とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 あえて日本語にしましたが、いわゆるパーフェクトオーダーですね。
 もうみなさんご存知と思いますが、移動平均線が短期から長期へと順番にそろっている状態ですね。
 つまり、上昇トレンドですと、長期線の上に短期線が順序良く並んでいる。
 下降トレンドですと、長期線の下に短期線が順序良く並んでいる。

 この手法は、確かキャシーオーエンのFXトレーディング (ウィザードブックシリーズ)という書籍で紹介されてから、ちょくちょく日本のブログでも紹介されるようになりました。
 この書籍販売当時は、FX関連の本格的書籍がとても少なかったため、かなり売れたようですね。
 当然私も買いましたが、現在はもっと良い本が出ているものの、今でも十分読むに価しますよ。

 

 さて、そのパーフェクトオーダーですが、私の個人的な印象では意外とこの手法だけにフォーカスしているものはメジャーではないような気がしています。
 言い換えると、せっかくのシンプルで有効な手法を複雑にしてしまっているものが多いと感じるのです。

 実際、数本の移動平均線を売買ルールとするものはとても多いのですが、RSIを加えてみたり、MTF判断を加えたり、あるいはストキャスやら、一目均衡表やら、まあ様々ですね。
 その理由としては移動平均線が他のオシレーターなどとの組み合わせの相性というのでしょうか?
 その相性がとても良いことが理由なのでしょう。
 
 ただ、私としてはRSIくらいだと、確かに判断の助けというか後押しになることも多いし、ダイバージェンスがとても良いシグナルを発することもあり採用したいところですが、短期中期長期の移動平均線を一枚のチャートに表示させている・・・ということは、もうそれでMTF判断は、ほぼ完結していると思います。
 なので、移動平均線を5本6本と取り入れたチャートを設定し、なおかつMTF判断をすると、私の頭脳ではこんがらがってしまうだけですね。
 移動平均線の角度や高値安値の幅などを見れば、それだけでモメンタムはわかりますのでオシレーターも必要がないのではとも思えます。
  
※ RSIを取り入れたチャートも最後に追加しました。

 もちろん、たとえば5分足だけですと、チャートをいくら縮小表示しても相場の全体的な趨勢といったものが把握しづらいのでトレード前に中長期足を確認することは絶対にやらなければいけませんね。

 ここでは15分足のポンド円チャートで私なりのパーフェクトオーダーの考え方を書いてみようと思います。
 ご存知のように、あくまでもトレードの考え方の一例であり、実際の相場はいつも自分の期待どおり、セオリーどおりには動いてくれません。
 セオリーどおりに動くかどうかなんて半々くらいだと考えていたほうが良いかもしれません。
 もし期待どおりに動いてくれれば、誰もが億万長者になれますよね。
 前回も書きましたが、要は、「労多くて益が少ない」という相場の実態。真相?のようなものを受け入れて、「労を惜しまずに、なんとか益を少しでも多く」といった感覚が必要だと思っています。(いつものように自分に言い聞かせています)

 前置きが長くなってしまいました・・・。
 
 以下のチャートはすべてポンド円15分足です。



 ここでは15分足に20・50・100・200SMAを表示させてみました。
 この設定は、私は持っていないのですがFXBさんという有料マニュアルを販売されている方のブログで手法公開されていた設定なのです。
 実際には表示誤差がありますが、50SMAは30分足、100SMAは1時間足、200SMAは2時間足のそれぞれ25SMAに該当しますね。
 これ以上の4時間足(400SMA)や日足(2400SMA)を表示させたことがあるのですが、15分足を執行軸とするには長期すぎ、さらに平均線の傾きもわかりづらく、またデイトレとしてはチャンスを逃すことが多いので省きました。
 これは素直に、日足と4時間足を観察したほうがいいですね。 

 実際には、たとえば20.40.60.80.100といった数字で自分で見やすく判断しやすいパラメーターであればなんでも良いと思います。

 このチャートですと、左側は、下降トレンドのきれいなパーフェクトオーダーですね。
 戻り売りなどもグランビルの法則でピタリピタリと決まっています。
 表示はさせていませんが、RSIやらストキャスなどもきっちりとそのオシレーターとしての役目を果たしているでしょう。
 
 一方、右側は、まず20SMA、50SMAが上向きとなり、こんがらがってきています。
 ちなみに私は、こういた状態を「袋」状態と言っています・・・。

 でも、この上昇を逃すのはもったいないですよね。
 なにかこういった反転。トレンド転換をとらえる手法があるに違いありません!

 ・・・と期待を持たせる書き方をしてしまいましたが、パーフェクトオーダーという手法を貫く(大げさですが)のであれば、こういった状態は、はなっから捨てるべきなんだと思います。
 実際、こういった袋状態は、一気に大きく上昇してしまうこともありますが、不安定な相場となることが多いのです。
 私は、袋状態の時に、お、これはトレンド転換だな、よしよし上だ!、いや、やはり下だ!、ぁ、でも上だ!・・・などと翻弄されて負けることが多いです。
 なので私は、この袋をブーラブラと上下する「憎いキャンタ○袋」(自主規制中)などと呼んでいます(爆)

 フォレックスファクトリーなどでは、移動平均線が見せる様々の状態を分析判断して、その時その時のストラテジーなどが論じられていてそれを極めるのも良いと思います。
 一方、トレンドが出ている、分かりやすいといったことでパーフェクトオーダーの時だけに絞ってトレード戦略を練るといったことも、とても有力かつ有効な手法と言えます。
 ※ リサイクル(ゴミ箱)行きとなってしまいましたがThe Dance という優れたスレッドがありました。

 なので、もしパーフェクトオーダーが崩れたような状態の時に高確率に勝てる手法を持っていないのであれば、トレードしない見ているだけ、次のチャンスを待つということに徹したほうがいいと思います。

 次のチャートも、黄色いトレンドラインの上昇がもったいないですよね。

po3.png 

 15分足といえども、10時間くらい見ているだけとなってしまいます。
 そういった時に5分足にシフトするだとか、他の手法を適用するといったことももちろん良いのですが、個人的には、次のチャンスを待つことを選択したいですね。
 どんな相場でもとってやるというよりも、自分が決めたルールに合致するまで待つということも大事なのではないかと私は痛感しています。、
 
 参考になるかどうかわかりませんが、比較的うまくいくことが多いケースについて書いてみます。

pd2.png

 最初のパーファクトオーダーのチャートと比べるとそれほどきれいなチャートとは言えませんね。
 青色縦線のところでかろうじてパーフェクトオーダーが成立しました。
 こういった時に急いでエントリーしてしまうと、すぐに押しが入ってしまったりすることが多いです。
 なので、パーフェクトオーダー後のブレイクアウトを狙うと良い結果となることが多いし、エントリーポイントもわかりやすいです。

 次は、パーフェクトオーダーが一部崩れた時の戦略です。

po4.png

 このチャートは、あまりにもうまく行き過ぎていますが、いったん20SMAが50SMAとゴールデンクロスしてしまい反転するかなと思える場面です。
 この時、20SMAと50SMAに対するグランビル2番の法則で戻り売りなどをしてしまうと、15分足という短期ではストップにかかってしまう可能性が高いです。
 こういった時は、やはり前回安値(黄色ライン)のブレイクを待つのが良いでしょう。
 というよりも、良いかどうかは結果次第でわかりませんが、少なくともエントリーポイントが明確かつ根拠があります。

 ブレイクアウト戦略というのは確かにダマシが多く直近安値高値などにストップを設定するとロスが大きくなります。 ですが、少なくともこのチャートのように長期移動平均線から短期移動平均線まできれいにパーフェクトオーダーが成立している時のブレイクは機能する、というか機能するに違いないぜ!くらいの考えでいいのかなと思っています。
 もちろん、それでも騙されたのなら、ごめんなさーい、参りましたくらいの気持ちで損切りしましょう(謎)

 次のチャートも同様です。

po5.png

 こうやって出来上がったきれいなパーフェクトオーダー状態のチャートを後から見れば簡単に勝てそうですが、チャート左端のパーフェクトオーダー初期?の場面では、これが継続するのかどうかなど誰にも分りません。
 実際には、移動平均線がきれいな扇形となり収縮もせず、かつダウ理論の高値切り下げ、安値切り下げが確定したくらいがパーフェクトオーダーが完成した状態だと言えるのだと思います。

 このチャートは、結果的にきれいなパーフェクトオーダー状態でグランビルの法則が機能していますが、特に初期状態では、この法則が20SMAで機能するのか、それとも深押しして100SMAとなるのか、さらにパーフェクトオーダーが維持継続されるのかをロウソク足の動きだけで判断するのはかなり難しいです。
 戻り売り、押し目買いという手法はとても有効なのですが、どこが押し目となるのかの判断はオシレーターを併用しても見事に騙されることが多いです。
 なので、黄色いラインの前回安値をブレイクしたポイントというのがわかりやすい上に、プライスアクションとしてより根拠があるエントリーポイントとなる可能性があります。

 しつこいようですが、根拠があるからうまくいくといった保障はどこにもありませんけど・・・。

 次のチャートも同様です。

po6.png

 最初の方は、下落のモメンタムが弱いせいか、20SMAあるいは50SMAを基準としたグランビルの法則を適用していると結果的には勝てそうですが、リアルトレードですと、ずいぶんと翻弄されてしまうと思います。
 黄色ラインのブレイク戦略であれば、それも多少は軽減されるはずですし、エントリーもそれほど迷わないでしょう。

 また最後の局面は、サポートラインを引いたとしてもブレイクはしませんので、短期上昇の波に巻き込まれることがありませんね。

 いろいろと書きましたが、実際の相場は、それこそ魑魅魍魎というか、スパイクがあったりストップハントのような動きがあったりと一筋縄ではいきませんが、はっきりと言って、私のレベルではそれに対抗するテクニックなど持っていません。
 対抗するというと言葉は適切ではないかもしれませんが、不規則な相場に対抗するのは、トレーダー側が頑なに一定の規則やら規律、ルールを維持する、つまり不規則な動きには付き合わない・無視する・あるいは受け入れた上であきらめる(損切りする)といった感じでしょうか?

 こういった考えにパーファクトオーダーという基本的かつ王道手法はとても有効に機能するストラテジーだと思います。

※ 追記
  最後のチャートですが、RSIを追加してみました。
  やはり30パーセント以下でのダイバージェンスは、毎回というわけではないですが一応目安となりますね!
  ひとつ前のチャートもやはりRSIが機能しています。
  この記事の趣旨とは異なりますが、RSIやCCI、ストキャス、MACD(特にヒストグラム)など使い慣れたオシレーターを判断の目安とするのも良いと思いますよ。

tsuiki.png

 もし、この記事が参考になりましたら、にほんブログ村 FX デイトレ派を迷わずワンクリックお願いします!
 現在、下降トレンドのパーフェクトオーダー中です・・・。
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・現在、雲のど真ん中に入っています。。。

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
   
2014/02/16 15:17|未分類CM:8
こんにちは。
解説のとおりです。
パーフェクトオーダが崩れたとき、
何とかならないかなと思っています。
崩れたときは、見ているだけが安全ではあります。
しかし、オシレータで、冒険してみたくはなります。

では。 
yyaloha #-|2014/02/16(日) 16:56 [ 編集 ]

こんばんは!
パーフェクトオーダーが崩れた時の戦略ではないのですが、崩れる前兆の例としてRSIのダイバージェンスについて追記してみました。

MAとRSIは、かなりの相性がありますし、それほど複雑化もしないので好みです。
 
システムマン #-|2014/02/16(日) 17:24 [ 編集 ]

こんにちは
パーフェクトオーダーを根拠にブレイクアウトを狙う、トレンドフォローとしてはこれ以上無いくらい完璧なプランですね。
完璧故に時間軸によっては極端にトレード回数が減るというのが難点でしょうか。
私は基本的に反発狙いなので、ブレイクアウトはポジションを持ちながら見守るスタンスなのですが、
記事の5、6枚目にあるような、戻りが綺麗な山でない場合はやりにくいですね。
複数の移動平均線というとGMMAを思い浮かべます。

1種類のテクニカルを複数の数値設定で表示する、という発想は私もいろいろと試したことがあります。
私はボリンジャーバンドが大好きで、3年ほど前からは罫線分析と少し長めのボリバンを表示してトレードしており、
現在のスタイルを確立する以前は、ボリバンをGMMAのように多数表示してみたりと、いろいろ試行錯誤しておりました。
結論から言えば、ボリバンの複数設定はあまり意味のあるものにはならなかったように感じましたが、
13-50、20-100、50-300、のような、だいぶ数値が離れている2つの組み合わせでは、優位性を感じられたとうろ覚えですが記憶しています。

パーフェクトオーダーが崩れた際の方針は悩みますね。
以前紹介されていたトラモニさんの本では、ダイバージェンスでの逆張り的なエントリーはしないように、と言ってましたが、
上位の時間足のトレンドと方向が一致してるなら、考えてもいいと思います。
複数の移動平均線でMTF分析してんのに、さらに上の・・・とかなんだかごちゃごちゃしそうですが。
或いはサポートラインとの接地・・・このへんは記事内容とは特に関係がなさそうですね。

オシレーターでもこのような試みはたくさん見られますね。
確かこのブログで見たと思いますが、ストキャスを20本表示して、ロープや網、といったビジュアルで相場分析をするものや、
RCIを3本表示したもの、いつだったか脱税で有名になった主婦トレーダーも長期短期のRSIを利用していました。
考えることは皆同じですね(笑) 
memo #02XSm1MA|2014/02/18(火) 21:50 [ 編集 ]

こんにちは!コメントあろがとうございます。

ここではブレイクアウトに特化した記事を書きましたが、パーフェクトオーダーを「手がかり」とした手法を考えると、かなり多くのものがアイデアとして出てきます。
オシレーターとの組み合わせなどもその代表ですね。
その中での水平線ブレイクアウト、そして少し確率が落ちるもののカウンタートレンド狙いのトレンドラインブレイクなども考えられます。


> 複数の移動平均線というとGMMAを思い浮かべます。

まさしくそうですね。
GMMAもパーフェクトオーダーの親玉?みたいもので、特に短期、長期などですと判断がしやすいですね。

> 私はボリンジャーバンドが大好きで、3年ほど前からは罫線分析と少し長めのボリバンを表示してトレードしており、

一枚のチャートでMTF的判断・・・記事に書いといて何ですが、やはり1時間足は1時間足、日足は日足で単独で見た方がすっと頭に入ってきますね。
ただ、一枚チャートもなんというか視点の移動がないぶん、惑わないってメリットもあると思います。

> パーフェクトオーダーが崩れた際の方針は悩みますね。

実は、こういった崩れた時の手法っていくらでもあるし、有効なものもいくらでもあるんですよね。
特に追加でアップしたRSIなどのダイバージェンスを使用するなど。
ただ、こういった状態を捨てるのも、ひとつの有力な選択ではないかといった趣旨のことを書きたかったのです。

> オシレーターでもこのような試みはたくさん見られますね。
> 確かこのブログで見たと思いますが、ストキャスを20本表示して、ロープや網、といったビジュアルで相場分析をするものや、

ストキャスですね。
あれは、いまだに表示させている方などが他のブログで見るといますね。

結構、考えることは皆同じようなこともあるのですが、日本の場合はそれを議論するような場所がないですね。
RCI3本スレッドなんてあると、盛り上がりそうなんですけどね。

今の私が行き着いたところというのは、MAとグランビル、BB、RSIといったところですかね。
最近は、なるべく手法そのものにはこだわらないようにって意識しているのですが。
いまだに微調整的なことは、それこそ毎日やっていますね。 
システムマン #-|2014/02/18(火) 22:53 [ 編集 ]

はじめまして
THVを漁ってるうちにここにたどり着いた所存でございますw
いきなり質問なんですがw
1/6の実践編では、ポンドチャートの右サイドに、H1、H4、D1の直近ローソクチャートが表示されてますが、これは一体どう設定すれば表示させることが出来るんでしょうか? 
cmcm #-|2014/02/19(水) 07:57 [ 編集 ]

はじめまして
これはStatman MiniChart v12 というもので、テンプレートですと、1 thv4 ffというもので表示されます。

THVのテンプレでなくとも、Statman MiniVhart v12 を適用しますとミニチャートが表示できます。
またMT4採用の時間軸であれば、任意のチャートを選べます。

 
システムマン #-|2014/02/19(水) 21:26 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます 
#|2014/02/22(土) 14:33 [ 編集 ]

こんばんは!
激励のお言葉ありがとうございます。
なんとか更新を続けていきたいと思っています。
よろしくお願いします。 
システムマン #-|2014/02/25(火) 23:49 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。