とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 「勝つためには手段を選ばない」というタイトルを急遽「勝つためには手段を選ぼう!」に変更してしまいました。
 こういったタイトルを付けていて、「手段」という言葉というのは相場で勝つためにとてもしっくりとくるように感じています。
 「手法」という言葉よりも、より具体的に、なりふり構わずなんとしてでも儲かってやろうってニュアンスがあります。
 儲かる手法というよりも儲かる手段といった方が、より強い感じがします。

 この手段という言葉は・・・・・と、このまま続けると、いつものように長くなってしまいますので、このへんで。。。

 この記事は2回くらいになると思いますので、最初に結論を書いておきます。 
 この結論を読んでいただき、「なーんだ。もったいづけやがって」という方は、ここでページを閉じてください!

 1 時間軸は4時間足を使い中期トレードを行う。
 2 狙うポイントは、2つだけで画像のとおり、サポート・レジスタンスをブレイクした後のプルバック
   もうひとつはフラッグのブレイク

 これだけです。
 つまり、中期足を使って、サポレジのブレイクアウトの戻りとフラッグのブレイクを狙うということだけです。

 念のため、サポレジのブレイクアウトの戻りについてYTC Price Action Traderからの画像引用です。



 このマニュアルでは、BPB Breakout PullBack というネーミングですね。
 
 次にフラッグです。
 この画像は、投資LAB.からの引用です。

フラッグ 

 上昇途中に下向きのフラッグ(旗)が出て、そこをブレイクしたら再上昇することが多い。
 下降途中に上向きのフラッグ(旗)が出て、そこをブレイクしたら再下降することが多い。

 つまりトレンド継続パターンあるいは中段保ち合いパターンとも言われます。
 
 まず、1の「時間軸は4時間足を使い中期トレードを行う。」についてですが、実際になぜ5分足などの短期ではなく4時間足なのか?ということについてです。

1 中期足には、そもそもトレンドが出やすいと言われるFX市場なのだから、大きなトレンドに乗れる可能性が高い。
2 10pipsから30pips程度の相場のノイズを除去しやすい
3 エントリー判断、エクジット判断などの相場分析をかなり時間をかけて行うことができる
4 ストップも大きいが得られる利益も大きくなる可能性がある
5 ある一定の時間、チャートを見続けなくてもよい 

 こんなところだと思います。
 ただ上記文章で「可能性が高い」だとか「~しやすい」という曖昧な言葉で書いたのは実際には、時間軸でそれほど差異はないといったことも言えるからです。
 1分足や5分足はまだしも、15分足から1時間足のチャートと、4時間足や日足チャートについて、時間表示を隠して見せられたとして、その違いが分かるでしょうか?
 私には、よく分かりません。
 となると、上記メリットもないのではないか?ということになりますね。

 実は、このことについてSNSで、「時間軸が大きくなったとしてもチャート構造自体に大きな違いはない。短期軸で負けるようなトレーダーが中長期足を使っても負けるスピードが遅くなるだけ」といった旨の指摘されたことがあって、私自身も確かにそうとも言えるなと明確な反論はできませんでした。

 いまだに、こういう理由だから、中長期足にメリットがあるのだとは言えない状態なのですが私の考えたこととしては次のことです。

・短期足になればなるほどストップは小さくしなければならない。そうするとFXでは良くあるストップ狙いの動き、さらには実需などによるノイズの影響を受けやすい。
・テクニカル(チャートパターンやサポレジ)を意識するトレーダーは数多く存在し、そのパターンは1時間足、4時間足そして日足などに出現したものが、より多くのトレーダーが認識している。

といったことがあると思います。
なお、この裏付けとなる詳細な検証データなどを持っているわけではありませんのでご了承を。
書籍やらマニュアルの受け売り知識と自分自身の感覚的なところで述べています。

 これ以外には、上記の、
3 エントリー判断、エクジット判断などの相場分析をかなり時間をかけて行うことができる
5 ある一定の時間、チャートを見続けなくてもよい 
 
が、私にとっては大きなメリットです。
 特に、3番の、分析に時間をかけられる
というのが一番大きいです。
 あまり上手くない例えですが、囲碁の初段が5段くらいの人と勝負したとします。(アマチュア囲碁の世界でのたとえ話です。プロの段差は圧倒的なものがありますので)
 一手の時間が双方とも5分という制限だとしたら確実に初段が負けますね。
 その時間が、初段は1時間、5段は5分だとしたら、初段が勝つ、あるいはそこそこ良い勝負が出来るのではないでしょうか?

 1分足や5分足では私のマインドやら反射神経やら決断力などを含めたアビリティー(能力)ではFX相場と対等に戦うことはできないと感じています。
 先の囲碁の例ではありませんが、トレードというのはなにやら先天的な才能というか、怒られてしまいますがギャンブルの才能のようなものがあるように感じています。
 それは、技術の他にマインドなどを含めてですが。
 
 スポーツ、芸術、その他、人生における全ての物事でも「才能」ということについて考えると同じだと思います。
 もちろんこれは努力によりある程度までは克服できることではありますけど、よくあるたとえ話として、野球少年が皆イチローにはなれない、勉強が出来る人が皆学者になれるわけではない・・・etc

 先ほど書いたSNSのメンバーは、針に糸を通すようなバックテスト、検証を重ねて非常に細密なルールを作り上げ、さらにマインドも相当強い日本で、いや世界でもトップクラスのトレーダーですので5分足だろうが日足だろうが勝てる人です。(○○さん、褒めすぎですか?)
 努力をあきらめるわけではありませんが、やはり私のような凡人にはそのレベルには到底達することができないと分かりました(分かってしまいました)
 なので、じっくりと時間をかければ、なんとかそのレベルに近づけるのではないか? ならば中期足を使ってみようと思ったのです。
 
 よくMTF判断を指導するマニュアルあるいは書籍などでは、日足のトレンド方向へ・4時間足のトレンド方向へ、時間軸が大きい方のトレンドに優位性があるといったことが語られています。(ビクトリーメソッドの佐野さんをはじめとして)
 MTF判断では、30分足など執行時間軸として日足、4時間足を参照してその方向でトレードするといったスタイルです。
 ならば、その優位性があると言われる日足や4時間足を主軸としてトレードすればいいじゃないか、そして逆に細かいエントリー判断は短期足を参照すればいいいだろう・・・などと考えました。
 この考えってどうなんでしょう?自分で書いていて論理的に合っているような合っていないような感じですが、少なくとも機能はしているんですけれど・・・。

 やはり自分で考えていたとおり、長い文章になってしまいました。
 
 なぜ長期足なのか、なぜスイングなのか?ということについて、明確な答を書いているようものは少なく、ただトレンドに乗りやすい、短期になればなるほど難易度が高いと述べられているものくらいの程度でした。

 なので自分なりに突き詰めて考えて、端的に書いてしまうと、
 ・ 時間をかけて考えられる
 ・ ノイズを受けづらい
この程度なんでしょうかね?

 今まで、1分足スキャルマニュアルなどを購入して満足に勝てたでしょうか?
 あるいはその手法をずっと使っていますか?
 スキャルで1日に何十回もトレードして継続的な利益が出たでしょうか?
 5分足のテクニカルを使用したトレードで継続的な利益を出せていますか?

 上記のことに、「ああ、俺はもちろんスキャルで勝っているよ」という、そもそも有能なトレーダーは別に短期だろうが長期だろうが、あるいはどんな手法を使おうが絶対に勝てる能力を持っている人です。

 ただ、初心者レベルの方などは、まずとっかかりとして、オシレーターなどを駆使した「ある方法」を伝授する高額なスキャル商材などを手に入れて始めるのは1分足や5分足トレードが多いのではないかと思います。(データはありませんが)
 しかし、こういったトレードは、今まで書いたようにやはり難易度が高いのです。
 言い換えれば、能力の非常に高い選ばれたトレーダーが戦っていける最前線地なのです。
 だからこそ、戦局(トレンド)が見渡せるような遠巻きの場所で時間をかけて戦うのが少しでも有利ではないでしょうか?

 なので、この記事での提案は、中長期トレードをやってみましょう。
 しかも、たった2つの手法で・・・ということなのです。(やっと結論までたどり着きました)

 もちろん、このことは私個人の実体験による考え、あるいは他のスイングトレードに関する書籍やらマニュアル、特に左サイドバーにあるとても優秀なスイングトレーダーの関野氏によるトレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFXの影響などによって書いています。
 これも安くはない、いわゆる情報商材ですが、私が得られたものは相当大きいですし、トレードスタイルまで影響を受け、さらに利益を生んでくれたという意味では充分に価値があるものでした。

 今まで書いた内容については当然、異論やら反論はあるはずですし、特に短期トレードで結果を出しているような方にとっては何を言っているんだ!って感じでしょうね。

 まあ一生懸命書いていますんで興味があったら次の記事も読んでくださいね!
 チャート画像などで、具体的に説明させてもらおうと考えています。

 応援クリックが多くいただけましたら早急に書くことにします!
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・現在、レンジで跳ね返されています。。。

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
   
2014/01/11 16:11|未分類CM:1
4時間足トレード「その2」
早く記事にして頂きたく、お願いに来ました。

私もトレード歴は長く、これまで短期足でのスキャル、デイトレードを懲りずに
やってきましたが、全く勝てずじまいで今日に至ってしまいました。
今更ながら短期足トレードは、私には無理なのかと思い始めてきた所です(遅すぎ)
ならば長期足でならと安易に考えています。 (;^_^A アセアセ・・・

よろしくお願いします。 
タロ #HfMzn2gY|2014/02/07(金) 18:38 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。