とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 タイトルは、格好つけて英語を織り込んでみました・・・。
 ここのところ、やれチャートパターンだ、ライン分析だ、上昇第3波だ、ダウ理論のジグザグだ・・・などと毎回同じようなことを書き続けています。
 
 実際、私は、概ね上記に列挙したようなことを常に注目してチャート分析を行いトレードしています。
 ただ実際の相場では、よくあるチャートパターン集のようにきっちりとしたものではなく、ある時はどちらにでも取れるようなカタチ、途中でチョッピーな動きがあるため発見しづらいカタチ、または、縮小拡大することによって初めて見えてくるカタチなど様々で、そのカタチの発見が困難なことが多々あります。
 さらに、ほとんどの相場は、一定のカタチを見出すことができないようなランダムな動きが多いです。
 また、これはヘッドアンドショルダーズの典型的なカタチだ!とすっかり喜んでも、壮大なダマシ、あるいはファンダメンタルズ要因などで、いともあっさり逆行するようなこともあります。

 ちょっとネガティブなことばかり書き連ねましたけれど、依然として、いわゆるライン分析、チャートパターン分析手法は、確実にエッジがある手法だと確信しています。
 なによりも、オシレーターや移動平均線を使わないチャート分析手法を取るとしたら、ライン分析以外に何をやればいいのってことですよね。
 他にロウソク足パターンもありますが、これも一種のチャートパターンでしょう。
 (以下では、こういった分析全体を『ライン分析』と書きます)

 つまり一見ランダムに見えるような値動きに一定のカタチを見出す、何回も止められているような目立った支持抵抗を見つける・・・こういった作業をやって初めて同様のことを、まさしく生活の糧とするため必死で分析しているプロトレーダーと同等の土俵に立てるのだと思っています。 私も頑張ります!

 なんか知ったかぶりのことを書いていますが、実際には、タイトルで書いたようにこの作業はパターン認識といったもので、Wikipediaで調べますとこう書かれていました。

パターン認識(パターンにんしき、Pattern recognition)は自然情報処理のひとつ。 画像・音声などの雑多な情報を含むデータの中から、意味を持つ対象を選別して取り出す処理である。

 ざっくりと書いてしまうと、『値動き』とは、上記説明のとおりに、ほとんどが『雑多な情報』なのでしょう。
 ライン分析とは、その雑多な情報の中から、意味を持つ対象、つまりチャートパターンなどを取り出す処理ですね。
 こう書くとなにやら高等なテクニック、特殊な才能がなければいけないなどと思ってしまいますが、それほど困難なことではないというのが私の実感です。
 もちろん慣れや実践を重ねるといったことが必要ですけれど。

 タイトルに書いたとおり、ゲームのWhere's Wally!ウォーリーを探せ!といった種類の遊びと同じだと思います。
 もしかしたら、ウォーリー君を探すよりも簡単なのかもしれません。

 参考 ウォーリーを探せ!

ウォーリー

 ウォーリー君を探すよりも簡単などと書いてしまいましたが、このゲームはウォーリーを探し出してしまったらそれでゲームオーバーですが、FXでのライン分析というゲームの場合は、そのカタチを探してからのふるまい方、つまり、・ エントリーするかしないか? ・ 逆行したらどうするか? ・ 利益をどこまで伸ばすのか? といった難題が待ち構えています。
 なのでウォーリー君(チャートパターンやラインなど)を見つけるのが第一段階、そしてウォーリー君をどうやって動かすか、育てるのかが一番大切なことです。
 ちょっと強引な例えでしょうかね?ちなみにウォーリー君は育成ゲームじゃないですしね・・・。

 ただしライン分析によるトレードは、難しい場面も確かにありますが、その判断・エントリーが正しかったのか、あるいは正しいにもかかわらず相場に適合しなかったのかといった結果が、まさしく目に見えてリアルタイムで分かります。
 これがオシレーターや移動平均線の場合は、当然のことですがプライスの後で描画されていくものですので遅れがちとなってしまいますね。。。

 また、これはいつも書いていることですが、こういったライン分析で習得すべきこと、さらには覚えるべきことというのはそれほど多くありません。
 覚えるだけであったら、ほんの一週間程度で足りるでしょう。
 もちろん、その知識を勝てる知識、使える知識とするまでは、それこそ、人によって数か月あるいは数年といった差があると思いますが。。。
 これは努力と経験によって、いくらでも短縮できるはずです。
 いつも紹介させてもらっていますが、先物市場のテクニカル分析か、あるいは、シュワッガーのテクニカル分析といった定評があり網羅的な記載がある書籍をぜひ読んでいただきたいですね。 

 こういった書籍を読んだからすぐに勝てるようになるといったことはありませんが、少なくともチャートを正確に見るようになれます。
 それだけで、フラッグって旗のこと? ペナントってお土産品?ダイバージェンスって最近の映画?・・・といった、へなちょこトレーダーよりも圧倒的に優位に立てますね。。。 
 つまらないですね・・・。
 
 あまり文章ばかりでもしょうがありませんので、昨日の記事でのUSDCADの失敗トレードと挽回トレードについて書いてみます。
 1時間足です。

USDCAD140806.png

 なんとか挽回できましたが危なっかしかった上、かなり疲れましたね。。。
 チャートに書き込んだとおりです。
 昨日のことではありませんが、このチャートで最大のポイントは、一番左の日足下降TLブレイクと書いたところです。
 ここでは、日足レベルの下降トレンドラインをブレイクして、そのライン上でさえない動きをしていました。
 このポイントで入れるかどうか、入るかどうか、さらにブレイクしたらすぐ入るのか、プルバックを待つのかなどは、やはり個人差があり、教科書どおりトレンドラインをブレイクしたからロングですってことだけではないですね。
 このようなことまで細かく解説しているマニュアルはあまりないですね。
 というよりも、なかなか一定のルールを適用するのが難しく、強いて言えば、「ケースバイケースですよ」程度のことでしょう。
 私は、指導していただいた方にこのような質問をして、こうしたらいいですよくらいの回答はいただけたのですが、最後は、「○○さんの裁量にかかる部分ですね」とのことで、私もそのとおりだと納得できました。

 このチャートの場合は、もう出来上がった過去チャートで、その後の大きな上昇が見えていますからロングと言えますが、実際には、再度トレンドラインの中に入って激下げってこともよくあることです。
 ただし、こういった場面、特にブレイク後ライン上でグダグダしているような時などは、適正なロットでエントリーすべきだと個人的には思っています。

 ブレイク後、かなり長い間きれいな上昇トレンドが続きましたが、私の能力では特に一定のカタチ、エントリーポイントは見出せませんでした。
 このチャートの場合は、前回高値ブレイクでピラミッティングなどもできたのかもしれませんね。

 TLブレイクと書いたところは、ショートチャンスかと思えますが、相当うまく立ち回らないと実際には利益とするのが難しかったでしょうね。
 このようにライン分析でいわゆる『正解』みたいなところを見つけても、やはりその後のマネーマネジメントが絶対に必要で、まごまごしていたら大きな損失となりかねません。
  下手くそな私の経験則としては、ラインブレイクしたってことにこだわってしまうと、大きな負けトレードとなってしまうことがほとんどです(涙)
 本当に、そういったエントリー根拠が失われた時に、瞬時の頭の切り替え、あきらめる潔さってのが大事だと痛感しています。

 そして問題のヘッドアンドショルダーズです。
 USDCADは、比較的きれいな値動きであるし、また早めのエントリーといったことでショートしました。
 しかし、ご覧のとおり、ネックラインまでも届かず、きれいなU字形のような放物線のような形状で上昇してしまいました。
 その時に、一本の下降トレンドラインを引いていたおかげで、ショートを早めに損切りでき、さらに、そのしばらく後で、ロングポジションを取ることができ何とか挽回することができました。
 そして、これは自分の中では、もしかしてタマタマだったのかな?と疑心暗鬼なのですが、あらかじめ引いていた黄色の上昇トレンドラインで頭を抑えられるだろうと思い、概ね天井でロングの利確をすることができました。
 実際には、トレンドラインブレイク後に直近高値まで、そして高値ブレイクから上昇トレンドラインまでといった2回のトレードでした。
 挽回トレード、リベンジトレードは、失敗してしまうことが多いのですが、昨日は、本当にうまくいきましたね。。。
 失敗したらこの記事も書いていないでしょうね・・・。

 途中、冗談っぽく書いてしまった部分もありますが、ロウソク足が並んでクネクネと動くチャートには、なにも目印も目安もありません。
 だからこそ、自分で何かの目安を見つける、何かのカタチをあてはめて考えるしか方法がありません。
 また下手くそな例えですが、何もない砂漠に杭を立てたり、ちょっと変わった地形を見つけて地図を作ったりするようなことと同じですね。
 そういえば去年鳥取砂丘に行ってきましたが、時間外でラクダに乗れませんでした(*´Д`)・・・。

 このような地道な作業がとても大事なことであり、さらに結果を出すために有効な手段であると確信しています。
 頑張ります!・・・。

 最後まで読んでいただいた方は、あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、13位くらいです。私のランキングはダマシのブレイクだったようです!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・トレンドラインが引けません。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

・ 先物市場のテクニカル分析かシュワッガーのテクニカル分析は必読です。どちらか1冊をぜひ!
・ FXトレード演習帳も基本的なことは充分学べます。
・ 高勝率トレード学は相場の考え方、メンタル面について、タートルについても同様で、プロトレーダーの思考がわかる貴重な書籍です。
・ 二階堂重人氏は、FX界のトレンドに乗ったパクリ本とも言えますが、とにかくわかりやすくて実用的です。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)  シュワッガーのテクニカル分析 (ウィザードブックシリーズ)  一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!  高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)  デイトレード伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 FX トレードレッスン 厳選35問   
2014/08/06 16:20|未分類CM:2
今日は。。。
切り替えしがうまくできてよかったですね。
参考になります。

ラインを引いても、跳ねるか、ブレークするかは、経験値かな。


では。。。
 
yy #-|2014/08/06(水) 17:31 [ 編集 ]

こんにちは。コメントありがとうございます。

> ラインを引いても、跳ねるか、ブレークするかは、経験値かな。

突き詰めると、なにか有効なルールができるのでしょうけど。
私の場合は、きれいなカタチのブレイクと感じたら、ほぼエントリーしますね。
「感じたら」というのも抽象的ですけど。。。 
システムマン #-|2014/08/06(水) 19:02 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。