とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 710pips (未確定)
   +932,338円
 

海外口座開設は簡単です!

PepperstoneとThinkForexは、国内銀行へ直接入出金可能!

またまた海外FXフォーラムのForexFactoryを読みふけっていました^^;
私の英語力は、高校卒業程度なのですが、学生時代に比較的まじめに勉強していたことが、こんな形でFXの研究に役に立つとは思ってもいませんでした。。。
まあ、私の学生時代には、FXなんてのはなかったのですけどね。。。

さて、今日は、ナイスガイ氏という私のIDと同じようにちょっと恥ずかしい?名前の方のスレッドを読んでいました。

Niceguy Ridiculous 7 Pips Trading System

「男前によるちょっと変わった7銭手法」・・・むむ、いつものとおり訳さないほうがいいですね;;

ここでは、このシステムの詳しい説明は省略します。
すごく簡単に書くと、MAを基準としてプライスアクション(押しや戻り)によりエントリーしていく・・・といったものです。
基本的な考え方は、先日紹介しました5-min PASS (Price Action Scalper System) と類似のものです。
それだけ、こういったシステムは、基本となるものだと思っています。

このNiceguy Ridiculous 7 Pips Trading System について、とばし読みですが全体を読んでいくと、微妙にシステムが変化していき、最後の方ではMAを使用しないでGANN_HighLowというインディケーターを使用するテンプレートとなっています。
ただし、基本的な考えについては変わらなく、さらにGANN_HighLowについてはアドバンス用だと述べられています。

タイトルの7pipsというのは、ユーロドルのスプレッド2pipsプラス5pips=7pipsをSL値とするといった意味で、トップポストには、狭いSLで淡々とトレードしなさい・・・といった趣旨のことが書かれていました。

さて、このスレッドには、ダウ理論について、とても分かりやすい説明図解などがあるので紹介してみます。
基礎中の基礎のことですが、もしかしたらこのブログを読んでくださっている方の中には、あまりこういったことについて意識されていないかもしれませんので、あえて書いてみます。

※ ここで、いつもしつこくおすすめしていますamazonアフィリエイトですが、ダウ理論の習得には、
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

この書籍をマスターすることが相場を理解する近道です。類書はいくらでもありますが、この書籍がスタンダードですね。
どんなシステムを使うにしても、有益なことに間違いがありません!

さてスレッドから借用してきた画像です。

dow2

 これは分かりやすい図式ですね。
 「ここで売るんじゃねえぞ! トレンドが確定するまで待つんだ」と注釈があります。
 Higher_Low,Lower_High つまり高値更新中の安値(押し)でロングエントリー。
 安値更新中の高値(戻り)でショートエントリーということです。
 
 ただし、気をつけなければいけないのは、画像のオレンジ色の○です。
 多く場合、ここですぐにショートするのは禁物です。
 前回高値と更新できず、さらに前回安値を下回ったからショートするのもひとつの方法ですが、画像のように、前回の高値を上回れないことを確認してからエントリーすべきです。
 つまり、最初に観測できるトレンド転換では手を出さず、次の値動き以降を確認してエントリーするということです。
 もちろんこれは基本原則であって、実際のチョッピーな相場では、きれいなジグザグではなく、こういった法則性が崩れることはよくあることです。
 ここでは、原則的な理論を知っておくことが大事だと思います。

 実際のチャート例です。

dow3

Niceguy Ridiculous 7 Pips Trading System では13SMAと21SMAそしてTHVのCoralが使用されています。
上昇トレンドにおいて、プライスがMAを割り込み、そしてMAを頭抜けしたところをエントリータイミングとしています。

さて、このシステムのV3は、Niceguy Advanced Template V.3ここでDLできます。
これは、MAをGANN HILO Activatorに変更したものですね。
このGANN HILO Activatorは、現在私がお気に入りのものなので簡単に紹介します。

gann1

画像は、右がEURAUD時間足、そして左が同15分足です。
それぞれにGANN HILO Activatorを適用しました。

この画像は、かなり大きなトレンドが出た時のチャートとなりますが、時間足でセルシグナルが出たときは、15分足ではセルシグナルのみを選択しトレードするといったMTF的な設定となります。
ただし、どんなシステムでも同様で、ある程度のトレンドが出なければ、利益を出すことが難しいのですが、一定のマネーマネジメントを守ることができればトータルではもちろんエッジがある手法です。

スレッドにあるこの画像が分かりやすいですね。
ユーロドルの5分足と時間足です。

gann4 

私は、現在、4時間足、時間足、15分足という3TFで相場全体をとらえようと努力している途中ですが、もちろん、単一のチャートで勝負していくことも可能だと思います。
その場合には、できるだけ30分足あるいは時間足以上のTFがいいと思っています。
理由としては、ノイズをある程度避けることができること、さらにライン分析では多くのトレーダーが意識するであろうメジャーなトレンドラインが引けるからです。
なので、時間足をメインチャートにするのなら、その準備段階として日足、週足、月足などを見て、ビッグメジャーラインをあらかじめ引いておくこと、あるいは意識しておくことも大切です。
なお、この場合、ビッグメジャーラインは色や太さを変えておくと分かりやすいですね。

EURAUDの時間足です。

gann2

ここではオシレーターのCCI を表示させていますが、ライン分析だけでも十分勝負できるはずです。
さらにライン分析では、「失敗」に気づくのが早いためSLを小さくできるといったメリットもあります。
CCI などのオシレーターを否定する方もいますが、いずれにしろリアルプライスを加工しているものですから、その成り立ちを理解できれば、ダマシが云々・・・というよりも、十分、参考になり目安となるものです。
オシレーターがダマシ・・・という時は、プライスアクションも特異な動きとなっていることが多いのです。
よくインチキ商材の紹介文で、ストキャスなどの買われすぎ、売られ過ぎで機械的にエントリーしてもまったく勝てない・・・などと自己のシステムの優秀さをアピールする文章を目にします。
そんなことは、、、当然オシレーターは限られた枠内(レンジ)に表示するものなのですから、大きなトレンドが出れば買われすぎ圏、売られ過ぎ圏にへばりつくのは当たり前のことなんですけどね。。。
私の場合、現在のチャート設定では、ストキャスの買われすぎ圏をロングシグナル、売られすぎ圏をショートシグナルの目安としています。

まあ、インチキ商材や海外フォーラムからのパクリ商材について書くとキリがないのでこのへんで。。。

画像のCCI ダイバージェンスなどは、当然、エントリーの参考にしたいですね。
また、ペナント、フラッグ、トライアングルと書きましたが、これはトレンドが出ているとき(この前提条件が重要です)、カウンタートレンドを狙って、とにかくトレンド側とは逆ラインを引いてみればいいだけのことです。
その形は、いろいろありますが、簡単に書くと、「逆ライン」ということにつきます。。。
ヘッドアンドショルダーズも、このチャートの場合は有効で、こういった基礎的知識のあるなしでトレードも変わってきますね。
このチャートでは、ライン分析+GANN HILO Activator+CCI といった基本的な組み合わせがある程度機能するといったことが分かると思います。

 それでは、またっ!皆様にとって、良い一週間となることを祈っています!

 Wish you get tons of pips!!!

 Happy Green pips Trading ! :-)

 Best REGARDS
.


ぉ、珍しく更新頻度が高いな。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!? おだてられれば、またすぐに更新します!
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・もう消えてなくなった状態ですが。。。
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

オシレーターも使い方によってはとても重宝しますが、その前にダウ理論の知識は必須です!

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 この本は、どなたにもお薦めできますね!
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る


☆☆☆☆☆ 

 いろいろ推薦書籍について書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

やはりこの本は最高です。
なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありません。私の中では最高の書籍ということです!
   
2011/02/26 21:08|未分類CM:3
おはようございます。

ぼく、かなりしてるのですが、勝てなくて色々変えるのは時間がかかるのであれなんですが。

チャートパターンを見てヒゲが長い箇所にライン引いて逆張りで入るとかなり利益率多くないでしょうか?ヘッドアンドショルダーは、ショルダーのヒゲを見ることになるとかですが、ダブルトップなどは、見やすくヒゲがバンバンくて2個目の頭もヒゲが長いと入りやすいので見るからに壁になってると、まあ最近の動きがマッチしてるだけかもしれません。この時も勉強で大きな時間軸のポイントを観察しながら見ると別に発見できるかなと思ったりです。教科書の入り方だと負けが大きくなるので
ヒゲ先を考えました。
入れても根元まで戻してくれるのかが疑問です。その箇所をフィボで見ると61%になるときが多い気がします。個人的ですが。

ダウ理論順張りですので、好きなんですが実際何も理解できてませんので今回の記事のスタイル順張りで見るなら興味ある箇所です。
 
sai #-|2011/02/27(日) 10:17 [ 編集 ]

こんばんは! かなり研究なされていますね。

>チャートパターンを見てヒゲが長い箇所にライン引いて逆張りで入るとかなり利益率多くないでしょうか?
 
 ヒゲについては、スパイクのようなかなり長いヒゲに気をつけるだけで、それほど考慮はしないですね私の場合は。。。
 ただ、もちろん、十字線や、なんて名前でしたっけ>十字架みたい形のろうそく足は転換点となるような気がしています。
 逆張りで入ると・・・というのは、トレンド転換とみなしてエントリーするということでしょうか?
 あまりろうそく足パターンは、深く追求していませんのでよくわかりませんね。
 ライン分析と併用するとなお良いのでは?

 ダブルトップやダブルボトムなども気にはしますが、実体験ですと、そのボトムやらトップを破ることも多いのかなと感じています。
 それと、おっしゃるとおり、「教科書どおり」にならないことも多くあるので、それに対してどう対処・対応していくことが大事なのだと思います。 
SM #-|2011/02/27(日) 18:21 [ 編集 ]

saiさん、申し訳ありませんが、秘密コメで結構ですので、メールアドレス教えていただけませんでしょうか? 
システムマン #-|2011/02/28(月) 20:29 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。Pepperstone (ペッパーストーン)は、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)によって許認可と規制を受けているAAAランクのブローカーです。国内銀行支店へ直接入出金できるメリットは大きいですね。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.