoli Retrace」といったものがあるのですが、これはどうやら有料で使用するもののようです。

でも、これら一部有料のものがなくてもデモ登録などでGFTチャートを使用すれば問題がありません。

少しだけ私にでもすんなり理解できた、意外と簡単で効果的だと思われる売買テクニックを紹介してみます。

ディナポリは、MACDとスローストキャスティクスをトレンド判断に使用しているが、MACDを「より信頼できるトレンド指標」として、スローストキャスティクスのパラメータを「8・3・3」と意図的に弱めて使っています。

そして、簡単に書いてしまうと、「ロング」の場合
・MACDのゴールデンクロスでトレンドを確認する
・上記の状態でスローストキャスティクスが反転しデッドクロスになる。
・さらにスローストキャスティクスがゴールデンクロスした時にロングする。(この場合スローストキャスティクスの一般的な25ライン以下のといったレベルは考慮しない)

実際には、これにフィボナッチ級数を考慮するのですが、上のルールは、簡単に言うと「押し目買い」といったことで実際にチャートを見ると、かなり効果的な手法であることが分かります。

ユーロ円5分足チャートです。(ショートの場合)




上がMACDで下がスローストキャスティクスです。
これはショートの場合ですが、戻り売りが上手くいきおよそ40pips弱を獲得できています。

次に中々値動きがいいNZD/USDです。(ロングの場合)




左から1番目・2番目の青矢印は、おそらくスプレッドなどを考慮すればわずかにマイナスですが、3番・4番目の青矢印は10~20pips程度は取れているはずです。

一番大事なのは、MACDの状態を見て、そのトレンドが継続中であることを確認することです。
その継続中に、スローストキャスティクスで売買タイミングを取っていきます。
上記チャートは、もちろん「止まっている状態」ですから、実際に値動きがあるときは、特にスローストキャスティクスは激しく動きますので、ある程度のダマシは覚悟しなければいけないと思います。

チャートは、この手法の説明をしやすくするため、上記投資法が上手くワークしている部分を選択しています。
ですが、ポンドあるいはNZD絡みの通貨ペアなどの値動きが大きい通貨は、至るところにこういったサインを発見できます。
今回は5分足でしたが、値幅は少なくともスキャルの一手法としては充分使えると思いました。
またスローストキャスティクスのパラメータを、一例として「6・3・3」などと一層弱くするとダマシが増えるかもしれませんが、サインを判別しやすいはずです。
また、たとえば21EMAなどの移動平均線を補助として使うのもいいと思います。(上のチャート画像には、DiNapoli MA25×5を表示させています)

また仕切りですが、これはやはり難しいと思います。
上のチャートのようにある程度、ポジションを持ってから逆のクロスまでトレンドが続けばいいのですが、あっという間にトレンドが終了してしまうことがあります。
そういった場合は、スキャルの時に限りますが、ストップをかなりタイトに入れておき、ストキャスのクロスまで我慢するのがいいかと思います。
あるいは、ロウソク足の動きなどから、「怪しい」と感じたら利益が出ているところで全くの裁量で仕切るといったこともあり得ます。

以上ですが、意外とシンプルな手法でありながら中々使えそうだと思います。
また、これはどういった時間軸のチャートでも有効のようです。
ぜひ、チャート上で検証してみてください。

さてディナポリの秘数ですが、後半部がかなり難解で何度も前に戻りながら読んでいます。
またこの本で紹介できるようなことがありましたらこちらにアップしますね!  
2007/10/14 20:22|未分類

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。