とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 3回目の紹介となるデイトレードについてです。
 
 第4章では、『トレーディングにおける7つの大罪』として、

  第1の大罪 すぐに損切りできないこと
  第2の大罪 利益を勘定すること
  第3の大罪 時間軸を変更すること
  第4の大罪 より多くを知ろうとすること
  第5の大罪 過度に自己満足に陥ること
  第6の大罪 間違った勝ち方をすること
  第7の大罪 正当化
が項目建てされ、それぞれに解説が加えられています。

デイトレードデイトレード
オリバー ベレス グレッグ カプラ Oliver Velez

日経BP社 2002-10-19
売り上げランキング : 3834

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 この書籍は、上記7つのことを、まるで無限ループのように様々な切り口で読者に語り掛け、諭し、理解させ、良い意味で洗脳するものだと言えます。

 つまり勝てるトレーダーの思考回路を読者に植え付けることが目的であり、この書籍はその使命を十分に果たしています。
 その中でも徹底的に損切りの重要性について説いています。

 損切りについての文章を、この書籍のいろいろな場所から抜粋すると、

・ トレーディングで成功するか否かは、人生における成功と同様に、いかに損失をコントロールするかによって決まるのであり、いかに損失を回避するかによって決まるのではない。
・ すべての損失は、がん細胞のように自らの資金を食いつくし、生活を破壊させる可能性を秘めている。したがってトレーディングを長く続けるためには、がんが発生したら早急に取り除かなければならない。
・ 損失をコントロールすることだけに注目する熟練したトレーダーは常に成功する。
・ プロトレーダーとしての成否はその勝ち方にあるのではなく、いかに負けを、「管理可能な」状態にできるかによって決まってくる。
・ 負けをコントロールすることができるようになれば、勝ちを求める必要もなくなる。勝利はひとりでについてくるのである。
・ 向上心のあるトレーダーが直面している問題はいかに損失を避けるかではない。重要なのは、損失からいかに学ぶかである。
・ このゲームでは、負けることは現実であり頻繁に生じることであるから正しく負けることを知ることは生きる鍵となる。
・ 損切りをした時、それは負けではなく勝ちなのである。損切りをしたトレーダーは正しいポジションをとれる次なるチャンスを獲得している。
・ 大負けとならない、少額の損失はプロのトレーダーの証である。

 引用を続けたらキリがありません。
 「損切りは大切ですので、ぜひ適切な場所でロスカットしましょう」といった凡百な文章では、おそらく一般の人間は頭に残らないでしょうし実践もできないでしょう。
 セミナーなどの講師をしている著者は、そのへんのことを痛いほどよくわかっているようで損切りについては、もう嫌になるほどあの手この手で切り口を変えて繰り返し、なんとか読者に理解させようとしています。
 また、用意周到に、それでも損切りができない人のために、ポジションの半分だけでも損切りをして持続したいという意識と損切りを執行するという正しい行動を半分ずつ受け入れるといった救済策のような方法も提案しています。
 またこういったことは、何も初心者だけの課題ではなくプロトレーダーにとっても課題であると述べています。

 よくFXサイトなどを読むと、「損切りがなかなかできなくて困っています。どうしたらいいでしょうか?」などと、ちょっととぼけたような質問があったりします。
 ただ、この質問は、当人にとっては切実な問題であり、さらに多くのトレーダーにとっても同じですからけっして笑うことはできませんね。
 さて、それに対する回答は・・・私がもし回答者だったら、
 『オリバーべレスのデイトレードを熟読してください。それでもまだ損切りできなければFXをやめたほうがいいんじゃないですかねえ』といったかなりスカしたものになると思いますね。

 完全に手放しでこの書籍を推奨していますが、実際にこの書籍のターゲットとなる読者は、ある程度経験を積み手法を確立できたトレーダーとなるでしょう。
 そして大なり小なり、損失を被ったり、大失敗をしたり、口座をブッ飛ばしたりして相場に対して懐疑的になったような方に「よく効く」書籍です。

 いないとは思いますが、少しでも逆行したらこの書籍に書いているからといって何の基準もなくビシバシと損切りしていたら大変なことになってしまいます。
 まあ、それでも損切りしないよりまマシなのですけどね。。。

 この書籍には、あらかじめ損切りしなければいけないレベルを設定してからエントリーすべきだと述べられています。
 そして、そのレベルとは?・・・こういったことをチャート図を元に解説しているようなことはないです。
 そういえば、相場本としては珍しくチャートは1枚もありませんし、いわゆる図解のようなものも一切ありません。
 あるのは文字だけですね。
 (ちなみに私が思うストップを置くべき場所というのは、非常に簡単ですが直近あるいは目立った高値・安値だと思っています)

 なので私が推薦したいのは、とにかく変な商材や変なハウツー本などに手を出す前に、このブログで紹介させてもらっている先物市場のテクニカル分析か、あるいは、シュワッガーのテクニカル分析のどちらかを1週間程度かけて熟読するのが良いでしょう。

 柄にもなく少し厳しい書き方をしてしまうと、FXを数年続けているような方でも、私が書いた過去記事チャートパターンの基礎とその考え方 を初めて知った、理解したというような感想をいただきました。
 チャートパターンを使う使わないは別として、少なくとも相場の世界に入るのであれば、こういったことを取りあえずは理解しておく、知っておくことは最低限のハードルです!

 上記2冊は、ちょっと高価でとっつきにくというのであれば、ZAIなどで発行しているムック本などを手に取り、特にチャートパターン、ダウ理論、ライン分析などについて詳しく解説されているものを選択すれば十分です。
 
 こういった基礎知識を習得し、さらにデイトレードで正しいマインドを習得し、なおかつそれを厳守できれば、まずトータルで負けることにはならないし、勝ち組の仲間入りとなれることは間違いがありません。

 個人的には、上記のプロセスを踏んだうえ、できるだけ大きな時間軸、特に日足、4時間足、1時間足を中心にやるのがベターであると考えています。
 このへんのことは既にこのブログで何度も触れているので簡単に書きますが、まずは、ダウ理論のジグザグ、そしてチャートパターンを見つけて見極めること、そして正しい考えに基づいてあらかじめロスカットを設定してエントリーすること、損切りを執行すること・・・これらのことを分析したり決断することには個人差もありますが、どうしようか、やめるべきか持続すべきかなど、あれこれ迷っていると時間がかかってしまうものです。
 実際に。きちんとしたルール、基準があったとしても二律背反のようなきわどい局面はしょっちゅうやってきます。
※ 二律背反 互いに矛盾する二つの命題(正命題と反対命題)がいずれも成立すること。
 それが時間足レベルですと、少なくとも10分や20分、長い時では数時間から1日程度考える時間的余裕があります。
 
 またチャートパターンというのは、私は、けっきょくパターン認識という視覚訓練の一種で言ってみれば、「ウォーリーを探せ!」というゲームのようなものだと思っています。 
 ウォーリーを探し当てるのも、制限時間が5分であるよりも、1時間であるほうが圧倒的に有利ですよね!
 チャートパターンは、このゲームと同じで過去検証などで意識して探す訓練をやればやるほど見つけるのが容易になり、儲けられるカタチが見えてくるようになります。
 私はまだまだそのレベルには到達できていませんけどね。。。
 
 いくらデイトレードを読んだとしても、やはり人間は具体的に現金がかかってくるといっぺんに弱い部分が出てきたりします。
 なので、私は1時間足以上の時間軸を薦めたいですね。
 またこの時間軸は、多くのトレーダーが監視しているためチャートパターンなども機能しやすいといった側面があります。
 もちろん1分足、5分足でも、そういった判断が的確にできるよって方はなんら問題もありませんし、実際にそれができているトレーダーもいます。
 しかし私のような平凡で優柔不断なトレーダーは、まず時間足レベルで充分に訓練し、それで勝てるようになり、なおかつ物足りないといった時にだけ15分足や5分足でトレードする資格ができるといったことでしょう。

 今回の記事も、純粋に書籍レビューだけではなく、どうでもいいような?私の主観みたいものが入ってしまい長くなってしまいました。
 その結果、紹介したかった書籍にある「損失を利用する」というトピックまでたどり着けませんでした・・・。
 このトピックは、かなり具体的で役立つと思いますので、次の記事で書くことにしますね!

 最後まで読んでいただいた方は、あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、18位くらいです。私のランキングを損切りしないでください!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・下落パターンが出現しています。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
   
2014/07/06 14:24|未分類CM:2
こんばんは。
私はFXを始めた頃、損切りのレベルを知るということは、相場の転換ポイントを知ることだ、と教わったので、
なかなか損切り出来ない・・・という心理がよく理解できないのですが、個人的にこういうのは経験則だと思うんですね。
たとえば、「あそこで損切りしなければ利益になってたのに!」とか、「我慢したら戻ってきた!ラッキー!」
みたいな経験をされた方は、損切りに対して懐疑的になるかと思います。
逆に、「あそこで損切っておけば・・・」とか、「損切りドテンしたらおつりまでもらえた!」という経験をされた方は、
いともたやすくポジションを切り捨てられるようになるのではないでしょうか。

ただ、「あそこで損切っておけば・・・」は退場コースですし、初心者は適切に損切りドテン決めるより、往復ビンタ食らいそうです。
そういった点から、市場には損切りに自信が持てない人が溢れやすいのではないかなと思います。

さて、話は変わりますが、最近おもしろいサイトを見つけて、ちょくちょく見ているのですが、
https://www.tradingview.com/
ご存知でしたらすいません。

いろんな人の相場分析やトレード戦略なんかがあるんですね。
で、見てて気づいたのが、ハーモニックパターンで分析する人が結構多い気がします。
日本だとあまり馴染みがないですが、フィボナッチリトレースメントを2、3回分引けば簡単に見えない抵抗が導き出せるので、
やりようによってはとてつもない武器になりそうな気がします。

今日はそんな話でした。 
memo #02XSm1MA|2014/07/07(月) 20:05 [ 編集 ]

こんばんは、コメントありがとうございます。

memoさんは損切りについて正しい知識と実践があるようですね。
損失が出れば損切りすればいいだけじゃん・・・って一言で済んでしまうものなのですが、私を含めそうでもないようです。
おっしゃるとおり、戻ったりするようなことが多々ありますからね。
ただ戻らない時ってのもけっこうあるので、やはり損切りを前向きに考えないとこの世界生き残れないです。

リンクのサイトは知らなかったですね。
ただハーモニックトレーディングは、確か去年の夏くらいに「フィボナッチ逆バリ投資法」といった題名の書籍を読んで、熱中してしまいましたね。(すぐ冷めましたけど)

MT4などにも、自動でバタフライパターンやらAB=CDパターンを表示するインディケーターなどがあって、こりゃ面白いって思いました。
もっともっと研究すればよいのでしょうが、あまり結果が出ずにすぐに挫折した口です(笑)

ただ、これを王道的なチャートパタンなどに応用したり当てはめて考えたりすると良いのかなといまだに考えています。

・・・ですが、今のところそこまで余裕がないですね・・・。

また面白い情報などありましたらよろしくお願いします。
 
システムマン #-|2014/07/07(月) 23:31 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。