とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
いつも応援クリック、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 FX こちらをクリック!
私の更新意欲を高めるのは、このランキングと皆様からのコメントです!・・・ということを最近実感しています!


 ここのところ、クロス円のリーダーであるドル円(分類的にはドルストレートですが)も落ち着いてきたような感じを持っています。
 落ち着いてきた・・・私の場合は、爆下げ一直線ではなく、円安傾向の時になんとなくそう思ってしまうだけなのですが。。。
 スワップ派ではないのに、なにかドル円がある程度上昇すると不思議と安心します^^

 ドル円の中短期分析をしてみました。

 まずは月足です。



 月足ですから、それほどチャート形状が変わらないので当たり前のことですが、以前から、「ドル円は三角が好きだなあ!」などと感じていました。
 現在は、2つめの大きな三角をブレイクアウトしてしまっている状態です。
 この月足を見ると、まだまだ弱気継続中で今はちょっとだけ戻しているだけだな・・・くらいに感じます。

 今回、三角以外に注目したのは、黄色のレジスタンスラインです。
 これは青いチェックマークのとおり1999年11月と2005年1月にサポートとなったレベルになります。
 プライスは、101.22から101.69です。
 月足での予測では、この付近まで上昇する・・・逆に言えば、ここが戻り一杯なのでは?と考えています。
 もちろんファンダメンタルなどの要因で、このレベルを明確に超えると大幅上昇とも言えますが。。。
 これでは、予測と言えませんので、私個人としては前者の予測の方が確度が高いかなと考えています。

 次は、日足です。



 これは、トレンドライントレードの教科書的な動きとなっています^^
 下降トレンドラインがブレイクされました。
 そして、再度下降してしまうのですが、青のチェックのポイントで、破られた下降トレンドラインに今度は支えられています。
 トレンドラインブレイクアウトのポイント、そして青チェックマークのポイントでロングを取ったひとも多いくいて、ある程度のpipsは得られたと思いますが継続した上昇トレンドには移行していません。
 こうやって過去チャートを冷静に見ると、乱高下して、世界中のトレーダーが底探し、反発チャンスを窺って疑心暗鬼になっている様子が見て取れますね。

 そして最安値・・・これは2008年12月の安値とともにダブルトボトムを形成、なおかつ下降トレンドラインのサポート・・・ここが一番のポイントであり、トレーダーの大多数が底だと納得したのでしょうか?
 その後、順調な上昇基調に転じました。
 慎重なエントリーとしては、2点のHLを結び上昇トレンドラインを引いてから3つめのポイントであるA地点になると思います。
 つまり上昇トレンドを確認してからの「押し目」ですね^^

 さて4時間足を見ると、なにか安心できない展開です。。。 



 画像の書き込みを見てもらえばおわかりだと思います。
 天井パターン、つまりヘッド&ショルダーズを形成するかもしれません。
 特に天井(Higher High)を付けてから、前回安値を下回ったことが気になります。(Lowと書いたポイント)
 通常形のヘッド&ショルダーズは、前回安値は下回らないが、高値を上抜けられずに完成するパターンが多く、そうなるとネックラインは当然右上がりになります。
 今回は、ネックラインは右下がりとなっていますね。
 これは余計弱気なパターンとなると思いますが、その分ネックラインを目安にするとエントリーが遅れることとなります。
 
 赤と青のラインで予測プライスアクションを書いてみました。
 まずは、1 A地点から続く青の上昇トレンドラインをブレイク →2 安値(Lowのポイント)をブレイク →3 ネックラインをブレイク・・・この3段ブレイク?を達成すると、一番下の上昇トレンドラインを目指すかもしれません。
 あるいは、上記3つの何れかのレベルでサポートされるかもしれません。
 ちょっとこの4時間足レベルでは、どうなる可能性が高いのかはよくわかりません^^;
 目先で観察しなければならないのは、HigherHighと書いたポイントを上抜けるのかということと、下落した場合、青色上昇トレンドラインで反発するのかブレイクされるのか・・・ということです。

※ 追記 とても面白い一目チャートがありました! 究極のテクニカル分析「一目均衡表フライトチャート」(変化日付き)です。
 変化日まで書いていて、かわいいのに本格派です。
 大小2つの飛行機がとても分かりやすいです。これで日足をいつもチェックするといいですね!
 一目均衡表は、極めることはとても難しいのですが、このチャートと日々の解説をチェックすればほぼOKなのではないでしょうか?

※ 以下の定型テンプレは、そろそろ変えないといけませんね^^;
 いろいろ書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 さて、最近読んだ書籍です。 (★ 皆様のご協力でアマゾンポイントが貯まり、実家に花粉対策の空気清浄機を買ってあげることができました(笑)ご協力ありがとうございました!)

 
FXトレーディングの真実FXトレーディングの真実
(2009/01/31)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


 作者の前作は、書店で立ち読みしただけでしたが、こちらは購入しました。
 一読、とても良い内容です。
 この作者に関しては、すこし変則的なテクニックを駆使するひとなのかな?・・・などと思っていましたが、それは間違いで正当派・・・というよりもダウ理論を中心としていわゆる古典的分析が主でした。
 少し前の実際のFXチャートを例としているので分かりやすいかと思います。
 ただ、少しだけ難易度が高い・・・つまり本当の基礎的部分については割愛しているため初心者レベルを卒業した方に勧められる書籍だと思います。
 意外と、日本の書籍で体系的にチャートパターンなどを詳説したものは少なかったのでこの本は貴重なものだと言えます。

 実は、私としては、いつも紹介していますが、
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 こちらを推薦したいと思います。
 特に第1章から第8章までは、トレードに使う使わないは別としてマスターすべき必修事項だと思います。
 またマネーマネジメントの章も参考になると思いますし、オシレーターについての章、そしてエリオット波動論に関する章も余裕があれば読むべきだと思います。
 こちらは「先物市場」ということで、FXにはどうかな・・・などと思ってしまうでしょうが全くそんな心配は必要ありません。
 また記述も平易です。
 この書籍を読んだ後に、FXトレーディングの真実を読むと、もう何十年も前からテクニカル分析の基本的考え方はまったく変わっていないのだな・・・としみじみ?感じました。

  また↓は、いつものテンプレですが、日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
 もう1冊は、いつも紹介している書籍です。
 テクニカルを語るためには必須な知識です。
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

 少なくとも第1章から第8章までは理解しておくことが大前提だと思っています。
 専門書で、とっつきにくいかもしれませんが、それほど読みにくくはありませんし古さも全く感じません。
 エリオット波動についても最低限、ここに書かれている程度の知識をクリアする必要があります。

 ※ ロブ・ブッカーとブラッドレーの配信は、サザインベストメントに口座開設をするとリアルタイムで携帯電話などにメール配信されます。
 この配信を受けると、プロのストラテジーが学べます。シグナルに従わなくても自然と実力が付いてきます。最近盛り返しているようです!(※以前紹介したブラッドレーのブログでは1日遅れでストラテジーをアップするようになりました。もちろんSAZAではリアルタイムメールとなります^^)

 
 よろしければこちらからお願いします!

 それではっ、また! 

 Wish you get ton of pips!!!

 Happy Breakout Trading !? :-)

 REGARDS.

「まあまあ参考になったよ、ご苦労さん。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・雲のど真ん中です;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

信頼性・安定性があります。私のメイン口座です!


※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

記事末尾でもPRしていますが、やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!


★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  
・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、ウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。


   
2009/03/08 13:49|未分類CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。