とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
※ SNSで書いた記事を若干変更した上、転載しました。


私は、最近まで、様々な特徴のある多数のインディケーターを使ってきましたが、自分の中で最後に生き残ると思われる候補はボリンジャーバンド(BB)が筆頭で、次点は移動平均線かと思います。
ロウソク足もテクニカルと考えると、3つですね。

オシレーター系を批判するつもりは全くありません
しかし、実践の中、つまり成績を考えてみるとBBとMAを参考にして、プライスアクションつまりロウソク足で判断した時が最も成績が良くなることが多くの時間をかけて分かってきました。
ただこれは私個人に合っているということだけなので、他の方にも共通することではないと思いますが。

MACDやらストキャスは素晴らしいインディケーターと思いますが、実際に表示させてトレードしていると、「あれ、全然見ていないな」ということが多くて、徐々に減らしていったような経緯ですね。

プライスアクションつまりロウソク足は一番重要視するのは当然で、その他で特によく観察するのはBBです。
もちろんBBは、MAから派生したもので値動きそのもの、つまり値動きがBBのラインを作るものなので、たとえばミドルバンドより上にプライスが位置している、スクイーズを視覚的に表してくれるなどなど、その時々の相場状況をメインチャートで示してくれるのでかなり判断の手助けになってくれます。

繰り返しになりますが、値動きが小さいからスクイーズする、トレンドが出たからエクスパンションする、つまり最初に値動きありき・・・ということは他のテクニカルと同様で当然なのですが、それをあまり感知できない鈍い私に「カタチ」で示してくれるBBは、とても有益なものです。

最近、バカラ村さんというブロガーのDVDを入手しました。
これはずいぶんとタメになりましたね。最近購入した書籍あるいは商材などの中でも私にとってはずいぶんと有益なものでした。


 
内容の一部は、ネット情報でもありますので引用してみます。

【バカラ村流・ボリンジャーバンドの5パターン】
◇(1)バンド幅が狭く横ばい(スクイーズ)
◇(2)バンドがスクイーズから上下に広がる(エクスパンション)
◇(3)トレンドと反対方向のバンドが反転する
◇(4)上下のバンドともトレンド方向に傾いたまま推移
◇(5)横ばいでバンド幅が広い状態



スクイーズとエクスパンションはご存じだと思います。
画像のようにエクスパンションしたなら、とりあえず飛び乗りエントリーです。
タイミングはトレンド方向と反対の2シグマラインが広がった時になります。
そしてエクジットも、反対の2シグマラインに角度がなくなってきた時です。
このへんはご存じの方が多いと思いますが、それほど値を伸ばそうとしなければ、かなりの確率で利益を得られる、あるいはブレイクイーブン程度で逃げることができますね。
いわゆる初動狙い、ブレイクアウト狙いですので、SLは必ず設定しておくべきです。

それと私にとってずいぶんと役に立ったのが、
上記(4)上下のバンドともトレンド方向に傾いたまま推移
ですね。
画像にはParallelと書きました。

これは、スクイーズ → エクスパンションの後にできあがることが多いパターンです。
最初に、トレンド方向とは逆の2シグマラインが平行からトレンド方向に進むのは一緒です。
そして通常は、トレンド方向の2シグマラインも閉じてきてしまうのですが、これが閉じずに2つのラインが平行に推移することです。
つまり、エクスパンションを経て、本格的上昇トレンドの継続ということですね。
2つのラインが閉じていくと、いわゆるタマネギ型になって、これはもうトレンドが終了ということでノーエントリーです。(DVDの中では、タマネギ型といったことは述べられていません)
通常は、このタマネギ型に推移する、つまり、トレンドが出た後で利確の動き、戻しの動きとなることの方がかなりの確率で多いです。
(こういった時は逆バリも場合によっては可能ですがちょっと危険かな?)

 たまねぎ型とパラレル



(この画像の場合、パラレルはバンドウォーク状態で押し目取りは難しいです。ただ理想的なパラレルですね。通常バンド幅は、微妙に閉じたり開いたりします。)


そして、2つのラインが平行のトレード方法は、以前から私が書いている「押し目狙い」が最も通用する時ですね!
言葉を換えると、平行の時しか押し目狙いはするなってことです。
これを知って(というかこんなことも知らなかった!)から、ずいぶんと成績が向上しました。
今までタマネギ型でもがんばって押し目狙いをしていました。
過去チャートなどを見ると、タマネギ型となると、押し目目安の10MAやBBミドルラインの21あるいは25SMAでプライスが止まらないことが多いようです。

パラレルの状態は、それほど頻繁にやってこなく、比較的短命に終わってしまいますね。
エリオット波動なのかもしれませんが、利益方向の波は第3波くらいで終わることも多いです。(ケースバイケースですけど)

トレンド相場において押し目狙いトレードをやろうとするならば、パラレル状態が出現するまでひたすら待つことが大切だと思います。
ですが、過去記事でドル円1時間足の下降トレンドのチャートを載せましたが、長く続くこともありこんな時は、タマネギ型が現れるまで積極的に攻めていくべきです。

パラレルの時は、めったにBBミドルラインを割らない状態でトレンド側だけにロウソク足が集中している、つまりきれいなトレンド状態ということですね。
ドル円1時間足



トレンドが継続する限りトレンドフォロー戦略をする。
スクイーズの時は、ひたすらエクスパンションを待つ。
この2つの戦略で十分なのではないでしょうか?

タマネギ型、あるいは(5)の、横ばいでバンド幅が広い状態での逆バリトレードはそれぞれ有効ですが難しいところがあります。
ただし、横ばいでバンド幅が広い状態の場合は、それぞれの2シグマラインにプライスがタッチすれば逆バリトレードが可能で、このような時はオシレーターのストキャスやRCIなどでタイミングが取れます。
特に、トレンドとは逆方向の2シグマラインにタッチした時に、BBミドルバンドあるいはもっとがんばって逆のトレンド方向の2シグマラインをターゲットにしてもいいでしょう。
ですが、やっかいなことに横ばいかと思ったら、トレンドがいきなり出て、思惑とは逆のバンドウォークが発生してしまうってことも多いので、これも2シグマラインの外にタイトなストップを置くのが大原則です。
この方法は、取れる時は比較的大きなpipsとなりますね。

横ばい状態


止まっているチャートでも、理想的な横ばい状態はなかなか見つけづらいです。
ましてや動いているチャートだともっと難しいですね。
ボラがある時は、小さくとも微妙に上下のトレンドが発生していますし、どちらかへオーバーシュートしてしまうことも多いです。
なので大きなトレンドが出た後、まだそのボラが収束せず(スクイーズせず)、さらに方向感がなく横ばいになった2シグマラインを上下する動きが出た時がチャンスですね。
ですが、基本的に方向感がない時というのは難しいです。なので方向感が出た時にトレードすると決めたなら、この逆バリはやらないというのもひとつの方法かと思います。(私はちょっと苦手なので・・・。)

オシレーターはストキャスとRSIなどでタイミングが取れますね。
また、左側のパラレル状態の時は、大きく見ると1回だけ押し目が取れています。
その時のRSI値と横ばいの時のRSIの値などを比較してみることも参考になり、このことはDVDの中でも述べられています。

そのほか、バカラ村氏のDVDでは、ちょっと面白いトレード方法があって、私はこれを取り入れています。
プライスアクションが分かれば一目瞭然なのですが、視覚的に分かりやすいという面では有効かと思います。
それはエンベロープスを表示させることです。
画像では適当なパラ(21期間、偏差0.2%)にしています。
バカラ村氏は、5分足設定では21期間、偏差0.1%を使っているようです。

ドル円1時間足


ドル円5分足


判断は簡単で、スクイーズ(レンジ状態)の時は、エンベロープス(グレイのバンド)の中に、緑色BBが収まっています。
そしてロングの場合には、マイナス2シグマラインがエンベロープスラインを下抜いた時がサインです。
そしてエクジットは、先ほども書いたとおりマイナス2シグマラインが閉じてきた時が安全かつ確実ですね。
5分足の最後のエクスパンションは乗れていたら爆益ですが、通常は5pipsから10pips取れれば御の字って考えです♪

結局、BBでエクスパンションを観察するということになり、判断基準を持つ、そしてタイミングが分かりやすいってことですね。

それと、エンベロープスの設定次第では、エンベロープス内にBBがある時はノントレンド、もみ合い状態、BBがエンベローブの外にある時はボラがあるので、それぞれのルールを適用していくといった考えもあります。
私のようにトレード過多を矯正するには良いですね。

DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 ()

バカラ村氏のDVDはこの続編もありますが、最初に出たこのDVDがポイントが分かりやすくて一番です。
ブルベア大賞2011-2012 大賞受賞作品となったのもうなずける有益な内容です。
氏のプレゼンは、饒舌とは言えないしメリハリも不足している面があり、けっこう大事なことをサラリと述べています。
良い意味では、誠実さが感じられ一生懸命に自分の知識を伝えようとする真摯さが感じられますね。
なので、油断?しないように一言一言を注意深く聴くべきです。
氏は関西の方だと思いますが、標準語で話されているためなのかな?
もしかしたら使い慣れている大阪弁でズバズバと話してくれた方が内容が伝わりやすいのかなとも思いました。
また内容は入門書レベルを大きく超えた専門的なので書籍の方がいいかもと思います。
ただ、やはり映像の力というのは大きいですね。
難しい内容が頭に入りやすいですし、とにかく簡単に理解できます。

後半部分では、ハンタートレード、つまりストップハントのような投資法も簡単に語られていて、これはかなり上級の方法で、普段のトレードリズムが取れなくなってしまう可能性もあると感じました。
もちろん無駄な内容ではないので、こんなゼロサムの世界もあるのだなといったことをトレードの心構えとして知っておく程度で良いでしょう。
それと「15時からのFX」 というタイトルで、アジアンタイムはトレードを控えロンドンタイム以降のボラがある時にトレードしようといったことが簡単に説明されています。
しかし、相場状況というのは、時々刻々と変わるもので、ここ最近に限って言うと、アジアンタイムは比較的素直なトレンドが出てやりやすく、逆に、ロンドンタイム以降は、ボラが大きいが方向感がつかみにくいといった面もあります。
なので、このへんも知識として頭に入れて柔軟に対処すべきですね。

さて昨日の雇用統計は、発表後に大きな下げが一旦止まったと思えた5分後くらいから上記手法+ライン分析(サポレジ、トレンドライン)を私が苦手とする1分足!で使用し、なんと17回トレードしました。
ちなみに時間足以上で観測できる直近上昇波のちょうど半値戻しでピタリと止まりました。
ああいった極端な動きの時は、おまじない代わりにフィボナッチをあてておくと、けっこう面白いです。

その後は、細かで、そしてジワジワとまるでムカデが這うような!?値動きだったので、1分足でしかトレードできないなと思いました。
そのうち、無駄なトレードが三分の一かもしかしたらもっと多いくらいですね(爆)
小ロットの実弾検証トレードというのが言い訳ですが。。。
結果は、17戦10勝7敗 47.6pipsでした。(平均利益約8pips 平均損失マイナス約3.5pips)

上記手法といっても、実際にやってみると、これはどうかな?あれ反対の判断もできるなどといった場面もあり難しいものです。
しかし、ダウ理論のジグザグを意識しながらトレンド転換、BBの状態、ブレイクアウト、押し目などを意識して、ロスカットをきちんとやれば結果は付いてくるといった感覚はあります。

失敗トレードは、だいたいがちょっとした目立った上げに追随してしまってのロング、目立った下げに追随してのショートというパターンが多かったですね。
エクスパンションの時は別ですが、押し目を狙うときは待たないとダメです。
ちなみに1分足のエクスパンションなどは、ほんの数pips、うまくいって二桁くらいで利益が少しでも出たら、絶対に逃さないくらいの感覚で細かくエクジットすることが特に短期足では必要ですね。
結果として比較的大きく利が伸びる、つまり途中で思わず大きくエントリー方向に動くってこともあるので、その時は、棚からぼた餅って感じでちょっとがんばってみるくらいの感覚です(爆)

Wish you get tons of pips!!!

Happy Green pips Trading ! :-)

Best REGARDS
.

 
「ぉ、懲りずに更新してるな。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!? おだてられれば、またすぐに更新します!
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・リハビリ中です。。。
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)




オシレーターも使い方によってはとても重宝しますが、その前にダウ理論の知識は必須です!

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 この本は、どなたにもお薦めできますね!
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る


☆☆☆☆☆ 

 いろいろ推薦書籍について書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

この本は、なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありませんが内容はとても良いものです!
 
2013/09/07 17:08|未分類CM:2
このコメントは管理人のみ閲覧できます 
#|2013/09/14(土) 14:34 [ 編集 ]

Tさんへ

コメントありがとうございました。
そういってくださると、たいへんうれしいです!
 
システムマン #-|2013/09/14(土) 19:21 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。