とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 前回に引き続きオリバーべレス・グレッグカブラによる書籍デイトレードについての引用記事です。

デイトレードデイトレード
オリバー ベレス グレッグ カプラ Oliver Velez

日経BP社 2002-10-19
売り上げランキング : 3834

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 正直な話、この書籍があればブログ記事のネタには何ら苦労することがありません。
 ページ数が290ページほどですから、いっそのこと毎日2~3ページをそのままこのブログに転載したほうがいいんじゃないか・・・などと考えるのですが、そんなことをすると著作権法違反となってしまいますね(爆)

 そこで、こちらでは、部分部分を引用しながら、私なりのフィルターを通して紹介していくことにします。
 そんなフィルターなんていらないよってことでしたら、ぜひ、書店等で手に取ってみて気に入れば購入し熟読していただきたいと思います。
 海外の定評ある相場本というのは、ほとんどの場合、相場に向かうマインド等についてとても深い考察がなされています。
 もちろん手法に特化した書籍も多数ありますが、そういったものであっても、やはりマインド面、メンタル面において一本の筋が通っているものが多いです。 
 もちろん中にはクソ本もありますけどね。
 このへんは、この国で販売されている、「主婦が片手間で月に100万円・・・」だとか、「サラリーマンがたった1年で数千万円」などといったものとは大違いです。

 さてデイトレードを再読していますが、1回目よりも丁寧に読んでいるのでけっこう時間がかかっています。
 記述自体は平易ですが、とにかく内容が濃いためだと思います。
 また再読にもかかわらず、1ページごと、そして1センテンスごと、私の休眠中だった脳細胞にしみいってきます。
 前回の記事でも書いたように、初読の時に感じたこと、気づいたこと、そして理解できたことが、再読では、もっともっと感じ、気づき、理解できといったことの連続で自分でもかなり驚いています。
 ということは、まだまだ私は発展途上の真っ最中ということなんでしょうね。 
 もう10年近くやっているのに。
 なので、この書籍は、私にとってリトマス試験紙あるいは体温計、あるいは定期健康診断?のような存在です。
 ぁ、これは前回の記事と同じ文章ですね。

 私は今回の再読が終了しましたら、しばらくこの書籍から離れようと思っています。
 そして数か月後、あるいは数年後になるかは分かりませんが、また再々読をして自分の変化を計ってみたいですね。
 あるいは、この書籍を読む必要を感じられないほど成長しているかもしれない・・・といった自分に対する淡い期待のようなものが生意気にもあったりします。。。

 まあ、この書籍の素晴らしさを下手くそな表現であれやこれや書くよりも具体的に引用したほうがいですね・・・。
 全部で9章ある中で第2章では、
 『優れたトレーダーへの精神修行~トレーディング行動を修正する鍵』
 といったタイトルです。
 ここでは、トレードをするにあたっての心構え、相場との付き合い方、相場に対して前向きに考えることなどが述べられています。
 こうやって書くと、なにか退屈そうに感じてしまうかもしれません。
 しかし、実践で得られた実例からくる教訓が上手に表現されていますし、重要なことはそれこそ何回も何回も異なるエピソードで語られますのでとても理解しやすいですね。

 先ほども書いた通り、できればすべてを引用というか転載したいのですが、ここでは2つほど紹介します。

『取引で成功するためには人間性を捨てなければならない』
人間がとりうる行動としてみた場合、トレーディングは最も自然に反したものである。
心理的に心地よいものはほとんどの場合、間違ったものである。
(中略)
安心や満足は、何か間違ったことをしている兆候である。
この矛盾がトレーディングの技術を習得することを難しくするのである。
損切りすべき時にポジションを塩漬けにして持ち続けることは、損失を確定する苦痛から一時的な安泰に逃避することである。
行動するかわりに様子見をし、じっと動かないことはトレーダーに一時的な安堵をもたらす。
容易な行動を前にし、正しい行動をとるための戦いに敗れたわけだ。
人間にとって、正しい行動はしばしば苦痛を提供し、間違った行動はしばしば一時的な快楽を提供するのである。

勝ち残るトレーダーは、苦痛と快感、勝利と敗北といった無数の経験によって思考回路は(一般的な人間心理とは)逆の感じ方をするように訓練されていく。


 部分部分を抜き出して引用しているためちょっと難しいかもしれません。
 人間性を捨てる・・・これまた強烈な表現ですが、トレーディングには必須のことです。
 ここでは人間の良い面を捨てるということではなく、人間が本来持っている弱い面を捨て去るという意味ですね。
 端的に言うと、トレーディングで成功するためには、人間が本来持っている本能を捨て去って、やりたくないこと(損切り)を的確に執行しなければならないといったことでしょう。
 これは、以前書いたプロスペクト理論(検索してください)と同様のことですね。
 こうやって人間心理からの丁寧な説明があると、本当に分かりやすく感じます。

 この章からのもうひとつの引用です。(基本的に本書は株式用語を使用しているため一部FX用語に変えました)

『考え方ではなく、取引の仕方(手法)を教えてくれ』
こういった反応をする者は、適切な思考がすなわち適切なトレーディングであることを認識できないのである。
こういった事例はあまりにも多い。
トレーディング手法を身に着けること自体はそれほど難しいことではない。
難しいのは、それらに習って訓練し、実践することなのである。
損切りすべき水準であると「わかっていた」のに、その水準を下回って下落しているのに損切りできなかった経験は何回あるだろうか。
ロングしてはいけないと「わかっていた」通貨ペアをとりあえず買ってしまった経験はないだろうか。

こうした失敗の原因は、自分が正しいと分かっていることを行えないことであり、正しいことが分からないことではないのである。
トレーディングの8割以上は心理的な要素が占める。
我々は知識が欠けていることによってやられることはない。
多くの場合、知識に耳を傾けないことによってやられるのである。
手法や知識はトレーディングの極意を得るための長い旅路の最初の関門にすぎない。

私は、多くの人々が知識すら身につけていないことを神に感謝する。
加えて、知識を身に着けた者の多くが適切な思考を身につけないことも神に感謝する。
そうでなけれは、知識と思考の両方を備えた者が収益を上げるチャンスが劇的に減少してしまうからである。


 最後の数行は、かなり辛辣ですね。
 しかしまさしく真実であると思います。

 手法なんてなんでもいい・・・とまで私は言い切れません。
 手法も大事であるのは当然ですし、その手法は正しいものである必要があります。
 私は、最近個別的な指導を受けたとこのブログで書きました。
 少し偉そうに書かせてもらいますが、ある程度の基礎的知識を持っていた私にとって指導を受けた内容は、全てではないのですが、ほとんどが知っている知識、そして手法でした。
 そしてそれは、ダウ理論やチャートパターン、トレンドラインなど、ごく王道的な参考書に書かれているようなことでした。
 しかし、その指導が私にとって有用だったのは、その正しい知識を正しく適用するようになれたということでした。
 つまり適切な知識、手法を適切な思考、適切な方法でトレーディングすることに導いてくれたということがとても大きかったのです。

 なので手法があーだ、こーだと言って聖杯探しに明け暮れたり、そもそも適切な思考を生み出すことができないサインツールやらに頼るのは問題があります。
 他の分析の背景がない上で、ロウソク足の色が変化したり、矢印が出現するようなツールを使っているようではトレーダーとしてひとつも向上できないことは間違いがありません。
 そのようなツールがリスクリワードが適正で勝率8割ということであれば誰も努力せずに億万長者になれます。
 しかし、勝率が5割とか6割しかもロジックはブラックボックスであれば、確実にそのツールを継続して使うことなどできなくなってしまいますし、そもそも勝ち続けることは困難でしょう。
 それであったら移動平均線の1本か2本、あるいはMACDなどのオシレーターでも表示させておいたほうがよっぽどましです。
(もちろん数種あるロジックの中のひとつとしてのツールであれば問題はありません)

 検証等によって得られた正しい手法を正しく適切な思考によってトレードする・・・私にとっての必勝法というのはこういったことだと確信しています。

 あまりうまく引用できなかったため記事が長くなってしまいました。
 そのほか、この第2章では、マーケットに対して前向きに認知することや、前向きな態度であるからこそ勝てるのだなど多くの有用なトピックが書かれています。

 第3章では、損切りの重要性について、まさしく手を変え品を変えて25ページほどの記述があります。
 この章を読めば、どんな人であろうと、今後いろいろな理由をつけて損切りができないということを克服できるようになる素晴らしい内容となっています。
 この記事では、そこまで書く予定でしたが、それはまた明日にでも書くことにします。

最後まで読んでいただいた方は、あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、18位くらいです。あなたのクリックを神に感謝します!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・下向きの矢印ツールが出てしまいました。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
 
2014/07/05 23:15|未分類CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。