とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
THVについて記事を書くのは、すごく久しぶりです。
おそらくTHVシステムについて日本で最初に記事を書いたのは私ではないかとプチ自慢状態です(爆)
その後、フォレックスファクトリーのスレッドは、現状、1223ページ、24,000ポストと膨大なものとなっています。

THV system, final edition

※ 上記リンクからTHV V4システムをダウンロードできます。
(注意点は、チャート設定をした際にイントロ画面が出ることです。これは、注意書きみたいものです。その後、下のインディケーターTrixのパラメーター画面を開き、一番下のintroをtrueからfalseに変更する必要があります)

こういったシステムが無料で公開されているのはすごいことですね。
日本では、ちょっと考えられないことです。
まああまり詳しくは書きませんが、海外フォーラムからパクってきて、それなりの解説やら、ダマシを減らすといったふれこみの特典インディケーターなどを追加したりして、無料のものを有料にするインチキ錬金術師のような輩が多いのが現実です。
海外でも同様のことはありますが、そもそもフォレックスファクトリーという土台があってのことです。
残念ながら日本にはそういった土台自体が育ちませんね。

オリジナル作者であるcobraforex氏は、「システム全体に対しての著作権を主張し、このシステムを模倣したり販売したら国際法を適用する」と述べています。

さて、あまり面白くない話はこれくらいにして本題です。
このブログのサブタイトルにあるとおり、
Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !
(為替市場で勝利を収めるのは、70%がトレーダー自身の力量に依存し、システム自体が占める割合は30パーセント程度なのだ)

このことは、THV V4 あるいは他のシステムであっても同様ですね。
そのシステムをどう使うか、そしてどうやって儲けていくのかが大切なのだと思います。
こういった裁量システムは、当たり前ですが、同じものを使っても勝者、敗者に分かれてしまいます。
ちょっと言葉を換えると、トータルで勝てる人は、どんなシステムを使っても勝てる、勝てない人はどんなシステムを使っても勝てないってことですね。

ぁ、まだ本題に入れないですね!

ここでは、THV V4 を押し目狙いとして使う方法について書いてみます。
まず、押し目狙いの条件としては、上昇トレンド、下降トレンドのいずれかが発生していなければできない、というか難しいです。
その見極めとしては、ここ最近の記事で書いているので詳しいことは省略しますが。
ざっくりと書くと、ボリンジャーバンドのミドルラインを境として片側だけに、プライスが集中・持続している状態です。

まずは、ロングの局面から。ドル円15分足です。



追加インディケーターは、ボリンジャーバンドで、そのミドルラインを視認しやすくするため黄色で20SMAを引いています。
下のインディケーターは、Trixというもので、肌色と水色がファストトリックス、緑と赤がスロートリックスです。(分かりやすいように色を変更しました)
トリックスの見方は、ファストトリックスとスロートリックスの調和というのでしょうか、同色になった時が強く、さらにその2本のクロスも判断要素です。
ただし、2本のトリックスクロス自体にはMACDのゴールデンクロスといった大きな意味はなく、あくまでも2本で判断する時は、クロスよりも同色となった時の方が早いシグナルを見つけられます。(パラメーター設定としてクロス時に同色となることが多いです)

また、私は時間足の天井圏や底値圏でなければあまり使いませんが、ダイバージェンスもこのシステムは自動描画してくれます。

私なりのルールでは、チャートのように水色水平線をブレイクしてボリンジャーバンドミドルラインの上側を推移する兆候が出た、つまり上昇トレンドの可能性が出てきた場合は、押し目のポイントを探します。
特に水色ラインをブレイク後の最初の押し目は、プライスが水色ライン付近に戻った後の反発ですから、ぜひ狙いたいポイントですね。
実際には、この時点からが、上昇トレンド入りがスタートしたと仮定して良いポイントです。

押し目狙いのポイントとは、ミドルバンドや一目雲、あるいはここには表示させていませんが10EMAなどが基準となります。
このポイントにさしかかった時にファストトリックスを観察します。
もうおわかりのように水色になったら押し目ロングですね。
そして最後のバツ印ですが、雲やミドルバンドのポイントにさしかかってもファストトリックスは水色に変化しません。(もしかしたらリアルチャートでは、足確定前に変化していたかもしれません)
そういった時は、押し目狙いは中止、終了ということですね。
もちろんボリンジャーバンドの状態でもタマネギ型からスクイーズに変化したということで視認できますが、トリックスの方が容易ですね。
エクジットについてもファストトリックスが参考となります。
なお、基本的に、チャート条件が整っている時の押し目狙い判断はファストトリックスだけを判断材料とします。

次は、ショートの局面です。



値幅は小さくダラダラとした下げですが、やはりファストトリックスは良いところでサインを出しています。
左から3番目そして最後の2つの矢印はジグザグによる高値安値が崩れ気味で、さらにミドルバンドを上回ってしまい難しいところですが、そういった時には、ファストトリックスとスロートリックスが同色となった時くらいを狙うのが安全です。
下降トレンドは大きく崩れていないと判断できますが、こういった時は様子見あるいはハードストップロスで対応してもよいと思います。

戻り売り狙いの終焉は、平均足が戻りポイントに到達してもファストトリックスが肌色に変化しない地点です。
しかもスロートリックスとゴールデンクロスしてしまってますね。
ロングの場合と同様にボリンジャーバンドや、ミドルバンドの角度などでもそれは判別可能ですが、ファストトリックスも、かなり分かりやすく示してくれます。
注意したいのは平均足確定前及び相場の急変時にはファストトリックスの色が変化してしまうことです。
なので、タイミングは遅れるかもしれませんが、平均足確定を待つほうが安全でしょう。

さて昨日のドル円チャートです。



難しいというか、深夜まで動きませんでしたね。
時間足レベルで20時間ほどレンジ相場でした。
一応、ファストトリックスとスロートリックスが同色になたところにラインを引いてみました。
上手な方なら取れているような所もありますし、後半はほんのちょっとした微妙な押し目狙いポイントもあります。
しかし、こういった状態の時は、負けやすいですから休むのが定石ですね。
値動きがかなりチョッピーな感じでした。
(私は、レンジブレイクなどを意識してトレードしてしまいましたが)

結局、THV V4を使うにしろ、何を使うにしろ、相場の状態に合わせて使う、相場の状態が合わない時には使わない、トレードしないっていうことが一番大事だと思います。
つまりシステムを相場にいかに合わせるのかということが、トレーダーにとって70%あるいはそれ以上の裁量・技量にかかっているということですね!
あまりよろしくない言葉ですが、「馬鹿と鋏は使いよう」という諺があります。
本来の解釈とは違いますが、相場の値動きに対して私たち(私だけかも?)は、まさしく馬鹿(無力)であり、まったく切れない鋏のような存在です。
しかし、そんな馬鹿!?や切れない鋏であっても、相場を選んだりチャンスを厳選したりすると相場から利益を切り取ることができる、というよりもそういった時だけにしか利益を切り取れない、勝負を挑めないということを自覚してがんばっていきます!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・現在、スクイーズ中です。。。

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.






オシレーターも使い方によってはとても重宝しますが、その前にダウ理論の知識は必須です!

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)の第1章から第5章までをマスターすると理解が深くなるはずです。この先物市場は、訳書ですが、記述は平易ですから上記範囲内であれば誰でもマスターすることができます。
 この本は、どなたにもお薦めできますね!
 
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る


☆☆☆☆☆ 

 いろいろ推薦書籍について書いてますが、書籍では、「先物市場のテクニカル分析」そして「高勝率トレード学のすすめ」が私にとって有益なものでした。
 もちろん、伊藤智洋さんの書籍やその他の書籍、ここにリンクしているものは、私が実際に読み素晴らしいと思ったものばかりです^^
 
 日本のテクニカルアナリストとしては最高の作者だと思っています。

  チャートのジグザグパターン、そして代表的なオシレーターについて詳述している素晴らしい参考書です。
 著者の本は、ほとんど読んでいます。たいへん知識がある方ですね!
 同じ著者の本では、テクニカルの百科事典といえるチャートの救急箱-実戦相場への処方箋-も良書です。
 また、チャートパターンの実例を詳しく解説している株価チャートの実戦心理学―もう迷わないダマされない自信がつく!もいいですね!

 この本の最終章はサラッと書いていますが、相場をテクニカルで追い込んでいく様子が書かれていて迫力があります。この部分は、かなり感動しました!初心者を卒業した方にオススメです。
 
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる!株の教科書)
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

 この本は、株式のものではありますが、大変参考になります。
 前半部分でジグザグパターンを定型化することに成功しています。
 その他は、オシレーターなどについての深い考察が述べられています。
 
※ マネーマネジメントだっったらこの本が分かりやすいですよ! 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
(2006/09/14)
マーセル・リンク

商品詳細を見る

この本は、なにも難しいところはありませんけど、冒頭から気楽に読む進んでいけば、自然と相場において、「やっていいこと、悪いこと。良い考え、悪い考え」が身に付きます。私のイチオシ推薦本です。
ぜひご一読を!なおアマゾンでは評価★ひとつの方のレビューがあります。この方の意見も私にとっては参考になりました。こういった評価をする方もいますので、万人に合うといった書籍では当然ありませんが内容はとても良いものです!
 
2013/09/21 11:58|未分類CM:4
このコメントは管理人のみ閲覧できます 
#|2013/09/22(日) 14:59 [ 編集 ]

こんばんは!はじめましてでしょうか?

実際に私自身もシステムを紹介した過去記事を読むと、これは使えそうだなと思うことがあります。
でも、あまり過去に遡らないでくださいね、ひどい内容もありますので。

EAについては、ちょっと一休み中です。
なかなか運用が難しいというか裁量と同等の難しさなので、最近は、裁量トレード専門ですね。
一番は、もちろんルール通りに決まったトレードをするのがEAなのですが、相場に合わせることがないのが弱点なのかと思っています。
EAですと、小リスクで長期運用できるようなものが良いですね。

つたないブログですが、これからもよろしくお願いします!、

 
システムマン #-|2013/09/22(日) 20:51 [ 編集 ]

システムマンさん、こんにちは。THV V4システム私も興味があり以前から見ていました。
システムマンさんの記事を拝見させていただいてるとよくフォレックスファクトリーのことを話題に出されていると思いますが、フォレックスファクトリーにはミリオン達成者のようなすごいトレーダーはいるのでしょうか?私もTSDやフォレックスファクトリーを見たりしていますがどうもそのような書き込みを見たことがありません。ミリオンとまでいかずともすごいと称されているトレーダーをご存知でしたら教えてください。 
ジジ #-|2013/09/25(水) 08:34 [ 編集 ]

こんにちは。
10ミリオン(億)のことでしょうか?
FFは、基本的に相場分析やらトレーディングシステムを議論する場所なので、「自分はこれだけ儲かっているぞ!」というスタンスの書き込みは観たことがないですね。
ただ、スレッドを立ち上げたりする方は、それぞれ実力者が多いことには間違いがないですけど。
特に、長く続いているスレッドを立ち上げた人はそれなりの成績ではないでしょうか?
億達成、など「億」を呼び物にしているサイトやブログ、あるいは商材作成者などは、私の印象では日本人のものが多いですね。
また億達成していなくても、素晴らしいシステムを開発したり、コーチングが上手な方はたくさんいると思います。 
システムマン #-|2013/09/25(水) 18:16 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。