とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 ドル高の流れが止まりません。
 こういったときに怖いのが逆張りですね。
 通常私は、若干逆張り的なエントリーが好きなのですが、今回のような相場であるとそうもいきません。
 誰が見てもトレンド転換しただろうってわからない限り、エントリーしづらいです。
 かといって、エイヤってロングするのもちょっとですね・・・。

 もちろん今のスタンスは押し目狙いといったところですが、相場がオーバーシュートするときというのは、ちょっとやそっとでは方向転換しませんからね。
 うまいたとえだなと記憶に残っているのは、大型客船タイタニックがいったんスピードに乗ると、容易には方向転換ができないっていうものです。

 ドル円4時間足とドルカナダ4時間足です。

UJUC.png

 ドルカナダは、前回書いたとおりのポイントで入れました。
 結果としてドル高の流れに乗ったのと、ライン分析があたったということですね。
 余談ですが、私と同じように相場分析をして、それが的中すると、「私の思ったとおりです」といったことを書く方がいますけど、どうも違うんじゃないかって思いますね。
 あたりました良かった!くらいだとどうでもいいのですけど、「どうだ、すごいだろう!」っていうスタンスはちょっと・・・。
 ぁ、もしかしたら過去に私も的中自慢をしているかも?
 なにか自分で自分の首を絞めるような展開になりそうなのでチャートに話を戻します(自爆)
 ドル円とドルカナダのロングは、赤色矢印くらいのちょっとした押し目というかレンジで決済しました。
 頭の中には、本日午前3時のFOMC議事録のことがあって無理はできなかったので仕方がないと思っています。
 いや~、もったいなかったぜ!
 
 そして現在は、この2ペアをはじめ、ドルストレートについては、私の手法では手出しができない状態です。
 スキャルパーの方でしたら小さな押し目を拾っていくといったこともやりやすいのではないでしょうか?
 私は、チャートに青矢印で書いたようなポイントまで押して、なおかつ上昇するようなことがないとエントリーできないですね。。。
 さすがのポジポジ病の私でも今日は静観って感じです。

 さて、つい先日、キンドル(電子書籍)でこの書籍を購入しました。
 450円です。内容から考えると安すぎるって感じです!

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)山崎 元

朝日新聞出版 2013-09-13
売り上げランキング : 546


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 私はFXという投機をやっていますし、かつては株式投資をずっとやっていました。
 ですがマネーというか経済知識にはすごく疎いです。
 日経新聞などを購読しているのですが、読むところといえばトップニュースやら個別株程度の興味あるところだけです。
 そのほかは、連載小説とかコラム程度ですね(爆)
 また余談ですけど、私は高校時代に父親の仕事の関係で北海道から東京に移り、電車通学をはじめました。
 その時、背広姿の人たちが、ほぼ100パーセント日経新聞ばかりを読んでいるのがすごく不思議でしたね。
 世の中のニュースを知りたいんだったら、朝日、毎日、読売だろう! 経済のことばかりを書いている新聞の何が面白いんだ、東京の人は偏っているなあ・・・って、当時はすごく不思議でしたね。
 まあどうでもいい話ですが、これも都会でしか見られない一風景でしょうか? 

 この書籍自体は、経済解説が主ではなく、個人の資産に密接にかかわる投資・金融商品による資産運用、貯蓄、住宅ローン、生命保険などについて、ズバリ具体的に書いています。
 このブログはFXブログですので、すでに、超ハイリスクなFXという一種の金融商品に手を出してしまっている!?方なので、あまり興味がないかもしれません。
 事実、この書籍ではFXについて、「ギャンブルであって手を出してはいけない。ゼロサムゲームの典型。土日以外に競馬がなくて平日は物足りないって人であればやってもいいかもしれない」、「FXは、世界最大、最高級のカジノだ」といった旨のことが書いてありました。

 ただFXを専業としないような一般のサラリーマンにとっては貯蓄やら積立て、住宅ローン、学士保険、生命保険、あるいは銀行などが勧めてくる金融商品、投資商品とかかわることがあると思います。
 
 実際に私は、メインバンクの担当者から、「外貨預金はいかがでしょうか?」、「毎月分配型で資産運用にぴったりの商品がありますよ」などと、『お誘い』の電話がかかってきます。
 私の貯蓄額などは大したことがないので、どうやら若い新人行員が担当となっているようなので、「じゃあ、あなたにちょっとだけ協力しますよ」などと、すっかりいい気になって、ひとつだけ海外新興市場のインデックス型投資信託を買い、さらにNISA枠でも、国内インデックス商品を購入しています。
 その基準価格がどうなっているのかほとんど気にもしていませんし、インフレ対策くらいに考えています。
 電話がしつこくて面接までしてしまいました・・・。

 話を戻します。
 著者は、証券会社、生保会社などで勤務し、さらに倒産してしまったあの山一證券にも勤めていたとのことです。
 なので、金融機関の裏事情的な話がズバリと数多く出てきます。

 それを読むと、かなりあくどいというか、これってマイルドな犯罪じゃないのってことを感じてしまいます。
 詳しくは、本書を読んでいただきたいのですが、仕組みを複雑にして、素人にリスクを感じさせないようにして手数料収入を目的とするような金融商品だったり、「毎月分配型」といった鼻先のニンジンを強調したリスキーな商品を開発したり、将来のリスクをことさら強調して加入させる商品など、まさしくあの手この手で情報弱者から現金を巻き上げることを目的としているようなことが実際に行われているようです。
 もちろんすべてが真実とは言い切れませんが、一流の金融機関を転々としてきた著者が金融業界を正常化したいといった理念のもとに書いていることですから信用できます。

 実際、先ほど書いた私の担当者からもらう金融商品のパンフレットを見ると、良いことばかりを書いていて、リスクについては、虫眼鏡で見ないと読めないような字で書かれています。
 また実際の面接では、リスク説明が不十分であり、勧めてくるものは後から調べると何かしら銀行側に有利であり、実際の契約者にとってはリスクが高すぎるようなものもありました。

 FXをやられているみなさんであれば、すでにご存知でしょうが、外貨預金というものがあります。
 豪ドル円などを100万円だとか1000万円で買い、日本では考えられないような金利を得ることが売りの商品ですね。
 銀行の外貨預金は、FXでいうところのスプレッドが100pips~250pipsという恐ろしい数字です!
 つまり現在のオージー円が96円だとすると、97円以上でロングするってことですね。
 さらに、手数料もありますし、一定期間払い戻しができない、さらにオージー円が下落した時のリスクが金利を得るよりも、ものすごく大きい、さらにさらにペイオフの対象ではない・・・といった完全に欠陥とまでは言いませんがリスクがものすごく高い金融商品です。
 一方、銀行にとっては、かなりおいしい商品ですね!
 
 実は、担当者が最初に私に勧めてきたのは、この外貨預金でした。
 よせばいいのに、その気になっていかに不利な商品だということを延々とうなされたようにしゃべってしまいましたね(爆)
 ただ、むこうもさるもの、「そうでございますか。それならば○○様には、このような商品がございます。弊社で新たに設定させてもらいましたおすすめのものですよ」などと、すっかりスルーされてしまいましたが・・・。

 こういった商品を、それほど知識がない高齢者などに平気で勧めてしまうんですね。
 もちろん今は、リスク説明をきちんとすることが義務付けられていますが、どこまで理解できるように説明しているのでしょうか?
 実際にオージー円がそれほど遠くない過去に50円台となったことがあること、そしてそうなった時に元本はいくらになってしまっているかなど説明しているのでしょうかね?(きちんとしているかもしれませんが)
 外貨預金だけではなく投資信託などについても同じことです。
 銀行といえども営利企業ですから、信託報酬、手数料を取ることが目的ですので、ノーロード(販売手数料がない)の商品は、勧めてこないことが多いです。
 犯罪と一緒にするのはどうかと思いますけれど、こういった商品を十分な説明もないまま、さらにはリスクを取りづらい高齢者に勧めることは、知識や判断力が低下してしまっている高齢者を対象とする詐欺と同じようなことではないでしょうか?
 言いすぎかもしれませんけど・・・。
 
 この書籍では、実際に一般的サラリーマンがどういった運用をすればいいのかが具体的に書かれています。
 
・ 「リスク運用マネー」と「無リスク運用マネー」に分類し、「リスク運用マネー」については1年で3分の1が失われる可能性があると想定して好きな金額を割り当てる。
・ 「リスク運用マネー」は、国内株の「TOPIX連動型投資信託」と海外株の「SMTグローバル株式インデックス・オープン」に半々運用する。
・ 「リスク運用マネー」は個人向け国債かMRFで持つ

などとかなり具体的で、またその理由が詳しく述べられています。

 恥を承知で書きますが、平気でペイオフ対象を超える預金を銀行に預けていた私は、速攻オンラインで、日経225先物を運用している証券会社に移動しました。
 別にそれで大きく勝負しようというわけではなく、リスク回避と普通預金よりもわずかに有利なMRFで現金を預けるためです。

 そのほか、この書籍では、経済感覚を持つため、最低でも株価、為替レート、長期金利は毎日見ておくことや、生命保険に関すること、学士保険、医療保険や住宅ローンに関すること、またマイカーを持つことなど、一般人に身近で必要な知識について丁寧に説明されています。
 かなり有益な情報として、「がん保険」など高額医療費に備えるための保険でなくても通常の健康保険にさえ入っていれば「高額医療費制度」の利用で十分支払えるといったことでした。
 さっそく私は、保険を見なそうと思っていますが、がん保険などを勧める保険の外交員などは、こういった知識があってもおそらく教えてくれるようなことはないでしょうね。
 本当に、知識のなさを利用されているような気がして腹が立ってきますね。(基本的には自分で調べないってことが問題なのですが、なかなか保険制度を調べ上げるってのはやらないですよね)
 また、住宅ローンなどの早期支払いは、資金をかけて株式投資やらFXで儲けるよりもよっぽど得なことだなどと述べられています。

 今は、アセットアロケーション(投資資金を複数の異なった資産に配分して運用すること)がちょっとした流行りです。
 国内株式、海外株式、あるいは不動産やら、商品など、そういった手引きをする書籍がたくさんありますが、実際にはなかなか難しいものですし、サラリーマンであれば現状の仕事の状況を維持、あるいは向上させるといった自己投資の方が先決でしょう。
 そういった一般の方であっても、実際にできる、さらに効果が期待でき、インフレリスクなどにも対処できる具体的方法がとてもわかりやすく書いていますのでぜひ一読をおすすめします。
 情報や実態を知らないがために実質的には損をしていることがたくさんあることに気づかされます。

 FXでなんとかしてやろうっていう野望を持つ私と同じような方には、現実を知るといったちょっとしたクールダウンするような効果があると思います。
 もちろん、この著者いわく超ハイリスクで博打のようなFXで勝負しようと決めたのですから、目標をあきらめることはまったく考えていませんけれど・・・。
 あまり好きな言葉ではないですけど自己責任ですね。もちろん勝算がなければとっくにやめていますし。。。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。あと一息頑張っていただき、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします! 
 現在、13位くらいです。私のランキングはリスクを回避できない状態です!?

 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・現状維持できる保険がほしいです・・・?

Wish you get tons of pips!!!
Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS.
.


★ 推薦書籍です ★

・ 先物市場のテクニカル分析かシュワッガーのテクニカル分析は必読です。どちらか1冊をぜひ!
・ FXトレード演習帳も基本的なことは充分学べます。
・ 高勝率トレード学は相場の考え方、メンタル面について、タートルについても同様で、プロトレーダーの思考がわかる貴重な書籍です。
・ 二階堂重人氏は、FX界のトレンドに乗ったパクリ本とも言えますが、とにかくわかりやすくて実用的です。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)  シュワッガーのテクニカル分析 (ウィザードブックシリーズ)  一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!  高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)  デイトレード伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 FX トレードレッスン 厳選35問   
2014/08/21 12:33|未分類CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。