とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 Twitterに、ドル円のことを想定し、「押し目がないと不満を言うよりも、進んで押し目を待ちましょう」っていう文章を呟きました。
 これは、ずっと前に街角で見たキリスト教の看板に、「暗いと文句を言うよりも、進んで灯りをつけましょう」っていう文章が頭に残っていたからですね(爆)

 ドル円105円乗せがあるというニュースを読んだ時には、本当かな、あるとしても相当先だろうなと思っていました。
 実は、そのニュースを目にした時に、ちょっとした押し目があったためロングしていたのですが、いつものとおり押しに耐えられず薄利決済してしまっています。
 そのころ・・・といっても、つい10日ほど前のことですが、どのペアもなかなか20pipsの利益に届かず、油断するとあっという間にマイナス推移ということが多かったため、細かなエクジットに徹するといった方針でした。
 なので相場が最近のように一方的になると、まったく取れないですね。
 実際、昨日の大相場でも終わってみれば18pipsといった結果でした。
 ただ、9月1日だけは、ポンドドルのロングポジションで大きな利益を上げられたので今月は楽勝だと浮かれていて相当気が楽になりましたね。

 ポンドについては、イギリスからスコットランドが独立するという、かなり大きなニュースがあります。
 イギリスにとっては大きな損失ですから避けたいですし、通貨はどうするのか?ユーロなのかポンドなのかっていう問題もあります。
 独立が実現するかどうかは不明ですけど、スコットランドの住民投票結果等でポンドは大きく影響を受けていますね。

 あまり慣れないファンダメンタルズのことを書いてもしょうがありませんが、このニュースはトレードに生かす云々は別として、この時代にイギリスという大国から離れて独立国家誕生かという大きなニュースなので注目しておくべきですね。

 ポンドル4時間足です。

GBPUSD140903.png

 月足で見ると3連続陰線ですから、酒田五法ですと黒三兵(三羽烏さんばがらす)と呼ばれ弱気転換ですね。
 週足、日足で見ると、上昇基調が続いた後の下落ですが、どうやら押し目といったようなレベルではなさそうです。
 私は、月足、週足などを参考にしたスイングトレーダーではなく、さらに、相場のジグザグの中で、なんとか二桁pipsそしてあわよくば三桁を狙うというスタイルですので、ファンダメンタルズ要因は参考とする程度です。
 一桁pips程度のトレードでは、ファンダメンタルズ要因は逆に気にしないほうが良いかもしれません。

 チャートですけど、青色矢印までのロングが大きく取れました。
 (実は、このトレード、マエストロFXの佐野さんの動画と全く同じ判断でびっくりしています!)
 これを30分足などの短期にしますと、チャネルを抜けたかと思いましたが、やはりそれは早計でした。
 チャネルに戻り、さらに不完全ながらも下降フラッグ的形状が見えたのでショートしました。
 しかし、これは前述したようにビビりトレードで、8pips程度で逃げてしまい、その後の大きな下落をジッと見つめているだけでした(泣)

 さて今後ですが、私のテクニカル分析では、チャネル下限で反発というのが単純な予測です。
 ですが、実際には、イギリスのファンダメンタルズ要因、そしてドル高基調などで、かなりわかりやすいカタチでも出ないかぎりロングはできませんね。
 もちろんこのチャネルをも下抜けて、底なしって感じになることも充分考えれらます。

 なので狙いは、チャネル上限に到達するまで待つしかないと考えています。
 このチャネル幅は約120pipsありますので、もしチャネル上限に到達するということは、それなりのファンダメンタルズ要因、たとえば英指標の好転、要人発言、ドル安要因、そしてスコットランドに関するニュースなどがあるということですね。
 なので、逆に、そういった時に、今度はショートできるかということですね。

 まあいろいろと考えると難しいものです。
 一番は、チャートですね。
 よく、チャートはうそをつかない、値動きだけが真実だ・・・ってありますけど、実は大ウソつきです!
 長期的には、そうではないのですが、私、そしてみなさんがトレードしているような時間足レベル、あるいは日足であっても理屈には合わない不可解な動きなんていくらでもあります。
 実際には、そういった「ウソ」もこなしながら、真実の値動きとなっていくのですけどね。。。
 じゃあ、月足トレードでもしろよって感じですか? 無理です・・・。

 またまた余談ですが、よくダウ理論の、「トレンドの転換は明確なシグナルが出るまで継続する」ということを引用して、わかったようなわからないような解説をしているところが多数あります。
 ぁ、俺のことか?
 これも単純に信じ切っては、相場の餌食になるだけです。
 もちろん、大事な理論で最初に覚えなければいけないことなのですが、原則をきっちりと理解した後は、やはり原則には例外がある、そしてこの例外をどう自分なりにこなしていくのかを考えることが大事だと私は痛感しています。
 
いろいろと書きましたけど、現在は、ドル高などの基調に逆らうことなく、基本通り押し目、戻りをじっくりと待つ、そしていつもよりも息の長いトレードにすることを心がけていくということです!

 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 あと一息がんばっていただき、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします! 
 
 現在、15位くらいです。私のランキングはファンダメンタルズが弱いようです!?

 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・ビビりすぎているようです・・・?

Wish you get tons of pips!!!
Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS.
.


★ 推薦書籍です ★

・ 先物市場のテクニカル分析かシュワッガーのテクニカル分析は必読です。どちらか1冊をぜひ!
・ FXトレード演習帳も基本的なことは充分学べます。
・ 高勝率トレード学は相場の考え方、メンタル面について、タートルについても同様で、プロトレーダーの思考がわかる貴重な書籍です。
・ 二階堂重人氏は、FX界のトレンドに乗ったパクリ本とも言えますが、とにかくわかりやすくて実用的です。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)  シュワッガーのテクニカル分析 (ウィザードブックシリーズ)  一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!  高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)  デイトレード伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 FX トレードレッスン 厳選35問  
2014/09/03 13:15|未分類CM:4
 いつも文章が長いので、今回はできるだけ簡潔に。
 
 少し前にも同様の予測をしているNZDUSDについてです。
 かなり長いスパンで下落していて、さらなる下落リスクがありますので、あくまでもご参考まで。。。

 4時間足です。

NZDUSD140901.png

 ごらんのとおりガッツリと下げています。
 日足200日移動平均線付近で反転の兆しがありましたが、そこを抜けてしまうとまたガツっと下げました。
 現在は、以前、最低限の条件と書いた青色チャネルを抜けたものの、ぐずついているような状態です。
 ただ底入れ型である逆三尊形が見えてきていますね。
 赤色がネックラインですので、ここを超えてくるまで、あせらずに監視をしてみることにします。

 1時間足です。 

NZDUSD140901-1.png

 個人的には、2本のネックラインが候補として引けました。
 どちらが効いてくるのか?
 それほど差異はないものの、どちらかというと接点が多い、下に引いたラインかと予測しています。
 またプライスが、青色の短期上昇トレンドラインと、このネックラインとの2本とシンクロするように上昇すればエントリーの根拠としては強いものとなるはずです。

 青色チャネル上限が3回ほどレジスタンスとなっていて、値動きは弱いものの反転の兆しではないかと注目しています。

 同じくドルストレートで、さらなる下落リスクがあるGBPUSDです。

 4時間足です。 

 GBPUSD140901.png

 こちらは、はっきりしないカタチですが逆三尊というか、とりあえずの短期底入れ型と思えます。
 GBPUSDの場合は、青色のチャネルをブレイクするようなことがあれば短期的なロングチャンスと考えています。

※ 追記 17:30分の英指標には注意です!

 もちろん両ペアとも、戻り売りを狙うといった戦略も有力ですね。

 長い文章より簡潔に書くほうが難しいですね・・・。

 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 あと一息がんばっていただき、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします! 
 
 現在、15位くらいです。私のランキングは逆三尊成立しませんでした!?

 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・二律背反です・・・?

Wish you get tons of pips!!!
Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS.
.


★ 推薦書籍です ★

・ 先物市場のテクニカル分析かシュワッガーのテクニカル分析は必読です。どちらか1冊をぜひ!
・ FXトレード演習帳も基本的なことは充分学べます。
・ 高勝率トレード学は相場の考え方、メンタル面について、タートルについても同様で、プロトレーダーの思考がわかる貴重な書籍です。
・ 二階堂重人氏は、FX界のトレンドに乗ったパクリ本とも言えますが、とにかくわかりやすくて実用的です。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)  シュワッガーのテクニカル分析 (ウィザードブックシリーズ)  一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!  高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)  デイトレード伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 FX トレードレッスン 厳選35問 

 
2014/09/01 13:08|未分類CM:2
 つばめさりづき(燕去月)とは、以前書いた通り8月という意味ですね。
 めっきりと涼しくなった夏の終わりの空に燕が一羽飛び去っていく・・・。
 うーん、なんとも風情があって良い情景ですね。

 さて私の8月の獲得pipsそして獲得利益も夏の終わりの空に一羽どころか、まるでヒッチコックの「鳥」のごとく、大群となって飛び去ってしまいました。
 こちらは風情があるというよりも薄情・無情って感じでしょうか?
 これからグダグダと反省点を書いていこうと思っていますが、とりあえず結果から。

 獲得pips  230.5pips
 獲得金額  237,895円
 勝率     58%

といったものでした。
 プラスで終えられたことだけには正直ほっとしています。
 ただそれだけですね。
 この結果自体、過去の私であったら文句が言えないのですが、ある程度の資金を用意しさらにコーチングを受けた後での結果ですので、どうしても納得がいきません。
 さらにいつまで経っても感情に流されたトレードを繰り返してしまっていますので、反省すべき点をここに書き連ねていきます。
  
 最終週で、すっかりと頭が真っ白になったかのように、かつての感覚トレード、リベンジトレードがさく裂してしまいました。
 考えられる理由としては、

・ 月間成績を勘定してしまったこと。
 これは、8月1週、2週目でトントンだった成績が3週、4週目と盛かえし、4週が終わった時点で確か297pipsといった数字でした。
 この時点では、生意気にもまだまだ足りない、さらに、もっと利益を伸ばせるに決まっているなどと勘違いしていました。
 なので8月最終週では、もちろんのこと300pipsオーバーは確保できる、そしてうまくいけば上乗せで400pipsも狙える、さらに目標としている30万円はその時点でクリアしていたので、よし、40万円、50万円も狙えるぞ、イッヒッヒ!・・・っていう状態でした。
 私のトレード手法は、1週間や2週間程度は、鳴かず飛ばずってことも十分ありうるものということを理解しているにもかかわらず、実際には甘い考えがありました。

・ ロット数を無計画に増やした

上記の目標を達成するためには、単純にロット数を上げれば近道だ・・・などと、さんざん自分でリスク管理に関することを書いているのにかかわらず思惑ばかりが先行してしまい、普段のロットの1.5倍から2倍でトレードし、いざ逆転だ!・・・などと思った時は5倍以上のロットをかけてしまっていました。。。
 
・ トレード過多
 これはなにも今回だけではなく、私のいつもながらの最大の問題点です。
 なんども反省しているのにも関わらず、これだけはなかなか矯正できません。
 特に、チャートパターンやらライン分析に変な自信があるものだから、これもチャンスだ!あれもそうだって感じでトレードを繰り返してしまいました。

・ 後追いエントリー
 後追いエントリーという言葉があるのかどうかわかりません。
 これは、チャートパターンやラインブレイクなど、監視できなかったり、早い値動きで達成した状況を見て、後追いでエントリーすることです。
 このパターンでは、やられてしまうことが多かったため、遅れてしまった場合は、原則としてリトレイスを待たなければいけません。

・ 良かったこと
 ひとつだけあります(爆)
 ストップロスを厳守したこと! これだけです。
 特に最終週は、ストップロス連続厳守でしたね(笑)
 まあ、そうでもしなければ、今月の利益一桁あるいはマイナスっていうようなトレードをしていましたので・・・。
 
 私は、このブログでメンタルが大事だとか、知ったかぶりのこと書いていますが、いざロウソク足が上下にゆらめく姿をひとりじっと見ていると、居ても立っても居られないといった感覚になってしまうことが多いです。
 一方、そんな自分を冷静に観察しているもうひとりの自分の存在があるのですが、すでに金の亡者となっている私は、うなされたようにマウスをクリックしています。
 やはりトレードっていうのはメンタルそして規律が必要だってことを痛感しています。

 そういえば私が知る尊敬できるトレーダー(といっても指導を受けた方と個人的に知り合った方の2人)は、トレード分析にしろ、お話の中で垣間見える私生活においても、とても規律を保った方です。
 いいかげんな私にとっては、ある意味、いやになってしまうほどの規律を持っていますね。
 なので、そもそもぐうたらな私は、私生活から改善することが必要なのかもしれません。
 ぐうたらとかいい加減、感情的ってのは全く駄目です。
 よく自己啓発本で、トイレをきれいにすれば開運する・・・といった例示があります。
 このことは特にトイレだけをきれいにするといった意味ではなく、他の場所もきちんときれいに掃除をし、一番手を抜きそうなトイレであってもきれいに保つような人間であれば、人生であっても他のことであってもすべてきちんと規律正しく行動でき、その結果として運が開けるといったことだと解釈しています。
 かつて私は他の場所は、ほったらかしでトイレだけをピカピカにしていましたね~何か?
 
 ロットを適当にあげるってこともご法度ですね、
 私は、EA運用をやめた5月からの勝率は約60%という結果が出ています。
 こんな勝率であっても、自分ではかなり高いと正直驚いているような数字ですが、この程度ですと、短期的には2連敗、3連敗、5連敗するのは、なにも珍しいことではありません。
 ロットをかけて、トレード数を多くすれば自動的に資金が増えるような数字ではないですね。
 これが短期トレードでリスクリワードを1対1にして、勝率80%とかでしたら、それこそチャンスさえあれば、トレード回数をどんどん増やしても大数の法則やらで構わないのかもしれません。
 60%という数字は、そうではなく、週単位、そして月単位でチャンスを絞り込むことによって、なんとか利益を上げられるような数字です。
 しかも利益率は、1対1以上、あわよくば1対2以上などと、一丁前に損小利大を狙っているものの、必ずしもそのようなことを実現できていません。
 まずは、このへんを見直していかないといけないですね。

 せっかくエッジのあるトレード手法にたどり着いたと思っていても、自ら目先の勝ち負け、目先のpipsなどに目がくらみ、そのエッジを消し去るような行動が多くなってしまいました。
 
 トレードというものは、ひとりだけの作業です。
 隣に誰か怖いコーチがついて、こうしろああしろだとかうるさく言われるようなことはありません。
 会社組織ですと、その会社の代表者にでもならない限り上司がいて、何をするにしても稟議やら決裁やらを受けなければいけません。
 会社代表者といっても株主やら出資者がいますしね。。。
 また結果を出したとしたら、それが良い結果であろうと悪い結果であろうと、いちいち報告しなければいけません。
 
 トレーダーには、そういったことがないですよね。
 それこそが、なんというか自由業としてのトレーダーの魅力ともいえますし、反面、とても怖いところでもあります。。。
 言い換えると、トレーダーのほうがよっぽど会社組織人よりも高度な規律を要する厳しい世界にいると言えます。
 変な話ですが、クビにでもならない限り会社組織に属している限り、少なくとも毎月の給料は入ってきます、しかしトレードを専業とするならば・・・あとは言わずもがなですね!

 誰からも左右されずに自分で自分を律することは、とても難しいことだと実感していますし、だからこそやりがいがあるとも言えます。
 誰からもとやかく言われない、余計な意見を言ってくるやつもいない、自分の決定を覆すやつもいない、そして成功しようが失敗しようが、ほめるやつもいなければ、小言をいうやつもいません。
 自分の成果を外部に発表するのは、私のようにブログでいちいち情報発信でもしない限り、年一回の確定申告くらいでしょう。
 これほど素晴らしく自由な世界というか職業があるでしょうか?(もちろんトレードだけで生活できればですが)
 なにか興奮してしまい話がループしてしまっていますが、だからこそ、自分を律することができないトレーダーは、特別な相場観の持ち主などでない限り、いずれは無一文になってしまうことは間違いありません。

 いやあ、ここまで書いてかなり疲れてしまいました・・・。
 
 反省ばかりして何をすべきかってことが肝心ですね・・・。
 会社組織であれば、改善策を提出しなければいけません。

 まずはロットを元に戻すということですが、これは根本的な解決とはならないと思っています。
 ただ、リスク軽減、熱くなることを抑える一定の効果はあるでしょう。

 それとチャンスを絞る、つまりトレード過多を矯正することですね、
 よく休むも相場・・・って言葉を聞きます。
 ただ、どこがチャンスでどこで休むべきかを判断できずに休んでいてばかりではダメでしょうね。
 リスクをとっていくといった気持ちも必要ですし。

 自分の中では具体的なアイデアがあるのですが、わかりやすい例でいうと、このブログで、知ったかぶりで、「こういったところがチャンスです」などと特筆しているようなポイントですね。
 このへんのポイントは、新たに何かを発見しチャレンジするようなことは全くなく、地道にライン分析、そしてチャートパターンを見極めていくだけです。
 あえて書くと、はっきりとした支持抵抗を見つける、はっきりとしたカタチを見つけるってことだけです!
 以前のたとえですと、本物のウォーリー君を探して、偽物あるいは判別しにくいウォーリー君はスルーするって感じなんです(笑)・・・わかりづらいですか?
 
 実際、今日一日を要して、そういったチャンスがどれだけあるのか?と検証してみると、めったにない・・・と思っていましたが、それぞれのペアで1日、1回程度は充分に見つけることができました。
 FXというのは相関性がありますので、ざっくり4通貨ペアで3~4回はあるのかもしれません。
 それでも時間足レベルのトレードでは、まだまだトレード過多になるのかもしれませんが、限られた範囲内でリスクを取っていこうといった気持ちもあります。
 このへんはロットを抑えて実践の中で見極めていこうと思っています。

 かなり長い文章、そしてほとんど自分自身の反省日記のようなものとなってしまいました。
 最後まで読んでいただいた方には感謝しています!
 このへんでグダグダ文章は終わりにします・・・。

 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 あと一息がんばっていただき、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします! 
 
 現在、15位くらいです。私のランキングは稟議が必要です!?

 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・燕も去ってしまいました・・・?

Wish you get tons of pips!!!
Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS.
.


★ 推薦書籍です ★

・ 先物市場のテクニカル分析かシュワッガーのテクニカル分析は必読です。どちらか1冊をぜひ!
・ FXトレード演習帳も基本的なことは充分学べます。
・ 高勝率トレード学は相場の考え方、メンタル面について、タートルについても同様で、プロトレーダーの思考がわかる貴重な書籍です。
・ 二階堂重人氏は、FX界のトレンドに乗ったパクリ本とも言えますが、とにかくわかりやすくて実用的です。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)  シュワッガーのテクニカル分析 (ウィザードブックシリーズ)  一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!  高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)  デイトレード伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 FX トレードレッスン 厳選35問  
2014/09/01 00:17|未分類CM:0
 前回記事では、 『トレンドラインは、わずかなズレで全然違ってくるから信用しないし使えない』ということに対して、あまりに早計な判断であるということで、そのズレなどを逆に修正しながらトレード判断をしていこうといった内容を書きました。
 そうでしたっけ?概ねそういった趣旨だったですね

 もっと書かせてもらえば、少しのズレ、そしてトレンドラインがうまく機能しなかった時のことをとらえて、『私は信用していません』などと、よくブログなどで公言できるなって思ってしまいますね。
 オシレーターなど他に有力な手法はたくさんありますが、ライン分析に言及するのならもう少し勉強しなさいって感じですよ!
 まあ、人それぞれですけどね・・・。

 実際に週末のポンドドルについては、途中で、かなり恣意的な値動きとなってしまったので、ほぼトレンドラインでの分析は機能しないと考え直近高値・安値などを参考としました。
 ですが、その判断が難しく損失となってしまいました。
 なのでトレンドラインであっても、当然のように万能ではありません。

 大事なのは、どのような分析手法、トレード手法を使うにしても負けをこなしながらも、中長期でトータルとして勝つためにはどうすればいいのかと常に考えることです。
 なので目先のトレードが利益となることが最善ではあるものの、負けたとしてもその結果だけに一喜一憂しているようではだめですね。
 世にあふれるインチキトレーダーがいうように、「30連勝中です」、「勝率90%を超えます!」のようなことには、けっして惑わされないようにしないといけません。
 そういったことを声高に主張する輩は決まって何かを売りつけようとしてきますから要注意ですね。

 ・・・少し落ち着いて、本題に戻ります。

 ドル円15分足です。

 USDJPY140831.png

 左側の下降トレンドがほぼ確定した中期で主な初期高値と高値を結んだトレンドラインが緑色の1番です。
 その後、トレンド後期付近で、どうもこの緑色トレンドラインが機能していないのではないかとわかり、今度は赤色2番のトレンドラインを引き直しました。
  実際にエントリーできるかは難しいと思いますが、最終的には中央の大きな赤矢印で反応しています。

 チャート右側の上昇トレンド部分です。
 安値を更新しなかったので、取り合えず切り上げた安値2点を結び緑色1番の上昇トレンドラインが引けます。
 その後、このトレンドラインをプライスが少し下抜けたものの、また持ち直して?この初期トレンドラインが機能し始めました。
 一方、この初期トレンドラインと平行する緑色2番のラインも引くことができると思います。
 後述するように私は実際にこの2点でラインを引けませんでしたが・・・。

 このようなチャネルライン的な考え方として当初のラインと平行に引けるラインは機能することがあります。
 つまり、トレンドラインは少し逸脱したものの、上昇のベクトルというか角度は同一ということですね。

 そして一番右の赤矢印部分では、相場が短期的に急落しました。
 確かウクライナのリスク要因だったと思います。
 実際に私が、赤色2番のラインを引いたのは、この下ひげ安値が確定してからでした。
 なので、解釈的には後付ですね。
 その後、当初の緑色1番のライン上に乗ったためロングすることができました。
 おそらく最初から、2点を結んで赤色2番のトレンドラインを引いていたとしてもピンポイントではエントリーできなかったでしょうね。
 この時のターゲットは、次のチャートでわかるように青色ラインでした・・・が、まったくがまんができずに微益で決済してしまいました(涙) 
 
 コツとしては、いろいろな可能性を考えながら、初期のトレンドライン、そしてある意味、相場に合わせて引いたような修正トレンドラインを総合的に判断し、なにかしら符号するようなポイントがあればそれを取り入れるってことでしょうか?
 このへんの取捨選択はコツと慣れが必要ですが、それほど難しいことではありません。
 また、トレンドがある相場では、先ほどベクトル・角度などと書きましたが、初期トレンドラインを逸脱するも不思議と符号したり、さらには、前回記事で書いたファン理論が通用するものです。
(いつも書いていますが、通用しなければサクッとあきらめることが必要です。蛇足ですけど)

 1時間足です。

 USDJPY1408311.png

 これはチャートに書き込んだ矢印や番号のとおりですから、いちいち余計な説明は書きません。
 いろいろなポイントでプライスとラインが符号しているのがお分かりかと思います。
 もちろん、私がすべて動く相場の中でこれだけの分析ができていたわけでもなく、後付でこのブログのために引いたラインもあります。

 まったくラインなど引かないチャートよりも、いろいろな可能性を考えながらラインを引いて相場分析をした方が、相場の流れが見えてくることがわかりますね。
 少しラインを引きすぎているかもしれませんが、どこかのポイントでプライスがラインに反応し、そこが他のラインとも同時に符合するようなところがチャンスですね。

 現状は、青色の比較的長い期間続いたチャネルを少しだけブレイクしたところです。
 米市場が連休ということで、不規則な動きも予想されますが、上昇相場中の中段持合いフラッグとも判断できますので、さらに上昇することも考えられますね。

 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 あと一息がんばっていただき、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします! 
 
 現在、15位くらいです。私のランキングは何本トレンドラインを引いても足りません!?

 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・なかなかブレイクしません・・・?

Wish you get tons of pips!!!
Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS.
.


★ 推薦書籍です ★

・ 先物市場のテクニカル分析かシュワッガーのテクニカル分析は必読です。どちらか1冊をぜひ!
・ FXトレード演習帳も基本的なことは充分学べます。
・ 高勝率トレード学は相場の考え方、メンタル面について、タートルについても同様で、プロトレーダーの思考がわかる貴重な書籍です。
・ 二階堂重人氏は、FX界のトレンドに乗ったパクリ本とも言えますが、とにかくわかりやすくて実用的です。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)  シュワッガーのテクニカル分析 (ウィザードブックシリーズ)  一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!  高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)  デイトレード伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 FX トレードレッスン 厳選35問  
2014/08/31 09:24|未分類CM:0
 こんばんは!
 月末となり、月間成績を気にするビビりトレードを連発してしまっています!
 いわゆる「勘定」ってことをやってしまっていますね。
 まあFXというのは、いろいろなこと、特にメンタル面でのあれやこれやでずいぶんと影響を受けるものです。
 ある程度、手法が確立できた方は、おそらく同様の経験がおありだと思います。

 反面、いろいろと悩むのはルールが確立できていないということがあると思います。
 言い訳がましいですが、私のトレード手法では、どうしてもルール化できない部分が出てきてしまいます。
 完全無裁量ってレベルにはどうも落とし込めないですね。

 さて、かなり遅れていますが、ゼログラビティーをブルーレイで観ました!
 ストーリーはシンプルですが、宇宙そして地球の圧倒的な美しさ。
 そして、これまたシンプルな人間ドラマが上手に融合されています。
 ジョージ・クルーニーがとても良い味を出していますね。

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2014-04-23
売り上げランキング : 240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

 このままでは映画レビューとなってしまいそうなので本題に戻ります。

 あるブログでタイトルのとおり、
 『トレンドラインは、わずかなズレで全然違ってくるから信用しないし使えない』
旨のことが書いてありました。
 同様の内容は、いろいろなブログで目にすることが多いですし、以前も書いたように、私が購入したロウソク足パターンの商材作者も、
 『トレンドラインは自分に都合のよいように引くので使えない』
ってことを主張していました。

 以前の記事では、トレンドラインの引き方が下手くそなだけだ、使い方を知らないだけだ・・・などとかなり興奮気味に書いてしまいましたね。
 今でも、その気持ちは変わらないのですけど。

 これは他のブログではあまり書かれていないことかと思いますが、私は、
 『トレンドラインは、わずかなズレをその都度、微妙に修正しながら使っていく。ある意味、一定のルールのもとで相場に合わせながら自分の都合のよいように引いていく』
といった使い方をしています。
 「自分に都合のよいように」という部分は語弊がありますけれど。。。

 文章だけではわかりづらいでしょうけど、プライスというものは誤差が生じないほど規則的に動くものではありません。
 なので、微妙なところは修正を加え、どれが現在の相場(トレンド)にフィットするのかという作業がどうしても必要となります。
 なので大型指標などで長いヒゲが出現するなどした後では分析がやりづらいです。
 もちろん、ピタリピタリと一直線に引けるラインも多数あり、そういったラインを見つけた時はチャンスですね!

 ポンドルの日足と4時間足です。

GBPUSD140829.png

 ごらんのとおり、ドル高一辺倒で、さらにカーニー発言、利上げ観測などにもよって、ポンドがかなり弱くなっています。
 日足ではどこまで下げるのか、なかなかわかりませんし、日足レベルのトレンド転換までは、まだまだ時間がかかると思います。
 4時間足では、下降チャネルラインを引いて分析した結果、トレンド転換とまではいかないもの、ちょっとした戻しがあるのではないかとみていました。
 
 30分足です。

GBPUSD140829-1.png

 いつも私は、これもそうだ!あれもそうだ!おおっ!ここも結べるじゃんって感じでラインを引きすぎてしまいますね・・・。
 ただ、しょっちゅう見直しして、機能していないラインは削除したり、機能しているラインは太線にしたりと、いわゆるラインのメンテナンスをしています。
 
 前回の記事で書いたように、ある程度の上昇トレンドが確定してから、そのトレンド初期で結べるラインを引いてみました。
 それが赤色の1番ですね。
 その後、どうやらこのラインは機能しないなと感じ、3点が接する緑色2番のラインを引いてみました。
 この緑色ラインは、途中でプライスが下方にブレイクしましたが、それもわずかな誤差でその後、このラインが機能するのではと予測していていましたが、念のため、青色3番のラインも引きました。

 その後、プライスは上下動を繰り返すものの緑色ラインで反発したと思えたのですが、ここでは少し怖くてノーエントリーでした。
 さらに、プライスは最後の青色ライン付近で反発し、ゆっくりと緑色ラインをもブレイクしたので、ロングすることができました。
 ただ、個人的な「月末要因?」で、18.3pipsまでの利益でした。

 今回はうまく利確できましたが、こういった判断が正しいのかどうか、はっきりいってよくわかっていません。。。
 ただ、私は常にこのような微調整をしながらトレンドラインを活用しています。
 なので、トレンドラインがわずかなズレがあるから使えない・・・と嘆くよりも、そのズレをいかにして利益が出るように活用することが大切なことです。
 このことは、なにもライン分析だけのことではないですよね?
 オシレーター分析などでは、もっともっと難しい修正やら判断要素が多いと思います。(オシレーターを否定しているわけではありません)

 これはあくまでも私の経験ですが、初期の安値どうし、高値どうしを結んだラインは基本的に効いてくると推定するのが良いと思います。
 そして、その後、それよりも多い数で接点を持つようなラインが引けるようでしたら微調整するのがいい結果となることが多いですね。

 繰り返しになりますが、トレンドラインはずれるから、人によって引き方が違うから・・・といったことだけであきらめてしまうのは、あまりにももったいないと思いますし、正直検証不足からくる結論でしょう。
 最後に付け加えますと、トレンドラインが全く機能しないような相場も当然ありますので、その時は、サクッとあきらめることがなによりも必要ですね。

 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 あと一息がんばっていただき、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします! 
 
 現在、15位くらいです。私のランキングは何本トレンドラインを引いても足りません!?

 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・なかなかブレイクしません・・・?

Wish you get tons of pips!!!
Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS.
.


★ 推薦書籍です ★

・ 先物市場のテクニカル分析かシュワッガーのテクニカル分析は必読です。どちらか1冊をぜひ!
・ FXトレード演習帳も基本的なことは充分学べます。
・ 高勝率トレード学は相場の考え方、メンタル面について、タートルについても同様で、プロトレーダーの思考がわかる貴重な書籍です。
・ 二階堂重人氏は、FX界のトレンドに乗ったパクリ本とも言えますが、とにかくわかりやすくて実用的です。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)  シュワッガーのテクニカル分析 (ウィザードブックシリーズ)  一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!  高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)  デイトレード伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 FX トレードレッスン 厳選35問  
2014/08/29 18:33|未分類CM:0

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。