とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
以前は、アービトラージ的な投資手法、売買矢印が出る手法、始値、終値などをエクセルに入力し売買シグナルを得るもの、通貨ペアの相関、逆相関を利用した手法、あるいは特定のインディケーターをシグナルとする手法・・・まあ、いろいろと試してきました。

あるものは時々うまくいったりもしましたが、ほとんどが挫折してしまいましたね。
本当に苦い思い出が多いです(爆)

最近は、ごくまっとうで基本的な書籍やマニュアルなどをけっこう読みこんでいます。
そういったもので必ず述べられているのは、
○ ダウ理論 ○ チャートフォーメーション ○ サポートレジスタンス ○ 押し目買い・戻り値売り ○ トレンドフォロー ○ 資金管理 ○ メンタル管理 ○ チャンスを厳選 ○ MTF的判断 ○ ロウソク足判断

などなどです。

実は、評価が高い書籍やマニュアルは、どれもアプローチやら説明する文章は違っていても、述べていることは基本的に同じなので、「もういいよ、わかったわかった!」っていった感じで正直、おなかいっぱいって感じもありますね(爆)
要は、どうやってそれを自分のトレードの中に落とし込み実践し、さらに儲けていくかです。当たり前ですが。

地道にFXをビジネスと考えていくためには上記のことをひたすら守っていかなければいけないと実感し、さらに、基本どおりそして根拠あるトレードをすると結果は付いてくるということが実践の中でも実感しているところです。
ただ相場というものは(偉そうに!)、王道的なことをやっていても立ち向かえない場面も出てくることはしょうがない、そういった時はトレードを休むっていうこと、つまり、「休むも相場」ってことは最低限理解しておかなければいけないと数々の失敗で痛感しているところです!

さて、そういった王道的アプローチをどう実践していくのか?
既に、このブログでもここ数回同じようなことを書いていますが、私にとってはトレンドフォローの押し目狙いしかないと思っています。
もっといろいろな手法があるのでしょうけど、加齢もあり(爆)、あまり多くの判断はできないですし、新たな手法もなかなか発見できないでいます。(こんな簡単な手法があるよってどなたか教えてください!)

画像はユーロ円15分足です。



MTF的判断ができるように、ちょっとごちゃごちゃしたテンプレートとなっています。
15分足に1時間足のボリンジャーバンド(20の4倍で80期間)、そして40EMA(1時間足の10EMA相当)を入れています。

なぜかというと、経験的なものですが、1時間足のBB、あるいはそのミドルバンドの20MA、そして10EMA(SMAでもOK)にプライスが反応することが多いからです。
なにかの統計を見たというわけではありませんが、おそらく世界中のトレーダーが意識して、さらに通常の売買判断に使っているのは、日足と1時間足ではなかろうか?という判断からです。
特に短期デイトレでの判断基準となっているのは、1時間足だと思えます。
スイングだと、おそらく週足と日足でしょうか。

まあ、これがあっているのかどうか分かりませんが、そこそこ機能するし、信じるしかないです・・・。

次の画像はドル円1時間足で他のSNSでアップしたものです。



左のグリーン、右のピンク部分はBBの片側、さらに10EMA内にプライスが納まっていて私でも連勝できた相場、真ん中のグレーの部分では私でも連敗できた相場?です。
左側と右側と類似した相場状況は、1時間足レベルで持続期間の長短はもちろんあり、また多発はしませんが過去チャートを検証しますと間々発生していますのでこういった時を狙う・・・というよりもこういった時だけを狙うべきですね!


話は戻りますが、わざわざMTF的設定をしなくても15分足と1時間足2枚を表示すればいいじゃないか!・・・というご意見もあるはずですが・・・ごもっともです(爆)
ただ、1枚のチャートで視線を移さずに判断できるメリットというものは、華麗ではなく加齢の私には大きいですね。
また15分足チャートに1時間足BBの設定をすると、当然細かな動きがみづらくなり(スムージングのような状態)となりますが、私には逆にそのくらいの動きが合っているようです。

さて最初のユーロ円チャートにグレーのレクタングルを書き込んでみました。
左側は、さくっと勝てた相場、そして右側は、やればやるほど負けてしまった相場です。

よく既に終わってしまった過去チャート解説を読んだりすると、一目の雲やらエリオット波動理論などを駆使してなるほどって思える解説があったりしますが、「そんなの後からだったらなんとでも素晴らしい解説ができるだろう」と天の邪鬼な私は思ってしまいます。

リアルタイムであっても注意深くチャート状態・・・特に先日も書いたボリンジャーバンドの状態を注意深く監視すれば正しいトレードは可能です。(それほど簡単ではありませんが)
未来のチャートを分かるはずではないですから、その時その時のチャート状態を冷静に分析しなければならないのは当然です。
チャートに書き込んでいる「タマネギ型」も、後から見ればタマネギですが、リアルタイムではひょうたん型、ラッパ型(?)、あるいはパラレルに変化することもあります。
どう変化するかはわからないのですから、タマネギになる兆候(2シグマが閉じてきた時)があれば必ず様子見あるいはポジションを閉じるといったルールを持つような慎重さが必要だと思います。

※ いつものとおり、論点がはっきりしない、長文になってしまう予感がしてきましたが、もう少しおつきあいを!

左側のレクタングルについてです。
上下動が大きいですがボラのあるきれいな下降トレンドですね。
BBの幅も当然大きくなっていますが、プライスは1時間足設定の10EMAを上抜けません。
20時間ほど続いています。
もちろんすべてのチャンスでトレードをできたわけでもないし、全勝というわけでもありませんが大きなpipsが取りやすい相場です。

私の押し目(戻り値)狙い手法は、以前にも書いたとおり、
BBのミドルライン(20MA)、そして10EMAに対するグランビルの法則の2番です。
もちろん、ダウ理論によるジグザグ判断も重要視しています。
画像を見ますと、15分足だけですと、チャンスは少ないのですが、1時間足の20MAそして10EMAもグランビルの法則を取り入れるとチャンスが増えてきます。

※ グランビルの法則
 (私が使うのは②番、移動平均線の上向き、下向きには注意! 移動平均線が上向きの時にプライスが下から上抜ける。移動平均線が下向きの時にプライスが上から下抜けることが基本です)

グランビル 

チャンスが増えればいいのか?という疑問もありますが、どちらかというと時間足レベルのほうが確率が高いので、15分足チャートだけの判断では深押しとなりますが、BBの状態などを勘案して1時間足でのエントリーチャンスも積極的に狙っていって良いでしょう。
この状態の時には、時間足のBBはパラレル(平行)状態を保っていますね!
15分足のBBは、しぼんだりふくらんだりタマネギになったり、まあ忙しいです。
こういった細かい動きにもきちんと適応する必要があるのですが、加齢(しつこいですね!)な私には、1時間足相当のボリンジャーバンドの状態で十分ではないかと思っています。
またこのチャートのような下げトレンドの場合は、本来の15分足チャートボリンジャーバンドによる下方向へのエクスパンションは積極的に狙っていきたいところです。

この15分足チャートだけで十分かと思いますが、私は、もう少しがんばってMTF判断をしています。
通常、MTF判断というと、執行時間軸よりも大きな時間軸を見るというのが普通ですし、私も75日MAや200日MAを引いた4時間足、日足を参照したりしています。
ただ、15分足でエントリーするタイミングに、なにかしろ根拠を求めたいので5分足、そして時には1分足を参照しています。

ユーロ円5分足です。


(このチャートは15分足をそのまま5分足に切り替えたものですが、実際には、BBと移動平均線だけでMTF設定をしていない新たな5分足チャートを表示させてています。なのでウインドウ内に15分足MTF設定チャートと5分足チャートの2枚表示です。)

レクタングルの位置は同一です。
5分足では、ジグザグの状態つまり高値安値の切り上げ、切り下げ、そしてトレンドの転換、トレンドラインや水平ライン、あるいはチャネルラインが引けるなら引く、その他、フラッグやらペナント、三尊、逆三尊、もうなんでもありです(爆)

※ 上記用語などが分からない方はネット検索、あるいはこのブログ下部でアフィリエイトしています「先物市場のテクニカル分析」をどうぞ!

具体的には、最初の15分足チャート設定で、BBなどの条件が整っている時に、戻り売りポイントである15分足BBミドルライン、10EMA、そして1時間足設定のBBミドルライン、40EMAにプライスがさしかかった時に5分足を観察してエントリータイミングをはかっています。

エントリー、エクジット双方で上記基準を使用しています。
なおエクジットの時は、15分足で前回高値安値付近まで到達した時にはあまり無理をせずに利確することが多いです。


私の感覚では、15分足単独よりもひとつ時間軸を下げて判断した方がジグザグの状態がよく見えてエントリー基準を持ちやすいです。
しかし、基本の執行時間軸は15分足であるということは絶対に忘れないようにして、タイミングを取るときだけ5分足を参照しています。
あまりにもあれこれ視線を移すと頭がこんがらがってきてしまうので・・・。

もうひとつ時間軸を下げ、つまりMT4であれば1分足なのでが、ごくまれに参照したりしています。
ただ実感として翻弄されてしまうことが多いです。
また変に1分足でチャートフォーメーションを意識したりすると、あっという間に騙されたりもしますね。
機能しないというわけではありませんが、信頼性は低いです。
ただ、敏捷性のある方、1分足でもトレンド判断ができるような方には、この時間軸を否定する要素はないはずです。

ユーロ円1分足



そこそこ機能していますよね!
この1分足チャートには、新たにライン等を引いていなく先ほどの5分足チャートを1分足に変えただけですが、1分足だからこそ新たに引けるラインや、ダウ理論のトレンド転換などが見えてくることが多いです。
特に小さな利益を逃さずに確保したい、利大は狙わないといったスタンスでのエクジット基準として1分足を使う方法もあると思います。

さて最初の15分足画像で右側のレクタングルでの1分足の状態です。



こんな相場でも勝てる人がいるかもしれませんが、私には無理です。
トレード過多な私は実際に2回ほどエントリーして撃沈しました!
ひとつ前のトレンドが出ている時の1分足の状態と比べてください。
違いはあきらかですね。つまり時間足レベルでトレンドが出ていなければ、それ以下の足でも同様ってことです。
しつこいようですが、トレンド・トレンド・トレンドですね!(3回言いました・・・。)

今まで書いたことをきちんと実践しようとすると、実際にはそれほどチャンスはなく、1日で15分足を使用してもトレードチャンスは数回から良くて10回程度だと思います。
もちろんほとんどチャンスがないって日もあります。

○ このチャンスを待てるかどうか? ○ きちんと売買ルールを守れるかどうか?

こうやってブログ記事を書いて冷静に分析したりすると、容易であると思えるのですが、実トレードではどうなのかというと・・・?

実際には、無駄トレードも多いですし、一番はトレード過多が問題ですが、ルールを決めてからは徐々に矯正されてきたのが、まあ進歩したということだと自己満足している状態ですね・・・。
よく他の方のブログを読んだり、自分でも書いているかもしれませんが、「たまたま自分の手法が相場に合っていた」ではだめですね。
「相場が自分の手法に合った時にだけトレードする」といったことを厳守していきます!

がんばっていきましょう!

Wish you get tons of pips!!!

Happy Green pips Trading ! :-)

Best REGARDS
.

 
「ぉ、懲りずに更新してるな。。。」と思ってくれた方は、迷わずワンクリックお願いします!? おだてられれば、またすぐに更新します!
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・・リハビリ中です。。。
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)




オシレーターも使い方によってはとても重宝しますが、その前にダウ理論の知識は必須です!

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 この本は、どなたにもお薦めできますね!
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る


☆☆☆☆☆ 

 いろいろ推薦書籍について書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

この本は、なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありませんが内容はとても良いものです!
 
2013/09/14 19:18|未分類CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。